宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

2010年10月

浮気と不倫に付いて

imgc6e092d3zikazjtc4_search_naver_jp
tc2_search_naver_jp
tc1_search_naver_jptc3_search_naver_jp










今日は休日、朝っぱらからゴロゴロ読書したりテレビ観たり、だらだらとネットサーフィンしたりで、あっと言う間にこの時間だ。

ネットニュースで不倫や浮気の記事を読んでいたら、横から妻が覗き込んで来て、夫の俺自身の浮気や不倫に付いてのちょっとした議論になった。



「わしは絶対に死んでも離れないからね!わしは絶対に浮気や不倫なんてしないって誓えるずら!」
「浮気や不倫をするのなら、わしを殺してからその相手の女性の所に行ってけれ。」と入れ歯をガクガクさせて言った。


交際当時からこんな俺にずっと一途に付いて来てくれて、日本全国各地の地方転勤にも嫌な顔を一つしないで、いつも家事や炊事を全くこれっぽっちも手抜かりなく、いつも優しく夫の俺に甲斐甲斐しく世話を焼く妻を死んでも裏切れない。

「もし、もしだよ。もしおらがヨソの女性と浮気や不倫をして、その人との間に子供さが出来てしまった事態に陥ってしまったら、どうするべ?」

「そんな事になったとしても、わしは絶対に離れないから!でもその女性の事を本気で好きになってしまって、わしを捨てて離婚したいと言うのなら、その前にわしを殺してから他の女性と一緒になっておくんなまし。」とおかゆを
口からこぼしながら言った。
おらはびっくりして、大きいほうをパンツにもらしてしまった。



世の既婚の男性と女性諸氏の皆様、ここまでお読みになられて、皆様から御覧になられて我々老夫婦はどう映りますでしょうか?

私はこんなばーさんをを裏切って、他のヨソの女性と深い関係になり、浮気や不倫をしてしまう夫に成り果てる日が、果たしてやって来るのだろうか・・・!?今のところは妻しか目に入らない。


もしあったとしても、私は最終的には妻の元に帰り、元通りの穏和で幸福な夫婦生活に戻るのだろう。妻が許してくれればだが。。。。。。

自分で自身の仮定未来が、分かる。



俺が思うに、浮気や不倫に走ったり、そうした行為を繰り返す人間と言うのは、心や精神が歪に歪曲してしまっているか、一部が欠落して精神や心の機能が一部機能不全に陥ってしまっている哀れむべき可哀想な人達なのだろう。


つまり浮気行為や不倫行為を繰り返す人間は、幼少時か生まれ育って来た過程で、両親(片親の場合もある。実際、現実の話、片親育ちの子はやはりかなりの高い確率で離婚し、その人の子もまたやはり片親となる)や周囲の大人達から本当の愛情を注がれて育って来なかった可哀想な人達だと伺える。


子供の頃から無意識に周囲からの愛情に飢えて、愛情を欲し、愛情を
求めて心の隙間や寂しさを埋めようとして全く止まない行為が、不幸にも皮肉にも浮気や不倫と言った行為として発露されるのだが、それがまた不幸の永劫輪廻の、言うなれば「不幸スパイラル」の泥沼に自ら陥り嵌まり込み、自分で不幸を更に呼び込み、更に不幸を重ねて行くと言う、正に地獄そのものの人生を送る事を余儀無くされる人間達。


そう言う憐れな人種達は、家田壮子さんの著作などを心棒し、己の人生の生き方に対するバイブルとし、それを信じて実行し、浮気や不倫を楽しみ、人生を謳歌する。

ところが、本人は旦那や妻に上手く隠れて浮気や不倫を楽しんでいるが、その実自分が向かっている先は、孤独と破滅と絶望の無間地獄なのだ。

結局やはり、浮気や不倫の終着点は、幸せとか幸福と言った着地点とはドえらく掛け離れて乖離した破滅や不幸や絶望と言ったこの世の地獄的な着地点に収束してしまうものなのだろう。


俺自身は、そうした不毛な行為とは一切無縁で、一生涯を妻と共に歩み、妻と共に人生を全うする意外には全く考えが及ばない。

俺も妻も当然初婚だが、お互い再婚するつもりは未来永劫絶対に死んでも無いと言う事をお互い確認した後に、俺はちょいと嬉しくなり、それを何故かブログに書きたくなりこうして綴っている直ぐ横で、妻は、おもしろい番組を見ながら笑い転げているのである。


我々夫婦の仲は、実に平和だ。


お祭りワッショイ!

tc1_search_naver_jp
tc3_search_naver_jptc2_search_naver_jp





ここいらの地域では今日も朝から御祭りの様だ。
朝から、何処からともなく太鼓のリズムと掛け声が聞こえる。

それらに接しながら、何時もの様に休日の団欒を妻としながら、お互いの小さい頃のお祭りの思い出の話になった。
聞いてみれば何と妻も、小さい頃は深川(東京都江東区)でのお祭りでお菓子を袋一杯に貰えて嬉しかったのだと。
何と妻は、しばしばテレビ報道もされているあの浅草の三社祭にも参加していたのだと・・・!ちょっと驚いた。
夫の俺は楽器と音楽の街:H市にて小さい頃はお祭りに参加し、やはりお菓子を沢山貰えた事がとても嬉しかった事はとても良く覚えている。

初めて耳にしたのだが、義父も若い頃はお祭り大好き人間で深川で良く御神輿を担いで威勢良く祭りに参加していたらしい。

考えて見れば、クリスマスだとかハロウィンだとかイースターだとか謝肉祭だとか、復活祭だとか聖霊降誕祭だとか聖母マリア感謝祭だとか、欧米のお祭りもまた全てキリスト教起源だ。

と言う事はKINTA様も仰って下さっている通り、お祭りは全て神事と言う事になる。

それは我々人間と言う生き物が、日常普段の日々の生活の中で感じる楽しみや喜び、また悲しみや辛さと言ったものは全て神様との関係性において裏打ちされて存在するものであり、こうして定期的に神様を奉ろう事がそのまま文字通り祭る事に繋がっていて、やはり人間は神様との交わりの中でしか本当の喜びや楽しみや幸福を見出す事は出来ないのかも知れないと、外で木霊するお祭り練り隊の掛け声や太鼓の音を聞きながら、ちょっと思った。

だが実際の俺自身は、小さい頃から非常に内向的で根暗な人間であり、自分自身がお祭りに飛び込んで参加して弾けてハッチャける事は、実は余り得意ではないのだ。

タバコ大増税にて喫煙者は絶滅寸前

ブログネタ
タバコ吸いますか?やめますか? に参加中!
tc4_search_naver_jp
tc4_search_naver_jpCACG7CUC
gf1190101553B000BM6HO0
51CXD8MJ2YL
2bc12b1e439489ab526d058947778713



タバコ大増税が遂に為された。
これにて喫煙者諸氏は大打撃である。

だが喫煙者諸君!案ずる事なかれ。
タバコ吸うのを止めて、僕の乳房を吸えば良いのである。

ちなみに僕はFカップであり巨乳であります。

ボイィ~ン!

ここ地元のお祭りです

tc4_search_naver_jp
tc3_search_naver_jp




tc2_search_naver_jptc1_search_naver_jp









ここ地元では、今日と明日はお祭りである。
もうさっきから、外では太鼓や練り隊の威勢の良い掛け声が木霊する。

こう言うお祭りが何歳になっても好きな方は大勢居る事だろう。

この日の為に太鼓やラッパを地域の自治会館や公民館で練習して来た子供達。

俺も昔は地域のお祭りでハッチャけていたっけね。

楽しかったなぁ。

お祭りは、その由緒を辿れば、ほぼ必ず地域の氏神様の信仰に行き着く。

神々と共に祝い、楽しみ、また明日からの生活の精神の糧とする。

素晴らしい行事ですよねぇ、地域のお祭りは。

ワッショイ、わっしょい、ワッショイ!!!

大阪地検前特捜部長が逮捕され容疑者に転凋落

tc2_search_naver_jptc3_search_naver_jptc2_search_naver_jp














大阪地検前特捜部長の大坪弘道様が、最高検察庁に逮捕されちゃいました。
大阪地検前特捜部副部長の佐賀元明様も逮捕されちゃいました。


最早お2人は、栄光と権力の検察官などでは決してありません。

そう、ただの容疑者なのです。

犯罪者です。



前代未聞の大不祥事であります。

検察の威信は地に堕ちました。

結局、検察などといっても正義の味方でもなんでもない、権力にしがみ付くただの愚犬でありました。


僕のブログ記事を検索して下さい
読者の皆様からのコメントです
月別の過去記事ファイルです
これは匿名の目安箱です

僕に対する批判・非難、延いては脅迫・恫喝・罵詈雑言等、万何でも受け付けております。

名前
メール
本文
極簡単な自己紹介です

エリア467

お酒も煙草も浮気もギャンブルも全くやらない、日本の地方に住む中年男性です。

キーワードの嵐です
スマホでどうぞ
QRコード