宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

2011年12月

ブログネタ
クリスマス3連休、どう過ごしていますか? に参加中!
tc2_search_naver_jp
tc4_search_naver_jptc3_search_naver_jp









つい先程、妻とクリスマスミサから帰って来たのだ。
カトリック教会は、信徒さんで礼拝堂は超満員。
見た所、出席者の4分の3はブラジル人の方々の様であった。

妻と僕は、補助席を最大限に設けた礼拝堂にすら入れずに、外で立ち見という感じだった。

司祭の神父様はお風邪を召されておられた様で、マスクをなさりながら礼装で司式されておられた。


「全知全能の父なる神よ、どうか罪深い私達を憐れみ(あわれみ)、私達の罪を赦し、永遠の命にお導き下さい。アーメン。」


最前列で静かに熱心に祈り、讚美歌を歌う人達。
元気に讚美歌を大声で唄うチビっ子達。
老夫婦も居て、赤ちゃんを抱き抱えながら典礼(ミサ)に与る若い夫婦も居る。
2人で静かに祈りながら讃美歌を唄う、10代の若いカップルも居る。
礼拝堂の外で、全くやる気の無いオーラ丸出しでずっとスマートフォンをいじって彼女と座り込んでくっちゃべるイケメン10代のカッコ良いお兄ちゃんも居る。
典礼(ミサ)の後に皆で食べるようにと置いてあるケーキを、待ち切れずに食べたそうにしている子供っち達も居る。
マイ聖書を持ち込み読み耽っては、好奇心丸出しでフラフラ教会内の備品を興味津々に見て回る僕ちゃんも居る。


やはりクリスマスは、本来の本当の意味での過ごし方が一番心と精神が霊的に満たされるものだ。
神様がお造りになられた人間:HUMAN BEINGと言う生き物は、そもそもが霊的な生き物であり、現世欲やこの世的なモノを追求する事が如何に虚しい生き方かと言う事が、俗世間(特にここ日本国のクリスマス)でのクリスマスの通例普通とされる過ごし方との対比の上で、毎年のクリスマスミサの度に強く再認識させられる。




教会はもう建物が古いので、3年後をめどに全面的に新しく建て替えられるのだと言う。
全く見ず知らずの方が、新教会の設計図に見入る僕に案内してくれた。


帰りに教会の玄関で、妻は見ず知らずの方が前でスリッパを脱いだのを見て、そのスリッパを片付けて上げたら、「Merry Christmas!」、と笑顔で返されたのだと嬉しそうに言っている。
そしてそのまま帰りにウチの車に乗り込んだら、ナヴィゲーションシステムが「12月24日、土曜日です。Merry Christmas.」と音声で案内したのだ(笑)
全く、気が利いている優れたクルマだ。
ますます好きになった。



帰宅直後、大学時代以来の親友のO君から電話が。
同じ同級生のT君も、O君の傍に居た。
聞けば、昼間は2人して出会い婚活パーティーに出席したものの、何の収穫も得られずに惨敗を喫し、2人でヤケ糞になってカラオケボックスにしけ込んだのだと。
カラオケボックス内でカラオケも歌わずに、ただ座り込んで煙草を吸っているT君。
電話口で、後ろが何も物音しない静かな様子が伺えた所が、かえって虚しさや寂しさを感じさせた。
「おい、お前ら、今夜はクリスマスイブだぞ!?男2人してお前ら何やってんだぁ!??もう切るぞ、お休みな。祈っているよ。」
ヤケ糞になっちまったO君は、キリスト教や神父に対しても悪態をつき始めた。




今、このブログ記事をお読みになって下さっている貴方に、主イエス様と聖母マリア様からの豊かな祝福と恵みが満ち溢れる事を、心よりお祈り申し上げます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
クリスマス直前!サンタさんに何をお願いする? に参加中!

8896f807-s

securedownloadsecuredownload


Merry Christmas 2011

主イエス・キリストの御降誕を心よりお喜び申し上げます。


今年のクリスマス近辺には、寒波が襲来してとても寒くなるそうですね。


何分、私等夫婦は神様の尊い庇護の元、全てに満たされており差し当たって不足は無く、心より神様に感謝申し上げる次第で御座います。


東北関東大震災にて被災された方々に引き続き十分な支援が与えられます様に。
また、被災地が一刻も早い復興が出来ます様に。


愛に渇いた、愛に飢えた人々に、愛の潤いと恵みがもたらされます様に。


今、辛い気持ちを味わっている方、苦しい事を抱えてらっしゃる方々に、神様の支援と祝福が豊かに与えられます様に。


このブログを訪れて下さった貴方に主イエス様の祝福と恵みが御座います様に、心より切にお祈り申し上げます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
忘年会は好きですか? に参加中!
img_hasu4







忘年会は好きかって?
そりゃ職場の雰囲気にも寄るなぁ。

僕は何分、お酒が呑めないものですから。

でも、今の職場は結構皆さんと仲良くやれており、自分から忘年会に出たいと思える職場かな。

忘年会が大好きな方々も、世の中にはいらっしゃるのでしょうね。

以前、伯父と忘年会に付いての話になった。
伯父は、世界中の誰もが知る世界企業の生え抜きの最高経営責任者であったが、全く驚いた事にここ30年来、職場の忘年会には行った事は無いのだそうな。
いや、そもそも忘年会なんてものは存在しないのだと。
伯父は、忘年会にも全く誘われないとか。
伯父の会社は社長を含めて役員・重役は11名ほど在籍していたが、その人達だけの忘年会なんて有りそうなものだと思ったが、そんなものも無いのだという。
各課で自主的に忘年会等は行われているとの事であった。

俺は、性格は伯父に似ていると自分で思う。

職場の行事等は、すこぶる苦手で億劫だ。

まぁ、やりたい人だけでやるのが一番良いでしょう。

その気も無い人を無理矢理連れて来ても仕方なかろうに。

皆さん、個人主義で参りましょうや。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

tc2_search_naver_jp











朝鮮民主主義人民共和国の金正日総書記が、死去した。
享年69歳、だろうか?

偉大な障害であった、否、生涯であった。



偉大なる建国者である父君、金日成殿の後継者として長年君臨してきて、元来国力弱小な同国にも関わらず、非常に巧みな外交戦略でもって周辺の我が国を含む経済大国を翻弄し、引っ掻き回し、世界の注目を常に集め続けて、世界一の大国であり世界の警察でもあるアメリカ合衆国の注視さえ受けるまでに同国の存在を高めた事は、本当に稀に見る政治手腕であったと思います。


僕が観ますに、金正日総書記が亡くなっても国内の政治的混乱はさして大した事も無く、順当に指名した息子の後継者に引き継がれるのだろうと見ております。

北朝鮮の体制崩壊は、先ずは暫くは起こらないでしょう。

その前に、我が国の財政破綻が起こってしまう可能性も無い訳ではない。

そうした場合、非常に惨めで情けない気もするが、今は他国の内情よりも自国の問題解決に全力を注ぐべきなのかな。
福島第一原子力発電所も、事故収束なんて事には程遠い。
仮に消費税が10%に引き上げられたとて、日本国の財政危機は全く解決されないのが当面最大の問題だ。



拉致被害者の方々にとって、これが前進となる事を祈って止みません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
あなたが想像する2012年は? に参加中!
tc2_search_naver_jp
tc4_search_naver_jptc3_search_naver_jptc1_search_naver_jp














来年は、2012年。

そう、以前から古代マヤ暦の終焉と共に、人類の滅亡がこの年に訪れるとの観測や噂は今でも絶えないが、とにかく早くももう来年は2012年である。

僕が想像する2012年とは。

こう言うのはオカルト雑誌「ムー」にて毎年恒例になっている易占学者や霊能者の皆様方による新年予想にでも任せた方が良いのかも知れない。

しかし、ここ日本国だけに限って見てみても、明るい兆しや見通しはほぼ全ての数字・指標を見る限りは絶望的だ。

ひょっとして、日本国の財政破綻は早ければ来年にも突然に訪れるのかも知れない。
それを完全に否定出来る経済学者やアナリストも存在しない。


来年2012年も、非常に困難な年になるのではないだろうか?


東北関東大震災の暗い影や爪痕も、未だ生々しく日本人の脳裏に刻み込まれている。

福島第一原子力発電所の事故の収束の見通しは、未だに立っていないのが現状だ。

復興庁は創設されたが、復興財源は乏しく被災地の完全復興はまだ遠い。
今、テレビやネットで財務省が盛んに広告を出している「復興国債」の購入を少し考えているが、まあ何もしないよりは良いだろう。


人類には、人間には、自身の自分達の未来や将来を見通す力は、残念ながら全く備わっていない。

であるので、未来を予測する事は基本的には不可能だ。


今の人類には明るい未来や展望は余り期待は出来ないのかも知れないが、僕は淡々と自分のやるべき事を毎日やり抜き、神様に生かされている事への感謝の内に日々を平穏に暮らすのみなのだ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ