宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

2012年11月

職場の上司Mさんが、僕にお土産を下さった。
Mさんは僕よりも3歳も年下だが、とっても有能な上にメッチャ親身に僕に仕事を教えてくれる。
職場の誰に対しても(恋人の彼女さんに対しても)怒鳴ったり、怒ったりは全く為さらない、若いながらもとても人格円満で超仕事の出来る優秀な良い人だ。

そんな彼が、突然僕にこんなお土産をくれた。

tc2_search_naver_jp
tc3_search_naver_jp

tc1_search_naver_jp






USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)に彼女さんと行って来て、その際のお土産。
その名も「恐竜カツ」。

あのスティーブン・スピルバーグ監督作品の映画:「ジュラシックパーク」に因んだ商品だ。

僕はこう言う駄菓子系は大好きな質で、すぐにその場でお一つ頂いたのだが、とっても美味しかった。

Mさんと笑い合いながら話す内に、これを先ず僕の妻に「これは本当に恐竜の肉から造った特別製品なんだよ!USJの中に研究所と培養施設が有ってね。そこで古代の恐竜を遺伝子操作技術で蘇らせて、イケスで養殖しているのさ。1匹の恐竜からは沢山肉が取れるから、こうして摺り身のフライにしてUSJ園内で売っているのさ。だからこれは本当に恐竜の肉なんだよ!」

Mさんと一緒に笑いながら、こうやって僕の妻から騙して行って見ようと(笑)

早速妻に話しながら、この恐竜カツを渡したら、それを聴いた妻は半信半疑に(笑)
しかし、半分ほど信じ込んでしまい、早速それを自身の父親、つまり僕の義父と甥っ子と姪っ子にそう言って渡したのだそうな(笑)

そしたら(笑)

小学校2年生のR君は「えぇえ!??そんなの嘘だよぉお!だって恐竜は何億年も前に既に絶滅しちゃってもう地球には居ないんだよぉ!えぇええ!??これ本当に恐竜の肉なのぉ!??食べてみるとあんまり恐竜の味がしないねぇ・・・。でも僕、明日学校で皆に自慢して来るよっ!!それに、僕もUSJに行きたいよっ!!」

義父:「へぇ!今じゃそんな凄い事が出来る時代になったんだねぇ~!!」、と驚嘆していたらしい(笑)


それを後日Mさんに報告したら、かなり受けて笑っていた(笑)
「いやぁ、その甥っ子ちゃんのR君も、夢を持たないとね、やっぱりさ!(笑)」


そんなアフォらしいやり取りをしている内に、僕も夫婦で本当にUSJに行ってみたくなりました。


来月の3連休にでも行って来ようかなぁ。
今、妻と思案中です。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
理想の夫婦って、どんなイメージ? に参加中!
tc2_search_naver_jpCAX12QN3







今日は良い夫婦の日、だそうな。

今日は休日なので、いつもの様に妻と僕は地元の近場で温泉施設に。
磐田の湯は、普段は滅茶苦茶お得なプランをしてくれている事が判明した。

こうして夫婦で仲良く居られる事自体が、神様からの大いなる恵だろう。
それはそのまま、本ブログの主題であり主要テーマだ。

人生の本当の幸福。

66ae0558













人生万事塞翁が馬だが、それでもやはり人は幸福を、幸せを求め、希求する。
7a9f5e39-s






人は幸せを夢見て、幸せになる事を確信し、幸福になる事を二人で約束して、神の前で永遠の愛を誓い、結婚する。
7e05c1fd











そして、実に離婚率は現在30%以上に昇るのだ・・・。
現在の日本国の実情から行けば、石を投げれば仮面夫婦にコチンとぶち当たり、仮面夫婦の鉄仮面ブタマンコな、ジョジョの奇妙な冒険の基軸事象であった石仮面よりも気味悪くタチの悪い無間地獄の永久不幸への入口であったと、後で思い知る事になるのだ。

つまり・・・。
今の日本国で結婚してみて実際に本当に幸福になれる確率と言うのは、実は30%にも満たないと言う事になる・・・。

この絶望的数字たるや・・・。

結婚は、最早勝ち目の薄いギャンブルではないか・・・!!??

結婚すれば、不幸になる確率の方が大きいのである!!!!
6a5f771c





そして、今日も脳天パーのパッパラパー達や頭の悪い浮付いた軽佻浮薄なる心の者共が、聖書もキリスト教理も全く知らずに教会で結婚式を挙げるのだ。

そう。
彼女や彼等の心の中は常に全員こうだ。
「僕は、私は、この結婚で絶対に幸福になれる!離婚になって不幸になるのは他の馬鹿ップル共だけだ!!そうに決まってる!!!だって私達の愛は永遠なのだから!!!!彼は私の事だけをずっと見つめ続けて永遠に愛してくれているのだから!!!!!間違いないわぁ~~~~!!!!」

そして、やがては間も無く、いつの間にか人生の壁に激突ドンぶち当たり、あれほど嫌がっていた不幸のドン底に大凶転落し、離婚ズッコンバッコンのセックスすらもレスレスせっくすれす慰謝料ぼとぼと絶望不幸の幕開けだ。
5b36330a














祈りなさい。自分の未来の幸福を。
03ac45ec










神の前に跪いて祈りなさい。自身の結婚が、どうか不幸な結末になりません様に。

どうせ破綻してダメでボコチンで破滅不幸な結婚生活に高確率でなると分かっているのなら、神様でも何でも縋ってみたら良いではないか。

理想の夫婦のイメージ。
それは、実はただの夢物語に過ぎないもので、現実には実在しないものだろう。

だが、私達夫婦は、こうして今日も幸福で幸せなのだと確信に近い形で感得しているのだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

OB-VH786_1109pe_G_20121109150957_image_Col3wide





元海軍大将で、超優秀な軍人であったペトレイアスCIA長官が、不倫を理由に辞任した。
彼は既婚で、不倫相手も既婚であり、つまりはダブル不倫のボトボトどろどろ淫乱チン漫な世界最強の情報機関のトップであった。

俺に言わせれば、CIA(アメリカ中央情報局)は世界人類史上最大最凶最悪のテロ集団だ。
世界唯一の超大国であるアメリカ合衆国連邦政府より膨大な予算と権限を与えられながら、その全てが秘密のベールに包まれている謎の巨大組織。

彼はなんと、グーグルのGmail(僕も使っている)で不倫相手の女性に送信したメールが、FBI(アメリカ連邦捜査局)により傍受され、それが国家機密漏洩に関わるという事で捜査を受けていたらしい。


恐らくその過程で、とうとう罪なダブル不倫が隠し切れなくなったのだろう。
200px-GEN_Petraeus_Class_A











世界で最も巨大な秘密を統括する世界でも指折りの要職に在る人物が、そんじょそこらのビチグソ下痢粘血大便マキグソレベルの秘密さえ保持出来ずに、最後はたまらなくなってドピュッと自ら秘密を絶頂射精。

そして、辞任した。

世界最大最強の情報機関のトップにしては、実にお粗末でフニャチン不能陰茎な結末であった。


ペトレイアス長官、お疲れ様でした。
今頃、元長官は家で奥様に包丁で切り刻まれながら半殺しにされている事であろう。
不倫相手の既婚女性は、今頃は旦那からスレッジハンマーで頭骸骨をブチかち割られて、ペトレイアス元長官の奥様から目の玉飛び飛びトンびち出る眼球突出な莫大な巨額慰謝料を請求されて、意識不明の重体に陥っている事であろう。


後任には、当座は副長官が職務を代行しますので、御心配無く。


オバマ政権2期目、早くも痛手です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ