宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

2013年03月


558076_c450






先般、第266代ローマ法王様が選出された。
上記写真は、新法王選出を民衆に知らせる白色の煙である。

tc2_search_naver_jp






世界中に居る11億人以上もの圧倒的信徒数を誇るローマ教会の新なる指導者は、アルゼンチン共和国は首都ブエノスアイレス御出身のホルヘ・マリオ・ベルゴリオ枢機卿猊下である。
ここに、初の中南米選出のローマ法王様が誕生した。
tc4_search_naver_jp







彼の当選・選出に際し、以前から話題になっていた歴代のローマ法王に関する予言とされる「聖マラキの予言」との整合性に関し僕なりに考察してみたのだが、彼が今回初めて名乗った「フランチェスコ」は、過去イタリアのアッシジと言う地に、キリストの再来とまで言われた元放蕩息子の聖人である聖フランチェスコ(下記写真)の名に由来する。

tc2_search_naver_jpCAIS0HO0

tc2_search_naver_jptc1_search_naver_jp










ここで再度、聖マラキの予言をおさらいすると以下である。



ローマ聖教会への極限の迫害の中で着座するだろう

ローマびとペトロ 、彼は様々な苦難の中で羊たちを司牧するだろう。そして、7つの丘の町は崩壊し、恐るべき審判が人々に下る。終わり。



その聖フランチェスコの長い本名のフルネームの中には、確かに「ペトロ」の名は含まれているのだ(Wikipediaより)。
Pope_Francis_in_March_2013_(cropped)













ここで、以前からキリスト教にも造詣の深い知識人の僕の従兄弟のS太君に見解を伺ったのだが、その返信が僕から見て非常に鋭く深い分析と考察に思えたので、以下に彼からのメールの原文を転載する。




ローマ教会の方は意外と早く決まったと言うか、結構早々に妥協点が見付かったのかなと思ってるかな~。
俗物的な話になっちゃうけど改革だとか何だとか騒いでるけど、どうなるかは誰にも分からないしね。
まあ、今は政治的な理由で暗殺とかの可能性は以前よかは低くなってるけど、
ローマ教会のトップだからね、何だかんだで色々な事が有る地位だから大変だと思うよ。

予言の方は私は身も蓋もないけどバーナム効果とか思ってます^^;
マヤの予言も気が付いたら滅亡の時を過ぎてたぜ!って感じでしたし。
でも、あれだよね。私もネットで見たけど面白い予言だと思うよ。
あ、私のあれはWikipediaとかニュースとかだから原文の本質は分からないけどね。


個人的見解とこじつけw


①最後の迫害
 スキャンダルだらけだよね。
 あそこは昔からそうだけど、でも今は誰もが情報の配信者扇動者になれるという時代を考えると
 どんな論説が出て来てもおかしくはないし。迫害とも言えなくもない…かな…?

②ローマ人ペテロ
 ええと、確かキリストの弟子筆頭だよね。
 カトリックだと最初の教皇であり、以降の教皇はペテロの後継者とか代理人とか
 言っていたのかな(Wikipediaから)だけど、キリスト教全宗派で輪廻転生は否定しているから
 もっとも古い教皇から続く新しい正当なる使徒のリーダーであると捉えるのはどうかな。

③子羊を司牧する
 基本的には指導者の表現としては昔から有る比喩だね。
 「国王は羊飼いである・・・」なんてのは
 優秀な羊飼い(国王)が羊(国民)を良くまとめた、なんて表現有るし。

④恐るべき審判が~
 別に世界が滅ぶとは書いてないし。
 7つの丘の町→ローマだっけ?→ローマ教会。
 崩壊→そのままの意味、崩れる。古い体制が崩れるのか?
 恐るべき審判→良く分からないけど人々にとっては恐ろしいのだろう。
  審判てキリスト教だと神が裁くんだっけ?
 人々→「全ての」と書いてないので「一部の」とも言える。

そんな事で、最後の文章を個人的解釈で表現。
ローマ教会は、色々な醜聞に苛まれている
新しい正当なリーダーが教皇となった。
彼は良く指導した。
これらの後に、ローマ教会は古い体制が崩れ、
(一部の)人々には恐るべき何らかの審判が下されたりするらしい。
終わり。
…何かどっかの現在のローマ教会の体質を非難している人みたいだな…。
でも、本当に心酔している人にとっては深刻になるかも知れないけどね。
宗教の(色々な)恐ろしさは本当に知っている人は知っているし。

あー、長文失礼しました。
まあ、普段あんまりこういう事書かないので久々に厨二病全開ですなw

また何か有ったら連絡します~
掛川も行きたいんだけど、中々タイミングが合わないんで早くて4月かな~。




以上である。
S太君、素晴らしい論説をどうも有り難う!また食事でも一緒に行こうね。



先程のNHKのニュースでは、旧ローマ法王(名誉法王)のベネディクト16世様と新ローマ法王のフランチェスコ1世様がお2人で昼食を御一緒に摂り、会談し、今後のローマ法王庁の維持・運営に付いて協議され、小さな礼拝堂で共にお2人で祈っておられた。

新旧2人のローマ法王様がお2人で一緒に祈る場面など、通常では絶対に有り得ない考えられない、正に歴史的場面であろう。
r







これにて世界人類史上最大の宗教団体であり、世界最大の単一宗派であるローマ・カトリック教会は、人類の歴史に新たな1ページを刻んだ事になりそうだ。


第266代ローマ法王:フランチェスコ1世様、万歳!!!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

tc2_search_naver_jp












昨夜、中学校の同窓会が有った。
僕は地元の普通の公立の中学校だ。

かねてよりfacebook上で皆が集い、そこを中心として幹事役を担って下さったS君やIさん(僕と同姓)が催して下さったのだ。

んもぉ、ほんっとに本当にただひたすら懐かしかった!!
何せ20年以上振りに会う人ばっかり!

会えて嬉しい人ばかりで、方々の席に廻りながらひたすら話していた。
皆は僕を見て、変わったと口々にした。
自分では余り良くは分からないのだが、僕は中学時代は小柄で華奢であったらしい。
後にfacebook上で様々な方から様々な会場現場写真がアップされていたのだが、その中で僕の友人は僕の事を「子犬→大熊に変身していた」と表現していた。

変わった人もいれば、いや、僕から見て中身は皆余り変わっていない様に思えたな。

教諭の先生方にお会いするのも本当に久し振りで、本当に本当に懐かしかった。
289c7472






あっと言う間に2時間の1次会は終了し、2次会は同級生の女の子のYちゃんがママを務める直ぐ近くのラウンジに、完全に酔いが回ったI君に腕を掴まれて強制連行された(^^;

僕の中では今回最大の驚きの一つだったのだが、僕の中では小さくて大人しかったYちゃんは、今では立派なラウンジのママだったのだった・・・!
「うん!私は完全に水商売の女だよ(^^)よろしくね、ハイっ!」っと名刺を渡された。tc4_search_naver_jpCA3L2007













中学時代はハッキリ言って芋娘だった近所のあの子が、今では垢抜けてお洒落で妖艶な雰囲気さえ漂わせまくっている2児の母親だったりと。
tc2_search_naver_jpCARE81YI







髪の毛は薄くなりつつも中身は相変わらずの明るく元気なお調子者もいらしたり。

兎に角、何もかもが懐かしい素敵な時間はアッと言う間に過ぎ去った。

2次会では同級生のママのお店で、中学校時代当時からムードメーカーだったSちゃんやT君がもう大暴走の大発狂の超絶スパークったらありゃしなかった!
714d7a1d-s






そんな中で、ある男の子の同級生と皆で当時よく辛かって絡んでイジメていた女の子のMちゃんの話になった。
「当時は確かに俺達は彼女を虐めていたよな・・・。今それを思い出すと嫌な気持ちになるし、Mちゃんには本当に悪い事をしたよなぁ・・・。」
そう2人で述懐し合ったものだ。
1411cf35





話は前後するが、2次会は会場が二手に分かれて、僕が連行されたグループとはもう一方の集団は、何とこれまた僕らの同級生のY君が経営するゲイバーに雪崩込んだらしい(苦笑)。

Y君は、当時からちょっとナヨっていた所も有って、ちょっとオカマっぽい雰囲気も有った方だった。
Y君は将来は芸能界に進みたいと言っていたっけね。
そんな話も2次会で皆で言い合っていた。

中学校時代、僕が心の中で淡い感情を抱き、好意を寄せていたHちゃんやCちゃんは、何と今では友達同士で、今回も一緒にいらしたのだと。
お2人とも話したのだが、僕等が中学校卒業後の高校2年生時に、同級生のT君が、S君の家の直ぐ近くのT字路で車に轢かれて、非常に若くして永遠の眠りに就いてしまった。
その時のT君のお葬式の時の事まで、事細かに皆で思い出し合って、T君の思い出を語り合った。


その他にも、取り合えず今はこうして神様に無事に生かされている我々同級生達も、それぞれに人生の艱難辛苦や悲哀を皆が経験して味わっている事に気が付かされる。
それでも、皆こうして酒を酌み交わし、肩を抱き合い唄い合い、踊り合い、普段の苦悩や憂さを晴らして旧交を温めて、心に温かいエネルギーを新たに注入するのだ。
tc2_search_naver_jpCAXTNDHJ








そして・・・。中には残念でショッキングな知らせも有った。
あのお調子者でうるさかったいつも元気で明るかったY君が、実は昨年の夏に急逝していたのだ・・・。
Y君の家は僕の実家の近くだった故、小さい頃は一緒によく遊んだし、喧嘩もよくしたものだ。
彼の家は母子家庭で、彼がたった一人の息子さんだったのだが・・・。
Y君に付いては、僕から個人的に親近感を感じる側面が有る。
Y君の家の宗旨はエホバの証人(ものみの塔)さんで、彼は何と小学校時代から聖書(エホバの証人さんが採用する聖書は新世界訳だが、僕の宗派SDAは新共同訳)をいつも熱心に読み耽っていて、遊びに来た僕相手にも良く聖書を語って聴かせてくれていたものだった。
ちなみに、僕の宗派SDA(セブンスデー・アドヴェンチスト)からエホバの証人さんが分派した経緯が有る。
現在では日本国内でも世界的にも、エホバの証人さんの方が教勢や組織規模は圧倒的に強大なのだが。

Y君の御冥福を、僕等の救世主である主イエス様に心より祈る。
20121004







熟睡して今朝になり、皆のfacebook上の投稿を一通りチェックし終わり、こうして自分のブログ記事を書いている間も、未だ昨夜の余韻がずっと残っているのだ。
昨夜に引き続き、今夜も2夜連続で僕等の中学校同窓会が開催される。そんな錯覚さえ起こさせてくれる、感動的な出来事であった。

幹事役のS君やIさん、大変お世話になりまして、どうも有り難う御座いました!!
また近い内に、この様な行事を催したいものですね。


最後に水を差す様に苦言を呈してしまうのだが、かつて僕が好意を寄せた事も有る女性陣を含めた同級生の方達の異常とも思える喫煙率の高さには正直驚かされて、2次会会場のコンパクトな空間の中で周囲のほぼ全員が引切り無しに煙草に連続で火を付けるチェーンスモーキングの状況には、煙草大嫌いな僕は辟易してしまった・・・。


b0ce608b





僕はこうした大規模な宴会に出席する度毎に、実は内心非常に苦々しく思っている事が有るのだが、これをお読みの皆様も思い当たるフシがお有りになると思うのだが、こうしたイベント・行事の後はテーブルの上には大抵の場合供された食物や飲み物が大量に余る。

僕はキリスト教徒になって以来、世界的には有名な宗派(SDA)と言う事も有ってか、世界にはまだまだ飢餓や貧困に苦しみ喘ぐ方々が大勢居られる事は横の繋がりのナマの情報としてダイレクトに常に伝わって来る。

そうした中、少なくとも現在の日本国は食料や飲料が常に余剰に供給されていると言う、或る意味異常な状態に在る。ついでに言及すれば、安全で安心な真水がタダで手に入るのも、世界は広しと言えども、ここ日本国位なものだ。

我々日本人がこうした特別中の特別に恵まれた環境や境遇に実は在る事は、それに慣れてしまうとどうしても自覚は薄らいで来る。

だが、僕としてはそれは常に忘れずに意識の中に持ってはおきたい感覚である。
何故ならば、現在の日本国の様な余りに恵まれ過ぎている食糧・飲料の供給事情は、いつまでも続かない、いつかはしっぺ返しやバチが当たると思われるからである。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
3.11 東日本大震災について話そう に参加中!
tc1_search_naver_jp





東日本大震災から、丸2年間が経った。
dst11090419210034-s3




僕の中では、特に思い入れと言うか、思い出が有る。

職場でボスから直接に震災ボランティアへの出動を打診され、それを受諾し福島県相馬市に単身乗り込んだのだ。
250px-Washington_DC_view1










百聞は一見に如かず。

被災現場の悲惨さは目を覆うばかりであった。
226b9_29_m0575698-s




だが、逆に僕は現地の人々にもてなされ、逆に元気を頂いてしまったのは実に皮肉な事であった。
tc4_search_naver_jp













福島県の方達は本当に良い方ばかりであった。

また福島県相馬市の方達にお会いしたいな。

皆さん、まだ元気でいらっしゃるだろうか・・・??

ボランティアの立場でありながらも、避難所(はまなす館)に寝泊りすると言う御法度を犯しながらも、避難所の方々には逆に本当に良くして頂いた。

あの時、避難所にて雑魚寝で寝泊りしておられ、僕一人の為に浴場の時間の都合を付けて頂いた親切な親父さんや、漁師の方達。あの方々は、今は元気にされておられるだろうか??

81f59_29_m1027094-s




多くの人々が、あの日、命を突然に落とした。

行方不明者はまだ膨大な数に上る。


未曾有の大災害の現場で感じた、人との絆。
同時に、人生や世の中の理不尽さ。

感じた事は数多く有り、震災ボランティア経験は、僕の人生の財産そのものとなった。


40d62_648_PN2011031101000893_-_-_CI0003-s





ここ静岡県は東南海大地震の最大被害想定地域だ。
富士山大噴火も、最近になって実しやかに噂されている。

次は、僕等の番だ。
東日本大震災は決して対岸の火事ではない。


いざ、自分の身にあの様な事態が降り懸かれば、僕は正気を保って残りの人生を全うする自信が全く無いのである。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ