宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

2013年11月

NSOC-2012tc2_search_naver_jpCARE81YI







今回はいきなり下品極まりない記事タイトルで、先ずはお詫び申し上げます。

だが、このタイトルには僕なりに大真面目な意味が有るので、以下に僕の見解を述べる。



先ず特定秘密保護法案が「衆院を強行採決」と報道するマスコミ機関が有るが、これは明らかに的外れの間違い。

何故なら、正規の議会制民主主義の手続きを経て日本国民の直接選挙に拠って、国権の最高機関である国会の衆議院と参議院は自由民主党が過半数の議席を獲得し、政権与党に返り咲いた。

その国会にて特定秘密保護法案は審議され、衆議院にて可決成立し、通過した。

ただそれだけの事。
そこには何の誤りも違法性も存在しない。





「憲法の定める基本的人権と平和主義を脅かす」と言う決まり文句も笑えるが、この様に言う人は女優の藤原紀香さんを始め明らかに条文を読んでいない(藤原紀香さん失礼ごめんなさい。)
本法案反対派からは何も具体的な問題点の指摘が無い。これは彼等や僕等の様な一般人とは関係の無い、公務員の特定秘密へのアクセスを制限する法律なのだ。僕は法律の専門家ではないが、修正案の主要部分を極普通に文章として読んでみた。



修正案では「国の存立に関わる外部からの侵略等に対して国家及び国民の安全を保障する」情報と厳密に規定されたので、原発反対運動や歴史研究とも関係無い。


Flag_of_the_United_States_National_Security_Agency_svg






報道の自由を守る際に最も重要な事は、情報源の秘匿である。
これはただひたすら報道機関の関係者の努力に委ねられると言う事にはなる。


かつてアメリカ合衆国でウォーターゲート事件と言う巨大醜聞が全世界の話題持ち切りであった。


その際にDeep Throat:ディープスロートを名乗る人物が、ワシントンポスト紙に重大な捜査情報をリークしたとされる。
だが正確に言えば、ディープスロートはワシントンポストの記者に対して情報を漏洩したのではなく、情報を得る為の教唆をしたに過ぎなかった。



Deep Throatとは、当時アメリカでヒットしていたポルノ映画のタイトルで、原義は以下だ。

ディープ・スロート
(Deep Throat)とは、オーラルセックスの一種で、男性器を喉奥にまで押込み、喉の締まりにより性的快感を得る性行為の一つである。通常喉奥にまで物を入れる事は想定されていない為、異物を押出そうとする自動的な嘔吐感、大量の唾液分泌などが出る。



因みに、我が国の稀に見る非常に優秀な政治・経済学者である池田信夫氏がブログ上でディープスロートの正体は当時の司法省副長官だったとしているが、これも間違い。


ディープスロートの正体は、当時FBI(アメリカ合衆国連邦捜査局)の副長官であったマーク・フェルト氏であった。
今となっては信じ難いが、当初は銃の携行権や逮捕権すら認められていない職員数若干1000人の弱小官庁であったFBIを、現在の世界中の誰もが知る強いFBIに育て上げたジョン・エドガー・フーヴァー長官の子飼いの部下だったマーク・フェルト氏が、同性愛者ゲイの疑惑が常に有ったフーヴァー長官(生涯独身であった)に長官室内で陰茎ペニスを喉まで捻じ込まれてしゃぶらされた経緯でも有ったのだろうか?



っと、これは下品な冗談。




結論。



特定秘密保護法によりディープスロートの様な国家公務員が逮捕される可能性は発生し得る。
それでも国家機密漏洩をしたいのであれば非常に安定した公務員の地位を失う覚悟ですれば良いし、その様な濃厚でマニアックな性行為はしたければ風俗嬢やセフレ相手にでもすれば良い。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

jthumb







東京都知事の猪瀬直樹氏が、医療法人社団:徳洲会から5000万円もの巨額の資金提供を受けていた事が問題となっている。

そもそも彼の方から徳洲会側に1億円を先ず要求して、それに対して徳洲会ドン首領たる徳田虎雄氏から息子の自由民主党議員の徳田毅氏に、「先ずは5千万円を現金で渡せ。但し足が付かない様に議員会館で渡せ。」と指示したとか、しなかったとか。


やはり言うまでもないが、世界最大の巨大都市の政治に関して、巨額のカネと無縁で居られる事は夢物語の綺麗事でしかない。jthumbCAEH8RYU







別に徳洲会が呪われた医療法人社団と言う訳でもない。
我が国の僻地医療に貢献して来た功績は、依然多大で巨大だ。



俺が思うに、ヒト人間と言うものは、基本的に他者を悪く言いたがる生き物だ。
勿論、この僕を含めてだ。


人は基本的には他人他者の悪口しか言わない。
ヒトは基本的には、他人他者の悪い所しか見ない。


その対象が自身や自身の家族よりも社会的地位や経済力が優越している場合、特にその人間特性は著しく発露する。

jthumbCA4FQ1H2jthumbCAFMJWAG




先の2020五輪、東京都開催決定に至ったには、猪瀬直樹都知事の強力なリーダーシップに負う所が大きい。
jthumbCAG44U0N






2年前の未曾有の国難である東日本大震災の際に、宮城県気仙沼市で火の海の中を取り残された人達を、当時東京都副知事として果断な決断力を示し、迅速に東京消防庁に命じてヘリコプターの緊急出動を決定し、見事に救出に成功した事は猪瀬直樹氏の英雄的英断に依る。
通常、現地からの出動要請が無い中をヘリコプターが出動する事はかなりの異例なのである。
jdanmi










確かに、徳洲会グループが西東京市に建設した老人保健施設の工事代金7億5千万円を、全額東京都が補助する事を決定したのは、当時の副知事の猪瀬直樹氏ではある。(当然、それらは東京都民の皆様の血税である)
そうした見返りに彼は、1億円の拠出と言うか貸付を選挙費用として徳洲会に依頼したのだろう。


彼は5千万円を受け取ったのは事実だが、所収したのではない。
借りただけであり、既にそれらは全額返却している。


これを、僕はそう問題になる事だとは思わないが、既に東京地検特捜部は捜査に乗り出している様だ。



人を一面的にだけ見るのは良くない。

っと僕は思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ