宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

2016年03月

4
    




僕の職場が入居するパティオ袋井の玩具売り場を、お昼休みに独りでブラブラと何気無く見ていたら、ミニ四駆(タミヤ模型)の類似品じゃねぇかと思われる商品が、目立つ場所に陳列されていたので、甥っ子ちゃんのR君にその存在を訊いてみた。




012








それがこの、BANDAIからこの冬に新発売された、小学生向けのレーシングホビー商品の「ゲキドライヴ」。



013








ネーミングからして、いかしてる(笑)

激→ゲキ、と読ませて接頭語としているのか。




004
003
002










未だ新発売から間も無いからか、発売されている車種は今の所は少ない様だ。





001








僕は40歳初老で、完全ドップリのミニ四駆世代なのだが、こちらのゲキドライヴは写真の様に何と、フリーコースで激しく直接体当たりをさせながらスピードを競う趣旨らしい。

小学生対象の商品にしては、過激な遊戯志向だ。




yjimage (84)







こちらは、タミヤ模型のロングセラー商品の、ミニ四駆。
しかも上の写真は、熊本県のゆるキャラ「くまモン」をモチーフとした特別ヴァージョン。

可愛らしいよね。




yjimage (85)
yjimage (88)
yjimage (87)









タミヤ模型のミニ四駆は、今から実に30年以上も前から、当時の小中学生の心を鷲掴みにして捉えて離さなかった。

勿論、僕もミニ四駆に熱中した。




yjimage (90)
yjimage (86)yjimage




現在、小学5年生の甥っ子のR君も、タミヤ模型のミニ四駆は保有している。




yjimage (98)
yjimage (99)
yjimage (100)










だが、今回僕がちょっと興味を惹かれている点は、タミヤ模型のミニ四駆は、各自のコースがセパレート(分離)されたコース(上記写真)でスピードを競うホビー商品であるのに対して、このBANDAIのゲキドライヴは、フリーコース、つまりは完全にフリーのサーキット場で激しい直接バトルを繰り広げながら先着を競う所だ。



001








完全狂人のドキチガイで非常に好戦的な、40歳のこの僕の血が騒ぐ。




002










今、僕が買うとしたら、これかなぁ。

BANDAIのゲキドライヴ公式ホームページをざっと見たら、気になるお値段・価格は、タミヤ模型のミニ四駆とほぼ同額だ。

やはり改造・改良する為の種々のカスタムパーツも同時発売されている。



因みに今日がお誕生日の甥っ子ちゃんに、このゲキドライヴを伯父さんが誕プレに買ってやると提案したら、彼は遠慮した。




yjimage (95)
yjimage (96)
yjimage (94)









このBANDAIが世に出した新しいレーシングホビー商品に接して、僕が思い当たる場面を想起した。


そうだ、僕もかつて若い頃に映画館で鑑賞した、映画:スターウォーズ エピソード1の、あの手に汗握るポッドレースのシーン(上記写真)に共通するものが有ろう。


体当たりでライバルを蹴落とし蹴散らし、非常に卑劣で汚い手を使ってでもライバルを出し抜いて敵を破滅とレース落伍に陥れてブチのめす、しかもそれを観客や主催者は賭け事ギャンブルの対象にすると言う、実にトチ狂った、青少年健全育成上誠に推奨されるべき近未来最高のエンターテイメント。



001








だが、ちょっと待って欲しい(笑)



012









BANDAIさんはこのゲキドライヴの対象年齢を、明確に小学生であると位置付けているが、こうした直接バトルに拠って対戦する小学生同士の間に、要らぬあらぬ摩擦や齟齬、延いてはそこからリアルの喧嘩やいがみ合いに発展してしまいやしないだろうか・・・!?


小学生各々各自がそれぞれ保有する玩具が、レースに参加する全員や関係者の目前で直接に物理的接触が有るとなると、当然ながら物理的破損や破壊が生じる事は恐らくだが免れず、そこからあらぬマイナスの感情の惹起や、陰湿で陰険な人間関係の発生源となってしまう可能性は、きちんと排除出来るホビーだろうか・・・!??



以上の呟きが、40歳初老オジサンの僕の単なる杞憂に終わる事をここで祈りたい。



純真で元気な未来有る小学生男子の子達が、一生懸命に頑張ってお小遣いやお年玉を貯めに貯めて、そしてやっと玩具売り場で意気揚々と手にした宝物が、マイナスの事象や感情をもたらしてしまう事に繋がるとしたら、それは余りに寂しく哀しい事であると、僕はお節介に心配してしまうのだ。



 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

5
yjimage (80) 









職場が変わり、朝の出勤前の時間に随分矢鱈と余裕が出来たので、こうして朝っぱらからブログを書いている。


ここ静岡県に、蕎麦チェーン店の「ゆで太郎」さんが初進出し、そのお店が僕の通勤途上に開店(静岡県掛川市梅橋)したので、行ってみる事にした。



yjimage (78) 















その前に、livedoorでこんなニュースが配信されていたので、僕は益々興味を持ったのだ。



「例えば、『ゆで太郎』(かけそば320円、かきあげそば420円)はそんなチェーンのひとつ。工場ではなく各店舗の店内で粉から製麺し、『ひきたて』『打ちたて』『ゆでたて』の“三たて”にこだわっています。麺に配合するそば粉の割合も5割程度とチェーンの中では突出して高く、その日の湿度や気温によって微妙に水加減を変えたりしている。

食べ比べるとわかりますが、しっかりとしたそばの風味と香りを味わわせてくれますよ。材料と人にコストをかける分、多くの店が駅から離れた家賃の低い場所にありますが、それでも歩いて食べに行こうと思わせてくれるのが『ゆで太郎』です」
 

yjimage (79)







実際、食べてみるととても美味しい。

それに、とても安価だ。

ニュース記事で指摘されている通り、店内に製麺室が確かに存在していた。


yjimage (83)





「朝そば」に至っては、かつて僕が大学浪人の頃に、たまに門前仲町駅の立ち喰い蕎麦屋さんで朝に食べたお蕎麦よりも安価だ。
しかも味もとても美味しくて、量もちゃんと有る。


yjimage (81)








やはり食券制度で、お茶等は全てセルフサービスだ。


yjimage (82)

yjimage (70)
yjimage (71)











かつ丼とカレーも置いて有るが、こちらも安価でとても美味しい上に、量もたっぷりだ。




yjimage (77)










早速、Facebookにてファンクラブに入会したら、皆さんの反応が大きい大きい(笑)
とても温かみを感じて、嬉しいものですね(^^)

「リピーター確定です!」
「リピーター確定、おめでとう御座います!」

とても驚いた事に、代表取締役社長様からこの僕に、直接に御返信が着信した!





yjimage (76)
















僕も親父も御蕎麦が大好きなものだから、こう言った素晴らしい良心的な蕎麦チェーンのお店が、自身の郷里に進出して来た事は、誠に喜ばしい限りだ。




yjimage (75)















安倍総理はアベノミクスで最大限の経済政策を頑張ってらっしゃるが、結果は皆さん御存知の通り。
こと経済政策面だけに限って言えば、成果は余り芳しくは無く、我々平庶民の懐は相変わらず寒くて厳しい時期が、相変わらず続く。




yjimage (69)










そんな所に来ると、こうした良心的な品質と味と量と価格で世に食事を提供する企業の存在価値は、とても高いと僕は思うのだ。


今更申し上げるまでも無く、日本蕎麦はとても身体に良く健康的でヘルシーな食べ物だが、個人店で美味しいお蕎麦を注文し、天婦羅等を付ければ、お昼のランチでも税込みで2000円程度してしまう事も珍しくはない。



yjimage (68)










今日のこのご時世、1食に1人で2000円も掛けられる余裕が有る人など、この自分を含めて殆ど居ない筈だ。

それは現在の日本経済の実情を見てみれば、数値の上からだけでも良く理解出来る。


そう言う中でこうしたチェーン店は、本当にとても有り難い存在ですよねぇ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

5
yjimage (26) 
yjimage (6)




yjimage (7)yjimage (10)
















NHK-BS premiumにて放送されていたテレビドラマ、「鴨川食堂」が、遂に最終回の放送を終えてしまった。



yjimage (24)
yjimage (2)









鴨川親子の確執の融解も終盤に見られ、そして娘の鴨川こいしは、店にいつも出入りするお弟子さんの寿司職人さんとゴウルインのハッピーエンド(^^)




yjimage

yjimage (18)yjimage (17)








yjimage (20)









第1話から、毎回泣けない回は無いってな位に、良い人情ドラマだったなぁ~。




yjimage (34)







前回の第7話の主人公は、かつてギャンブル狂いの父親に苦しみ、母親は離婚して女兄弟と離れてしまい、自分は父親と2人で暮らしていたが、やはりギャンブル狂いの父親に愛想を尽かして家を出た、水泳のオリンピック出場候補選手。


yjimage (33)







そんな彼が、いつも父親が毎朝作って持たせてくれた海苔弁の味は本当に美味しく、その味は今でも忘れられず、島根県の病院で危篤の危機に瀕する父親に会おうかどうか、先ずそのかつての父親の手に拠る海苔弁の味を再現してもらい、それを食べてから、父親に会おうかどうかを考えて決める。


と言った何とまぁ、心に重荷を抱えた訳有り好青年だった。


僕がまたここで気になったのは、ドラマ中の設定だが、この相談者の青年の実家が大分県で、ギャンブル狂いの父親は大分豊後交通(架空のタクシー会社)に勤務するタクシー運転手だと言う事だ。



大分県は、僕の親友のO氏の郷里であり居住地だ。




ドラマ中のギャンブル狂いの父親が、職場のタクシー会社の裏手に在る行き付けの食堂にて、店主の親父さんから教えられた特製海苔弁の作り方は、隠し味に大分県名産のカボスが使用されている事が判明する。




鴨川食堂の相談者は、どの人もこうして心に何か人生の重荷や傷を負った人だ。




yjimage (35)
yjimage (25) 




初めて店を訪れて相談に伺うお客さんには、こうした店主の鴨川流(萩原健一)のお任せの手料理が振る舞われる。 


これが毎回毎度、テレビ画面上からでも、美味しそうな事この上無い。

僕の分も注文追加でお願いしますと、その場で言いたい位だ。




yjimage (27)
yjimage (14)





かつて店主が刑事の時代に逮捕して、自分の当時の妻と鴨川流が不倫関係に在ったと疑い、店に何度もストーカーしていた横峯克彦(豊原功補)とも、ほぼ完全に和解。


横峯克彦:「もうええわ。全部水に流したる!」


因みにこの横峯克彦を演じた俳優の豊原功補さんは、かつて僕が熱中してやり込んだ、X-BOX 360のゲーム「ロストオデッセイ」にて、ヤンセンの声を担当していたと、後で知った。



yjimage (8)









思えばこのドラマ「鴨川食堂」は、オープニングの京都の風景映像と穏やかな音楽が、とてもマッチ調和していて素晴らしい。



yjimage (9)
yjimage (11)
yjimage (5)




yjimage (4)













主演の忽那汐里さんは、今更ながらお目眼がパッチリ開いて可愛い、良い若手女優さんだわなぁ。

とても好演されてたね。



yjimage (12)














ぁあ、この子はドラマ中の鴨川こいしの高校生時代か。
とても可愛らしいなぁ。



yjimage (13)
yjimage (30)   




これは毎回のエンディング映像だが、この映像も、この時に流れる主題歌も、本当に良い感じだったよぉぅ。 



普段は殆どバッハかモーツァルトしか聴かない僕も、このカサリンチュさんが唄う「風」って、良い歌やなぁ~、って毎回思いながらしんみり観ていた。 



yjimage (37)







そして最終話の「金曜日のチャーハン」の相談者を演じるのは、俳優:石田純一さんの御嬢さんであり、女優・モデルの、すみれさん。



yjimage (32)
image
image (3)image (2)
image (1)






女優:すみれさんが演じる相談者は、かつて鴨川こいしの同級生で現在はトップモデルを務めているが、過去に父親が会社の不祥事で蒸発。愛媛県八幡浜市で母子家庭となったが、自分に愛情をたっぷり注いでくれて育ててくれたその母親も、相談者が10歳の時に他界。
以降は京都府京都市に居る、遠縁の叔父と叔母に引き取られて育ったと言う生育環境、と言う設定。




yjimage (36)







漁業の街である愛媛県八幡浜市で母子家庭となり、小さい頃から背が高い事を周囲に「男オンナ」とイジられイジメられながら育ち、母親は魚肉工場にて働きながら、アパートにて娘を女手一つで育てて、夜勤の金曜日には必ず娘の為に特製チャーハンをこしらえて、テーブルに置いていたと言う人生背景を打ち明け、大手自動車メーカーのスクエア自動車(架空)のTVCMに起用された御縁で、スクエア自動車の御曹司からプロポーズされたが、自身の家庭環境に今一つ自信を持てず、かつて働き詰めの母親が自分の為に、夜勤の有る金曜日に作り置いてくれた特製チャーハンの味を再現して、彼にもそれを食べてもらって、その時の彼の反応を見てプロポーズの受諾如何を決定しようと考えていると、かつて仲良し同級生だった探偵の鴨川こいしに打ち明けた。



すみれさんは長身でスタイル抜群の華の有る女優さんだが、今回のドラマの中での演じ方は敢えて素人っぽく演じてらっしゃるのか、それがまた役柄ととても合って居て自然な感じで、観ていてとても良かったな。




yjimage (19)
yjimage (15)






 





ここでまた僕が驚いたのは、愛媛県八幡浜市と言えば、もう一人の僕の親友のT氏の郷里であり居住地だ。


この最終回の第8話放送直前にも、T氏は愛媛県八幡浜市から僕の携帯電話に電話を掛けて来た。


T氏は御実家が祖父母の代から漁業関係の商いを営んでいて、かつてその昔は愛媛県八幡浜市は日本一の漁獲高を誇っていたらしい。
 



 鴨川食堂の最終回の中で触れていたが、日本で魚肉ソーセージを最初に造った場所は、愛媛県八幡浜市だったらしい。
普段から魚肉ソーセージが大好物の僕は、この事を初めて知った。



そしてドラマ最終回中、母子家庭で働き詰めだった母親が娘にいつも作っていた特製チャーハンの味付けは、地元の愛媛県八幡浜市の工場で作られた魚肉ソーセージが決め手となっている事も突き止められた。




かつてT氏の妹さんは、地元名産の鯛めしをわざわざ愛媛県八幡浜市から徳島県徳島市に持って来てくれて、それを僕にも振る舞ってくれて、それはそれは本当にとても美味しかった事を、ドラマを観ながら思い出した。

T氏の妹さんが持って来てくれた愛媛県八幡浜市の鯛めしは、本当に大変にとても美味しく、今でもたまに思い出しては食べたくなる逸品だった。



yjimage (31)






相談者の、トップモデルやってる同級生(すみれ)を元気に見送る鴨川父娘。



yjimage (28)
yjimage (29)


yjimage (16)








最終回にて、鴨川食堂のオーナー(岩下志麻)が、実は店主の鴨川流(萩原健一)に密かに恋心を抱いている様子がやんわりと描き出され、それを正面から受けずに居つつも拒まない店主の仲睦まじい様子にも僕は微笑んだ。


yjimage (23)








本当に良いテレビドラマだったなぁ。

観ていて毎回、心が温まりましたな。


今、NHKのホームページの、この鴨川食堂の掲示板には賛辞と称賛が続々と書き込まれており、続編の制作を待望する声も多い。


僕も続編の制作を熱望する。


CRHkkWFU8AI9Kkd






出演者同士も、こうしてプライベートで仲が良い方も居らっしゃる様だ。



最後、娘の鴨川こいしは、自分に告白・プロポーズして来た、鴨川食堂の弟子の寿司職人とめでたくゴウルイン!

早速夫婦と父親で、お店を切り盛りしている様子が伺える場面で、ドラマは幕を閉じた。



yjimage (1)







店主の鴨川流:「諍い(いさかい)の種は鴨川に流して、幸せの種を探し出す。それが鴨川食堂の品書ちゅう訳や。」


鴨川こいし:「またのお越しを、お待ちしています(^^)」










 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ