宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

2020年02月

5
yjimage - 2020-02-27T203327.104 











【Disc29】
プーランク: 『グローリア』、バーンスタイン: 『チチェスター詩篇』、ストラヴィンスキー: 『詩篇交響曲』
~レナード・バーンスタイン(指揮) ニューヨーク・フィルハーモニック、ウェストミンスター合唱団




maxresdefault (12)








こうしてずっと時代順に、声楽曲作品を聴き続けて来て、遂に僕は近現代の時代の作品に踏み入った。



i-img600x600-1578810475rq6103277












このアルバムは、誰しもに慕われて愛された音楽家、レナード・バーンスタインの作品を含んだ、彼の指揮と演奏に拠る近現代の声楽作品だ。


一言で、やっぱり良い!!




yjimage - 2020-02-27T203601.928












彼はやはり皆に慕われて愛される、永遠のレニー。




esdigital_10500038












僕はレナード・バーンスタインの作品は、最も知られた「ウェストサイドストーリー」の自作自演盤しか持って居なかったが、こちらのアルバムも純音楽的に楽しめる、極めて完成度の高い、超豪華メンバーに拠る実に素晴らしい演奏だ。




yjimage - 2020-02-27T203611.393












だが今回のこのアルバムも、彼、レニーに対して僕も大いに魅力を感じてしまい、大いに惹かれてしまう。




yjimage - 2020-02-27T203625.509












レナード・バーンスタイン。
彼の人柄や音楽や作品は、どうしてこうも時代を超えて全世界中の人々に愛され続けるのだろう。




yjimage - 2020-02-27T203327.104












今回のアルバムも、本当に素晴らしい作品と演奏だ。


お弁当やサンドイッチ、或いはケーキでも頬張りながらコーヒー飲みつつ聴くと、何だかそれだけで幸福感一杯で幸せに成れるだろう。







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
yjimage - 2020-02-24T195550.638 












【Disc27&28】
マーラー: 『交響曲第8番「千人の交響曲」』
~デイヴィッド・ジンマン(指揮)、チューリヒ・トーンハレ管弦楽団、メラニー・ディーナー(Sp)、ユリアーネ・バンゼ(Sp)、リサ・ラーション(Sp)、イヴォンヌ・ナエフ(A)、ビルギット・レンメルト(A)、アンソニー・ディーン・グリフィー(T)、シュテファン・パウエル(Br)、アスカー・アブドラザコフ(Bs)、チューリヒ児童合唱団、カルトブルン児童合唱団、スイス室内合唱団、WDR合唱団





yjimage - 2020-02-24T201118.632















グスタフ・マーラーと言う作曲家の作品は、僕はそれ程特には好きでなく、手元に有るCDは交響曲第1番「巨人」しか無かったが、今回初めてこの作品、所謂「千人の交響曲」を聴いた。




yjimage - 2020-02-24T201125.380















聴いてみると、いやこれ意外と良いねぇ!

クラシック音楽と言うと堅苦しさをイメージしてしまう人は、今でもどうしても多いのかも知れないが、これはフル編成の大オーケストラ(管弦楽団)に加えて、フル編成の合唱団に少年合唱団、更には独唱者達も加わるのだから、演奏するに当たっての編成は、あらゆる総ての音楽ジャンルの中でも最大だろう。






yjimage - 2020-02-24T201143.950













聴いてみると、何だか元気が出る。気が僕にはする。

マーラーは異常なまでに暗い交響曲を書き連ねたと、一般には良く言われて居る中で、僕の受け止め方はおかしいのかも知れないが、この曲はやはり名曲だと僕も確信を伴って思う。



yjimage - 2020-02-24T201156.054














大人数の大編成による演奏と言う意味では、ヨハン・セバスチャン・バッハの「マタイ受難曲」も最大だろうが、現代オーケストラ(管弦楽団)に拠る再現としては、やはりこの「千人の交響曲」が最大になるだろう。




yjimage - 2020-02-24T201205.884















演奏時間も長時間に及び、商品パッケージとしてはCD2枚組だ。

形式は交響曲:シンフォニーだが、聴いた感覚は歌劇:オペラに近いかも。




yjimage - 2020-02-24T201212.383














マーラーの交響曲ファンと言う方々も、世界には常に一定数存在するのだろうが、マーラー初心者の僕からすると、本作品はむしろ、普段はロックやポップスしか聴かず、クラシックは余り聴かない方達に合いそうだ。



yjimage - 2020-02-24T201231.194













僕の耳には、日常普段はクラシックを聴かない方達に対して、本作品を「これがザ・クラシック!です」と紹介したくなる作品。

そんな所だ。



折に触れて、また本ディスクを聴こうと思う。










このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
yjimage - 2020-02-23T213534.377 











【Disc26】
フォーレ: 『レクィエム』Op.48(1893年版)、プーランク: 『悔悟節のための4つのモテット』FP.97
~ペーター・ダイクストラ(指揮)、スンハエ・イム(Sp)、コンラッド・ジャーノット(Br)、バルバラ・フレッケンシュタイン(Sp)、マックス・ハンフト(Org)、ミュンヘン室内管弦楽団、バイエルン放送合唱団





yjimage - 2020-02-23T213447.564












モーツァルト、ヴェルディのそれと並び、3大レクイエム(鎮魂ミサ曲→要はキリスト教の葬儀の音楽)と巷間称されるものの1つに、辿り着いた。




yjimage - 2020-02-23T213436.089 















このダイクストラ盤はとても良い演奏だが、僕の耳にはどうもこの名作:フォーレのレクイエムは、今一つ皮相的と言うか、奥深さを余り感じる事が出来ない。


決して悪い曲なのではないのだが、僕はやはりレクイエムにも、ドイツ的な重厚さや深味を求めたい。





yjimage - 2020-02-23T213454.321 

















自身の葬儀の音楽の候補に、このフォーレのレクイエムはしばしば挙げられるのだが、それはそれで個人の趣味だから、他人がとやかく言う事ではないのだ。


僕は自身の葬儀の音楽・BGMは、既にCDまで特定して居るが、このフォーレのレクイエムは挙げては居ない。

だがしかし、名作のコレクションとして、やはり僕の手元にも遺して持って置きたいディスクだ。













このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
sim 









【Disc25】
ブラームス: 『4つの歌Op.17』『3つの歌Op.42』『7つの歌曲Op.62』『6つの歌曲とロマンスOp.93a』『5つの歌Op.104』
~フリーダー・ベルニウス(指揮)、シュトゥットガルト室内合唱団





yjimage - 2020-02-13T124820.023















今回のディスクも、僕は初めて聴く曲と演奏だが、やはりフリーダー・ベルニウスさんは合唱の扱いが巧みだ。

このブラームスの種々の歌曲を収めた本ディスクを聴いて、改めて思った。




yjimage - 2020-02-13T124826.223













聴けば清らかな響きで、心が洗われる思いがする。



yjimage - 2020-02-13T124835.718














このディスクもやはり、葬儀前に遺族が参集した場面のBGMに、打って付けの様な気が僕にはする。



yjimage - 2020-02-13T124842.199













作曲者の姿は、最初のバロック・古典派時代の方達の肖像画でしか伝えられない事は無く、こうして写真まで登場し始めた。

僕の音楽鑑賞、合唱曲堪能の旅も、そろそろ終盤を迎え始めた。




yjimage - 2020-02-16T220758.578











人間なんていつ死ぬかなんて、自身にも誰にも全く分からない。

僕は現在44歳だが、死ぬまでには今回のboxセットの30枚のCDを、全部聴き終えたいものだ。









このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1

yjimage - 2020-02-16T195741.660








COVID-19(新型コロナウイルス)の感染拡大が、我が国を含めた世界中で止まる所を知らない。




yjimage - 2020-02-16T195750.245










kinta様が御指摘の通り、今回のCOVID-19は、これまで人類が経験しなかった未曽有の事態であり、これまで人類が未知の異常なまでに強い感染力を持つウイルスだと言える。




yjimage - 2020-02-18T061249.069











遂に悪魔が、牙を剥いて襲来した。




yjimage - 2020-02-15T225146.108








完全防御でダイヤモンド・プリンセス号に向かったはずの厚生労働省職員さんでさえ、既に感染してしまった。




yjimage - 2020-02-18T061236.637










夢の様なゴージャス豪華客船は、今や凶悪魔ウイルスCOVID-19の培養場と化した。




yjimage - 2020-02-18T061311.264











僕の様な浅はかな浅学の者がくどくど述べるよりも、ここはまたkinta様の詳細で精緻な分析のコメントを、またしてもkinta様に対しては無断で以下に転載させて頂く。



yjimage - 2020-02-18T061303.689













インドでは本日の時点で3名感染者が出ております。
最新の情報はこちら
https://gisanddata.maps.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/bda7594740fd40299423467b48e9ecf6


さて、日本は感染経路不明の患者が出てきているので本当にやばいと思います。

またクルーズ船から下船となればさらにヤバい状況が待っていると思います。

クルーズ船の下船後の各国の対応にもよるが、下手すれば10日~2週間後にはとんでもないことになっているかもです。

日本で患者が急増すれば、想像を絶する状況が待っている。
とくに横浜、北海道、東京、大阪、京都、福岡では、病院は間違いなく野戦病院と化す。
その後、医療崩壊へとつながりかねない。

東京では医師と看護師が新たに感染しているし…
簡易検査キットを開発している最中ですが、この完成がいつになるかで状況は大きく変わる。
時間との勝負だと思います。
開発者は懸命に不眠不休で日本の為に頑張られている。
何とか実を結んでほしいものだ。
早く安価で短時間で判定できる簡易検査キットを開発し(多分これはできるはず)、エイズの発症を抑える薬などを活用し、症例実績を重ね有効薬を量産すべきです。ワクチン開発には時間がかかるので今はこれで抑え込むのが良いかと思います。

政府は対応について大きな決断を近いうちに下さなければならなくなると思います。



yjimage - 2020-02-18T061225.163











さて、話は戻って、インドですが、インドに限らず他国ではあまり検査体制が整っておらず、感染者がわかっていないというのが現状だと思います。


アメリカについても、CDCによると2,600万人のインフルエンザの病気、250,000人の入院、インフルエンザによる14,000人の死亡が推定とされている(2/8時点)。
個人的には、この中にコロナ肺炎の感染者が相当数入っているのでは?と推察します。


日本が第2の武漢だと海外メディアでは言っておりますが、僕の見解では、すでに世界中に相当数の感染者が散らばっているものと推察します。
目に見えてパンデミックが起こるのはこれからだと思います。



yjimage - 2020-02-18T061243.007













追記です
<現場の医師が半ばヤケクソやけのやんパチ一か八かの感覚で投与してみたのだろう。
 

実際はSARSが大流行した時に、エイズの進行を抑えるアミノ酸の結合物を投与することでウイルスの細胞への侵入をかなり阻止できていた事があったのと患者の病床(免疫系の状況)等から判断し投与されたのだとおもいます。


なお、アメリカでは、エボラ出血熱の治験向けに開発していた薬を投与することで新型コロナウイルスによる肺炎症状が改善したそうです。
研究が急がれますね!



yjimage - 2020-02-16T220745.968










いつも毎度ながら、kinta様の詳細で精緻で分かり易いコメントには、毎度助けられてしまう。


我々人類の、悪魔・死神との戦いは、未だ緒に就いたばかりだ。





yjimage - 2020-02-16T220758.578












一刻も早くこのCOVID-19と言う名の悪魔・死神を封じ込めねば、我々日本人の、いや我々人類の明日は無いのだ。








このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ