宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

Tag:アルバート・アインシュタイン博士

5
117303284_1605868896254149_5815905839081059870_n 












今日は75回目の終戦記念日だ。

全国的に大変厳しい暑さに見舞われて居るが、こうして我々日本人は毎年必ずこの日を、祈りの日とする。




117339498_1605868972920808_8383349077479109642_n 












悲惨な戦争を2度と繰り返さないと誓いつつ、日本国の国家安全保障をしっかり充実させて行く事は、何も矛盾した事ではないのだ。




117388773_1605868936254145_4642887148251013856_n












戦争を望む人間は、実は何時の世にも常に必ず一定数存在するが、そう言った輩が自ら銃弾が飛び交い爆弾が落下し炸裂する戦線に赴いた事など、史上一度もただの1人も存在しないのだ。




117632133_2732446016855140_400865723551443239_n










日本国はあれから、戦争をしないで経験せずに、75年間を平和と繁栄の内に過ごす事が出来た。




117924888_1605868869587485_4018035420884384517_n












出来ればこの平和の期間が、100年間:DECADE続いてくれると最高だ。




G6BZUDmg
uKD_ydVQ






今僕はこのブログ記事を、バッハの教会カンタータ第1番「輝く明けの明星のいと麗しきかな」を、YouTubeで聴きながら書いて居る。


僕がこよなく愛する音楽の父:Johan Sebastian Bach(ヨハン・セバスチャン・バッハ:ドイツ人)は、全部で実に200作以上にも及ぶ教会カンタータ作品を作曲し後世に遺したが、こうして彼の記念すべき教会カンタータ第1番を聴いて居ると、恒久平和の尊さと有り難さと美しさが、自身の心と魂から自発的に全的に希求される様に、僕には思えてならないのだ。





yaSELo94
8kAke-89
Ira8uADxPR98FM-4


















そして、だが世界人類史上最も悲惨な惨禍と悲劇をもたらした第2次世界大戦が、音楽の父と同じく生粋のドイツ人(アーリア人)のアドルフ・ヒトラー総統に拠って惹起された事は、僕に言わせれば実に皮肉と言う他無い。





4NCvFXVs
boFlQOaA
ELt_zBQA










だが僕が思うに、人類や人間の総体と言った存在は、基本的に馬鹿で愚劣だ。




4fKc71sg








2度有る事は3度有る。




9XGDcTts












第3次世界大戦の幕開けは、実はもうそう遠くはないのだ。




rTjyKGPQ















そしてノーベル物理学賞受賞者のアルバート・アインシュタイン博士(大の親日家であるユダヤ人)が鋭くも御指摘為さる様に、世界人類は第4次世界大戦は最早、石器や棍棒・石斧と言った原始兵器(原子兵器ではなくて)を武器に闘う事になるのだ。










このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
被災者の方々へメッセージを! に参加中!
tc2_search_naver_jp
tc1_search_naver_jp

福島第一原発の3号機の建屋でも、水素爆発が起こった。
これは格納容器の弁から排出された蒸気が分解した水素が大気中の酸素と反応しただけで核爆発とは関係ないが、「爆発」という言葉があたかも原爆を連想させて恐怖をかき立て、あらぬデマが乱れ飛んでいる。
原子力について初歩的な事も理解していない人が多いので、僕から改めて説明しておく。


西岡参議院議長が「炉心融解すれば原爆が落ちたのと同じような状態になる」と発言したようだが、これはとんでもない間違いである。
前にも説明した様に、炉心溶融というのは燃料棒が溶融して水蒸気爆発を起こし、圧力容器を破壊して大量の核物質が周囲に飛散する事故である。
放射能汚染の範囲は広いが、核爆発の様な破壊力は無い。


燃料棒が損傷した程度の事故に炉心溶融という言葉を使うと、海外メディアがmeltdownと報道して誤解を招く。今回も藤崎駐米大使が「メルトダウンは起きていない」とコメントして、枝野官房長官の説明と食い違うと問題になったが、これは政府の勇み足である。
枝野官房長官は「炉心溶融はメルトダウンではない」と説明したが、炉心溶融は英語でmeltdownとかChina syndrome(accident)と訳すのが普通である。


原子爆弾というのは核反応を瞬時に連鎖的に起こして大きなエネルギーを出すものだが、原子炉は核反応を制御棒でコントロールしてゆっくり起こすものだ。
今回の事故では緊急停止で制御棒が入ったので連鎖反応は止まっており、核爆発は絶対に起こらない
武田邦彦氏が「核爆発の可能性がある」と書いているが、これも流言蜚語である。


ただ武田氏もいう様に、ホウ素を注入していると言う事は、核反応が部分的に続いているのかも知れない。熱崩壊だけなら(核反応を媒介する)中性子を止めるホウ素は必要無いからだ。最悪の可能性として、溶融した燃料が炉内で反応して再臨界を起こすと、過熱して圧力容器が崩壊する「メルトダウン」は起こりうるが、核爆発は起こり得ない。燃料棒のウラン濃度は原爆より遥かに低いので、全く制御出来なくても核爆発は起こらない。原子爆弾でさえ、核爆発はTNT火薬などの爆弾で圧縮しないと起こらない。
嘘だと思うのなら、現在は御在天の原子爆弾開発のアメリカ合衆国国家プロジェクト「マンハッタン計画」の主導者で在らせられたアルバート・アイシュタイン博士御本人様に、青森県の霊媒イタコさん等に取り次いで貰って訊いてみると良い。



繰り返す。
核爆発は絶対に起こらない



また現在報じられている程度の被曝量では、人体に影響は無い。まして首都圏の人が心配する必要は無い。核燃料が原子炉の中に閉じ込められている限り、破局的な放射能汚染は起こらないので、圧力容器を守ることが最優先だろう。緊急停止から3日たってかなり冷却され、原子炉内が海水で満たされているので、メルトダウンは起こらないと思うが、それでもやはり確率はゼロではない。


僕は職場で常日頃からレントゲン撮影のスイッチを押している。
本チャンの仕事よりもそちらの仕事を担当可能な国家資格保有者が差し当たって僕だけしか見当たらず、自然と今の職務担当と相成った。
CT(Computed Tomography)、数種のデジタルレントゲン撮影。
毎日毎日朝から晩までスイッチを押しに押しに押しまくって来る人来る人全てに、私は放射線を被爆させまくっている。
その際の放射線量と今回の震災の被爆者達の被爆線量が大して変わらないのなら、他に心配すべきやるべき事は在るだろうと言うのが僕の見方だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ