宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

アントニオ・ヴィヴァルディ

【CD59】《ヴィヴァルディ:協奏曲集》、を聴いたぜ。4


51iuta8j77L._AC_ (1)












 【CD59】《ヴィヴァルディ:協奏曲集》

1) チェロ協奏曲イ短調 RV 418,
2) 弦楽のための協奏曲ハ長調 RV.117,
3) 弦楽のための協奏曲ヘ短調RV.143,
4) ヴァイオリンとチェロのための協奏曲変ロ長調 RV.547,
5) 2つのヴァイオリンと2つのチェロのための協奏曲ト長調 RV.575,
6) 4つのヴァイオリンのための協奏曲ニ長調 RV.549,
7) チェロ協奏曲ト長調 RV 413,
8) 弦楽のための協奏曲ホ短調 RV.134,
9) 弦楽のための協奏曲イ長調RV.159

ジーン・ラモン(ヴァイオリン&リーダー), アンナー・ビルスマ(チェロ), ターフェルムジーク・バロック・オーケストラ[録音]1990年




僕の長大な音楽鑑賞の旅も、いよいよ終わりが近付いて来た。

今回のアルバムは、かのアントニオ・ヴィヴァルディさんの協奏曲集。

勿論、本音楽アルバムに収録された楽曲は、皆決して悪い楽曲ではないのだが、複雑精緻極まる音楽の父:ヨハン・セバスチャン・バッハの器楽曲に耳が完全に慣れ切ってしまった僕からすると、如何せん楽曲の完成度や密度は、彼は音楽の父には全く遠く足元にも及ばない事は一聴瞭然だ。


だがこうした楽曲を、普段自宅でコーヒーを飲みながら読書したり新聞読んだり、またインターネットをしたりする際にBGMとして流して置く事は、全く違和感の無い事だろう。


大バッハが余りに偉大過ぎて凄過ぎる存在なのであって、ヴィヴァルディさんが決して劣った無能な作曲家ではないのだ。




03
jrd_210125_06_03
01 (3)top











僕としてはまた、日常生活の何気無い、特に取り立てて何か特別な場面ではない時に、何気無くこのCDを手に取り、ステレオで再生しそうだと自分で思う。





shutterstock_135625958
A00007220
42009737454_e40e9acdad_h-1060x795nanairo_20180321_thum
a0002917_main
DSC_5300-1200x801shutterstock_369821957
1194249cc0d7aa-5db0-4647-8c69-306fefa9be7e_m





イタリアの作曲家に因んで、今度は自宅でピザやスパゲッティでも食べながら聴いてみるか。



その日常生活の何気無い場面こそが、実は本当の幸福や幸せの場面そのものなのだが。







SPRING 2015 春が来た5

6bc3addc







ぁあ、今年も春の到来です。

桜の綺麗な花が、其処彼処で綺麗に咲き誇っております。


3f30878f







春眠暁を覚えずな方もいらっしゃろう。



ダウンロード







毎年、桜の花が咲くのに接して、いつも想う事が有る。

桜の花って、何故こうも気品に満ち溢れてて、高貴で霊格の高さを感じさせるのだろうか?


百合の花は西洋では純潔の象徴だが、我が国の桜は、百合の花よりもより印象的に心に訴え掛けて来る。



02














思えば、歳が明けてAD2015になってからこうして春を迎えるまで、あっと言う間だった気がする。


2c67950c-s







その間、日本国内だけでも衝撃事件の発生が相次いだ。


91ZV-jm7uYL














大物ジャンキーは出所し、こうして娑婆に復帰。
田代まさしさんは復帰早々、執筆・出版活動で意欲は衰えてはいない。



0b6c5151








こうしてあっと言う間にGWを迎えて、そしてもっとあっと言う間にGWも終わり、そして直ぐにまたあの蒸し暑い季節を迎えるのだろう。


news4vip_1425653484_3401















ネットの一部では、2015の大天災・大災厄発生が実しやかに噂されているのだが、こうした時期指定の災害予言が的中した試しは、我々人類は未経験だ。


1b384a32












6a485276








春になりポカポカ暖かくなれば、ちょっと頭の狂ったクルクルパーな人間も其処いらでまま発生するだろうか。


Mirror_woman86548 (1)








だがこの春の季節を迎えると、気分が憂鬱に落ち込む人も中には一定数存在する。


05e5a100-s


















2ec420cf-s


















願わくはその方達が、笑って笑顔で桜の木の下で満開に咲き誇る桜の花の祝福を受けて、落ち込んだ気分が初夏に向けて、心に晴れ間が差してくれる事を祈りたい。



78622937-s


















僕は毎年この時期は、やはり必殺ド名曲、「赤毛の司祭」アントニオ・ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲集「四季」より「春」。こいつで決まりだろう。

それと、べートーヴェンのバイオリンソナタ「春」。


皆さんは、春にはどんな音楽や曲をお聴きになりますか?


春の味覚は?
やっぱり、ふきやタケノコでしょうかね。









 
僕のブログ記事を検索して下さい
読者の皆様からのコメントです
月別の過去記事ファイルです
これは匿名の目安箱です

僕に対する批判・非難、延いては脅迫・恫喝・罵詈雑言等、万何でも受け付けております。

名前
メール
本文
極簡単な自己紹介です

エリア467

お酒も煙草も浮気もギャンブルも全くやらない、日本の地方に住む中年男性です。

キーワードの嵐です
スマホでどうぞ
QRコード