宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

Tag:イオン市野SC

1
yjimage - 2020-03-31T213244.148 










今週中にも、安倍晋三内閣総理大臣に拠り、日本国国家緊急非常事態宣言が、間違い無く発令されるはずだ。
インターネット上の噂である明日の04月01日(水)である可能性も、十分に考えられる。




yjimage - 2020-03-31T213250.700









だが日本国は新型コロナウイルス:COVID-19対策は、絶対に間違い無く世界で最も巧く行って居る国なのだ。




yjimage - 2020-03-31T214021.589








アメリカ合衆国を見てみると良い。今やイタリア共和国やスペイン王国に取って代わり、新型コロナウイルス世界席巻の中心地だ。




yjimage - 2020-03-31T214152.472








ドナルド・トランプ大統領閣下は、ホワイトハウスで頭を抱えて居らっしゃる。



yjimage - 2020-03-31T213257.719









日本医師会は今、安倍総理の御英断を心待ちにして居る。



yjimage - 2020-03-31T213303.204









このままでは死と絶望の悪魔ウイルス:COVID-19は、日本国内において終息を見る事は増々困難となって来るであろう。



yjimage - 2020-03-31T213324.603










日本国首都:東京都は今、新型コロナウイルス:COVID-19に完全に侵食されてしまい、陥落した。

東京都内の感染者数は爆発的に増えて居り、事実上既にオーヴァーシュートしてしまって居る。




yjimage - 2020-03-31T213330.891















東京都内で感染者がバタバタ次々に死んでしまって居り、致死率・死亡率も世界的に上昇の一途を辿る一方だ。




yjimage - 2020-03-31T213336.924














一度感染したら最後、治療薬もワクチンも全く存在しない中で、絶望と地獄を味わい、死の臭いと存在をリアルに感じ取る事になる、凶悪悪魔ウイルス。




yjimage - 2020-03-31T213342.864















小池百合子東京都知事に拠る、日本国首都封鎖:ロックダウンは、もう間違い無く目前だ。




yjimage - 2020-03-31T213449.707








日本国の首都である東京都は、アメリカのニューヨーク市をも凌駕する世界一の巨大都市:メガロポリスだが、今や死と絶望が其処彼処に蔓延する地獄都市へと変貌を遂げた。


東京都民は今、完全にパニックに陥って正常な精神と思考を完全に失ってしまって居る。





yjimage - 2020-03-31T215418.699
yjimage - 2020-03-31T215440.389
yjimage - 2020-03-31T215447.221










ここ静岡県浜松市の超大型ショッピングセンターであるイオン志都呂SCやイオン市野SCに、東名高速道路:浜松IC・浜松西ICから品川ナンバー・川崎ナンバー・大阪ナンバー・多摩ナンバー・なにわナンバーの車両が大挙して押し寄せて居り、日用品や食料品を、家族総出で信じられない量を購入しまくる光景が、既に数日前から繰り広げられて居るのだ。





yjimage - 2020-03-31T213414.214







僕に言わせれば首都封鎖では未だ不足であり、首都圏封鎖とするべきであろう。



yjimage - 2020-03-31T213434.722







恐らく日本国国家緊急非常事態宣言と日本国首都封鎖は、同時に発令されるはずだ。



yjimage - 2020-03-31T213442.586







日本国は首都:東京都からして既に、死と絶望の無間地獄都市と化した。




yjimage - 2020-03-31T213504.386








最早この新型コロナウイルス:COVID-19は、もう誰にも止められないのだ。












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

tc2_search_naver_jp
tc1_search_naver_jpCAYR0XJ8
tc4_search_naver_jp


今日は秋分の日で祝祭日。
今の職場は、ボスのお取り計らいで祝祭日は確実にお休みになるのがとても有り難い。


今日は午前中の内に、僕の実家の墓参りに行って来た。

お彼岸の墓参りって訳だ。


またおのろける様で恐縮だが、妻はいつも夫の僕の家のお墓参りの時には、自分からいそいそと甲斐甲斐しくお花やお供え物を買い揃え、お線香も用意して、俺が何も言わなくてもウチのお墓を綺麗にして、心からのお祈りを僕の実家の御先祖様に捧げるのだ。


それを入院中の俺の父方の祖母に報告すると、祖母は顔を大いに綻ばせて心底嬉しそうな表情をしながら、妻に大いに感謝の意を毎回表するのだ。


まぁ、今時珍しい位の信心深い良く出来た嫁だ。


俺の家のお墓は仏教:浄土真宗妙心寺派だが、神仏を尊び信じ仰ぐその姿勢に境界は無いとばかりの妻の恭しい態度には、毎度の事ながら夫の俺は感心させられる。


世の中には、「私が死んだら夫の(旦那の)家の墓には入りたくはない!」 と内心強く思い、夫や夫の実家に対して拒否感を持つ嫁や主婦も多い事だろう。

それはそれで致し方ない面も有るかと俺は思うのだ。

誰しもが絵に描いた様な幸せで幸福な、円満な家庭生活を送れる訳では、非常に残念ながらない。


神様、仏様、御先祖様に対する崇敬。


俺も大した人間では決してなく、むしろロクでもない私生活に彩られる愚劣なる亭主だが、人間の本当の幸福と言うものは、それら無しには絶対に成立し得ないとおぼろげながらも思えて来る今日この頃。

そう言えば、何方か様にうち等夫婦は、「幸せの完成形」だと評して頂いた。
そんな大それた事を仰られてもただ単に恥ずかしいだけなのだが、元来粗雑な頭脳の持ち主である僕には、人間にとっての本当の幸福、人間にとっての本当の不幸とは何かの問いに対して、未だに明確な回答は得られずにいる。


お墓参りの後に、その足でここいら周辺の静岡県西部地域では最大規模を誇るイオン市野ショッピングセンターに正午を挟んで4時間余りも滞在したが、まぁ人だらけで大混雑。

これだけ人が多ければ知り合いに会うかと思ったが、特には誰にも会わなかった。


この施設に居てもこれだけ人間が老若男女数多く存在するが、果たしてその中のどれだけの人が幸せや幸福を実感しながら日々の生活を送っているのだろうか・・・??





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ