宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

タグ:ジェラルド・R・フォード級航空母艦

5
 





先月の7月に、遂にとうとうこの化け物最新鋭航空母艦、ジェラルド・R・フォード級航空母艦の1番艦、ジェラルド・R・フォードが正式に就役した。



上記動画は、その就役式典の模様を伝えた動画だ。


驚いた事に何と、ドナルド・トランプ大統領閣下その人が、式典に参列している。



yjimage








トランプ大統領は式典中の挨拶でこう述べた。



yjimage









「この船は、アメリカの力と威信の象徴だ。この船の御蔭で同盟国は安心して眠る事が出来、また敵は恐怖に慄くだろう。」



yjimage









空母:ジェラルド・R・フォードは、1隻のお値段は日本円で、1兆4000億円。トチ狂ってる。




yjimage
yjimage yjimage







このジェラルド・R・フォード級航空母艦の2番艦のジョン・F・ケネディの建造は、既に50%の工事が終わっているらしい。




yjimage









このキチガイ染みた超ど最新鋭の超巨大空母が、遂にアメリカ海軍の戦列に正式に加わったのだ。



yjimage







これ1隻の艦載機の航空戦力が、中小国の空軍力を上回ると言うキチガイぶり。



yjimage










艦載機には、待ってましたのF-35Cが搭載される事は勿論だが、F-35Cは未だ鋭意試験中で、初期作戦能力を獲得するのは、来年2018年まで待たなければならず、従ってF-35Cの本格的な配備・運用は、2020年以降になるだろう。



yjimage









だから未だ当面暫くは、艦載機の主役はこちら、F/A-18E/F:スーパーホーネットが担う事になる。




yjimage








スーパーホーネットはもう兼ねてからアメリカ海軍の主力艦上戦闘機で、ステルス戦闘機ではないが、特にこれと言った弱点が無い、制空戦闘も地上攻撃も艦船攻撃も、何でもこなせる非常に強力なマルチロール機だ。



yjimage








だからハリウッド映画にも、度々しばしば出演している。


僕もここ静岡県の田舎のスーパーの玩具売り場にも、このスーパーホーネットの玩具が実際に置いて有ったのを見た。








この動画が正に、空母ジェラルド・R・フォードにて艦載機のスーパーホーネットが発着艦している様子である。


これまでは蒸気カタパルトと言って、スチーム(蒸気)の圧力で以ってカタパルトで艦載機を射出し発艦していたのだが、今回の新技術の一つ「電磁カタパルト」で発艦する様子が見て取れる。

電磁カタパルトは、要はリニアモーターカーと同じ原理だ。










さぁ、お次はイギリスだよ、大英帝国だ!


こちらもイギリス史上最大の軍艦である。

その名も、クイーンエリザベス級航空母艦。1番艦のクイーンエリザベスは、今年中に就役するのだ。




image
image
image














偉大なる国家君主の御尊名を、そのまま艦級名と艦名にしてしまう所に、かつての海洋覇権国家:大英帝国の威信は未だ衰えず!と言った誇りとプライドがありありと見て取れる。



yjimage








さぁ諸君、エリザベス女王陛下に対して、最敬礼だ。


エリザベス女王陛下、万歳。



yjimage
yjimageimage







かつて、鉄の女と称されたマーガレット・サッチャー首相の主導の下、フォークランド紛争を乗り切り、アルゼンチン海軍を蹴散らしてぶちのめした、誇り高き大英帝国海軍。



yjimage









ダブルブリッジと言うのだろうか、「外見的な特徴としてアイランド(艦橋構造物)が航海・作戦用と航空管制用の2つに分割して設置されており」、と言う事らしい。



yjimage






非常にユニークな英国独自仕様の航空母艦だ。

大画面の液晶モニターが、ブリッジ(艦橋)の其処彼処に設置されて居り、甲板上の乗組員や航空機パイロット達に対して、様々な情報を視覚的に伝達するのだろう。



yjimage





yjimage





yjimage








艦載機には、我が国の岩国基地のアメリカ海兵隊の基地にも既に配備されている、F-35Bが30機搭載される予定だ。


動力こそは原子力ではないが、
こちらも当然ながら、非常に強力な最新鋭空母だ。




yjimage
yjimage
yjimage









我が国のいずも型護衛艦の1番艦「いずも」や2番艦「かが」も、ひょっとしてF-35Bを搭載して、漫画「空母いぶき」の様に新しく生まれ変わる日が、本当にやって来るのだろうか・・・???







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

4
yjimage 







トランプ大統領が、就任早々いきなり大統領令を連発し、署名しまくって居られる。


yjimage








「俺がやると言った事は、ただ実行やるまでだ!」



yjimage








今はアメリカ国民も、安定よりも変化を求めているのか。 


yjimage







「TPPは脱退だ!」

オバマ政権のフロマン通商代表のこれまでの努力は、一体何だったのだろうか? 



yjimage








「俺はまだまだ書くぜ書くぜ書きまくるぜ!大統領令に署名しまくるぜ!インターネットで怪文書や誹謗中傷を書きまくってるお前(筆者)とは全く違うのだ!」



yjimage







そして彼は、ホワイトハウスの公式ホームページで、こう堂々と宣言して、アメリカ合衆国の軍事力をこれまでよりも更に増強させる事を明言した。


yjimage








我々の軍は、アメリカを守るためにあらゆる手を講じる必要がある。 他の国家が、我々を軍事力で上回ることを許すことはできない。トランプ政権は最高レベルの軍事的準備を追求する。


yjimage  





最早キチガイか、狂気の沙汰だ。


yjimage







皆さんも既に御存知の通り、アメリカ軍は既に圧倒的に世界最大最強の軍事力を把持している。


yjimage






アメリカ合衆国の年間国防・軍事予算を、皆さんは御存知だろうか?

日本円で約60兆円。

毎年毎年、これだけ多額の予算を国防・軍事だけで消費しているのが、アメリカ合衆国。



yjimage









我々はこれまでの人類の歴史で、ローマ帝国、魏国(中国)、モンゴル(元)帝国、フランス共和国(ナポレオン・ボナパルト統治下)、ドイツ国(ナチス・ドイツ)、ソビエト社会主義共和国連邦、など、実に眼を見張る強大な軍事力で以って、地球儀や世界地図を塗り替える目覚ましい軍事力を、当時や我々後世の人民にも見せ付けた、それはそれは強く雄々しく勇ましい幾つもの帝国の勃興を目の当たりにして来た。



yjimage







だが現在のアメリカ合衆国は、これまで世界に勃興したどの帝国とも一線を画する、圧倒的に強大な、最早キチガイ染みた狂気の軍事力を具備していると断言出来よう。


yjimage







現在のアメリカ合衆国は、自国以外の地球上の全ての国々、国家を敵に回して一斉に戦争をおっぱじめても、十分に勝てる戦力・軍事力を有しているのだ。

つまり、アメリカ軍 VS ロシア・中国・日本・イギリス・フランス・インドなどなど連合軍でやり合っても、アメリカ一国には世界は勝てないのだ。



yjimage







そんな中、トランプ大統領は新国防長官に、元海兵隊大将のジェームズ・マティス氏を指名した。

アメリカ新国防長官のマティス氏は、今日からもう1週間後には来日為さる様だ。


yjimage







仇名は、「狂犬」。



yjimage










「これからは我々の軍事力を、誰も疑問視しなくなるだろう。」

就任早々、既にトチ狂ってぶっ飛んで、イカれた御発言だ



yjimage










彼は元海兵隊大将だが、日本国山口県の岩国基地には、先日アメリカ軍海兵隊の最新鋭戦闘機、F35Bが配備されたばかりだ。



yjimage








このマティス氏、あの映画「アバター」に登場して強いインパクトを我々に残した「大佐」にそっくりだとの指摘が今、インターネット上で沸き起こっている。



yjimage





あのエラく好戦的で血の気の多い、発狂トンチキ侵略大佐。


yjimage








トランプ大統領は力に拠る平和を唱えるが、マティス国防長官殿はアバターの大佐の様に、圧倒的な力で他国を侵略・制圧するのだろうか?


yjimage













もしそうするならば、アメリカ合衆国は自由主義国でありながらも、やはり帝国主義で覇権主義の世界帝国だったとの、後世の歴史の評価となるだろう。


yjimage






征服者は、必ず征服されてブチ滅ぶ。

かつては世界最強だった軍事国家は、見るも無様なビチグソ肥溜め状況に、いつかは必ず転落陥ってしまうのだ。

盛者必衰、繁栄に胡坐(あぐら)をかいて居たかつての帝国は、その後に必ず滅亡した。


yjimage






するとアメリカ合衆国と言う世界帝国も、いつかは滅亡するのだろうか。



yjimage







そんな中、来月の2017年03月に、象徴的な出来事が起こる。


超最新鋭で、当然ながら世界最大最強の、最新型の原子力航空母艦のジェラルド・R・フォード(CVN-78)が、遂にアメリカ海軍で就役するのだ。



yjimage







これも当然ながら、圧倒的に世界最大最強であり、また全く疑い無く世界人類史上最大最強の艦艇だ。



yjimage







最新型の原子炉を、つまり原子力発電所そのものを丸ごと、一隻の船に載せちまって、それを総ての動力源と艦内の全ての電力源にしちまおうってんだから、キチガイな事。


yjimage







艦内には常に、5000名弱の人員が居住しているんだよ。
これでも徹底したオートメイションと省力化で、大幅な人員削減に成功したのだ。



たったこれ一隻で、中小国の空軍力を余裕で上回る。


yjimage








何て恐ろしい軍事力だ、アメリカ軍。


yjimage








それにこのキチガイ空母のジェラルド・R・フォードは、トランプ政権よりもずっと以前に計画が立ち上がり、起工され建造が開始されていた。

一隻のお値段は、日本円で約1兆4千億円・・・。

狂ってる・・・。正に、「海の化け物」。



yjimage









この空母の詳細は他に譲るとして、もうとっても頭おかC。


この様にトチ狂ってキチガイ染みた軍事力を、既に持つアメリカ合衆国は、これからもっと軍事力を増強して、一体何処に向かい、一体何をしようとしているのだろうか・・・??











 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

5
B2gaTYLCcAAPBPU  















明けまして、おめでとう御座います。

AD2017、今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 



B3f0uXxCEAExH5L








今年も我が家は、こうして屋内にモーツァルトのピアノ協奏曲が鳴り響き、妻と平和に元旦を迎えさせて頂いております。


神様に感謝ですね。




471015_615








昨夜のNHK紅白歌合戦2016、シン・ゴジラのネタが盛り込まれていましたね。



467970_615

 













僕は途中まで観ていましたが、やはり眠気には勝てず、就寝してしまいました。



cac198d8








今年は世界は、日本は、そして僕や私はどんな歳になるのか?



CoXvW3cWIAAJ4MB







残念ながら日本経済は、良くなる要素は一つも無く、むしろこれからは緩やかに衰退して行くのでしょう。



aa5bcb22-s







ただし日本経済が大きく悪くなる要素も、また無いのです。



8d6aec53 (1)









写真はアメリカ軍が誇る共にド最新鋭の、F35統合打撃戦闘機とズムウォルト級ミサイル駆逐艦。


我が国も含めて、世界は各国とも軍備拡張路線に舵が切られて、IS:イスラム国の不気味な存在感は、未だ消えぬままです。

僕の眼には、世界は平和へとは逆行したベクトルに歩みを進めている様に思われます。
誠に残念至極です。



77a65754-s








今年には遂に、アメリカ海軍が誇る世界史上最大最強の原子力航空母艦、ジェラルド・R・フォード(CVN-78)が就役します。



885d8224











NHKの番組で、たまたま観ました。

ロシア人の主婦が、「戦争が無くて平和な生活で、普通に御飯が食べられればそれで良い。」

僕等夫婦もこれには全く同感です。



57aec726-s









今これをお読みになって下さっている貴方様にとって、今年AD2017が良い歳と成ります様に、お祈り致して居ります。





 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ