宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

Tag:テロリスト

NSOC-2012tc2_search_naver_jpCARE81YI







今回はいきなり下品極まりない記事タイトルで、先ずはお詫び申し上げます。

だが、このタイトルには僕なりに大真面目な意味が有るので、以下に僕の見解を述べる。



先ず特定秘密保護法案が「衆院を強行採決」と報道するマスコミ機関が有るが、これは明らかに的外れの間違い。

何故なら、正規の議会制民主主義の手続きを経て日本国民の直接選挙に拠って、国権の最高機関である国会の衆議院と参議院は自由民主党が過半数の議席を獲得し、政権与党に返り咲いた。

その国会にて特定秘密保護法案は審議され、衆議院にて可決成立し、通過した。

ただそれだけの事。
そこには何の誤りも違法性も存在しない。





「憲法の定める基本的人権と平和主義を脅かす」と言う決まり文句も笑えるが、この様に言う人は女優の藤原紀香さんを始め明らかに条文を読んでいない(藤原紀香さん失礼ごめんなさい。)
本法案反対派からは何も具体的な問題点の指摘が無い。これは彼等や僕等の様な一般人とは関係の無い、公務員の特定秘密へのアクセスを制限する法律なのだ。僕は法律の専門家ではないが、修正案の主要部分を極普通に文章として読んでみた。



修正案では「国の存立に関わる外部からの侵略等に対して国家及び国民の安全を保障する」情報と厳密に規定されたので、原発反対運動や歴史研究とも関係無い。


Flag_of_the_United_States_National_Security_Agency_svg






報道の自由を守る際に最も重要な事は、情報源の秘匿である。
これはただひたすら報道機関の関係者の努力に委ねられると言う事にはなる。


かつてアメリカ合衆国でウォーターゲート事件と言う巨大醜聞が全世界の話題持ち切りであった。


その際にDeep Throat:ディープスロートを名乗る人物が、ワシントンポスト紙に重大な捜査情報をリークしたとされる。
だが正確に言えば、ディープスロートはワシントンポストの記者に対して情報を漏洩したのではなく、情報を得る為の教唆をしたに過ぎなかった。



Deep Throatとは、当時アメリカでヒットしていたポルノ映画のタイトルで、原義は以下だ。

ディープ・スロート
(Deep Throat)とは、オーラルセックスの一種で、男性器を喉奥にまで押込み、喉の締まりにより性的快感を得る性行為の一つである。通常喉奥にまで物を入れる事は想定されていない為、異物を押出そうとする自動的な嘔吐感、大量の唾液分泌などが出る。



因みに、我が国の稀に見る非常に優秀な政治・経済学者である池田信夫氏がブログ上でディープスロートの正体は当時の司法省副長官だったとしているが、これも間違い。


ディープスロートの正体は、当時FBI(アメリカ合衆国連邦捜査局)の副長官であったマーク・フェルト氏であった。
今となっては信じ難いが、当初は銃の携行権や逮捕権すら認められていない職員数若干1000人の弱小官庁であったFBIを、現在の世界中の誰もが知る強いFBIに育て上げたジョン・エドガー・フーヴァー長官の子飼いの部下だったマーク・フェルト氏が、同性愛者ゲイの疑惑が常に有ったフーヴァー長官(生涯独身であった)に長官室内で陰茎ペニスを喉まで捻じ込まれてしゃぶらされた経緯でも有ったのだろうか?



っと、これは下品な冗談。




結論。



特定秘密保護法によりディープスロートの様な国家公務員が逮捕される可能性は発生し得る。
それでも国家機密漏洩をしたいのであれば非常に安定した公務員の地位を失う覚悟ですれば良いし、その様な濃厚でマニアックな性行為はしたければ風俗嬢やセフレ相手にでもすれば良い。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

dc_lenfant_s









ずっと気長に楽しんでいたビデオゲームソフト、「Fallout 3(フォールアウト3)」を、やっとクリアした。

このFallout3は、ここ日本国でも結構売れたが、最初に発売された本国のアメリカ合衆国や欧州ヨーロッパ各国では、超異例の大ヒットとなり売れに売れまくった大ヒットゲーム作品だ。

僕から簡単に説明すると、舞台は核戦争後の荒廃し切ったワシントンDC。
このアメリカ合衆国の首都であるワシントンDCは、ゲーム中ではキャピタル・ウェイストランドと名前が変わり、実際の建造物やモニュメントが現実の物と同じくに忠実に、美麗で細緻なコンピューターグラフィックスで再現される。

だから、リンカーン記念館だのワシントン記念碑だのホワイトハウスだの連邦議会議事堂だのアーリントン墓地だの公文書館だのがCGでリアルに再現され、しかも核戦争の荒廃で生々しく崩壊しているのだ。

dc_arlington_s












Wastelandmap_notext_s3








中央にポトマック川が流れます。


主人公を操るのだが、主人公は地下核シェルターにて母親のお腹から出生するシーンから物語が始まる。

ところが、母親は自分を生んで直ぐに容態が急変して死んでしまい、父親は地下核シェルターに一人息子の主人公を残してどこかに行ってしまい、行方不明となるのだ。

やがて成長して主人公は地下核シェルターを出て、外の広大な世界を探索し、父親を探す旅に出る。

8b351822






何故、お父さんは自分を置き去りにして行ってしまったのか。


そしてこのゲーム、ショットガンや鈍器を使って行き交う人々や怪物を殺し放題。
ショットガンでギャングの頭を吹っ飛ばすも良し。
拳銃で山の凶悪な熊を殺すも良し。
ナイフでチンピラを切り刻むのも良し。
火炎照射器で屈強な怪物を火達磨にして丸焼けにしてやるも良し。
ミサイルランチャーを不良集団に打ち込んで全員爆殺するも良し。
ムカつく奴にそっと忍び寄って、そいつのポケットに手榴弾を忍ばせて爆発させて爆死させるも良し。
高級ホテルに定宿し気位の高いメス豚売春婦を、最新式のレーザーライフルで焼殺するも自由。

しかもその際のCGの、これまたリアル過ぎる事。

血は飛び散るし、脳味噌飛び散るし、「ウギャァアアアア!!!」、「助けてぇええええ!!止めろぉおおお!!!」っとリアルに絶叫し、「やばいぜコイツ、逃げろぉおおお!!」と一目散に逃げて行くモヒカンのギャング集団。
それを更に追い掛けて鉄パイプで殴り殺して血まみれにして、死体から持ち物を身ぐるみ引っ剥がすオイラ。
ガトリングガンでゾンビ共を銃殺すれば、手足や頭がちぎれて吹き飛んで人体断裂だ。

日本発売版は、これでもオリジナルのCG表現をかなり緩和しているらしい(笑)

敢えてゲーム写真はここに載せないが、是非是非このゲームを皆さんに試して頂きたい。
数々の賞も受賞している秀逸なゲーム作品だ。

我が親友のO君は既にとっくにクリアしたのに、俺がこのゲームにのめり込むのを見てまたやりたくなり、また買い直してやり始める始末。

1b689bac







戦闘や冒険が、この様にリアルに楽しめる一方で、物語やストーリーも中々に重厚で深遠なのである。

結局、お父さんの足跡を辿って行く内に旅の途中でお父さんと再会を果たし、科学者のお父さんは悲願の「浄化プロジェクト」の研究を完成し成就させる為に、息子を捨て去って旅立ったのだった。
再会したお父さんは息子である主人公に心から詫びて、しかし浄化プロジェクトの完成と運用開始の為に息子(主人公)にも協力を要請する。
この浄化プロジェクトと言うのは、核戦争で荒廃し放射能に汚染され切ったキャピタル・ウェイストランド(ワシントンDC)に、放射能汚染の心配の全く無い純粋で清浄な水を、分け隔て無く人々に再び無料で遍く行き渡る様にすると言う高尚で正義有る理念の壮大な計画であった。

っと2人で浄化プロジェクトの完成と稼働を急ぐ主人公の目の前で、お父さんはテロリスト集団に目の前で惨殺されてしまうのだ。
お父さんは自分の命と引き換えに、浄化プロジェクトがテロリスト集団の手に落ちる事を防いだのだ。


話が飛んで分かり難くて申し訳無いが、このゲームはアメリカ合衆国が発売元だけあって、中華人民共和国(中国)を仮想敵国としている(笑)
最後の山場で登場する友軍の最終兵器の巨大ロボットは、「共産主義の中国に栄無し!!」、「共産主義を抹殺する!!」と力強く絶叫アナウンスしながら敵軍を蹴散らし殺滅しながら進軍するのだ(笑)敵の死体が吹っ飛ぶ、吹っ飛ぶ(笑)


途中、頼れる心有る仲間の協力にも恵まれて、主人公は最後のシーンで、父親が惨殺されたその場で選択を迫られる。
俺は、高濃度の放射能汚染で自分が死亡してしまう事を引き換えに、お父さんが手掛けて完成させた浄化プロジェクトのシステムのスイッチを押し、システムを遂に稼働させて、放射能汚染で息絶えた・・・。


エンディングでは、母親が生前愛して止まなく、額縁に入れられた聖書のヨハネの黙示録の一節が、セピア色の回想シーンで表れる。
映像では勿論英語だが、ここに僕は手元の日本語聖書(新共同訳)から原文を書き出してみたい。



新約聖書:ヨハネの黙示録 21章6節
「また、わたしに言われた。『事は成就した。わたしはアルファであり、オメガである。初めであり、終わりである。渇いている者には、命の水の泉から価なしに飲ませよう。』」


この主人公の母親が生前こよなく愛した聖書の1節が、緊迫した最終場面での重大なヒントとなる。



さすがはキリスト教帝国の本場アメリカ合衆国発売のゲームで、ゲーム中にもやはり教会や聖書のネタが出て来るが、ゲーム終了後は中々に感動の波が心に押し寄せる傑作ゲームであった。
8ab273cf






ゲーム終了後、僕には「平和の使者」の称号が与えられた(笑)

自分を犠牲にして、父子で人々に大いなる救いをもたらしたのだ。


たかがテレビゲームの中での出来事だったのに、ゲームの映像や音楽や音声その他全てがメッチャリアルだったのも相まって、ゲームクリア後は何か自分が大いなる事を成し遂げた感覚にリアルに襲われたのだ(笑)


兎に角、このゲームをやってみて欲しい。
ネット上でも、「こんな面白いゲーム、生まれて初めてだっ!!」とか絶賛の嵐だ。

皆様にも是非オススメのテレビゲームです。
ただし、18歳未満には発売禁止のゲームとなっております(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ