宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

発電所名:げすおSUN発電所(11kw)

日本国で最も日照時間が長いこの地で、2035年までシャカリキに発電して参ります。

因みに太陽光パネルは、JAXA:宇宙航空研究開発機構が唯一認定した太陽光パネルメーカーであるSHARP製です。

ヒグマ

伊豆長岡、富士への旅

Y393735004
Y393735090


妻と、義理の御両親と4人で、伊豆長岡温泉は伊古奈荘(いこなそう)へ。
4人で宿泊すると、1人当たりの料金は10500円なのに、部屋は広いは源泉掛け流しの客室付き露天風呂は有るは(下記写真)、
tc3_search_naver_jpCA1JP833





予想を裏切って、晩御飯の料理も朝御飯の料理も、お値段からはちょっと信じられない位に内容盛り沢山で、しかもかなり美味しかった(下記写真)!!!
Y393735073
Y393735061

大浴場(下記写真)も
tc1_search_naver_jpCAHAEPGM






貸し切り露天風呂(下記写真)も

tc4_search_naver_jp
Y393735013

全て源泉掛け流しです。
弱アルカリ性で、お肌にしっとり優しい感じ。

僕は風呂好き、常にジャブジャブ入ります、浸かります風呂に。
風呂に入って不老のFLOW。風呂で不老の流れへって訳ですな。

おまけにきちんとした最新のカラオケシステムが無料開放で使い放題!!
これには妻と義母が大喜びで楽しんでいた。

これになんと、姉妹店の「弘法の湯」での岩盤浴が無料で体験出来るのだ。

ロビーで珈琲はセルフサービスで飲み放題。
皆で何杯も頂いてしまいました。
Y393735086






スタッフの方々は本当にどの方も親切丁寧。

伊豆長岡温泉の伊古奈荘。
リニューアルして綺麗になって、皆さんに本当にオススメの宿です。

tc3_search_naver_jp






チェックアウト後は、義母のリクエストで富士サファリパークへ。
tc4_search_naver_jp






あの宣伝ソング通りの心境になりますわいね。
tc1_search_naver_jp






ジャングルバス(下記写真)に別料金で乗ると、凶暴な猛獣達に餌をやれます、やれます。
あいつら、もう慣れているみたいで図々しく喰います喰います、片っ端から喰いやがります。
tc3_search_naver_jpCAR5WWI7






そして、俺としては以前からの宿願であった、ここ地元静岡県が誇る霊峰:富士山の神様で在らせられる此花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)様に御挨拶する事が、遂に叶った。
富士山本宮浅間大社に参拝だ。
tc3_search_naver_jpCAGGNXPW
tc1_search_naver_jpCATB2J17tc3_search_naver_jpCACVKG8K







tc4_search_naver_jpCA9LQ18S
tc1_search_naver_jpCA0O1CGW
tc2_search_naver_jpCAX12QN3tc2_search_naver_jpCAUW5F76tc2_search_naver_jpCAW53VFA







富士山の爆発がいよいよ現実味を帯びて来ている昨今。
祈る心に更に熱が入ります。


我々夫婦は、共にお互いの義理の両親や家族と仲が良い。

これ自体が、既に大いなる神様の御利益でありお恵みだろう。


これ以上、何を望む事が有ろうか?


僕の人生を振り返って見ても、地獄に永く苦しい期間を経てからやっと、幸福や幸せの時間が訪れた気がする。


さぁ、いよいよ幸せに幸福に成る次の番は、今これをここまでお読み下さった貴方様です。

僕の妻と義母は韓流ドラマの大ファン

1873tc1_search_naver_jptc2_search_naver_jp












tc4_search_naver_jpCA0Q0UHKtc3_search_naver_jptc4_search_naver_jp











俺は普段はテレビは殆ど余り観ない。

妻と義母は韓流ドラマの大ファンだ。

あ、そう言えば以前の職場のボスのS院長・理事長先生も大韓民国や韓流ドラマの熱烈な大ファンで、本場の韓国へはしょっちゅう出掛けておられ、当然韓流ドラマも大いに楽しんで観ておられた御様子であった。



余談だが、俺は中学校までカブスカウト・ボーイスカウトをやっていて、当時俺が所属していたボーイスカウト団体は韓国のボーイスカウト団体と友好関係に在り、毎年定期的にお互いのボーイスカウトがお互いを訪問し合い、交流していた。

彼等と山で一緒にキャンプをし、一緒にテントを張り、一緒に御飯を作り、お互い覚えた片言の韓国語と日本語、そして英語で交流し、本当に心から楽しい一時だった。
彼等、韓国のボーイスカウトのお兄さん達は本当に皆良い人ばかりだった。

彼等の味付けによる焼肉が激辛だった事は今でも覚えている。
余りに辛いので、俺が勝手に焼き肉タレに甘口ソースを無断で加えたら、その場に居て一緒に焼き肉を食べていた韓国ボーイスカウトの顔の表情が一瞬曇ったのも、今でもハッキリ覚えている。

お互いの国の民謡や歌を歌い合って披露し合ったり、お互いの国のお菓子や即席食品(日本側からはカップヌードルを提供し、向こう側からは激辛カップラーメンを供された。俺はむせて、完食不可能であった・・・。)。
今でもとても良く覚えているのだが、韓国側は事前に手作りのお土産を用意して下さっていて、俺は貰う一方で何のお返しも出来なかった。
しかし、機転を利かせた友人が、上官の隊長に黙って無断で秘密裏に持ち込んだ「週刊少年ジャンプ」やら「ドラゴンボール」の単行本をその場で彼らに交換プレゼント。
そしたら韓国ボーイスカウトの彼等は、漫画:ドラゴンボールに実に強い興味を示した。
ある時は、韓国ボーイスカウトの1人が俺の実家にホームステイで滞在した。
彼には晩御飯に日本の伝統食である「寿司:SUSHI:スシ」を振舞った。

最後は、お互い笑顔で、全員同士、笑顔でガッチリ握手で別れた。
あの時の爽やかな感動と素晴らしい思い出は、今でも俺の心の奥深くに刻み付けられ刻印されている。
今、こうして書いていて懐かしく20年も前の当時の良き思い出を想起するのである。



今の新居のアパートはBSアンテナ完備なので、BS放送でも韓流ドラマをやっているらしく、妻は夫の俺が静かに読書に耽る横で韓流ドラマ鑑賞に耽っている。


でも「アイリス」は妻と一緒に俺も少し観ていて、面白かったな。
最終回は、切なかったですよね・・・。


ところで関係無いが、今民放テレビで「出川哲郎 VS ヒグマ」なんてやってる。
バカげている。
俺も苗字に「熊」が付くので、日本全国何処に行っても「クマちゃん」が愛称になる。
でも北海道の札幌に在住する大学の同級生が言っていたが、北海道の本物のヒグマは馬鹿でかくてクソ怪力で、平気で乗用車なんてゴロンと引っ繰り返すのだとか。


俺もしばしば外見から、「x熊さん、格闘技でもやっていらしたんですか?」と行った先々の職場なりでいつも言って頂けるのだが、生憎この僕にそんな経験は皆無だ。
そんな俺でも、ヒグマなんてとても相手には出来やしまい。

出川さんは、相変わらずハイテンションだな。
あ、どぉやら怪我は無く無事に撮影は終わったようですね。
あんまり馬鹿げた撮影していると、本当に大怪我しますよ!


皆さんは、何かお薦めの海外ドラマは御座いますか?
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

エリア467

タグクラウド
QRコード
QRコード