宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

タグ:ヨハネの黙示録

tc2_search_naver_jp











CIA元職員のスノーデンさんが、世界最強の情報機関であるNSA:National Security Agency(アメリカ合衆国国家安全保障局)の国家機密情報を無断で持ち出し、超有名雑誌のガーディアンにぶちまけた(爆笑)

いっやぁ~勇気有り過ぎるよ、この30歳の英雄は。

彼こそ粋なアメリカ男児だ。

CIA:Central Intelligence Agency(アメリカ合衆国中央情報局)が主にヒューミント(人的諜報活動)を行うのに対して、NSAはシギント(電子的諜報活動)を担当する。

メリーランド州はフォートジョージ・ミード陸軍基地内に真っ黒のツヤツヤ壁に囲まれた方形の本部ビルを持つNSA。

スノーデン氏が、NSAが個人情報を極秘収集していた事を暴露したのだが、俺に言わせればそんな事はもう10年以上も前からとっくに分り切っていた事だ。

大学時代、インテリで知られた生理学講座の准教授の金森先生とも話したのだが、NSAは人工衛星を100機以上飛ばして、全地球規模で総てのe-mail,FAX,電話を盗聴出来る,
いわゆるエシュロンシステムと巷間呼ばれている悪魔の世界システムを既に稼働している。
スノーデン氏が暴露したのは、これとは別の、コードネーム「プリズムシステム」と呼ばれる物であった。
プリズムの如き、あらゆる総ての電子情報を分析・解析出来る事に由来するらしい。

もう僕のブログの読者諸氏ならとっくに常識だろうが、我々が普段使っているどのe-mailも通話もFAXも、NSAの監視下に置かれている。

ハリウッド映画の中でも描かれていた通り、我々は彼等に睨まれたら、全ての情報は丸裸にされてしまう。


面白い事に、NSAの本部ビルの写真をこの記事に転載しようとしたのだが、それが何故か何度試みても不可能(笑)
流石は世界最強かつ最凶の情報機関NSAである。
自分達は世界の全ての情報を監視下に置きたがるが、自分達の素生や正体がバレる事には異常なまでに拒否反応を示す。
まぁ、当たり前と言えば当たり前だ。


本題はここから。


スノーデン氏は、大方の予想と張り込みを見事に裏切って、ノートパソコン4台にアメリカの重大な国家機密情報を満載したまま恋人とハリウッド映画さながらの逃避行を続けており、未だロシア共和国の首都であるモスクワに滞在している。

御自身が元KGB(旧ソ連国家保安委員会)のエリートスパイであったヴラディーミル・プーチン大統領閣下は、エドワード・スノーデン氏のアメリカ合衆国への身柄引き渡しには応じられないとしながらも、彼に早期のモスクワ退去を勧告したらしい。

ここからは僕の推論に過ぎないが、スノーデン氏は既にロシア共和国政府と極秘取引に応じた可能性は有ると見る。
何故ならば、もしロシア共和国がスノーデン氏が把持するアメリカ国家機密情報を入手し、それを国際社会の場で上手く喧伝し、持って行き方に因っては直ちにアメリカ合衆国に「悪の帝国」のイメージを植え付ける事も十分に可能であろうからだ。

「自由と平等と民主主義の旗手」であるアメリカ合衆国が如何に節操の無い独善的で強権的な手口を裏で用いているかを、国際社会の公の場で白日の下に晒す事は、ロシアにとって相対的に相当度のプラスである。

プーチン大統領閣下(レニングラード大学法学部卒)を始め、ロシア政府高官も決して馬鹿ではない。
スノーデン氏の利用価値を十全に検討し尽くした上での、モスクワ滞在許可なのだろう。

putin09





言うまでもないが、現在スノーデン氏はCIAにもNSAにも命を狙われている立場である。
アサシン:暗殺者を送り込んで瞬殺するなんぞ、朝飯前だ。


アメリカ合衆国としては、何としてでもスノーデン氏を捕まえて拘束し、出来れば彼が全く無断で持ち去った国家機密情報もろとも抹消・抹殺を強く望んでいるはずだ。
既に、スノーデン氏に対する極秘暗殺命令が、秘密大統領命令にてバラク・オバマ氏からCIAとNSAに下っている可能性も低くはない。

水面下で、ロシア政府とアメリカ政府の暗闘が繰り広げられているのだろう。



tc3_search_naver_jp




僕自身はキリスト教プロテスタントの信仰者であり、しかも宗派のSDA(セブンスデイ・アドヴェンチスト)はアメリカ合衆国生まれの世界的有名宗派だ。
だけど、僕はスノーデン氏を密かに応援する。
何故ならば、実は僕の宗派のSDAはアメリカ生まれで居ながらも、聖書最終巻「ヨハネの黙示録」の中の「世界と人類を破滅と滅亡に導く2匹の獣」の内の1匹は、アメリカ合衆国であると断罪しているからだ。
アメリカ合衆国の行き過ぎた覇権主義と、独善に走り道を踏み外して世界人類を不当に支配下に治めようとする現在の姿を、僕の宗派の創始者のエレン・G・ホワイト女史は既に見抜いていたのかも知れない。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

dc_lenfant_s









ずっと気長に楽しんでいたビデオゲームソフト、「Fallout 3(フォールアウト3)」を、やっとクリアした。

このFallout3は、ここ日本国でも結構売れたが、最初に発売された本国のアメリカ合衆国や欧州ヨーロッパ各国では、超異例の大ヒットとなり売れに売れまくった大ヒットゲーム作品だ。

僕から簡単に説明すると、舞台は核戦争後の荒廃し切ったワシントンDC。
このアメリカ合衆国の首都であるワシントンDCは、ゲーム中ではキャピタル・ウェイストランドと名前が変わり、実際の建造物やモニュメントが現実の物と同じくに忠実に、美麗で細緻なコンピューターグラフィックスで再現される。

だから、リンカーン記念館だのワシントン記念碑だのホワイトハウスだの連邦議会議事堂だのアーリントン墓地だの公文書館だのがCGでリアルに再現され、しかも核戦争の荒廃で生々しく崩壊しているのだ。

dc_arlington_s












Wastelandmap_notext_s3








中央にポトマック川が流れます。


主人公を操るのだが、主人公は地下核シェルターにて母親のお腹から出生するシーンから物語が始まる。

ところが、母親は自分を生んで直ぐに容態が急変して死んでしまい、父親は地下核シェルターに一人息子の主人公を残してどこかに行ってしまい、行方不明となるのだ。

やがて成長して主人公は地下核シェルターを出て、外の広大な世界を探索し、父親を探す旅に出る。

8b351822






何故、お父さんは自分を置き去りにして行ってしまったのか。


そしてこのゲーム、ショットガンや鈍器を使って行き交う人々や怪物を殺し放題。
ショットガンでギャングの頭を吹っ飛ばすも良し。
拳銃で山の凶悪な熊を殺すも良し。
ナイフでチンピラを切り刻むのも良し。
火炎照射器で屈強な怪物を火達磨にして丸焼けにしてやるも良し。
ミサイルランチャーを不良集団に打ち込んで全員爆殺するも良し。
ムカつく奴にそっと忍び寄って、そいつのポケットに手榴弾を忍ばせて爆発させて爆死させるも良し。
高級ホテルに定宿し気位の高いメス豚売春婦を、最新式のレーザーライフルで焼殺するも自由。

しかもその際のCGの、これまたリアル過ぎる事。

血は飛び散るし、脳味噌飛び散るし、「ウギャァアアアア!!!」、「助けてぇええええ!!止めろぉおおお!!!」っとリアルに絶叫し、「やばいぜコイツ、逃げろぉおおお!!」と一目散に逃げて行くモヒカンのギャング集団。
それを更に追い掛けて鉄パイプで殴り殺して血まみれにして、死体から持ち物を身ぐるみ引っ剥がすオイラ。
ガトリングガンでゾンビ共を銃殺すれば、手足や頭がちぎれて吹き飛んで人体断裂だ。

日本発売版は、これでもオリジナルのCG表現をかなり緩和しているらしい(笑)

敢えてゲーム写真はここに載せないが、是非是非このゲームを皆さんに試して頂きたい。
数々の賞も受賞している秀逸なゲーム作品だ。

我が親友のO君は既にとっくにクリアしたのに、俺がこのゲームにのめり込むのを見てまたやりたくなり、また買い直してやり始める始末。

1b689bac







戦闘や冒険が、この様にリアルに楽しめる一方で、物語やストーリーも中々に重厚で深遠なのである。

結局、お父さんの足跡を辿って行く内に旅の途中でお父さんと再会を果たし、科学者のお父さんは悲願の「浄化プロジェクト」の研究を完成し成就させる為に、息子を捨て去って旅立ったのだった。
再会したお父さんは息子である主人公に心から詫びて、しかし浄化プロジェクトの完成と運用開始の為に息子(主人公)にも協力を要請する。
この浄化プロジェクトと言うのは、核戦争で荒廃し放射能に汚染され切ったキャピタル・ウェイストランド(ワシントンDC)に、放射能汚染の心配の全く無い純粋で清浄な水を、分け隔て無く人々に再び無料で遍く行き渡る様にすると言う高尚で正義有る理念の壮大な計画であった。

っと2人で浄化プロジェクトの完成と稼働を急ぐ主人公の目の前で、お父さんはテロリスト集団に目の前で惨殺されてしまうのだ。
お父さんは自分の命と引き換えに、浄化プロジェクトがテロリスト集団の手に落ちる事を防いだのだ。


話が飛んで分かり難くて申し訳無いが、このゲームはアメリカ合衆国が発売元だけあって、中華人民共和国(中国)を仮想敵国としている(笑)
最後の山場で登場する友軍の最終兵器の巨大ロボットは、「共産主義の中国に栄無し!!」、「共産主義を抹殺する!!」と力強く絶叫アナウンスしながら敵軍を蹴散らし殺滅しながら進軍するのだ(笑)敵の死体が吹っ飛ぶ、吹っ飛ぶ(笑)


途中、頼れる心有る仲間の協力にも恵まれて、主人公は最後のシーンで、父親が惨殺されたその場で選択を迫られる。
俺は、高濃度の放射能汚染で自分が死亡してしまう事を引き換えに、お父さんが手掛けて完成させた浄化プロジェクトのシステムのスイッチを押し、システムを遂に稼働させて、放射能汚染で息絶えた・・・。


エンディングでは、母親が生前愛して止まなく、額縁に入れられた聖書のヨハネの黙示録の一節が、セピア色の回想シーンで表れる。
映像では勿論英語だが、ここに僕は手元の日本語聖書(新共同訳)から原文を書き出してみたい。



新約聖書:ヨハネの黙示録 21章6節
「また、わたしに言われた。『事は成就した。わたしはアルファであり、オメガである。初めであり、終わりである。渇いている者には、命の水の泉から価なしに飲ませよう。』」


この主人公の母親が生前こよなく愛した聖書の1節が、緊迫した最終場面での重大なヒントとなる。



さすがはキリスト教帝国の本場アメリカ合衆国発売のゲームで、ゲーム中にもやはり教会や聖書のネタが出て来るが、ゲーム終了後は中々に感動の波が心に押し寄せる傑作ゲームであった。
8ab273cf






ゲーム終了後、僕には「平和の使者」の称号が与えられた(笑)

自分を犠牲にして、父子で人々に大いなる救いをもたらしたのだ。


たかがテレビゲームの中での出来事だったのに、ゲームの映像や音楽や音声その他全てがメッチャリアルだったのも相まって、ゲームクリア後は何か自分が大いなる事を成し遂げた感覚にリアルに襲われたのだ(笑)


兎に角、このゲームをやってみて欲しい。
ネット上でも、「こんな面白いゲーム、生まれて初めてだっ!!」とか絶賛の嵐だ。

皆様にも是非オススメのテレビゲームです。
ただし、18歳未満には発売禁止のゲームとなっております(笑)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
2011年の抱負を発表! に参加中!
tc1_search_naver_jpCAQIR07Qtc1_search_naver_jpCAHK1268
img_toperp1009192133004-p2erp1009192133004-p1















これまで通説だった、古代マヤ暦の終焉日を現代の我々のグレゴリオ暦(太陽暦)に換算すると、
2012年12月21日
だった。


ところが・・・。

ここに来て、新説が登場し一部で話題となっている。
これはビートたけしのテレビ番組でも紹介されていたが、古代マヤ暦の終焉日は、実は2011年10月28日(金)だとする説である。


この説をは唱え始めたのは、カール・ヨハン・コールマン博士。
スウェーデン生まれの医学研究者で癌(悪性腫瘍)の専門家としてWHO(世界保健機関)にも勤務経験がお有りの優秀な方である。


最初の説の「2012年12月21日」。
実は西洋の学者達が弾き出したこの日付に付いて、最初に間違いだと主張したのは、他ならぬマヤの最高神官:ドン・アレハンドロ・オスクラ氏だった。
コールマン博士も、このアレハンドロ氏に直接会って話を聴いている。
実は当時のコールマン博士は、まだ2012年説を信じていたらしい。
マヤの最高神官が定説を否定した事を意外に感じたと言う。


詳しい経緯は省略するが、コールマン博士はその後独自の計算によってマヤ暦終焉日が2011年10月28日(金)であると言う結論に至った。


現代の人類の文明の完全なる終焉の日、であるらしい。
その日こそが、聖書に預言された「ヨハネの黙示録」の成就の日であり、その後に来る至福千年の千年王国
の到来が遂に実現するのだとコールマン博士は続ける。



この世の終わり。世界の終末。



少なくとも俺達夫婦にとっては、そんなものいつ来ても、また来なくても全く全然構いやしない。

俺の心の最内奥には、俺が死んでこそ逢える人、俺が死ななければ逢えない人が既に生きて存在する。
その人は、永遠に俺の心の中で安息と平安の内に生き続けている。

肉体の死の向こう側に拡がる永遠の楽園とそこでの安息。



妻は常日頃から夫の俺に言う。
「〇ーちゃん(夫)、私達にはこの世の終わりなんて明日来たって別に全然平気だもんね!こうして〇ーちゃんと仲良く幸せに暮らしているのだから、だから私はこの世に生き続ける事に執着なんてかえって無いんだよね。〇ーちゃん、天国に行っても2人で神様の下で幸福に幸せに暮らそうね、子供達と一緒に。」


こんな会話を、こうした終末論に接する度に妻としている。

そうした時、俺は実に不思議な感覚に捕らわれるのだ。
俺達夫婦は、この世の終わりだとか文明の破局や破綻など全く恐れを感じない。
それは何を根拠にかと言えば、眼に見えぬ現実感覚で知覚は全く不可能な頭ごなしに存在の前提を信じようとする心の在り様だと言う事になる。

そんな実体の全く伴わないモノを信じ込み寄り頼む事が、現実実際にこうして生身の肉体を持つ我々人間の夫婦が確かに幸福であると精神や心の内側から確信に近いレベルで感得出来ている事自体、とてもとっても凄くスッゴく摩訶不思議で致し方無いのだ。


仏陀(お釈迦様)は、色即是空とこの宇宙の真理を見抜いた。

実体の伴わないモノに価値を見出そうとする事や、それに依拠して私達は幸せだとか幸福だとか毎回オノロケてしまっている我々夫婦は、狂人か異常者なのだろうか・・・!??




あ、妻が風呂から出て来た。
さぁ、入ろう。

今日もこうして、我々夫婦は幸せで幸福な日々が続きます。

感謝。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ