宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

タグ:ラブホテル

tc1_search_naver_jp





元フジテレビアナウンサーで、現在はフリーのアナウンサーであるチノパンこと千野志麻さんが、帰省先の静岡県沼津市内のホテル駐車場で、同世代の男性である長野県小諸市平原、職業不詳、荻原(おぎはら)俊文さん(38)を車で轢き殺した。

被害男性は享年38歳。
今の俺と変わらない。

僕が驚いた点は、僕が現在勤務させて頂いている法人の本部所在地が、この悲劇発生現場と同市であった事だ。静岡県沼津市には必ず毎月一回、上司の運転する車にて足を運ぶ。

僕は芸能界には疎いので良く分からないが、千野志麻さんって静岡県沼津市出身のアナウンサーは初めて知った。
でも僕の妻は既知らしくて、このニュースに触れて非常に驚いている。

それから、僕が驚いた点はもう一点。
僕は自然科学系の職業であり、法学や法律は門外漢なのだが、事実上人を殺害しているのに何故逮捕対象にならないかと言う事だ。

だが報道を見る限り、事故後の彼女の対応は迅速であり、かつ誠意が見られると思われるものだ。

御自身のブログにて被害者や遺族の方々に対する謝罪の言葉を既に重々に述べている。
(だが僕に言わせて頂ければ、そもそも人を殺してしまった直後にブログ記事を執筆しようと思える千野志麻さんの精神状態が既に理解困難である)


僕はこう言う報道や事件に接する度に、心の奥がズキンと痛む。

実は、僕は高校時代、同学年の、とある女の子が、ここ地元の国立大学医学部に当時在籍していた女子医学生の運転する車に撥ねられて、3週間の昏睡状態の後に、帰らぬ人となった。
僕は血液型はO型故に、被害女子生徒と同型の血液型を持つ屈強で健康な男子と一団となって、彼女が入院する地元有名総合病院に、恩師の担任の先生が運転するワゴン車で急行したのだ。

先ずは、最初に血液の適性検査の為に少量の採血が参集者の男子生徒全員に施された。
その時の場面を、今でも僕はハッキリ昨日の事の様に明瞭に記憶が甦る。

御両親は我々男子生徒の協力者に対して、非常に丁寧に気を使って下さっていた。

彼女が病院に運び込まれた直後、僕等に大人気であったお調子者の世界史の土屋智史先生が、大号泣されて皆に彼女の為に鶴を折る様に懇願して居られた。


交通死亡事故は、低減はしているがゼロにはならない。

自動車を移動手段として使用している限り、明日には自分が加害者となるやも知れぬのだ。


僕等の同級生を轢き殺してしまった医大生も、事故直後は半狂乱の状態であったらしい。


交通事故は、加害者にも被害者にも、両方に絶対になりたくないものだ。しかも誰しもがだ。


せいぜい自分は、常日頃から安全運転を心掛けるばかりである。
被害男性の方の御冥福を、心よりお祈り申し上げます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
クリスマス、どう過ごしていますか? に参加中!
tc2_search_naver_jpCAXTNDHJ







皆様、メリークリスマス!!!
我等が救世主:イエス・キリストの御降誕を心より慶び申し上げます。
70726f647563742f32303132313230345f6433653331392e6a706700383000






本来、クリスマスとはイエス・キリストの降誕を祝うキリスト教最大の祝祭日であり、それはそのまま世界人類史上最大の祝祭日でもあるのだ。
tc3_search_naver_jpCA7YW6DT











それが、いつの間にかここ日本国では恋人やカップル同士が共に過ごしラブホテルでセックスする日であると定められた。
そう聖夜は、性夜に置き換えられたのである・・・!!

僕はキリスト教徒だが、こうした完全に的外れな事象に対して、「神への冒涜だ!チツにけしからん!!!!」などと怒鳴り散らしたりするつもりは無い。
何故ならば、長らく景気低迷に喘ぐ日本において、クリスマスの経済効果は現実に凄まじいからだ。

クリスマスに浮かれポンチにチンポをしゃぶりぶりぶりのチンボコしゃぶりの馬鹿っプル共が今夜に使い込み、落とし込むカネの総額は、非常に凄まじいものだ。
浮かれポンチ馬鹿ップルちんぼこ低能カップルが、停滞する日本の経済を救うのだ。

これが、現実である。アーメン、主イエスよ、無知で愚かなる我等を憐れみ給え。

アーメン、ザーメンなる下品で低能で豚クソ馬鹿で軽佻浮薄なる心の者共が今夜もカネを必要以上に消費し、更にまた明日から貧乏暇無しで貧民奴隷の日々が訪れます様に。

クリスマスに独りぼっちの「クリぼっち」など恐れるに足らぬ。
41j8tLdKwTL__PT0_CR26,28,267,410_













我が親友O君から、「メリークリトリス!!!クリスマスだと言うのにクリトリスすらも舐める事適わず、こうしてT君と惨めで情けない風俗巡りのクリスマス巡礼の旅に出ております。」
70726f647563742f32303132313032345f6239613761652e6a706700383000






穢れ無き聖母マリア様は、ドス汚い性的欲望で汚れ切った性母などではないのである。
70726f647563742f32303132313132305f6631346262322e6a706700383000






こうしてマリア様の御守りを身に着けていても、孤独と寂しさに苛まれて苦しい思いを抱えている人々も世界には多いだろう。
そんな時、思う筈だ。「神様なんて居ないよ!」
70726f647563742f32303132303732335f6363313636342e6a706700383000






だが、苦しい時代や暗いトンネルもいつまでも永遠に続くものでもない事もまた人生の真理だ。
70726f647563742f623538666536316261322e6a70670031323000









だから、僕は毎年この日には、音楽の父:バッハの4大宗教声楽曲の1つ、「クリスマス・オラトリオ」を聴きながら静かに聖書を読み、祈る。
35ed7667












今日はそれに加えて、やはりバッハの4大宗教声楽曲の1つ、「ヨハネ受難曲」を聴きつつキリストの受難、即ちキリストの十字架磔に想いを馳せ、聖書の該当箇所を読み、祈った。90876a6c












KINTA様も仰る通り、でもやはりこの日付近は何となく心がウキウキ何処と無く楽しい気分に高揚するものだ。
それを、十字架刑の死から神の力により復活し、天に上げられたイエス様は、天から長い目でお広く大きな度量で我々日本人のクリスマスを見守って下さっているのかも知れない。
26bc88ef






いつもここ最近毎年、クリスマスにお祈りに行くカトリック掛川教会が、さっき妻と訪れたら礼拝堂が完全に取り壊されていた事には驚いた。
礼拝堂の新築計画が有るらしいのだが、古くても僕としては思い入れの有る古いカトリック掛川教会が消失したのには少し寂しさを思えるものだ。
0879585c






妻が今日は仕事帰りに僕を車で拾ったのだが、妻の話を聴いて僕も少し心に響いたので、ここに今年のクリスマス・イブの小話として取り上げたい。
20121004






妻に、お歳は中年位の男性が突然に話し掛けて来て、愚痴を言い始めたのだと。
「俺はよぉ、今までに幸せだった事や幸福だった事は余り無かったんだよ・・・。サラリーマン辞めて実家の花屋を継いだんだけどもよぉ。これが中々上手く行かなくてさぁ・・・。嫁は花屋の仕事を全く手伝ってくれなくてさぁ・・・。どうせ俺なんかこの先生きて行って頑張っても良い事なんか有りゃしねぇさ!!。ウッ・・・。サラリーマン時代が恋しいんだよ、俺は・・・!」
「お客さん、そんなこと無いですよ!神様は人間皆に平等で公平なお方ですから、頑張っていれば必ずその内良い事が有りますって!!これ(パイナップル)食べて元気出して下さいね!!」
「おぉお!有難う・・・!有難うね・・・!!(涙ぐむ)」
m_Jesus











思えば、僕は確かに現在は幸福な時代を享受しているが、幼少時代や子供時代はとてもヒトには言えない様な最低最悪に暗くて苦しくて辛い辛い、しかも永い永い日々が延々と続いた時代も有った。
51+sIRbIotL








だから、聖なる夜に恋人と妻と嫁と、果ては不倫・浮気相手と性なるトンチキリオなリオのカーニバルの馬鹿バカばかーにばるなチンボコオマンコな夜を過ごそうと特段批判非難すべき事ではないと僕はクリスチャンとして思うのだ。
何故ならば、今夜は浮かれイカレぽんちチンポな彼等とて、過去には或いは未来のいつかは絶対に必ず苦しい艱難辛苦の時代に喘ぎ、「もうどうしようもない」と絶望する時代は必ず到来すると言えるだろうからだ。

せめて一時の安息に、性なる果実を食した所で神様の前ではそう重い罪ではあるまい。


全世界中の人々に、幸福で幸せな人が1人でも増えます様に、自分の人生が自身で不幸で不幸せだと感じる人が1人でも減ります様に、主イエス・キリストの御名によりお祈りを父なる神様の御前にお捧げ致します。アーメン。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ