宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

タグ:ロンドン五輪

tc2_search_naver_jp
tc1_search_naver_jp


ちょっと信じ難いニュースが飛び込んで来た。
我々日本人にとっては実に違和感の有る気持ち悪いニュースだ・・・。


現在開催中のロンドンオリンピック2012。世界各国が自国のアスリートの活躍に注目しているのだが、開会式の各国入場で驚くべき事態が発生していた様だ・・・。


ロンドン在住のとある日本人ブロガーが7月29日に掲載した記事によると、日本選手団は入場した後に、何故か退場させられていたかもしれないというのだ。公開されている画像を見ると、赤いジャケットの日本選手団だけが、なぜか脇の出口に誘導されているように見えるのだがッ!? これは一体!!
 
ロンドン在住のブロガーRubyさんは開会式当日、会場のオリンピックパークで入場行進の様子を見ていたそうだ。先頭ギリシャの入場開始から約一時間を経て日本選手団が入場してきた。そこからトラックを周っていく様子を画像つきでブログに紹介している。ところが半周したあたりで異変が起きた。

日本は吉田沙保里(ALSOK)が国旗を手に全体の95番目、ジャマイカ選手団の後に入場行進する。
 
「彼らは、私たちの目の前を通り、つまり、トラックを半周したあと、なぜか、ここで立ち止まり、というか、誘導してる人らが立ちはだかっているのですが、他の国はここをまだ前に進みます。日本のときだけ、ここでとめ、なーんと!脇出口から退場してしまったのです!!!!!!なぜ??????? 私はすべてのチームを見ましたが、あとにも先にも、ここから退場したのは日本チームだけです」(ブログより引用)

tc3_search_naver_jp
 







「なぜに、なぜに、日本チームだけが退場???????? これには会場内の友人らも「おい、なんで出てったんだ」的なテキストやり合いでした。日本からお応援者が少なかったから? それにしてもおかしいでしょー」(ブログより引用:原文ママ)
 

少なくとも会場にいた人たちも、その様子を確認していたようである。今回の大会は、判定が覆る場面がいくつもあり、「運営に問題があるのでは?」との意見も相次いでいる。ここへ来て開会式から問題が起きていたことが発覚すれば、「ロンドン五輪成功」とは言いがたいものになるのではないだろうか。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

tc3_search_naver_jp














福原愛ちゃん、お疲れ様でした。
世界ランク1位の中国代表:丁寧選手に最後まで粘り食らい付きましたが、少しばかり力及ばずして、悲願のメダル獲得には至りませんでした・・・。

tc1_search_naver_jp







でも、世界ランク7位の愛ちゃんは最後まで全力で頑張り抜きました。
愛ちゃんのロンドン五輪での試合直前のブログ記事を読んでいたら、とっても応援したくなり可愛らしささえ感じてしまいました。

tc3_search_naver_jpCA7S5GTQ













プライベートではイケメンテニス選手との交際も順調の様ですが、今は素敵な彼氏様が愛ちゃんの傍に居てくれて彼女の疲れた心と身体を癒して下さっている事でしょう。

tc1_search_naver_jpCASBDXB8
tc1_search_naver_jpCAAO5JLP
tc2_search_naver_jpCAYYF3SZ







それにしても、丁寧選手は強い・・・。
本当に、圧倒的に強い。
隙が全く無い。
完全無欠とはこの事かと、この中学校時代は卓球部員(実際は幽霊部員)のこの僕には映りますね。


卓球:Table tennisは本当にメンタル面が大いに影響する繊細なスポーツ。

全く隙やこれと言った弱点が無い丁寧選手相手に、落ち着いた丁寧な試合運びは絶対に必要かと事前に散々に綿密に戦略を練ったであろう我等がJAPAN陣営。
愛ちゃんにとって、この史上最大最強のライバルである丁寧選手の母国、中国:CHINA(中華人民共和国)の最高執政者であり、国政の最高責任者で在らせられる胡錦涛(コキントウ)国家主席にもとっても気に入られて、愛されている日本国の福原愛ちゃん。


胡錦涛国家主席:「(穏やかな笑顔で)貴女は私を御存知ないだろうが、私は貴女を知っています。」
愛ちゃん:「いいえ(笑)私も知ってますよぉ(笑)」

その後、愛ちゃんは何と胡錦涛国家主席御本人と卓球ラリーを暫く楽しんだのでした。


愛ちゃんはまだまだ、これからさ。


取り合えず、大変お疲れ様でした。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ