宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

タグ:不思議のメダイ

5
ブログネタ
「忘年会」何回ぐらい参加する? に参加中!
images (3)










皆さんは、この写真に有る「緑のスカプラリオ」は御存知だろうか?

これはローマ・カトリック教会公認の準秘蹟。

つまり、要は簡単に言ってしまえば、キリスト教:ローマ教会が公認する、由緒正しき御守りだ。

僕は先般、これをやっと入手して、それをつい先程、地元のカトリック教会にて神父様に祝別して頂いた。

images (6)







「緑のスカプラリオ」に関する書籍も同時販売していたので、買って読んでみた。
背景や経緯が分かって、実に面白い。


この緑のスカプラリオ。
実は入手がかなり困難な事でも知られている。

なので、そこら辺の一般雑誌にても、緑のスカプラリオの入手方法が読者質問で出る事もたまに有る。

images (10)







だから「緑のスカプラリオ」でネット検索して、本ブログに辿り着く人も常に一定の数存在する。

images (9)







「聖マリアの穢れ無き御心よ、今も臨終の時も我等の為に祈り給え」



この常に慢性的に入手困難な「緑のスカプラリオ」。


実は僕が入手に成功する前に、別にキリスト教徒でもない我が親友のO氏が、独自ルートで難無く入手に成功していた経緯が有る。

O氏が入手に成功した後に、僕も彼に追従を試みたが、あえなく挫折にて無念の頓挫。

僕はO氏がひたすら羨ましかった。

images (4)












これが、そのO氏の実際のお写真。

特別製の編み紐に、「不思議のメダイ」と「緑のスカプラリオ」が括り付けられている。

images (7)












これは僕の現物のお写真だ。


「いつくしみセンター」と言う、ローマ・カトリック教会系の日本の団体さんにて、オンラインショッピングにて入手に成功した。

気になるお値段は、1個たったの108円(消費税込)。

怪しげな新興宗教団体の霊感商法とは大違いで、世界人類史上圧倒的に最大の宗教団体は既に資金潤沢であり、従ってこう言う末端の販売価格は常に変わらず良心的だ。

images (8)












この緑のスカプラリオを入手してから、早くカトリック教会に行って神父様の手に拠る祝別(日本風に言えば、神主様に拠るお祓い)を受けねばとずっと思ってはいたのだが、何だかんだで行けず終いだったのだが、昨夜になって「クリスマスも近くなって来たし、そろそろ緑のスカプラリオを祝別に持って行くかな。」、とふと思い付いた。

ほんで昨夜の思い付きのままに、今朝いきなり予約も全く無しに地元のカトリック教会に飛び入り。

42350e7a












そしたら、アンタ驚いたよ。

tc1_search_naver_jpCAUYJ9M3







本日、12月21日(日)は、「無原罪の聖マリアの祭日」ってんじゃないの。

んもぉ、本当に超偶然。

いや、こう言う偶然は嬉しいものだね。

tc1_search_naver_jpCAUUPKRW














つまり本日は聖母マリア様の特別な祝祭日だっだのだ。

教会内では、ちょっとしたお祭りフェスティバルをやっててね。

ペルー人の方やフィリピン人の信徒さん達が、露店で独特のお料理を販売していたのさ。

老若男女、日本人もフィリピン人もブラジル人もペルー人も、皆和気藹々。

ダウンロード







見知らぬ小さい、2歳位の男の子が、僕に懐いて来てくれた。

BvrXklPCIAEg7tC




   

そもそも緑色は、良い色だ。

00001248057







僕はこの、神父様の祝別を無事に済ませた緑のスカプラリオを、周囲の人々に配ろうと思う。

0000001227906







それを受け取ってくれた方達の幸運と幸福を、僕は心より祈る。

563490ed















聖母マリア様、恐怖の心霊写真に打ち震え慄く地獄から、我等を救い給え。

deab8_1302_7270e3514936c7f7284f4d7f9fdd8009








不正な会計処理の証拠がバッチリ残存してしまっている事務所パソコン内のハードディスクを、ドリルぐりぐり破壊ぶち壊して、万能の神の御力に拠り、不法と滅びの大便記録をこの世から永久に抹消せしめ給え。


日本最強の捜査機関である東京地検特捜部の捜査・取り調べの、発狂と悶絶の阿鼻叫喚地獄から、彼等の逮捕と起訴と有罪を帳消しに為さしめ給え。

f871663e-s





恋人達:LOVERS諸君よ、クリスマスイブの夜はホテルでセックスする前に、最寄りのキリスト教会にて祈りを捧げ、これまでのあらゆる罪と穢れの洗い浄めと、今夜の避妊成功と妊娠回避が、神に拠る祝福にて豊かに恵みとしてもたらされる事を心から祈れ。

6807abd6












純真なる子供達よ、妖怪ウォッチに没頭しつつクリスマスイブの夜にサンタクロースさんからの「妖怪ウォッチ真打」のプレゼント贈呈を祈り、その後に我等が救世主イエス・キリストの御降誕を祝いにキリスト教会までお母さんと足を運び、神父や牧師のクソ面白くもなく頓痴気つまらん退屈極まりない説教を、ただひたすらに聞き流せ。

51o7vhiqRTL__SL500_SL135_








そして、今このブログをお読みになっている貴方様御自身に、主イエス様の祝福が大いに豊かにもたらされる事を僕は心よりお祈りしております。

sora745745






こうして僕はまたトチ狂ったブログを書き散らしつつ、音楽の父:J.S.Bachの4大宗教声楽曲の1つである、ヨハネ受難曲を聴いている。

僕は実に、幸福だ。


あ、忘れてたよ。
忘年会に何回行くか、だって?
そんなもの狂人のオイラは1回も有れば良い方さ。
でも俺の場合は、職場関係者達よりも、家族肉親・親類等との忘年会の方が数百倍楽しいがね。


家族・親類達に縁を切られた哀れな上司が過去に居たが、そりゃあ本当に惨めなもんだったよ。 
俺だけは、ああは成りたくねぇよなぁ。それこそ最低最悪の人生だ。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

5
jthumbCA7YP0NH






先の中間選挙では、非常に厳しい結果を突き付けられた、世界唯一の超大国アメリカ合衆国のバラク・オバマ大統領閣下。
jthumbCAF8O9X1











何と彼は、僕と同じ縁起物を所有していた事を、最近知った。


何とあの、「不思議のメダイ」を彼も所有しているのだと。
whblog_0602a





これが、その実際のお写真。
オバマ大統領閣下が、御自身が所有する御守り等を、こうして両手に広げて見せている。
数有るタリズマン(護符)や御守りの中に、確かに「不思議のメダイ」の姿は確認出来る。
jthumbCAX90BBC





世界的超有名人と一緒の物を所有しているって、やっぱりとても嬉しいものだ。
jthumbCAWXOQX3










彼もまた、聖母マリア様の御加護に寄り縋る一人の人間なのか。
70726f647563742f32303132313132305f6631346262322e6a706700383000






偶然か、最近、本ブログの検索キーワードトップが、正に「不思議のメダイ」だ。
ここ日本でも、人気や関心は一部で高い。


先の記事で辛辣に取り上げた破産者や倒産者の元社長さん達に、僕からタダ無料で配ってくれてやっても良いが、まるで信心の無い信仰心の欠片も無い軽佻浮薄なる心の豚糞馬鹿共には、正に豚に真珠にてくれてやっても、ただの無駄だ。
SGT10-maria-medai1












これはその「不思議のメダイ」の、正に発祥の現場となった「不思議のメダイ聖堂(フランス共和国は首都パリに現在も実在)」の聖母マリア像。
jthumbCAH3RD7C










この僕に如何に、通常では絶対に有り得ぬ幸運ラッキィらっきょ現象が立て続けに棚ぼたボットン舞い降り続けているか(笑)
僕の身近にいらっしゃる方はその御守りの効果を、どうぞとくと御覧下さいませ(笑)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

九州は某県にて在住し勤務する、大学時代以来の我が親友のO君から、「緑のスカプラリオ」の追加報告を、Cメール(auの携帯電話のショートメッセージサービス)にて連発送信して来たので、彼に全く無断でここに原文を公開する。


その狂気じみた事、トチ狂った事いかれポンチな事。

先ずは、以下が彼が入手し、写メールにて僕に送信して来た、彼が遂に入手した激レアお守りグッズの「緑のスカプラリオ」である。彼に無断で公開だ。

image











手編みの「三位一体の紐」に「不思議のメダイ」が金銀2色で、そこに本体の「緑のスカプラリオ」が括り付けている。素晴らしい。


そして以下が体験者の彼が語る、ブッ飛びぃな幸福ラッキー体験である。原文ママ。


「あの26歳のオンナは断りました。余りにも胡散臭い(うさんくさい)マキグソ女でした。これで暫く心の平穏を保てます。心清くX-BOX360のゲームソフトを購入しました。購入したソフトは果敢に猿の如く敵をブチ倒すと言う心清いゲームソフトで、如何に残虐に敵を倒すかでスコアが決まります。銃でブチ殺すのは当たり前。蹴り倒して銃を乱射したり、電気ムチでバチバチったりと、兎に角色々なバリエーションで敵をブチ殺せます。あの26歳オンナの事は完全に忘れ去り、由緒正しい緑のスカプラリオを身に付けて、トチ狂ったゲームで心清く発散する所存に御座います。今考えると、あのアマは絶対にサタン(悪魔)の申し子であったに相違ありません。悪魔の侵略を果敢に拒み、緑のスカプラリオにより追い払いました。これも貴方から教えられた緑のスカプラリオの効果だと感謝しております。」

「つまんねぇ事言ってると、マリア様のケツ毛をひん剥くぞ!!!!」

「緑のスカプラリオが無かったら、今頃生ハメ中出し因縁付けられてヤクザ出て来て脅され慰謝料請求2000万円ぼったクリトリス状態であったろう事必至です。」

「それとも、あれはS学会(筆者注:東京都信濃町に本部を置く日本国最大の宗教団体)の勧誘だったのかも知れん。今考えると危ない橋渡る1歩手前だったのかも。超恐い!!」


僕は彼から相談を受けて、その26歳の若い美女からのアプローチを無下にする事無く、慎重に用心しつつきちんと先ずはお付き合いしてみたらと助言したのだが、僕と大違いで普段から非常に慎重で何事も石橋を叩いて渡る彼は、自らその26歳美女に別れを告げた上で、上記の様にローマ・カトリック教会公認の準秘跡(つまり簡単に言ってしまえばローマ教会公認の、洗礼を受けたクリスチャンでなくても身に付けられ御利益を得られるお守り)である緑のスカプラリオの効果を声高らかに謳い上げ、その後のメールや電話で聖母マリア様を賛美して止まなかった(笑)


angel%20of%20midori%20no%20sukapurario






















良く言われるのだが、「不思議のメダイ」にせよ「緑のスカプラリオ」にせよ、これら準秘跡の幸福効果やラッキー体験は人それぞれに語られる。実際に、不思議のメダイをして毎日祈りを欠かさずにいたら膵臓癌が完治したという奇跡に与った方も実在する。


人間、何が幸福ラッキー成功で、何が不幸アンラッキー失敗かなんて、そんなもの人間心では分からないものかも知れない。

俺なら26歳なんて若い美メスが寄り付いてきたら、これこそが不思議のメダイの効果だと信じて疑わず相手の美メスに飛び付きそうなものなのだが、親友のO君の幸福の捉え方やお守りの御利益の受け止め方は、僕とはやや異なる様だ。


その人本人の受け止め方によって、同じ事象でも幸福と不幸は正反対になるのかも知れない。

人生、万事塞翁が馬だ。
何が本当に幸福で、何が本当に不幸な事象なのかは、死んで最期に棺桶に入るまでは全く分からないし、その人の人生の本当の価値も最後の最期まで分からないと僕にとても優しく説諭して下さったのは、大変に非常にお世話になりまくった僕の母校の大学の北村清一郎教授(解剖学)である。


そう考えて行くと、神様でいらっしゃる聖母マリア様も、緑のスカプラリオや不思議のメダイを身に付けて熱心に祈り御自身に頼って縋る人間達にとって、その人間にとって最も本当に必要で、本当の意味で幸福な事をその人間にお与えになっていらっしゃるのかも知れない。


浅はかで浅ましく卑しい人間の僕には、神様の意図などそもそも分かるはずもないのだ。



そして今日も僕は、自分だけ己救われたさ、自分だけ己現世御利益に与りたさだけで主イエス様に祈り罪を赦して頂き、聖母マリア様に昇給とカネがばちょを祈り、お頼り申し上げるのだ。



緑のスカプラリオの祈祷文
「穢れ無き聖マリアの御心よ、今も臨終の時も、我等の為に祈り給え。アーメン。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

tc1_search_naver_jp
tc2_search_naver_jpSGTE-chapel%20of%20rue%20du%20bac1








どうやら、普段から僕のブログを愛読してくれている親友達の間でも、僕の職場の職員さん達の間でも、この「不思議のメダイ」が最近話題になっている様で、色々な形で問い合わせを受ける様になったので、これに付いて僕から再度補足・加筆したい。



この不思議のメダイに関して、有名なユダヤ人資産家のアルフォンス・ラティスボーンの回心を紹介したい。
ラティスボーンは、神だとか宗教信心を否定する無神論者であった。
彼が信じるのは、お金とか資産とか富だったのだろう。

それがある日、カトリック教会の関係者の知人から、この不思議のメダイと短い祈りの冊子を配られた。
最初は彼は受け取りを断ったのだが、半ば無理矢理に不思議のメダイを首に掛けられてしまい、1ヶ月間だけメダイを首に掛けて祈りを唱える事を渋々約束させられてしまった。

約束の1ヶ月の最後の日。
彼は急に無性に教会に行ってお祈りをしたくなったのだと言う。
そしたら、その教会で聖母マリア様が美しいお姿で彼に出現し、彼は大変な感激を受けて、その場で受洗(洗礼を受けてクリスチャン:キリスト教徒になる事)を決意。

後に彼は、有り余るお金や資産を全て寄付し、自身は何とカトリック司祭、つまり神父さんに成ってしまう。

そして自身の母国であるイスラエルに帰国し、キリストの教えを人々に伝えて行き、天に召された。




また僕が見たには、2ちゃんねるの該当スレッドにても、それまで神様だとか宗教だとかには全く興味無かった友人が、この不思議のメダイを身に着けていたら、本当に受洗してクリスチャンになっちまいやがったと周囲を驚かせていた様だ。



こうした不思議のメダイによる「回心の恵み」は、しばしば良く語られる事だ。



またブラジル大統領の息子さんは、飛行機事故に遭遇した時、大破した飛行機の中で、気が付いたら不思議のメダイを握り締めていて傷一つ負わずに、暫く呆然と立ちすくんでいたらしい。





次にここに、親友が聖母マリア様から受け取った確かなお恵みとして、前回の記事に書き加えたい。

親友は、20代の若い頃は、いわゆる風俗店とかによく通っていた。
しかもサービスを受けるその際には、避妊具の使用とかそう言う事は全く無頓着に遊びっ放しに遊んでいたのだから、今考えれば我ながら実に愚かしい。

そんな浅はかな行為に溺れている最中も、首には常に不思議のメダイが掛かっていたのだが、結果的には親友自身は性病だとかそれに類する疾患に罹患した事は、本当に今までただの一度も無いのだ。
エイズ検査もB肝検査もC肝検査も、ヘルペス検査も全て陰性。

あれだけ避妊に無頓着に遊び狂っていたのにも関わらず、そうした病気には全く罹らなかった事は、今振り返って見ても驚きだ。

その同時期に、今でも仲の良い大学時代の同級生のA君は、やはり当時から、今でもソープランドやファッションヘルス等の風俗店愛好家なのだが、大学時代の当時のある日、手に正体不明の紫色の不気味なボツボツの出来物が急に拡大した時が有ったのだと言う・・・。
恐くなって当然、直ぐに医者に行ったらしい。
A君は親友とは違って、風俗遊びをする際にもちゃんと避妊具を使用していたはずなのだが・・・。

親友の場合は、肉体の欲望に溺れる罪を、有り難くもマリア様がお赦しになって下さった上に、ちゃんと護っていて下さったのだろう。
そんな親友は、今では風俗店とかキャバクラだとかそれに類する様なお店には全く行っていないし、行こうとも思わないらしい。

A君は今でも僕のブログをdocomoの携帯電話から愛読してくれている様だが、彼の興味の対象は「相続税を節税出来たと書かれていたが、具体的に幾らの資産をお前は相続したのか?」とか、相変わらす世俗的で物質的な事にばかり強い興味を抱いておられ、肝心の不思議のメダイの聖母マリア様を信じるだとか、聖書を読んでみるとか、そうした精神的・宗教的な事や物には、残念ながら懐疑的でほとんど全く興味を示してくれない。





この11年間、入浴中も就寝中も24時間ずっと僕の首に掛かっていた不思議のメダイ。
最初から数えて3個目の御メダイ(おメダイ)だったのだが、実を言うと1週間ほど前から僕の首には掛かっていないのだ。

先日、妻と親父と3人で行った寸又峡温泉:ホテル アルプスでの夕食の席上での親父との会話を紹介したい。

完全炭火で本当の囲炉裏を、妻と親父と3人で囲んで鶏肉やら蛸足やら五平餅やらを焼きながら楽しく美味しく頂きながら、こんな会話になった。


親父:「あれ?お前、いつも首にしてるメダイが首に掛かっていないじゃないか。どうしたんだ?」
僕:「あぁ、実はね、数日前にCさんに宜しかったら是非これを首に掛けて見て下さいと、今は貸していると言う形なんだ、今はね。でもね、俺としてはもうCさんに譲渡してしまう、差し上げてしまうつもりでいるんだ。駄目かな?」



僕が最後に身に着けていた御メダイは、ヘッド部分が1000/1000Platinumつまり純白金、純プラチナである事に加えて、鎖部分は850/1000Platinumつまり85%プラチナ製。
花田種彦さんが、聖母マリア様にお喜び頂けて、かつ購入者の方に一生お使い頂ける、また購入者本人のみならず親子や世代を超えて代々ずっと使用し続ける事が出来る最高品質の御メダイをと言う理念の下に謹製した御メダイ。
普通はヘッド部分だけがプラチナ製で8万円だったのを、親父は花田さんへの注文電話の場でワガママ言って鎖部分もプラチナ製にしてもらった。そしたらお値段はジャスト10万円(消費税込み)と言う事で承ってもらえた。
僕はその場では購入予定は無かったのだが、親父は「この際だから、お前の分も注文しろ。」と計20万円を気前良く現金一括払い。
「では、しっかりお恵みを受け取って下さいねっ!!」、と電話の最後に花田さん。
直ぐに郵送されて来て、直に手元に取ってしげしげと見詰めてみたのだが、やはり間違い無く、花田さん謹製の御メダイは、現在世界中に広く行き渡り出回っている数百種類の御メダイの中でダントツ群を抜いて最高に繊細で精巧な造りをしている。
ただし当然、お値段の方もダントツ最高価格だ。
花田さんに拠れば、太平洋戦争以来の友人の方に鋳物職人の方が居らっしゃり、その方に作製を主に依頼したのだと。



僕:「人に上げてしまう前に、買ってくれた親父の許可を得ようと思ってね、今言ってみたんだ。」
親父:「そんなもの、お前の好きにするが良いさ。」


俺はずっと不思議のメダイを身に着けているのだが、実は2年程前から、祈りの中で奇妙な違和感みたいなものを感じていたのだ。
自分自身で最初、俺はそれが何なのか分かりかねていたのだが、徐々に俺の心の中で答えが分かり始めて来た。


僕:「父さん、あのさぁ、俺は今まで不思議のメダイをしていて両手に抱え切れない位の数限り無い大きなお恵みを沢山賜って来たと思うんだ。最初は高いと思ってた10万円の値段なんてとっくに元なんか取っちまった上に、お釣りが万札の札束になって天からバサバサ降り注がれたって位に、俺は恵みを受けまくったと思うんだ。」


ここで親父は笑った。


僕:「だけど2年程前から、何か違うのかなってね・・・。だってさ、俺は父さんや祖父さんのお陰で、そもそもこんなにも恵まれた家庭に生まれ育った。ちゃんと両親も居て、家族はほぼ円満で、大きな広い家も高級車も当たり前に有って、可愛いペットも常に沢山居て、親子で仲が良くて、いい歳してやっとこさ親離れして独立後もこうして親父にいつも費用を出して貰えて贅沢な旅行は頻回で、(目の前に居る妻を指差して)そしてこうして素晴らしい妻を得て、その妻ともオレやオレの両親は仲が良くて、妻の御両親とも俺は仲が良くて円満でってさ・・・。これって、俺は余りに恵まれ過ぎているのではないかな、ってね。もう2年程前から何となく思ってるんだよ。俺はこんなにも恵まれている上に、まだこれ以上何か神様やマリア様にお願い事をしようなんてさ・・・。それはちょっと贅沢言い過ぎてるっつーかさ・・・。だって世の中見てみろよ、震災で愛する家族や家を突然失って悲嘆に暮れている人は大勢居る。ちょっと見渡すだけでも、旦那さんと全然上手く行っていない主婦の方とか、義父母とギクシャクしながら忍耐して家庭生活を営んでいる方とかさ・・・。そう言う人達を目にしちゃうと、自分ばっかり良い目に遭うなんて、何だか気が引けるんだよね。」


親父は穏やかに微笑みながら、黙って長男の俺の言い分を聴いていた。


僕:「実は最近、Cさんがね、大きな家庭の問題を抱えていらっしゃるらしくて、普段は明るくて元気なCさんが最近えらく沈んでいるんだよね。不眠の症状とかも出てて睡眠薬飲んでるって言う話だし。体調不良とか言ってここ最近急に職場を休みがちになっているし。そこにKさんが不思議のメダイの愛用者だって事が判明してさ。俺はふと思ったんだ、だったらいっそ、Cさんが承諾してくれたらの話なんだが、この俺の不思議のメダイを首に掛けてもらって、今度はCさんに今直面していらっしゃる人生の危機を乗り切ってもらって、幸福や幸せになってもらおうってね。かつて俺が聖母マリア様にそうさせて頂いたのと同様にね。」


妻と親父は、微笑みながら黙って俺の話を最後まで聴いてくれた。


親父:「お前が心からそう思えるのなら、それで良いんじゃないか?今度は自分のお金でメダイを買うと良いのかもな。父さんは首に下げると痛いから、自分のバッグに入れてるよ。」
そう言いながら、囲炉裏で食べ物を焼きつつ、自分の鞄の中を確かめていた。



この「不思議のメダイ」は、信者・未信者問わず、誰でも身に着けて信じて祈りさえすればお恵みを頂けると聖母マリア様御自身が保証なさった。

だがこうした宗教関連の事物を毛嫌いする人も世の中には少なくない。
だから俺もCさんに対しては、決して押し付けであってはならないと注意を払っているつもりだ。

Cさんが、神様だとか宗教や聖書を信じる方かどうかは俺には分からない。

しかし、断片的に漏れ聞こえて来る様に、余りに理解の無い旦那さんとその両親(つまり義父母)との軋轢に苦しみつつ、愚痴も他人の悪口も一切言わずにいつも明るく元気に振舞い、周囲の誰にも甘えずに、1人で背負い込んで2人の子供を育てて頑張ろうとし続けるCさんが、俺の中古品で申し訳無いのだが不思議のメダイを首に掛けてマリア様に祈る事によって、これまで俺が与って来た数々の大いなる恵みに与る様になり、現在直面されておられる人生の大きな危機やピンチを無事に回避され、これまでは辛さや寂しさがどうしようもなく付きまとっていた家庭生活に光明が差して平安がもたらされ、幸福エンジンが遂に始動し、聖母マリア様の優しき御手により本当の幸せと幸福の彼岸に導かれる様に、切に願い、祈って止まない。



以前の記事にも書いた通り、俺はこれまで人生の決定的ピンチや致命的な危機を、幾度と無く救われてここまでやって来れた。
それら全てが不思議のメダイの御陰様であると断じるのは、それは本人の考え方次第でどうでも良い事なのだろう。
肝要な事は、そうして日々無事に生かされている事に対して常に感謝の念を忘れる事無く、神仏や大いなる存在に恵みやご利益を帰結させる事を忘れないで過ごす事なのではないだろうか??



囲炉裏での夕食後、部屋に帰り妻は俺に言った。
「ねぇ、そのCさんって方のフルネームを教えてよ。私、そのCさんって方の為に毎朝祈るから(^^)。」

いつもながら、素晴らしい心掛けをした妻を得たものだ。





おお聖母よ、原罪無くして宿り給いし聖マリア、御身に寄り頼み奉る我等の為に祈り給え、アーメン。













    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

tc3_search_naver_jp
tc3_search_naver_jpCA7YW6DTtc4_search_naver_jptc1_search_naver_jpCAUYJ9M3
tc1_search_naver_jpCAUUPKRWtc1_search_naver_jpCAQIR07Qtc2_search_naver_jpCA7HXF0A
tc2_search_naver_jptc1_search_naver_jpCAB068YK
tc1_search_naver_jptc_search_naver_jp









紅い薔薇の花は、聖母マリア様の象徴とされている。


前回、「不思議のメダイ」に付いての記事を書いた所、職場や周囲の友人達に反響が有ったので、僕なりに加筆したい。

先程、KINTA様のコメントを拝読したが、いつもながら実に素晴らしい含蓄有るコメントを頂けたので、皆様におかれましてはそちらも参考にされて頂きたい。

そもそもこの「不思議の」と言う形容詞は、聖母マリア様の直接命名ではない。
マリア様は1830年の当時、修道女見習いのカタリナに出現し、このメダイの製造と配布を具体的に指示はした。

だがその後、デ・クエレン大司教閣下の正式許認可を経て製造・配布されたこの聖母のメダイは、それを身に着ける人々にそれぞれ大きな恵みや奇蹟を示し、噂が噂を呼び、いつしか人々はこのメダイを「不思議のメダイ」と呼ぶ様になった。


ここで僕はいつも思うのだ。
これは良く言われる事なのだが、この後もマリア様は世界中で御出現なさり、人類の未来予言を託したり祈りを託したりと様々な事を為さる訳だが、出現する対象の人間は、常にこうした人間の眼で見れば社会一般的には下の方に属する人々。

メダイの製造・配布を命じ、聖母自身の足の上に手を置かせてもらえたカタリナ・ラブレは、当時修道女見習い。
まだ一介の修道女にすら成っていない身分の、学歴もお金も資産も名誉も無い、そこいらの普通の少女だった。
当時、修道女見習いだったカタリナの仕事は、鶏小屋の鶏達に餌をやる事だった。

そんなカタリナに聖母マリア様は重大使命を授けた。
後にカタリナは死後に列聖された。


ポルトガルの寒村のファティマにて、聖母マリア様はド田舎の原っぱにて3人の当時年齢一桁の牧童達に現れ、人類の未来預言を託した。
ルチアとヤシンタと、後誰だっけ・・・??
兎に角、ただの無名のド田舎で暮らすガキンチョ3人だ。
この時与えられた預言は、後に世界中を揺るがし、世界政治にも関与し、今でも話題になっている事は御存知の方も多いだろう。



聖母マリア様の御出現は、常にいっつもこうだ。
人間の眼から見たら取るに足りない、社会的地位も身分もお金も名誉も家族も何も無い(この俺も同類)、ただの心素直な人間だけにお顕れになるのだ・・・。


俺に言わせれば、全世界に12億人もの信徒を持つ圧倒的な勢力を誇る世界最大の単一宗派「ローマ・カトリック教会」の最高裁治権を把持するローマ教皇に直接出現して、「おいちょっと、こんなデザインでメダイを造って配り歩いてくんないかしら?」とか「お前等、馬鹿もいい加減にしろ。キューバ危機とかやってたら破滅するぞ、このバカ人類どもめ。」とか何とかさ、パウロ6世様とかケネディ大統領閣下とかフルシチョフ書記長閣下とか、なんしょ当時の世界的大事件の関係首脳の人間に直接に出現してやって直接に言ってやれば効率的だと思うのだが・・・。


それは人間心で見てしまっているからだろう。
聖母マリア様が心より信頼される人間は、常に人目には地味で目立たない心綺麗な人間達のみだ。



前置きがつい長くなった。


今回は、僕が直接体験、或いは見聞きした「不思議のメダイ」による奇蹟体験を披露したい。

先ず、僕が所有する花田種彦さん謹製のメダイ。
奥様の花田温子さんにとてつもなく大きな奇蹟がもたらされた。

奥様は膵臓癌におかされ、その他不整脈等も併発。
担当医師は、「よくここまで放って置きましたね。奥様は余命3ヵ月です。」と憮然と言い放ったと言う。

それが・・・。

膵臓癌もその他の合併症も、完治。

膵臓癌が、完治・・・!!??

ここら辺の事情は、二見書房から刊行されている「不思議のメダイ」に詳しく包み隠さず書かれている。


先のブログでも書いた、僕と同じ花田さん謹製のメダイを所有(彼のは純金製)する内科医師のS先生は笑顔でこう仰った。

「大変申し訳御座いませんが、調べさせて頂きました(^^)。」
何と、医師免許の保有者は、他の病院の他の患者様のカルテを調べて閲覧する事が出来るらしい・・・(!)
いや、S先生の権威やお力がそれを可能にしたのか!?

「膵臓癌と言うのはですね、先ず基本的に治らない病気なんですよ。完治は先ず見込めません。しかし花田温子さんの場合は確かに膵臓癌が治っていました。それはカルテに記載されており、私も確認しました(^^)。」

花田温子さんは膵臓癌も合併症も完治。
その後、病室でそのまま、周囲の看護師さんやら患者さんやらに、この「不思議のメダイ」を説明し、配ったと言う。
これには担当医師もただただ驚嘆し、「教会には御夫婦で今でも通われておられるのですか?御夫婦でお祈りは為さるんですか?」
とか、医師らしからぬ問診をしてたらしい(笑)


だが、書籍にも書かれているが、それまでには花田さん御夫妻は大きな人生の艱難辛苦を経験されておられる。
「不思議のメダイ」を身に着けているとて、やはり人生の悲しみや辛さが無くなると言う訳ではないのだ。


その他は花田さんから直接電話で伺ったには、このメダイ購入者で、医学的に見たら絶対に再生しないはずの血管組織が再生して、血液循環が回復して一命を取り留めた人が居るらしい。


その他、子供の吃音が治ったとか、不和で喧嘩やいがみ合いが絶えない家庭に平和が訪れたとか。

この「不思議のメダイ」は、それを身に着ける人それぞれに様々な形で恵みを与えてくれるものの様だ。




さぁて、ここからやっと俺の話だ。
俺の「不思議のメダイ」の不思議体験アンビリィバボォである。
以下に列挙する。


① 人生初の好きな彼女が出来た。

② パチンコで勝ちもしないが、負けもせず、損失はほぼ無し。

③ 相続税等の税金対策が予想を超えて円滑に上手く行き、結果的には大いなる節税を成し遂げた。

④ その後の人生でずっと付き合い続ける運命になる親友と出逢えた。

⑤ 自分の欲望から罪を犯してしまい、それを相手方家族と悪徳弁護士から責め立てられ攻撃を受け、大学の学籍を失う可能性も発生したが、無事に解決。事無きを得た。多額の経費は掛かってしまったが、その後の人生における地位と収入に比べれば、微々たるものであった。

⑥ 自身の心の弱さから、刑事事件を起こしてしまった。大学の退学処分の可能性を教授から直接言われ、半分覚悟を決めたが、結果的には全くの無傷で済んだ。掛かった経費は最小限で済んだ。周囲の多大な支援も有り、その後、無事に大学は卒業した。これには広域指定暴力団:山口組の銀バッジ保有者(つまり幹部)の知人も驚いていた。

⑦ その後の研修にて、またしても自身の心の弱さと醜さから、刑事事件を起こした。結果的には周囲の多大な支援も有り、警察でもお咎めは全く無しの上に無事に事件は解決。

⑧ 僕の保有する国家資格の研修者は日本全国に2300人ほど居るが、研修を2度も失敗したのは恐らく僕だけ。その僕が、厚生労働省の担当官僚も驚く様な信じられない幸運に救われて、地元の研修施設にて最終的には無事に研修修了。周囲の多大な支援が有った事は言うまでも無い。

⑨ その最後の3度目の研修施設にて、僕の人生でこれまでに全く出逢った事も無い様な、一生涯を通じてお付き合いが有りそうな、心から尊敬出来る素晴らしい人間性を備えた方と出逢う事が出来た。

⑩ 全くお金に困らなくなった。お金が無くなりピンチになると、必ずどこからか誰かの助けや支援が与えられている。現在も。

⑪ 現在の、心優しき素晴らしい最高の妻を得た。妻と付き合いが始まったばかりの頃、僕が妻の車の中に置き忘れたメダイを、妻はケースに入れて保管してくれていた。そのケースは偶然にも、紅い薔薇の形状をしたケースであった。妻は、紅い薔薇が聖母マリア様の象徴である事を全く知らなかった。

⑫ 僕は深夜の決まって1:00~3:00の時間帯(丑三つ時、魔の刻)に、たまに途轍もなく死にそうな位の恐怖感に襲われて押し潰されそうになるのだが、このメダイの祈りを繰り返し唱えている内に、気が付くと熟睡出来ていて朝を迎えている。毎回だ。



僕の「不思議のメダイ」の奇蹟体験は、現在も連ちゃん継続中である。
幸福と幸せの笑いが止まりません!止まりません!!止まりません!!!



ネット掲示板の2ちゃんねるの該当スレッドにて、女性がこんな書き込みをされておられた。
「この不思議のメダイを身に着けていると、不思議と心が安らかな気持ちに包まれて、平穏な気持ちで居られます。」


そこへ我が親友O君から、メールが着た。
「不思議の雌鯛(これでメダイと読ませたいらしい)を着ければ、僕もズル剥けのピン勃ちになれるでしょうか?(原文そのまま)」


聖母マリア様のお恵みは、身に着ける人それぞれに与えられると言う。
だから、不思議のメダイを身に着ける人は、それぞれにお恵みの体験を語る事が出来るのだと。


現在、この「不思議のメダイ」を身に着ける人々は世界中に大勢居る。

その方達の残らず全員に、聖母マリア様から豊かに限り無く祝福と恵みが有ります様に、心から祈る。



おお聖母よ、原罪無くして宿り給いし聖マリア、御身に寄り頼み奉る我等の為に祈り給え、アーメン




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ