宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

タグ:原子爆弾

3
ブログネタ
「お盆」どんなふうに過ごしましたか? に参加中!
252331f4
Z25_il




本日は、戦後丁度70年目の、終戦記念日だ。


yjimage 








正午の時刻に合わせて、僕も黙祷を捧げるつもりが、甥っ子との遊びに夢中になって、つい忘れてしまった。



ダウンロード






昨日、遂に甥っ子が釣り上げた、人生初の戦果は、今朝になってみたらバケツから飛び出して、流血しながら既に死んで腐臭を放っていた。

images












そう言えば、甥っ子が人生で初めてお魚(鮒)を釣り上げた場所は、伯父の僕のアパートの直ぐ近くに在る、墓地の中の、弁財天様が祀られている池の中だった。

そもそも、甥っ子は、「ねぇオジサン、こんな場所で釣って良いの!?」。
甥っ子に逆にたしなめられてしまったのだが、僕は無遠慮にも釣りを続行する様進言。

いざ、その池で釣れて、帰宅しようとしたら、甥っ子はその弁財天の祠で「ちゃんとナムナムしてから帰るよ!」。

小学児童なりに、神様への感謝を忘れていないと言う事か。

伯父の僕は感心してしまった。


明日にでも、返礼にお賽銭を入れて来よう。


da8e8043
a3047cff-s


って、そんな話は、どうでも良い。


ref_l
20150815senbotusya04
20150815senbotusya03_2





20150815senbotusya02
20150815senbotusya01




安倍総理の戦後70年談話を全文通読したが、間接的表現がやや目立った印象は有ったが、現在考えられ得る中で最大限に前向きな、日本国の国家元首として誠実な文章であったと僕は思った。



950ca668








安倍総理も、不戦の誓いをここでも明確にした。

pub_wiki_us_kaku4232












僕も散々した大学浪人時代、予備校の世界史の講師は、熱を帯びて講義中こう言っていた事を、毎年この終戦記念日に思い出す。
 

802f6f8c
9998145f



「戦争と言うのはね、誰かが起こすものなんですよ!必ず!だから常に見張ってなきゃいけないものなんです!」


org-thumb-690x965-94














いざ御前会議で開戦が決定した事を受けて、大日本帝国軍は全力で戦い、欧米列強の植民地支配や抑圧からアジアの解放に貢献した面は、確かに存在する。



4c8eeeeb-s
1122174f-s




だが戦後に遺るものは、膨大で気の遠くなる負の遺産だ。



71e36e7b-s







テレビでこうして今、戦争関連のテレビ番組に接して、小学5年生の甥っ子は、「戦争なんてやれと指示する奴こそが、お前が先ず先にやってみてお手本を見せてみろ!自分で特攻して死んでからものを言えってんだよ、この最低の人間のクズめ!テメェこそ、地獄に堕ちやがれぃ!!」、と憤りを隠さない。


unnamed (4)







ウンザリする戦後の日本に対する執拗なクレームは、戦後70年間も経った今でも止む事無く、こうして海外でも意図的に残り火を撒き散らされている。


unnamed (8)














だが、日本国はもう70年間も戦争をせずに、平和国家を確立し、戦後は世界で圧倒的に最も安全で豊かな国を築き上げて来た。
それも、原子爆弾を2個も投下されて、全国津々浦々を焼野原にされた後にだ。



unnamed (9)








これ以上、浅学の僕からは何も述べる事は無く、KINTA様の素晴らしいコメントが、全てを大きく先回りして下さって、深い共感を呼ぶ締め括りをして下さった。



unnamed (10)








そして、安倍晋三内閣総理大臣の素晴らしい的確な談話が、これからの日本国民全員の指針・方針として指し示されたと言えるだろう。



4430cdc5-s
10850215_306121462929034_3691567514783542728_n





戦没者の皆様方、御英霊の方達の御冥福を、心より主イエス様にお祈り申し上げる。



こうして今年、AD2015(平成27年)のお盆は、甥っ子のR君と常に一緒に過ごして、お互いにとても楽しく有意義な夏休みを過ごした。



2738022d-s















こうして、家族や親類が仲良く楽しく、そして延いては幸せに、幸福に過ごす事が出来るのも、全ては平和と安定と繁栄が基礎になっている。


76b00a71








その戦後の重要な基礎を築き上げるのに、文字通り膨大な量の血と汗と涙を流し、国に命と魂を捧げた尊い存在や大先輩達が確かに存在した事を、毎年この蒸し暑い日に冷静に振り返って想起したいものだ。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

tc4_search_naver_jp
tc2_search_naver_jptc1_search_naver_jp








本日は、66回目の「原爆の日」である。

今、NHKで特集番組をやっているが、当時の大日本帝国軍大本営特種情報部が、このアメリカ合衆国の原子爆弾投下作戦を事前に情報として察知していた事実が存在した事には、とても驚かされた。

日本軍の上層部はその重大な極秘情報を、結局何等有効活用をせずに、国民を見殺しにした事実が有ったのだ・・・。

改めてWikipediaでこの原子爆弾投下作戦を俯瞰して見たが、70年近く経った今でも実に生々しい。


自分自身でも、祖母から聴かされた戦争の話は、本当にリアルで間に迫る。


日本国はAD2011現在でも、世界唯一の核兵器被爆国である。

原子爆弾の話は、全日本国民が接さなければならぬ、忘れてはならぬ問題だろう。


だが核兵器は、依然世界中に存在する。

僕自身の個人的な感覚だと、人類はまだこれから核兵器を使用すると言う愚行を再び犯すものだと思っている。


この日本国の軍事組織(自衛隊)最高幹部のトップでさえ、日本国の核武装を本気で提言している人物も実在するのだ。


僕が中学校2年生の当時、道徳の時間に読んだ当時のローマ法王:ヨハネ・パウロ2世様の原爆被爆者追悼スピーチに対する大いなる感動は、今でも記憶している。

僕の学生時代、徳島市の夜の田舎丸出しの繁華街で広島県出身だと言う派手な洋服の中年女性と2人で話す機会が有り、ドン引きされるのを覚悟で、この僕がローマ法王:ヨハネ・パウロ2世様の追悼スピーチに中学生の時分に大いに感動した事を思い切って告白すると、その女性は意外にも顔を綻ばせて喜び笑顔になり、大いに会話が盛り上がった。
ひょっとしてお身内に原爆の被爆者が居られたのだろうか・・・?


我が最愛の妻は中学校の修学旅行で広島市を訪れた際に、平和記念塔の前で生徒代表でスピーチを朗読した経験を持つ。


僕は広島県は未踏の地だが、原子爆弾がもたらした全く以って非人道的な被害は、僕の個人の人生に対しても甚大なインパクトを持つ、過去から現在へ確かに尾を引いてる悲しき最悪の事象なのである。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
被災者の方々へメッセージを! に参加中!
tc2_search_naver_jp
tc1_search_naver_jp

福島第一原発の3号機の建屋でも、水素爆発が起こった。
これは格納容器の弁から排出された蒸気が分解した水素が大気中の酸素と反応しただけで核爆発とは関係ないが、「爆発」という言葉があたかも原爆を連想させて恐怖をかき立て、あらぬデマが乱れ飛んでいる。
原子力について初歩的な事も理解していない人が多いので、僕から改めて説明しておく。


西岡参議院議長が「炉心融解すれば原爆が落ちたのと同じような状態になる」と発言したようだが、これはとんでもない間違いである。
前にも説明した様に、炉心溶融というのは燃料棒が溶融して水蒸気爆発を起こし、圧力容器を破壊して大量の核物質が周囲に飛散する事故である。
放射能汚染の範囲は広いが、核爆発の様な破壊力は無い。


燃料棒が損傷した程度の事故に炉心溶融という言葉を使うと、海外メディアがmeltdownと報道して誤解を招く。今回も藤崎駐米大使が「メルトダウンは起きていない」とコメントして、枝野官房長官の説明と食い違うと問題になったが、これは政府の勇み足である。
枝野官房長官は「炉心溶融はメルトダウンではない」と説明したが、炉心溶融は英語でmeltdownとかChina syndrome(accident)と訳すのが普通である。


原子爆弾というのは核反応を瞬時に連鎖的に起こして大きなエネルギーを出すものだが、原子炉は核反応を制御棒でコントロールしてゆっくり起こすものだ。
今回の事故では緊急停止で制御棒が入ったので連鎖反応は止まっており、核爆発は絶対に起こらない
武田邦彦氏が「核爆発の可能性がある」と書いているが、これも流言蜚語である。


ただ武田氏もいう様に、ホウ素を注入していると言う事は、核反応が部分的に続いているのかも知れない。熱崩壊だけなら(核反応を媒介する)中性子を止めるホウ素は必要無いからだ。最悪の可能性として、溶融した燃料が炉内で反応して再臨界を起こすと、過熱して圧力容器が崩壊する「メルトダウン」は起こりうるが、核爆発は起こり得ない。燃料棒のウラン濃度は原爆より遥かに低いので、全く制御出来なくても核爆発は起こらない。原子爆弾でさえ、核爆発はTNT火薬などの爆弾で圧縮しないと起こらない。
嘘だと思うのなら、現在は御在天の原子爆弾開発のアメリカ合衆国国家プロジェクト「マンハッタン計画」の主導者で在らせられたアルバート・アイシュタイン博士御本人様に、青森県の霊媒イタコさん等に取り次いで貰って訊いてみると良い。



繰り返す。
核爆発は絶対に起こらない



また現在報じられている程度の被曝量では、人体に影響は無い。まして首都圏の人が心配する必要は無い。核燃料が原子炉の中に閉じ込められている限り、破局的な放射能汚染は起こらないので、圧力容器を守ることが最優先だろう。緊急停止から3日たってかなり冷却され、原子炉内が海水で満たされているので、メルトダウンは起こらないと思うが、それでもやはり確率はゼロではない。


僕は職場で常日頃からレントゲン撮影のスイッチを押している。
本チャンの仕事よりもそちらの仕事を担当可能な国家資格保有者が差し当たって僕だけしか見当たらず、自然と今の職務担当と相成った。
CT(Computed Tomography)、数種のデジタルレントゲン撮影。
毎日毎日朝から晩までスイッチを押しに押しに押しまくって来る人来る人全てに、私は放射線を被爆させまくっている。
その際の放射線量と今回の震災の被爆者達の被爆線量が大して変わらないのなら、他に心配すべきやるべき事は在るだろうと言うのが僕の見方だ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

tc3_search_naver_jptc2_search_naver_jptc1_search_naver_jp






tc4_search_naver_jp












今日は終戦記念日。
もう今の若い世代にとって、太平洋戦争や第二次世界大戦、いや、戦争そのものに対する実感など丸で皆無だろう。
俺も祖父(既に死亡)や祖母から話に伝え聞くだけだ。

先ほど、テレビ:NHKで、天皇皇后両陛下が頭を垂れて黙祷を捧げていたのに合わせて、うちら夫婦も手を合わせて暫し黙祷した。

戦没者の方々の尊い犠牲の上に、今のこの日本国の経済的繁栄がある。


俺のここ地元の友人にTさんがいる。
Tさんは仕事でここいら周辺を営業で回ってらっしゃるが、TさんはここのAPITAのミスタードーナツで仕事の合間にたまに休憩なさるとか。
Tさん、機会が有ったらまた食事でもしましょうよ。
そんなTさんの大叔父様は、東京帝国大学を卒業し当時の海軍省に入省したキャリア官僚だ。
そしてなんと、あの航空母艦:瑞鶴(ずいかく、上記写真)にキャリア官僚として搭乗されておられ、太平洋を航行していたのだと・・・!!
つまりTさんの大叔父様は、瑞鶴の艦長よりもずっと偉い立場だ。
当然、瑞鶴に搭乗中は甲板デッキにどっかり腰を下ろし、常に2名の軍刀を持った衛兵に護衛されていたのだとか。
実にスゲぇお立場の方ですよね!!

また上記に写真に挙げた栗林忠道中将閣下等の尊い英霊の犠牲が、この国を守ろうとしたのだ。

我々日本国民は今、繁栄を謳歌し享受し、享楽的な生活を楽しんでいる。
飲んで食べてたっぷり寝て、風呂に入って毎日笑顔で楽しく暮らしている。

夜の闇の上空から雨あられにこれでもかとばかりに降り注ぐ焼夷弾の恐ろしさ、太平洋上から超高速で打ち込まれる艦砲射撃の血も凍る戦慄・・・。原子爆弾の爆発した瞬間、その後の地獄絵図。
話には幾ら聞いた所で、そんなもの実際に体験してみなければ絶対に分かりゃしない。

だから時折、俺はふと思うのだ。
今の日本の若い世代にとって、戦争はむしろ1度は経験すべき事象なのかも知れない。

そうして見て、初めて平和の尊さや有り難さって肌で実感出来るものなのだろう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ