宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

タグ:小室哲哉

2
yjimage 










僕もTMNの時代から好きだった音楽プロデューサーの小室哲哉さんが、引退を表明した。



yjimage














彼は妻KEIKOの介護に、借金の返済に、自身の音楽活動の遅滞に、その他人生の全ての諸要素に対して、完全に疲弊してしまったのだろう。
      


yjimage 












小室哲哉さんの妻KEIKOさんへの愛は、今でも変わらず色褪せず、本物であると僕は心から思う。


だが・・・、しかし・・・。




yjimage 








その愛する最愛の妻の容態や術後の回復が思うにままならず、彼は己の音楽才能の枯渇や衰退も如実に自身で感じ入る内に、やがて彼自身が疲れ果てて、疲弊し、最早その疲れや疲労は、大蒜注射などと言うちょっと怪しい点滴医療などでは、もう回復は不可能だったのだろう。





yjimage
















しかしかつて彼が御自身を準えた、僕も愛して止まない神童:Mozartも、不朽の永遠の美の音符を後世の我々に遺した代わりに、多額の借金を奥様やお子さんに遺して、死んで行ったではないか。



yjimage














小室哲哉さんは今は一時的に心身共に調子が悪いだけで、何れ何時かは必ず回復し、復活すると僕は確信する。




yjimage












その証左の一つが、以下に揚げる動画の中の、僅か去年の彼の雄姿だ。



これを観て、彼が本当に本気で引退するなどとは、一体誰が信じられるだろうか?






image















かつての愛弟子、浅倉大介氏と新ユニット:PANDORA(パンドラ)を組み、アジアの実力女性歌手をフィーチャーしての、この弾け様を眼に焼き付けよ。



image








そう、そうなのだ。

「本日を以って完全に引退する」などと昨日の会見での彼の言葉は、ただの血迷ったボヤキと世迷い言の妄言に過ぎない。

だから従って、真に受ける必要は更々全く無い。



yjimage









小室哲哉は死なず、ただ消え去るのみ。



彼は絶対に必ず、我々の下に帰って来る。

奥様のKEIKOさんと共に。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

24sttarte_ph





上記画像は全く関係有りません。

テレビで「2012 FNS歌謡祭」をやっている。

僕ちゃんは普段は音楽の父:バッハや神童:モーツァルトの音楽ばかりを鑑賞している。
ついさっきまで、僕はCDで毎年恒例のバッハの4大宗教声楽曲の1つである「クリスマス・オラトリオ」を鑑賞していた。
だからこう言う歌謡番組は、正直全く興味は無いのだ。

何でも華原朋美さんが、この番組で歌手活動復帰を果たすと言う事なのだが・・・。

華原さん御本人には大変申し訳無いのだが、世間のリスナーは彼女の名前をそもそも知っているのだろうか・・・??


こう言う歌謡ポップスの世界では、歌手やタレントは流行商品と同じくして消費され、そしていつしか忘れられ、廃れて行く運命に大概は在る・・・。
その中には「神田川」だとか「瀬戸の花嫁」の様な不朽の名曲は存在するのだが。


でも懐かしい歌手もいらっしゃって、面白いですなぁ。

普段はクラシック音楽中心に鑑賞しているおいらでも、こうしてたまにはポップスを聴いてみるのも良いと感じるね。
色々なアーティストがお互いに乗り入れみたいにしてお互いの歌を唄っているのも面白くて良い感じ!!!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

d642a_293_komuroerika-s





2008年11月、詐欺容疑で逮捕され、翌年5月に大阪地方裁判所より懲役3年、執行猶予5年の有罪判決が言い渡された小室哲哉(51)。
 その後、エイベックスと専属契約を結び、今年に入って活動を本格化させてきたが、復帰第一作としてリリースした「Dream After Dream ~夢から醒めた夢~/逢いたい理由」(AAA)がオリコンウィークリーチャートで1位に輝き、ついに完全復活した。

この「オリコン1位」には、「エイベックスが自社社員によってCDを買い占めたため」「ランキング操作があった」などの疑惑もあるが、小室本人は8年5カ月ぶりの首位獲得に「43回目の1位だけど、今回が一番うれしい」と大喜び。
制作のモチベーションも大いに上がったのではないだろうか。

素晴らしい完全復活ですよ、小室哲哉さん。
僕は貴方を待っていました。

貴方ならまだまだやれます!

これからは沢尻エリカのプロデュースも手掛けて益々また拡大侵攻をしちゃって下さいませ!!


応援しております。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ