宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

Tag:御国

1
yjimage 








もうあの日から、6年間もの歳月が流れたのか。


本当に早いものだ。


yjimage








6年後の今、日本全国で、原発避難者イジメと言う不気味で哀しい事象が話題になっている。

誠に忌々しき、残念な事だ。



yjimage








福島県は今も、多大な困難に直面し続ける。


yjimage







そしてここ静岡県も、東南海トラフ大地震の被害想定地域で、最大被害が想定されている。

浜岡原子力発電所は、現在運転停止中。



yjimage







明日は、我が身だ。



yjimage








それにしてもここ日本国は、地震災害の何と多い国だろうか。


yjimage






僕等日本国民は、あの日を決して忘れない。 



yjimage









本日、台湾やアメリカ西海岸でも、東日本大震災の犠牲者の方々の為に、追悼式を挙行して下さったそうだ。


yjimage







我々はこうして、今日も生きている。


yjimage








今の日本は、取り敢えずは相変わらずとても平和で信じられない位に豊かだが、その代わりにこうした大規模な災害が多いと言う事なのか。


_SY352_BO1,204,203,200_








日本国海上自衛隊が誇る最大の艦船である、いずも型護衛艦は、災害救助活動にも絶大な力を発揮するだろう。



d86568e2








今月にはいよいよ2番艦の、「かが」が就役する。



yjimage








しかし大規模な地震被害は、もうこれで終わりにして欲しい。


yjimage







本当に悲惨な悲劇を、我々はもうこれ以上目の当たりには、決してしたくはないのだ。


yjimage







東日本大震災の犠牲者の方々の御冥福を、慎んで主イエス様にお祈り申し上げます。



yjimage








我々人間に、もうこれ以上困難な重荷を、どうぞ背負わせないで下さい。


yjimage








理不尽な災害に苦悩する人間を、もうこれ以上増やさないで下さい。








 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

画像省略


ホテルはどこも満室一杯。
従って、僕の今夜の宿は必然的に避難所となった。

今日と明日はここで宿泊する。
避難所の館内には、無料で利用出来る無線LANの電波がギンギンに飛んでいて、早速、自分が持ち込んだパソコンでこうして雑魚寝しながら配給された布団の中でブログを書いている。
電波の名前も「GanbaroFukushima」となっていた。

それにしても皆さん思った以上に元気だ。
とても人柄も気さくで明るい方が多い。

僕独りの為に、入浴の制限時間をこっそり延長してくれたおっちゃんのお陰で助かった。

「遠い所からわざわざ有難う御座いますねぇ!」

僕の隣では、福島県庁から派遣されて来たと言う30代の女性ボランティア職員さんが寝袋の中で読書中。


僕は聖書を読みつつ、就寝前のお祈りだ。


避難所は、テレビで見た通りだ。

楽しんでいる人と、もう疲れてしまっている人にかなり顔の表情が別れる気がする。


俺は、こう言う雰囲気は正直大好きだ。
現地の方達が俺の為に何とかしてホテルを予約しようと試みて下さっているが、俺としては正直、もう最終日までここの避難所でお世話になりたい。

皆、一緒に雑魚寝して、一緒に御飯を作って食べて、一緒に遊んで、一緒にナイター中継見て、一緒に将棋を打って碁を打って。

良いじゃん、こう言うのって。

皆、平等。
金持ちも貧乏人も偉いも偉くないも何も無い。

それはある意味、聖書で言う所の「天国」、「天の国」、「神の御国」、「千年王国」と言われているのに通じるものがあるかも知れない。

以前の職場の、感受性豊かで繊細でナイーブな友人はこう言っていたのを思い出した。
「普通に貧乏暮らしをしている人達よりも、被災して避難所に居る人達の方が幸せだと言えるのかも知れない。」

俺にはこう言う繊細で細かい話は、良く分からない。

人の幸福とか幸せとか、不幸とか不幸せって、どうやって何によって決まるのだろう。

俺にはますます、良く分からないのだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ