宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

発電所名:げすおSUN発電所(11kw)

日本国で最も日照時間が長いこの地で、2035年までシャカリキに発電して参ります。

因みに太陽光パネルは、JAXA:宇宙航空研究開発機構が唯一認定した太陽光パネルメーカーであるSHARP製です。

悪魔

悪魔・死神の名はCOVID-19(新型コロナウイルス)1


yjimage - 2020-02-16T195741.660








COVID-19(新型コロナウイルス)の感染拡大が、我が国を含めた世界中で止まる所を知らない。




yjimage - 2020-02-16T195750.245










kinta様が御指摘の通り、今回のCOVID-19は、これまで人類が経験しなかった未曽有の事態であり、これまで人類が未知の異常なまでに強い感染力を持つウイルスだと言える。




yjimage - 2020-02-18T061249.069











遂に悪魔が、牙を剥いて襲来した。




yjimage - 2020-02-15T225146.108








完全防御でダイヤモンド・プリンセス号に向かったはずの厚生労働省職員さんでさえ、既に感染してしまった。




yjimage - 2020-02-18T061236.637










夢の様なゴージャス豪華客船は、今や凶悪魔ウイルスCOVID-19の培養場と化した。




yjimage - 2020-02-18T061311.264











僕の様な浅はかな浅学の者がくどくど述べるよりも、ここはまたkinta様の詳細で精緻な分析のコメントを、またしてもkinta様に対しては無断で以下に転載させて頂く。



yjimage - 2020-02-18T061303.689













インドでは本日の時点で3名感染者が出ております。
最新の情報はこちら
https://gisanddata.maps.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/bda7594740fd40299423467b48e9ecf6


さて、日本は感染経路不明の患者が出てきているので本当にやばいと思います。

またクルーズ船から下船となればさらにヤバい状況が待っていると思います。

クルーズ船の下船後の各国の対応にもよるが、下手すれば10日~2週間後にはとんでもないことになっているかもです。

日本で患者が急増すれば、想像を絶する状況が待っている。
とくに横浜、北海道、東京、大阪、京都、福岡では、病院は間違いなく野戦病院と化す。
その後、医療崩壊へとつながりかねない。

東京では医師と看護師が新たに感染しているし…
簡易検査キットを開発している最中ですが、この完成がいつになるかで状況は大きく変わる。
時間との勝負だと思います。
開発者は懸命に不眠不休で日本の為に頑張られている。
何とか実を結んでほしいものだ。
早く安価で短時間で判定できる簡易検査キットを開発し(多分これはできるはず)、エイズの発症を抑える薬などを活用し、症例実績を重ね有効薬を量産すべきです。ワクチン開発には時間がかかるので今はこれで抑え込むのが良いかと思います。

政府は対応について大きな決断を近いうちに下さなければならなくなると思います。



yjimage - 2020-02-18T061225.163











さて、話は戻って、インドですが、インドに限らず他国ではあまり検査体制が整っておらず、感染者がわかっていないというのが現状だと思います。


アメリカについても、CDCによると2,600万人のインフルエンザの病気、250,000人の入院、インフルエンザによる14,000人の死亡が推定とされている(2/8時点)。
個人的には、この中にコロナ肺炎の感染者が相当数入っているのでは?と推察します。


日本が第2の武漢だと海外メディアでは言っておりますが、僕の見解では、すでに世界中に相当数の感染者が散らばっているものと推察します。
目に見えてパンデミックが起こるのはこれからだと思います。



yjimage - 2020-02-18T061243.007













追記です
<現場の医師が半ばヤケクソやけのやんパチ一か八かの感覚で投与してみたのだろう。
 

実際はSARSが大流行した時に、エイズの進行を抑えるアミノ酸の結合物を投与することでウイルスの細胞への侵入をかなり阻止できていた事があったのと患者の病床(免疫系の状況)等から判断し投与されたのだとおもいます。


なお、アメリカでは、エボラ出血熱の治験向けに開発していた薬を投与することで新型コロナウイルスによる肺炎症状が改善したそうです。
研究が急がれますね!



yjimage - 2020-02-16T220745.968










いつも毎度ながら、kinta様の詳細で精緻で分かり易いコメントには、毎度助けられてしまう。


我々人類の、悪魔・死神との戦いは、未だ緒に就いたばかりだ。





yjimage - 2020-02-16T220758.578












一刻も早くこのCOVID-19と言う名の悪魔・死神を封じ込めねば、我々日本人の、いや我々人類の明日は無いのだ。








ザ・ライト エクソシストの真実 悪魔祓いの推薦映画

tc2_search_naver_jp
maintc1_search_naver_jptc3_search_naver_jp
tc4_search_naver_jptn_2tn_1
tn_4bwban8655_j1_t

















妻が気を利かせてくれて、僕が大好きそうな映画のDVDをGEOで借りて来てくれた。

僕は今の職業に就く前は(いや、就いた後の今でも)神学部に進学して神父さんか牧師さんになる事を漠然と夢見ていた。

エクソシストとは、語源の原義は「外、体外に存在させる」。つまり追い出すと言う意味からだ。
転じてそこから、悪魔に憑かれた人間の内側から悪魔を追い出すと言う意味と、それを専門にする職業の神父さんを意味する様になった。


映画冒頭、前ローマ法王:ヨハネ・パウロ2世様の悪魔に対する警戒を注意喚起する言葉が紹介された。

tc4_search_naver_jpCAWW5X9U








そして映画でもストーリーとなっていた通り、ヨハネ・パウロ2世様の片腕としてローマ教皇庁教理省長官として活躍されておられたヨーゼフ・ラッツィンガー枢機卿が第265代ローマ法王に選出されてベネディクト16世を名乗り、ヨハネ・パウロ2世様の後継者となった。
banners_header_tweet1


彼は映画の中でも描かれていた通り、エクソシストの養成に力を入れてバチカン市国にて世界中から神父(司祭)を募集し、エクソシストになる為の専門講習会と訓練を拡充させた。

この映画をDVDで観た後、公式ホームページに行ったら、何と驚いた事にカトリック中央協議会・広報が推薦文を寄せていたのだ。
カトリック中央協議会とは、ここ日本におけるカトリック教会の中央総本山。


僕も大学時代、何冊かエクソシストやエクソシズムに関する書籍を読んだが、カンディド・アマンティーニ神父の様な温かい奉仕の精神に満ちた感動的な活動記録も有ったが、ミリンゴ大司教閣下がローマ市内のホテルにて私的に行う悪魔祓いのミサは(ミリンゴ大司教閣下はローマ教皇庁から謹慎処分を受け、聖職者としての活動現場としては教会の使用を一切禁止されている苦笑)、正に血も凍る恐怖と狂気のキチガイ染みた宗教儀式の面も強烈に有った。
儀式中、参加中の男性が突然白目を剥いて「ウギャァアア~~~!!!」と野獣の様な雄叫びを上げたと思ったら、その場で四つん這いになり床を掻き毟る。
その近くで女性が突然引っ繰り返り、金切り声を上げながら大衆の面前で股を開脚し自らの股間をまさぐり自慰したりと、もう滅茶苦茶の阿鼻叫喚の地獄絵図。
そんなキチガイ状況下にてもミリンゴ大司教閣下は冷静さを失わず、「恐れなくて良い。私が悪魔を追い出す。」
と祈りを唱えながら悪魔に憑かれた大衆を廻って行くのだ・・・。


この映画も正にそんな感じだった。


この映画の中でも、悪魔に憑かれた16歳の妊婦の描写は、卑猥で気持ち悪いものであった。
突然大きくなったお腹と下半身を顕わにし、「この腹の中の子を取り出して喰えぇ!!」。
「ねぇ、私をレイプしてぇ!」



俺に言わせればだが、悪魔も神様も、全ての人間の心の中に潜む。

それが何等かの拍子や機会を得て顕在化するのだろう。

こう言った「悪魔憑き」は、実はその97~98%が精神病の類であるのだが、残りの2~3%には医学的・科学的説明がどうしても付かない事例や事象が見受けられるのだと言う。
従って、「神父様お願いです、助けて下さい!悪魔から救って下さい!悪魔を追い出して下さい!」の依頼や請願が全世界中から引っ切り無しに絶えないのだと言う。


俺は今の職業に精進しなければならないのは言うまでもないのだが、将来的にはひょっとして悪魔祓い師:エクソシストへの道を歩むのだろうか・・・??
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

エリア467

タグクラウド
QRコード
QRコード