宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

Tag:朝鮮民主主義人民共和国

tc3_search_naver_jpCARONYJO













朝鮮労働党の第一書記に、金正恩(キム・ジョンウン)が就任した。
これで、父親からの権力の継承を終えて、労働党内を掌握したと言う事か。

僕よりも、若い。

現在時点で、世界で最年少の国家元首と言えそうだ。
tc2_search_naver_jpCA3NA4LX












tc2_search_naver_jpCA92PNGX








tc2_search_naver_jpCAMRBO80














tc2_search_naver_jpCAA6GTCQ











その金正恩氏が、人工衛星と称して長距離弾道ミサイルの発射を秒読み段階に移行させている。

もし奴等が発射しやがったら、弾道は我が国の石垣島付近を通過する見込みだと言う。




傍迷惑この上ない話だな。


そんな事やるお金と暇が有るのなら、自国内の食糧問題を一刻も早く解決しろや、馬鹿タレめが。

tc3_search_naver_jp













我が国の海上自衛隊が保有するイージス艦は、皆さんもご存知の通り非常に防空能力が高い最新鋭の世界最強戦艦だ。
現在の日本国は、このド最強戦艦を現在4隻保有する。

っと思ったら、いつの間にか更に買い増してて、今は6隻も持っていやがる・・・!!!

だがその能力が十全に発揮されるのは通常兵器に対しての話。
こうした長距離弾道弾に対する迎撃能力は、試験段階では公式には成功しているとは言え未知数だろう。

アメリカ合衆国から半ば無理やり買わされたパトリオットミサイルは、実は湾岸戦争の時には全然命中せずにイラク共和国のサダム・フセイン大統領閣下がクウェート領に打ち込みまくるスカッドミサイルやアル・フセインを1発も撃ち落としてはいないと言う事実は、当時の我が国の大蔵省の主計局キャリア官僚の口から匿名で暴露された。


後出来る事は・・・。


我が国の皇祖神で在らせられる天照大神(アマテラスオオミカミ)様に、ミサイル回避をお祈り致しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

tc2_search_naver_jp











朝鮮民主主義人民共和国の金正日総書記が、死去した。
享年69歳、だろうか?

偉大な障害であった、否、生涯であった。



偉大なる建国者である父君、金日成殿の後継者として長年君臨してきて、元来国力弱小な同国にも関わらず、非常に巧みな外交戦略でもって周辺の我が国を含む経済大国を翻弄し、引っ掻き回し、世界の注目を常に集め続けて、世界一の大国であり世界の警察でもあるアメリカ合衆国の注視さえ受けるまでに同国の存在を高めた事は、本当に稀に見る政治手腕であったと思います。


僕が観ますに、金正日総書記が亡くなっても国内の政治的混乱はさして大した事も無く、順当に指名した息子の後継者に引き継がれるのだろうと見ております。

北朝鮮の体制崩壊は、先ずは暫くは起こらないでしょう。

その前に、我が国の財政破綻が起こってしまう可能性も無い訳ではない。

そうした場合、非常に惨めで情けない気もするが、今は他国の内情よりも自国の問題解決に全力を注ぐべきなのかな。
福島第一原子力発電所も、事故収束なんて事には程遠い。
仮に消費税が10%に引き上げられたとて、日本国の財政危機は全く解決されないのが当面最大の問題だ。



拉致被害者の方々にとって、これが前進となる事を祈って止みません。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ