宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

死海文書

死海文書がドドォンとネットに大公開!!

tc3_search_naver_jp

tc4_search_naver_jp


死海文書が、イスラエル考古学庁(IAA)とグーグル社の提携によりインターネット上に公開される事になった。
高解像度カメラにより、鮮明な画像として公開される様だ。

詳しい事は他に譲るが、聖書考古学に憧憬を持つ俺としては実に興味深い。


聖書が現在の形に正典として編纂される過程で、外典あるいは異文書として歴史の闇に葬り去られて来た数々のおびただしい文書群が、一部は経年劣化で破損しながらもこうして白日の下に晒されると言うのは歴史的意義はかなり大きいと思う。


残念ながら僕は古代ヘブライ語やアラム語に関する知識はゼロなので、これを見て直ぐに解読すると言う訳には行かないが、全世界中で既に調査と研究が進められている死海文書に関する新たなる知見が待たれる。


結局、何を真実であると信じて、何を虚偽であると切り捨てるかは、個人の選択に委ねられているのだろうか・・・??

人類の叡智の集積場所のメンテナンス完了

erp1009192133004-p1
erp1009192133004-p2

3年間に及ぶローマ法王庁:バチカン図書館の補修・修理、改修が終了した。

日本円で約10億円掛けての大掛かりな工事だったらしい。

最新の電子管理システムが導入され、何と目玉は、一部の書庫に核爆発にも耐えられる構造を付与したらしい・・・!(爆笑)

素晴らしいではないですか!!

バチカン書庫には、世界人類の裏の極秘の大記録とでも言うべき秘密中の秘密の本が多数眠っている事は、知っている人なら知っている。

伝説の魔道書「ネクロノミコン」の原本も、恐らく存在する。
そして禁断のタブー、「ナグ・ハマディ文書」。
人類最大の謎がおびただしく包含される「死海文書」。
歴代ローマ法王のみが閲覧のみ可とされる「ファティマ第3預言」。
中世・暗黒時代のカトリック教会の暗黒面である魔女狩りの処刑者名簿。


などなど。



あぁ、居ても立っても居られない・・・!!


今直ぐにでも、日本国での仕事も人間関係も、最愛の妻をもすらほっぽり出して飛行機に飛び乗り、バチカン図書館に寝泊りして入り浸りたい!!

(っと言うと妻は、私も絶対に付いて行くと聞かないのだが)

僕のブログ記事を検索して下さい
読者の皆様からのコメントです
月別の過去記事ファイルです
これは匿名の目安箱です

僕に対する批判・非難、延いては脅迫・恫喝・罵詈雑言等、万何でも受け付けております。

名前
メール
本文
極簡単な自己紹介です

エリア467

お酒も煙草も浮気もギャンブルも全くやらない、日本の地方に住む中年男性です。

キーワードの嵐です
スマホでどうぞ
QRコード