宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

タグ:福島県相馬市

ブログネタ
3.11 東日本大震災について話そう に参加中!
tc1_search_naver_jp





東日本大震災から、丸2年間が経った。
dst11090419210034-s3




僕の中では、特に思い入れと言うか、思い出が有る。

職場でボスから直接に震災ボランティアへの出動を打診され、それを受諾し福島県相馬市に単身乗り込んだのだ。
250px-Washington_DC_view1










百聞は一見に如かず。

被災現場の悲惨さは目を覆うばかりであった。
226b9_29_m0575698-s




だが、逆に僕は現地の人々にもてなされ、逆に元気を頂いてしまったのは実に皮肉な事であった。
tc4_search_naver_jp













福島県の方達は本当に良い方ばかりであった。

また福島県相馬市の方達にお会いしたいな。

皆さん、まだ元気でいらっしゃるだろうか・・・??

ボランティアの立場でありながらも、避難所(はまなす館)に寝泊りすると言う御法度を犯しながらも、避難所の方々には逆に本当に良くして頂いた。

あの時、避難所にて雑魚寝で寝泊りしておられ、僕一人の為に浴場の時間の都合を付けて頂いた親切な親父さんや、漁師の方達。あの方々は、今は元気にされておられるだろうか??

81f59_29_m1027094-s




多くの人々が、あの日、命を突然に落とした。

行方不明者はまだ膨大な数に上る。


未曾有の大災害の現場で感じた、人との絆。
同時に、人生や世の中の理不尽さ。

感じた事は数多く有り、震災ボランティア経験は、僕の人生の財産そのものとなった。


40d62_648_PN2011031101000893_-_-_CI0003-s





ここ静岡県は東南海大地震の最大被害想定地域だ。
富士山大噴火も、最近になって実しやかに噂されている。

次は、僕等の番だ。
東日本大震災は決して対岸の火事ではない。


いざ、自分の身にあの様な事態が降り懸かれば、僕は正気を保って残りの人生を全うする自信が全く無いのである。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

tc2_search_naver_jp






1000年に1度と言われた、我が日本国を襲った未曾有の大災害から、今日で丁度1年。
つい先程に震災発生時刻の15:00を過ぎた。
40d62_648_PN2011031101000893_-_-_CI0003-s





約2万人もの日本人が、亡くなった。

家族を、家財道具を、職場を、職を瞬時に失った人々は余りに多かった。


僕は阪神淡路大震災も目の当たりにし、今回の東日本大震災も目の当たりにし、今回は福島県相馬市にボランティア活動に行く機会に恵まれた。



人の世は、常に不条理だ。

人の人生もまた、理不尽と矛盾と不条理で満ち満ちている。



48c6ce7ca149ece6d338f8a4ce8ebfc32






放射線の被害に晒されて、東京電力を呪詛する方々も居る。



ebf2243401c4167b1e3136a8915fd9e7






福島第一原子力発電所にて、今日の15:00にはこうして作業員の方達も黙祷を行った。


だが残された人々は、それでも生きて行かなければならない。


僕に出来る事は、祈る事。
そして真面目に労働して納税して、社会貢献するしかない。

無力だ。


それとも、普段は人生に疲れ切って絶望し、「もう死んでしまいたい」と内心いつも密かに想い続けている人にとっては、今回のこう言った唐突な大災害と突然の死は、むしろ救いとなるのだろうか・・・??

粗雑な頭の持ち主であるこの僕には、その位しか考えが及ばないのだ。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



一部の読者様は御存知の様に、僕は今年の5月の後半に、福島県相馬市に震災ボランティアに行っていた。

その正に福島県相馬市の一般市民の木村雄一様が、今回新たにYOU TUBEに衝撃的な津波動画を投稿為さった。

一般市民の方の視点から撮影された津波の動画は、改めて観てみても凄まじい。

最初は、何事も無い様な平穏な日常風景が、この動画の9:00を過ぎた辺りから息を呑む世界の終末の様な様相を呈するのだ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

81f59_29_m1027094-s




先ずは、今日のlivedoorのトップニュースを(写真は上記)。

↓↓↓

仮設住宅敷地内にオープンしたコンビニ「ファミリーマート川俣町店」。仮設住宅への併設は初めてで、古川道郎町長は「いつか地元に戻るという希望につながる場になれば」と期待している=26日、福島県川俣町【時事通信社】



福島県相馬市の被災地にて、たった独りで震災ボランティア活動を孤独にこなす僕を見て、現地の同業者の方々が、僕の携帯電話番号をわざわざ調べて下さり、電話を掛けて来て下さった上で、僕を夕食に招いて下さった事が有った。

そこでの食事は、本当に俺が今まで食べた事も無いほどの美味しい串焼きや鳥そぼろ御飯やらが供されたのだが、そこで頂いたのが「福島県川俣町(かわまたちょう)産の冷奴」であった。

それが、旨いの何のってアンタ。
こう言うのを、本物の豆腐って言うんだろうねって感じ?


右も左も分からない未踏の地において、孤独の悲哀を噛み締めながらのこの身に、本当に温かい福島県南相馬市の現地の方々がもてなして、振舞って下さった料理は、余計にこの身に染みたのかも知れない。


このニュースに接して思い出し、その温かい同業者の方に、つい先程、再びメールを送信してしまった。


俺にとってはもう、福島県相馬市と南相馬市は、特別の縁を持った土地となった。

その同業者の方が招いて下さった夕食の席上で、穏和な笑顔で仰って下さっていたのを今思い出す。

「こうして我々が出逢えたのも、何かの縁だからね。」


全ての避難所施設は、既に完全閉鎖された福島県相馬市。

今度は仮設住宅入居者の方々が、一刻も早く通常生活に復帰出来る事を祈って止まない。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

tc1_search_naver_jp
226b9_29_m0575698-s9edef_648_PN2011031101000621_-_-_CI0003-m







僕が震災ボランティアにてお世話になった、福島県相馬市の避難所のはまなす館から、僕の職場宛にお手紙が有った。

相馬市の近況を伝える内容と、感謝の意を伝える最高責任者からの書簡であった。


嬉しい

あの日々が、脳裏に甦る。



はまなす館では、職員さんやボランティアさん、また避難者の方々など色々な方との温かい交流が有った。

それらは、掛け替えの無い僕の一生の財産だ。


僕の職場のボスがそのお手紙を読みたがっているので、明日職場に持って行く。

妻も喜んでいる。
本当に、妻として夫の貴方が誇らしいと。


福島県相馬市の恒例行事「相馬の野馬追い(のまおい)」は、残念ながら今年は中止らしい事をYAHOO!ニュースで知った。

テレビで見て、また書簡の中でも触れられていたが、福島県相馬市の全ての避難所は6月17(金)17:00を以って閉鎖するそうだ。

俺はボランティアスタッフとして、福島県相馬市の避難所は全箇所巡回した。


感慨深いものが有る。


相馬中村神社の御祭神である日本神話の最高神:天御中主大神(アメノミナカヌシノオオカミ)様と、主イエス様に、福島県相馬市の復興と、更なる発展を心より祈る。



また、逢いたいな。
あの人達に。

福島県相馬市の人達に。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ