宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

Tag:聖前夜

5
      




これをお読みの皆様方、メリークリスマス。


あ、この動画の耳慣れない、堅苦しい聞き苦しい、実に耳障りなクラシック曲は何かだって?
そんなの決まってるじゃないのよ。
我等が音楽の父:J.S.Bachの4大宗教声楽曲の1つ、クリスマス・オラトリオ




image













毎年この曲の動画をアップしているが、いつ聴いても何たる完全無欠な楽曲構造だ。
一部の隙も無く美しく仕上げられた、稀代の超ド名曲の大傑作にて、バッハは神の子の御降誕を高らかに賛美した。



image









山下達郎も勿論良いが、やはり音楽界の超大御仁の音楽の父の傑作作品には、全く足元にも及ばない。




1ae495e3-s 







さぁ、こうしてまたまた今年もやって参りましたよ、世界人類史上最大の祝祭日が。



01be8e73-s

 












我等が全人類の救世主である主イエス・キリスト様の御降誕を、心よりお祝い申し上げます。



2acf5efc-s











1f6d315f-s








家族で仲良く楽しくクリスマスケーキやチキンに舌鼓を打つも良し。


2e4cccb0-s







主イエス様、心より感謝申し上げます。


Ck1We4DUoAAXMWD







僕はつい先程、或る方の病床の傍らにクリスマスカードを、心よりの御快癒祈念と共に置かせて頂き、帰宅しました。


0cf2de2e-s
 







全地よ、神に向かいて歓呼せよ。



8f273cc8-s








いざ祝え、この良き日を。



0be9bbf4-s








良くも悪くも圧倒的に世界人類史上最大最強の宗教団体の崇拝対象を祝祭するこの日に、非キリスト教国の日本国民の我々は、一体何を神様に願い、祈り求めるのだろうか?



0b48b404-s








これまた世界最大の巡礼地である、南フランスはLourdes:ルルドの奇跡の泉に頼り縋る人々に、神様の豊かな癒しと恵みが有らん事を、心より祈念する。


20130723_378589







この聖なる夜のクリスマスイブに、独りぼっちのクリぼっち諸君達よ。

今のその身を切る様な焼け付く孤独と悲哀を存分に噛み締めよ。

さすれば諸君の身を焦がす強烈な心の痛みは、祈りとなって必ず天に届くだろう。



12f1710b









そう言えば、去年AD2015のクリスマスに際して、ローマ法王様のフランシスコⅠ世様は、いみじくもこうスピーチした。


yjimage







「世界がクリスマスを無事に迎えられて、お祝い出来るのは、今年が最後かも知れない。」


yjimage








だがこうして世界は、今年AD2016もまた、無事にクリスマスの日を迎えられた。


主イエス様、心より感謝申し上げます。




この世界や世間の皆が浮かれて楽しむ、クリスマスイブの聖夜に、悪質な病魔と闘い続ける人達も、また一方で大勢存在する。


彼等、彼女等に、神様からの豊かな癒しと恵みが有らん事を、心より主イエス様に祈る。




人生には誰にでも、信じられぬ程の困難や艱難辛苦が、全く思いも寄らないタイミングで、夢にも思わぬ形で襲い掛かって来るものだ。



18c7e10c








気落ちするでない。

怯むな。

身体を殺す事が出来ても、魂まで滅ぼす事の出来ぬ者共を恐れるな。



Cvnu_nuWgAAIAzM









そしてこの良き日に、御縁が有ってこのブログ記事をお読みの貴方様にも、主イエス様の御加護と恵みが、豊かに降り注がれん事をお祈りします。





 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
ブログネタ
寒い日、いちばん気をつけることは? に参加中!

250px-Julaftonen_av_Carl_Larsson_1904







諸君、今夜はクリスマスイブだ。

ここいらの近所のケーキ屋さんは、車が道路まで行列をなしている程に大盛況だ。


52







クリスマスイブは、我等が救世主であるイエス・キリストの御降誕を祝祭する前日の聖なる夜が本来の意味だ。

53







つまり、Christmas→CHRIST+MASS、即ち「キリストのミサ」が、クリスマスの本来の正確な原義だ。

キリストのミサ?
要は、イエス・キリストの御降誕と、彼が十字架に磔にされて亡くなり全人類の原罪の贖罪となった事を記念し、お祝いすると言う意味なのさ。


51SCN3QC6XL
















もっと平たく言ってしまえばですね、キリストが我々人間の罪を身代わりになって背負って下さった事を記念して、祝祭して感謝しようって訳で御座います。


bad9eb06






心配無い。稀代のオンナ詐欺師は既に職場を退職した。


29f43_929_spnldpc-20141219-0039-0-cs








小保方晴子さんは今夜は恐らく、クリぼっち。


40bb0fc2













つまり、クリスマスに独りぼっちんちん。


1e174414







クリぼっち諸君、恐れるな。

主よ憐れみ給え。
キリストよ、憐れみ給え。

唯一なる誠の聖なる神よ。
クリぼっち諸君の今夜と明日の寂寥感と孤独感と悲哀の苦痛を、顧み給え、憐れみ給え。


image







毎年、絶対に何処かで耳にする、山下達郎さんの「クリスマスイブ」。


image (4)











クリぼっち諸君よ、今の君達にとっては、この山下達郎さんが歌う「クリスマスイブ」が、非常にウザく耳障りに聞こえて仕方無い事だろう。


確かに文句無く良い歌だが、クリぼっち諸君は何も恐れる事は無い。
クリスマスの夜に独りで居る事に、君達が後ろめたさを感じる必要は全く無い。


image (3)











何故ならば、この超大ヒットロングセラーのこの曲を歌っている山下達郎さん御本人とて、クリスマスの本当の意味なんて、絶対に丸で全く分かっちゃいないだろうからだ(笑)

全く意味も分からずに雰囲気だけで唄って酔い痴れている痴れ者を、聖母マリア像の前で逆に嘲り笑ってやれ。


d5244_137_7449c3db_2a1d7c23-cs








クリスマスの商業主義に完全に騙されて踊らされて洗脳されちまって、無意識下にカネを使わせられている其処ら辺の若き軽薄なカップル諸君。


96f96bc2-s





以前から強請り(ねだり)続けて、安月給取りの彼氏に愛の言葉を隠れ蓑にたかり続けた、お目当てのブランド物のクリスマスプレゼントを、彼から受け取る事が出来ただろうか?


am_photo










もう既に、ラブホテルでセックスの最中でいらっしゃるだろうか?


220px-Cerkiew_sanok







君達の現在の2人の収入では中絶堕胎費用の捻出さえもままならないだろうから、せめて今夜だけは、今夜の避妊成功と妊娠回避を、聖母マリア様に祈り縋れ。


1507645_306780919529755_933429992172888201_n






僕は夫婦でついさっき、キリスト教会にてクリスマスミサに出席して来た。

やはり教会は良いものだ。

心の糧を、常にいつも満タンフル充電にして頂ける。
実に、清々しく心地良い。


400px-Christmas-calendar-ja






今夜は、神様と我々人間の間での、特別な記念日であり、祝祭日だ。



57cecfd5








この世に強い未練を残して死んでしまい、写真に霊となって顕れてしまった少女の安寧と御冥福を祈る。



B48A-lECUAAKboZ







本当に真の意味での、日本国の実体経済の強い自律的回復を心より祈る。


2e904188-s










急激な円安の影響で、急激な値上がりをした僕等庶民の楽しみが、元通りにまた我々の手に無理無く届く範囲に回帰する事を、心から祈る。


image1
image1 (1)


安逸を貪る、この世を完全に舐め腐り切った豚糞野郎が一念発起し、遂に立ち上がり自立への道を力強く歩み始める事を決意し、再び精神再勃起為さる事を心から祈る。


e07a7fcd








若き愚鈍な国家元首が、一刻も早く失脚し拉致問題が一刻も早く解決する事を心より祈る。



ref_m (1)
ref_m (3)
05bd0bbb-s







非常に苦しく追い詰められた状況下に現在在るロシア連邦の国家元首が、まさかトチ狂って暴走しない様に心から祈る。

8634c712


普段からいつも両親の仲が悪く、家庭不和に在る子供達の純真な心が、主イエス様や聖母マリア様の尊い御手に拠り保護され、救済される事を心から祈る。

41


そして、今これをここまで読み進めて下さった貴方様が、幸福と平安の内に今年のクリスマスを迎えられる事を、主イエス様と聖母マリア様に心より祈る。


アーメン。









皆さん、どうぞ温かい格好で、最寄りのキリスト教会にお気軽にお越し下さい。
何せ、礼拝堂は何処も広くて天井が高くて、従って冷えるのでね。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ