宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

Tag:英霊

main1










冬休みが3日間終わり、もう今年2013年も後残す所僅か数時間となった。

妻とこうしてテレビでNHKの紅白歌合戦を観ながら、司会の綾瀬はるかさんの独特の司会進行テンポに癒される気がしながら、今年も穏やかに終わろうとしている。

51uxhaslpml__ss500_








アベノミクスの危険性が一部で叫ばれたが、初の内閣総理大臣登場となった年末の東京証券取引所の大納会では、異例の大幅な株価値上がりで今年が締めくくられた。
7a9f5e39-s





来年の4月の消費増税以降を慎重に見極めなければなるまいが、漸く日本経済に徐々に明るい兆しや復活と回復の足音がここに来て聴こえて来た。
6mix_ph





僕も個人の私生活は一部激動ではあったが、それらは全て自身の人間形成の上で血となり肉と成っていると如実に感じる。
20131017_472636
20131017_472634
余り大っぴらには言えないが、冷静に第3次世界大戦を目論み企て、画策する暗黒の巨大勢力は依然健在だ。
tc3_search_naver_jpCA80S2O0








東日本大震災にて被災されて被害に遭われた方々の復興は、進んでいるのだろうか?
僕が震災ボランティアに出向いた福島県相馬市の皆様方は、きちんと生活は問題無く送れていらっしゃるのだろうか?
jthumbCA5XVTOX






靖国神社の英霊達は、今もこうして神国・日本国を天より護り給う。
jdanmi




永遠の都であるイタリア共和国は首都ローマよりは平和への祈りと、大魔王ルシファーを最高神と崇め戦争を常に望み仕掛けるドス汚い欲望に取り憑かれた悪魔の下僕達。
tc4_search_naver_jp






だが、悪魔の計画は神の前で打ち砕かれ、やがて脆くも崩れ去り潰えて、海の藻屑と消えるだろう。
1222781770_tabi






2014年は更に良い年となりそうだ。
世界にとって、日本国にとって、僕にとって、そして今これをお読みの貴方にとって。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

tc3_search_naver_jptc2_search_naver_jptc1_search_naver_jp






tc4_search_naver_jp












今日は終戦記念日。
もう今の若い世代にとって、太平洋戦争や第二次世界大戦、いや、戦争そのものに対する実感など丸で皆無だろう。
俺も祖父(既に死亡)や祖母から話に伝え聞くだけだ。

先ほど、テレビ:NHKで、天皇皇后両陛下が頭を垂れて黙祷を捧げていたのに合わせて、うちら夫婦も手を合わせて暫し黙祷した。

戦没者の方々の尊い犠牲の上に、今のこの日本国の経済的繁栄がある。


俺のここ地元の友人にTさんがいる。
Tさんは仕事でここいら周辺を営業で回ってらっしゃるが、TさんはここのAPITAのミスタードーナツで仕事の合間にたまに休憩なさるとか。
Tさん、機会が有ったらまた食事でもしましょうよ。
そんなTさんの大叔父様は、東京帝国大学を卒業し当時の海軍省に入省したキャリア官僚だ。
そしてなんと、あの航空母艦:瑞鶴(ずいかく、上記写真)にキャリア官僚として搭乗されておられ、太平洋を航行していたのだと・・・!!
つまりTさんの大叔父様は、瑞鶴の艦長よりもずっと偉い立場だ。
当然、瑞鶴に搭乗中は甲板デッキにどっかり腰を下ろし、常に2名の軍刀を持った衛兵に護衛されていたのだとか。
実にスゲぇお立場の方ですよね!!

また上記に写真に挙げた栗林忠道中将閣下等の尊い英霊の犠牲が、この国を守ろうとしたのだ。

我々日本国民は今、繁栄を謳歌し享受し、享楽的な生活を楽しんでいる。
飲んで食べてたっぷり寝て、風呂に入って毎日笑顔で楽しく暮らしている。

夜の闇の上空から雨あられにこれでもかとばかりに降り注ぐ焼夷弾の恐ろしさ、太平洋上から超高速で打ち込まれる艦砲射撃の血も凍る戦慄・・・。原子爆弾の爆発した瞬間、その後の地獄絵図。
話には幾ら聞いた所で、そんなもの実際に体験してみなければ絶対に分かりゃしない。

だから時折、俺はふと思うのだ。
今の日本の若い世代にとって、戦争はむしろ1度は経験すべき事象なのかも知れない。

そうして見て、初めて平和の尊さや有り難さって肌で実感出来るものなのだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ