宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

Tag:読書の秋

5
ブログネタ
あなたがスコットランドについて思い浮かべるものは? に参加中!
imagePB8J9DDL






ウチのアパートの周辺でも、今年も彼岸花が咲き誇っております。

秋の訪れを感じますな。

でもこれを書いている今、外の小山では蝉の鳴き声が未だしている。

imageKMOTDF5G




食卓には妻が用意してくれた梨が登場する場面が多くなり、涼しく過ごし易くなった外気を肌に感じて、こうして毎年季節の移り変わりを感じます。
imageZ7NLID6F





食欲の秋。
読書の秋。
芸術の秋。


気力や集中力や、体調も良好に復帰するこの季節に、こうして愛するバッハの音楽を掛けながら雑記を記す事にも幸福を感じる日々なのです。
imageHQ51FSMR





昨日は普段よりも早く職場が切り上がった事も手伝って、帰り際に涼しく心地良い風を程好く肌に感じながら帰途に付いているその途中、電車の駅の程近くの焼き鳥屋さんから、とても美味しそうで香ばしい匂いに釣られてしまって、この自分には全く珍しく、フラリと独りでその焼き鳥屋さんに立ち寄りました。
imageFKJR8NJ4




妻には電話で帰宅が少し遅れる事を伝えて、カウンターで独りで焼き鳥をモグモグ。
image




うみゃみゃみゃいぃぃ!
imageZ6SK0G4I




眼鏡の巨乳の女子高生のアルバイトさんが、アルバイト社員などとは到底思えぬ位の、接客から調理から料理出しから最後のお会計まで、何から何までテキパキ・キビキビと全部こなす素晴らしい働き振りに眼を細めつつ、美味しい焼き鳥を頬張ったのです。


1人客なんて、変人のこの僕位なものだろうと思っていると、意外と次々に一人客が来店し、カウンターの僕の両隣の席は直ぐに埋まりました。


秋:Autumn


僕の好きな季節です。





あ、そうそう書き忘れました。

先の住民投票で独立が否決されたスコットランドで、僕が思い浮かべるもの。
やっぱりウィリアム・シェークスピアかな。
大学生の時に一時期読み込んでた時期が有ったっけ。

それと、ワールドカップの代表チームを思い出すな。
1998年フランスワールドカップの時に、当時最も注目されていたブラジル代表のロナウド選手を、スコットランドのディフェンダーが必死に食い止めようとしてたのが、今でも印象的です。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
春夏秋冬、いつが好き? に参加中!
tc4_search_naver_jpCAUWBG2Y





大分涼しくなって来て、もうすっかり秋の様相を呈して参りました今年2012年。

普段聴くモーツァルトやバッハも、普段読む本も、涼しくなると心に静かに染み入りますな。

春も僕は大好きです。
最も色彩豊かな季節と言えるからでしょうか。
a882b137






春と秋は、毎年僕にとっては待ち遠しい季節なのであります。
tc4_search_naver_jpCADTCBRL
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
「○○の秋」といえば何? に参加中!
150x150_square_1714611
tc1_search_naver_jpCAUUPKRW
150x150_square_4512868r0a_02042g
150x150_square_4512869
tc1_search_naver_jpCAQIR07Q
150x150_square_5006724
tc4_search_naver_jpCALKMCMY
150x150_square_5006723
tc2_search_naver_jp
tc3_search_naver_jpCA62M3FT
150x150_square_4480121
tc4_search_naver_jp
150x150_square_5006726
tc1_search_naver_jpCAXX8WUV
tc1_search_naver_jpCAHK1268
tc1_search_naver_jpCAUYJ9M3
tc3_search_naver_jp


今、ようやく秋の訪れを感じさせる気候になって来ましたね。

休みの日は、
普段余り一緒に時間を過ごせない妻とべったり四六時中一緒です。


「遊んで、遊んでぇ!」
っとフザけて纏わり付いて来る妻を無視して、夫の俺は静かにドップリ、上記写真の様な、世界人類史上最大の古典:聖書だの、分厚い歴史書:世界全史、はたまたオカルト雑誌:ムーなどを読み耽っているのだ。


聖母マリア様の絵画を鑑賞しつつ、聖なる処女、聖なる淑女について考察する。


食欲もモリモリ増大し、こう言う時位は少しばかりプチ贅沢したランチに出掛けて、日頃僕を支えてくれている妻の労をねぎらおう。
っと言う事で、上記写真の、ここ地元で美味しいと評判な南欧料理のお店:PIENOにランチに出掛けようとの話に、ついたったさっき妻との協議で決定した。


やはり俺は、一番好きな季節は春~初夏、そして秋だ。

涼しく快適で、何をするにも最適な季節であると言えないか?

夫婦で、平和で、穏和で、ゆっくりと充実した時間が流れる・・・。


幸せ。
幸福。

僕は夫として妻を幸福にしなければならない、と気持ちだけは思っている。
だが、実際結婚してみて、妻に幸福にしてもらっているのは夫の俺の方だった。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ