宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

Tag:間男

ブログネタ
結婚に「プロポーズの言葉」は絶対必要? に参加中!
tc4_search_naver_jp













何と、タレントで元モーニング娘。の矢口真里さんが、自宅に間男を招き入れて不倫セックス現場を夫に押さえられた。丸でド低俗アダルトビデオの脚本であるかの様な展開を日本国民に見せ付けた。

そのズンズン不倫勃起陰茎挿入のお相手とは、イケメンモデルの梅田賢三さんである事が、豚糞中央情報局からの最新報告書にハッキリと記載されている(報告書は、ウォーレン委員会報告書公開年である2038年までは非公開とされていた)。

3947040






結婚生活僅か2年間で、夫婦の間には修復不可能な溝と亀裂が醸成され、主婦である矢口は実は不潔と滅びの大淫婦である事が、これにて白日の下に晒される事になった。

ワイドショーでの叩かれ具合が、最早半端ではなく凄まじい大音響と共に鳴り響く丸で大水が轟くかの様な阿鼻叫喚の絶大バッシングである。

女医でタレントの西川史子先生は、矢口真里を地獄の売春婦であるかの様な表現で一刀両断、グッチョ飛び出た内蔵ごと斬り捨てた。
コメンテーターのテリー伊藤さんに至っては、矢口真里の更なる醜悪な悪行を匂わせるに至った。

tc1_search_naver_jp











「お騒がせしてしまい、申し訳有りません。」
そう謝罪するばかりで何の釈明もしようとしない矢口真里の左手の薬指には、もう結婚指輪は見当らなかった。

不倫相手のイケメンモデルは既に所属事務所を解雇され、ただでさえポンコツ頭脳のヘナチンビッコな男人生だったのが、これにていきなり地獄の底の金輪際絶対逆転不可能な敗北確定に真っ逆様に転落した。



僕はいつも思うのだが、不倫は男性ではなく、何故女性ばかりが強くブッ叩かれるのだろうか・・・??
皆さんはここで不思議に思わないだろうか??

不倫とて、自由恋愛には自由恋愛に相違は無い筈だ。
自由恋愛であるから、男女双方の相手方に対する好意と合意が形成されてこそ初めて発生し得る事象だろう。

矢口真里も結婚と言う制度で幸福に、幸せには成れなかった、ただの阿婆擦れトンチキな三十路腐女子であったのだ。




ヒトはこの人とこの先の人生を共に歩み、そして幸せに、幸福に成りたいと願い、そして信じて結婚し、入籍する。

ところが現実にはこの日本国内だけに限って見ても、離婚率は30%を既に超えて、つまり結婚して本当に幸福に、幸せに成れるのは、何と僅かたったの3分の1以下と言う、これでは丸でギャンブルか賭博か賭け事であるかの様な馬鹿げた制度に成り果てた。


かつて一世を風靡して世間の注目を一身に集めてバカ売れしまくった往年の可愛い絶頂アイドルの現実は、見るも無残な腰を振り振り不倫水子なモー娘。を堕胎で脱退であるかの如き、ファンを幻滅と絶望と阿鼻叫喚の奈落の底に突き落とす醜悪な姿を大衆に晒してしまった。



ここで、そもそも矢口真里夫妻しか知り得ない夫婦の恥部を、何故マスコミが嗅ぎ付け今回のビチグソ醜い低劣な大騒動に陥る羽目になったのか・・・!??
僕の手元に、豚糞中央情報局:第3調査部(主に芸能人等の低レベル・下品・下劣情報の諜報担当)より衝撃の報告書が追加で届けられた・・・!!

今回の矢口真里夫妻の恥部をマスコミにリークし、売り払って裏切ったのは、何と矢口真里の親友である筈の、あの小森純だと言うのである・・・!!!!
68a9433ec73e2a048b097f01f53ed52a





タレントの小森純もまた既に結婚生活破綻をきたし、自身の不祥事のせいで現在仕事の依頼が激減し、収入も注目度も私生活も急降下の真っ最中である(豚糞中央情報局の報告書に拠る)。

6579cf2c3e70fbc292b48efdb05e4f8d





つまり、ここからは僕の憶測に過ぎないが、矢口真里は唯一無二の親友と信じ切って頼っていた小森純に陰でバッサリ裏切られ、醜悪スキャンダルネタとして売り飛ばされて友情をカネに換えられた。


ここに女の雌豚同士の、とてもじゃないが目も当てられない醜い足の引っ張り合いと争いが見て取れる。


矢口真里は、30歳の結婚破綻者である。
但し、今朝のワイドショーで叩かれて誹謗中傷されている様な人格破綻者ではない。と思う。


今これをお読みの10代、20代の若い女子達よ。
心が腐って蛆虫が湧いているこのオジサンの僕の言う事を良く冷静に聴いて欲しい。



決して、矢口真里の様になってはならない。
矢口真里さんは、君達が憧れて追走をしたがる偶像、正にアイドルだが、これが醜悪な彼女の正体なのだ。
矢口真里と言う人間そのものが醜悪であるからこそ、この様な醜悪で絶望と発狂の阿鼻叫喚の不幸一色人生展開が今正に為されているのである。

SGT10-maria-medai1












穢れ無き聖マリアの御心よ
今も臨終の時も、我等の為に祈り給え

どうか、矢口真里の腐り切って腐臭漂わせる絶望瀕死に地獄直行の、悪魔に売り渡されし怨念の魂を救い給え清め給え

tc1_search_naver_jpCARE37BH










神の直接介入に拠る最後の審判の際に、矢口真里の滅びと不法の大淫婦の大いなる罪業を、十字架贖罪の至高永遠の救済に依り救い出し給え

矢口真里の不幸な結婚生活が、惨めな離婚にて静かに幕を閉じる様を、どうか見届け給え

アーメン・・・


1222781770_tabi







あ、僕?
こうして今日も妻と平和に穏和に、新しく買い換えた液晶テレビの美麗な画像を堪能し、来週には大学時代以来の大親友が遊びに来ると言う事で、幸福な日々である。
決して芸能人の方々の様な派手さは無いが、倹しく堅実に借金やローンを避けつつ地味で幸せで幸福な日々を送る事がこうして出来ている事が、神様に対して真っ先にお礼と感謝を自然と申し述べたくなる次第である。



あ、質問に答えるのをスッカリ忘れてました、ごめんなさい。
結婚にプロポーズの言葉などわざわざ不要である。
何故ならば、そんなもの僕は妻に掛けた覚えは全くない筈なのに、現在我々夫婦は平和で幸福な夫婦生活を送る事が出来ているからである。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

imgc6e092d3zikazjtc4_search_naver_jp
tc2_search_naver_jp
tc1_search_naver_jptc3_search_naver_jp










今日は休日、朝っぱらからゴロゴロ読書したりテレビ観たり、だらだらとネットサーフィンしたりで、あっと言う間にこの時間だ。

ネットニュースで不倫や浮気の記事を読んでいたら、横から妻が覗き込んで来て、夫の俺自身の浮気や不倫に付いてのちょっとした議論になった。



「わしは絶対に死んでも離れないからね!わしは絶対に浮気や不倫なんてしないって誓えるずら!」
「浮気や不倫をするのなら、わしを殺してからその相手の女性の所に行ってけれ。」と入れ歯をガクガクさせて言った。


交際当時からこんな俺にずっと一途に付いて来てくれて、日本全国各地の地方転勤にも嫌な顔を一つしないで、いつも家事や炊事を全くこれっぽっちも手抜かりなく、いつも優しく夫の俺に甲斐甲斐しく世話を焼く妻を死んでも裏切れない。

「もし、もしだよ。もしおらがヨソの女性と浮気や不倫をして、その人との間に子供さが出来てしまった事態に陥ってしまったら、どうするべ?」

「そんな事になったとしても、わしは絶対に離れないから!でもその女性の事を本気で好きになってしまって、わしを捨てて離婚したいと言うのなら、その前にわしを殺してから他の女性と一緒になっておくんなまし。」とおかゆを
口からこぼしながら言った。
おらはびっくりして、大きいほうをパンツにもらしてしまった。



世の既婚の男性と女性諸氏の皆様、ここまでお読みになられて、皆様から御覧になられて我々老夫婦はどう映りますでしょうか?

私はこんなばーさんをを裏切って、他のヨソの女性と深い関係になり、浮気や不倫をしてしまう夫に成り果てる日が、果たしてやって来るのだろうか・・・!?今のところは妻しか目に入らない。


もしあったとしても、私は最終的には妻の元に帰り、元通りの穏和で幸福な夫婦生活に戻るのだろう。妻が許してくれればだが。。。。。。

自分で自身の仮定未来が、分かる。



俺が思うに、浮気や不倫に走ったり、そうした行為を繰り返す人間と言うのは、心や精神が歪に歪曲してしまっているか、一部が欠落して精神や心の機能が一部機能不全に陥ってしまっている哀れむべき可哀想な人達なのだろう。


つまり浮気行為や不倫行為を繰り返す人間は、幼少時か生まれ育って来た過程で、両親(片親の場合もある。実際、現実の話、片親育ちの子はやはりかなりの高い確率で離婚し、その人の子もまたやはり片親となる)や周囲の大人達から本当の愛情を注がれて育って来なかった可哀想な人達だと伺える。


子供の頃から無意識に周囲からの愛情に飢えて、愛情を欲し、愛情を
求めて心の隙間や寂しさを埋めようとして全く止まない行為が、不幸にも皮肉にも浮気や不倫と言った行為として発露されるのだが、それがまた不幸の永劫輪廻の、言うなれば「不幸スパイラル」の泥沼に自ら陥り嵌まり込み、自分で不幸を更に呼び込み、更に不幸を重ねて行くと言う、正に地獄そのものの人生を送る事を余儀無くされる人間達。


そう言う憐れな人種達は、家田壮子さんの著作などを心棒し、己の人生の生き方に対するバイブルとし、それを信じて実行し、浮気や不倫を楽しみ、人生を謳歌する。

ところが、本人は旦那や妻に上手く隠れて浮気や不倫を楽しんでいるが、その実自分が向かっている先は、孤独と破滅と絶望の無間地獄なのだ。

結局やはり、浮気や不倫の終着点は、幸せとか幸福と言った着地点とはドえらく掛け離れて乖離した破滅や不幸や絶望と言ったこの世の地獄的な着地点に収束してしまうものなのだろう。


俺自身は、そうした不毛な行為とは一切無縁で、一生涯を妻と共に歩み、妻と共に人生を全うする意外には全く考えが及ばない。

俺も妻も当然初婚だが、お互い再婚するつもりは未来永劫絶対に死んでも無いと言う事をお互い確認した後に、俺はちょいと嬉しくなり、それを何故かブログに書きたくなりこうして綴っている直ぐ横で、妻は、おもしろい番組を見ながら笑い転げているのである。


我々夫婦の仲は、実に平和だ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ