宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

タグ:震災ボランティア

ブログネタ
3.11 東日本大震災について話そう に参加中!
tc1_search_naver_jp





東日本大震災から、丸2年間が経った。
dst11090419210034-s3




僕の中では、特に思い入れと言うか、思い出が有る。

職場でボスから直接に震災ボランティアへの出動を打診され、それを受諾し福島県相馬市に単身乗り込んだのだ。
250px-Washington_DC_view1










百聞は一見に如かず。

被災現場の悲惨さは目を覆うばかりであった。
226b9_29_m0575698-s




だが、逆に僕は現地の人々にもてなされ、逆に元気を頂いてしまったのは実に皮肉な事であった。
tc4_search_naver_jp













福島県の方達は本当に良い方ばかりであった。

また福島県相馬市の方達にお会いしたいな。

皆さん、まだ元気でいらっしゃるだろうか・・・??

ボランティアの立場でありながらも、避難所(はまなす館)に寝泊りすると言う御法度を犯しながらも、避難所の方々には逆に本当に良くして頂いた。

あの時、避難所にて雑魚寝で寝泊りしておられ、僕一人の為に浴場の時間の都合を付けて頂いた親切な親父さんや、漁師の方達。あの方々は、今は元気にされておられるだろうか??

81f59_29_m1027094-s




多くの人々が、あの日、命を突然に落とした。

行方不明者はまだ膨大な数に上る。


未曾有の大災害の現場で感じた、人との絆。
同時に、人生や世の中の理不尽さ。

感じた事は数多く有り、震災ボランティア経験は、僕の人生の財産そのものとなった。


40d62_648_PN2011031101000893_-_-_CI0003-s





ここ静岡県は東南海大地震の最大被害想定地域だ。
富士山大噴火も、最近になって実しやかに噂されている。

次は、僕等の番だ。
東日本大震災は決して対岸の火事ではない。


いざ、自分の身にあの様な事態が降り懸かれば、僕は正気を保って残りの人生を全うする自信が全く無いのである。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

tc2_search_naver_jp






1000年に1度と言われた、我が日本国を襲った未曾有の大災害から、今日で丁度1年。
つい先程に震災発生時刻の15:00を過ぎた。
40d62_648_PN2011031101000893_-_-_CI0003-s





約2万人もの日本人が、亡くなった。

家族を、家財道具を、職場を、職を瞬時に失った人々は余りに多かった。


僕は阪神淡路大震災も目の当たりにし、今回の東日本大震災も目の当たりにし、今回は福島県相馬市にボランティア活動に行く機会に恵まれた。



人の世は、常に不条理だ。

人の人生もまた、理不尽と矛盾と不条理で満ち満ちている。



48c6ce7ca149ece6d338f8a4ce8ebfc32






放射線の被害に晒されて、東京電力を呪詛する方々も居る。



ebf2243401c4167b1e3136a8915fd9e7






福島第一原子力発電所にて、今日の15:00にはこうして作業員の方達も黙祷を行った。


だが残された人々は、それでも生きて行かなければならない。


僕に出来る事は、祈る事。
そして真面目に労働して納税して、社会貢献するしかない。

無力だ。


それとも、普段は人生に疲れ切って絶望し、「もう死んでしまいたい」と内心いつも密かに想い続けている人にとっては、今回のこう言った唐突な大災害と突然の死は、むしろ救いとなるのだろうか・・・??

粗雑な頭の持ち主であるこの僕には、その位しか考えが及ばないのだ。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

03_01
02_0101_01






昨日の朝、職場の方達が、総出で僕独りの為に、今回の任務:ミッション遂行の為に色々動いて下さった。
全ての必要物品が、職場の車に搬入された。

妻が全ての必要品を事前に用意してくれて、心配してくれている。
妻の用意と準備は、いつもながらかゆい所に手が届いてくれている。


出発直前、やはり俺としては心細く、以前の職場の友人を訪ねる事にした。
残念ながら、上司は昨日はお休みで不在だったが、友人の昼休みに近くの牛丼屋さんで少しお茶。
友人は今回の僕の突然のミッションに驚嘆し、喝采し、賞賛し、成功を祈ってくれた。
やはりこう言う時にも友人の存在と言うのは実に励まされるものだ。
予定を少し遅れて、15:00に東名高速道路に進入。
そのまま首都高速道路のうねる狭い道をノロノロのろまにちんたら走り、東北道へ。
俺は今回、高速道路を独りで走るのは、生まれて初めてなのだ・・・。


途中、妻からの助言も有り、高速道路を降りて、那須パレスホテルへ宿泊。
妻が、リアルタイムでネット検索してくれて指示してくれた。

ホテル館内には無線LANが完備され、持ち込んだ個人のノートパソコンが、こうして早速役に立ち、ブログも書けている。
職場にメールで業務報告も出来る。


ここのホテル、驚いた事に、温泉が湧いていて、しかも源泉掛け流し放流。
温泉名は「与一の湯」。
あの平家物語のヒーロー、那須与一に何か関係しているのだろうか??
そうだとしたら、これから正に出陣する今の俺にピッタリではないか。

そもそもホテル前の玄関脇にダバダバだぼだぼ温泉がこれ見よがしに垂れ流されていて湯煙がモックモク。
笑っちゃった。

実際、お風呂に入ってみたら、温泉水ダボダボだばだば垂れ流し放流(上記写真)。
湯加減も本当に丁度良い。
「加水・加温なし。循環濾過なし。塩素消毒もなし。」
おぉ、こりゃ本物だ!


僕はバス・トイレなしの一番安い和室に宿泊中だが、この料金でこんな良質の温泉に入れるなんて、素晴らしい。

フロントの話では、震災後1ヶ月は被災者の方とか沢山宿泊に来ておられたと。


さぁ、ちょっくら朝風呂に入って、荷物まとめたら、職場に報告のメールを打って、また出発だ。
ここから目的地の被災地まで、距離は約170km。
東北道を再び走ります。


それでは、皆様、一旦暫くお別れです。
沢山の応援、支援、心有るメールやコメントの数々、どうも有難う御座いました!!

さっき、朝風呂に入って来ました。


僕は皆様のお力を頂いて、精一杯頑張って参ります。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


tc4_search_naver_jp
tc1_search_naver_jp






福島県への震災ボランティア派遣命令が、つい昨日、職場からあった。
僕が現在保有する資格での行為・活動に従事するという事でだ。

期間は、一昨日の話では1週間だったのが、昨日の緊急電話で急遽その倍の2週間ということになった。

僕は丸2週間、被災地の福島県に滞在し、現地でボランティア活動をさせて頂く。


今、僕は不安に揺らいでいる。
妻とも離れる事だって、寂しい。
妻もかなり不安がって寂しがっている。


だが、同時に僕は、心の内側から崇高な使命感をふつふつと感じているのだ。


この1000年に1度と言われている東北関東大震災に被災地で出来る事を精一杯こなして来るつもりだ。




そんな僕に、周囲の方々から温かい激励のメッセージが続々メールで着信している。



愛媛県八幡浜市の友人:「大変そうですな」

高知県高知市の友人:「がんばれー、Iさん。神様の御加護があり、ご奉仕が豊かに祝福されますように。お祈りしてます。高知 H田より」

徳島県徳島市の友人:「崇高な任務を無事完遂されんことを期待しております。私は毎日松山(愛媛県松山市)まで通勤し学生に講義しております。ではお体に気をつけて。」
「人生でのいい経験になると思います。色んなことを予想して、準備して見て考えて土産話を聞かせてください。」

地元のグループのオーナー:「ご無沙汰してます、Mです。被災地援助活動お疲れさまです。大変ですが大切な、とても素晴らしい事だと思います。道中身体に気をつけて、気持ちを明るく前向きにして頑張って来て下さい。私も消防団に入ってまして、後方支援の予備要員ですが、今のところ自衛隊と全国の警察と消防が頑張っているので、東北以南の消防団は招集されてません。一方で新たな震災に備えて地元での避難場所確認や地域の情報収集や各種訓練などの活動に休日は忙殺されています。胸を張って元気に行って来て下さい。『忍耐は苦い。しかしその果実は甘い』心に希望を絶やさず周囲を励まして下さいね。無事に活躍される事を祈っております。」

大分県臼杵市の親友:「出来る事を頑張って、身体には気をつけて。」



不安がっていた俺は、皆様の温かい励ましのお言葉により、大いに勇気付けられ、そして力を与えられました。


僕は精一杯、力を尽くして、身命を賭して、任務に励む所存に御座います。

どうか、今このブログをお読みの皆様からもお力を拝借したく存じます。

行って参ります。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ