宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

タグ:靖国神社

1
yjimage 








もう3日過ぎてしまったが、日本国は72回目の終戦記念日を迎えた。


あの大戦の惨禍を直接知る日本人は、もう徐々に確実に減りつつある。



yjimage















天皇皇后両陛下も、もう大分御歳を召され、式典の途中、両陛下は少し立ち止まって、何かお話しされて居られたのが、NHKの生中継でも見て取れた。



yjimage










天皇陛下の御挨拶も、毎年ほぼ変わらない。


我々の祖国、ここ日本国は、本当に酷い大戦の惨禍を経験したのに、良くぞここまでの経済大国に復興したものだと、毎年この日に思い直さざるを得ない。




yjimage














それよりも少し前から、こうして政府広報にて正午の黙祷を国民に勧める広告に接していたのだが、マヌケにも僕はつい、正午の黙祷を失念してしまった。


なので式典の生中継の最中、慌てて手を合わせて、安倍総理の挨拶に合わせて、心の中で誠の哀悼の祈りをお捧げした。




yjimage









我々日本人はもう2度と、先の悲惨な大戦を絶対に経験などしたくはない。



yjimage









日本国は依然として、現在時点で世界唯一の核兵器被爆国なのだ。

しかも日本は、原子爆弾を立て続けに2発も投下された。


こんな悲惨な事が、他に有るだろうか。



yjimage








だが大日本帝国軍の将兵の中には、確かに非常に優れて立派な方も沢山居られた。



yjimage














この栗林忠道陸軍中将(硫黄島での作戦行動中に、大本営に拠り陸軍大将に昇格)は、「最も優れた指揮官」であるとして、日米で今でも賞賛の的になっている。

当時敵対国のアメリカ軍将兵からも、賞賛の声が今でも止まないのだ。


勤勉で常に簡素な装いで、最期は部下と共に突撃した。

戦後の証言に拠れば、彼は最期に隣の部下に「お先」との声を軽く掛けて、自ら敵軍に突撃して戦死したのだと言う。



yjimage














この本は僕の手元に有るが、読んでみてとても良かった。


栗林忠道さんは、僕も最も尊敬する軍人の御一人だ。



yjimage
yjimage





俳優:渡辺謙さんが、映画「硫黄島からの手紙」にて、栗林忠道中将閣下を好演して居られた。


嵐の二宮さんも、非常に良い演技だった。



yjimage











3日前の終戦記念日の夜、驚いた事にNHKにて、あの悪名名高い「インパール作戦」が特集されて居り、またすると当然ながら、この史上名高い最低最悪の愚劣馬鹿愚将の鬼畜生、牟田口廉也(むたぐち れんや)がクローズアップされて報道されていた。


更に驚いた事に、将軍のお孫様が、この将軍の、つまりは御自身の御祖父様の勲章だとか銀杯だとかの遺品を手に、「私は孫として敢えて、祖父の真実から眼を逸らさずに向き合う。」、みたいな殊勝な事を、真剣な眼差しと表情で仰って居られた。



yjimage














典型的な史上最低の陸軍中将だった、牟田口廉也さん。


こいつが立案し強引に主導した超無謀な作戦、インパール作戦のせいで、おびただしい莫大な数の大日本帝国陸軍将兵が、現地インド・ビルマの戦線で、飢餓に喘ぎながら次々と死んで白骨化して行った。

史上悪名高い、あの「白骨街道」は、愚将の牟田口廉也がこの世に現出させた、正にこの世の地獄だ。



皆様もこいつの口にするのも汚らわしい、悪魔の代名詞に他ならない実名「牟田口廉也」で今直ぐインターネット検索し、Wikipediaのページだけでもお読み頂きたい。




yjimage














自軍からも敵軍のイギリス軍からも、軽蔑と侮蔑と嘲笑の対象でしかなかった。


生きる価値の全く無い、生まれて来ない方が世界人類の為には遥かに良かった、どうしようも無いグショグショの糞ド愚将の牟田口廉也ちゃん。

この赤痢大便中の不気味に汚く蠢く蟯虫にも劣る人間の糞屑の生き様と来たら、どうだ。




yjimage









大勢の部下を自分の命令一つで悲惨な死に至らしめ、自分は部下達の退却を待たずして、さっさと日本に帰国。

結局祖国の日本でのうのうと天寿を全うしやがった、実に厚かましい厚顔無恥の大便将軍たる牟田口廉也。


なのでこうして、彼の家のお墓は無遠慮にも平然と今も存在している。



yjimage












3日前の夜のNHKの特集番組中で出演されて居られた「牟田口廉也の孫」も、やはり氏名は伏せられて居た。

どうやら祖父の牟田口廉也を心から恥じて、名前を変えて日本で生活して居るらしい。



牟田口廉也は正に万死に値する、それはそれは本当に御立派な陸軍軍人だ。



yjimage








天皇皇后両陛下や安倍総理も式典中に仰った様に、我々日本国はもう2度と、先の悲惨な大戦を繰り返しては絶対にならぬのだ。









    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

3
ブログネタ
「お盆」どんなふうに過ごしましたか? に参加中!
252331f4
Z25_il




本日は、戦後丁度70年目の、終戦記念日だ。


yjimage 








正午の時刻に合わせて、僕も黙祷を捧げるつもりが、甥っ子との遊びに夢中になって、つい忘れてしまった。



ダウンロード






昨日、遂に甥っ子が釣り上げた、人生初の戦果は、今朝になってみたらバケツから飛び出して、流血しながら既に死んで腐臭を放っていた。

images












そう言えば、甥っ子が人生で初めてお魚(鮒)を釣り上げた場所は、伯父の僕のアパートの直ぐ近くに在る、墓地の中の、弁財天様が祀られている池の中だった。

そもそも、甥っ子は、「ねぇオジサン、こんな場所で釣って良いの!?」。
甥っ子に逆にたしなめられてしまったのだが、僕は無遠慮にも釣りを続行する様進言。

いざ、その池で釣れて、帰宅しようとしたら、甥っ子はその弁財天の祠で「ちゃんとナムナムしてから帰るよ!」。

小学児童なりに、神様への感謝を忘れていないと言う事か。

伯父の僕は感心してしまった。


明日にでも、返礼にお賽銭を入れて来よう。


da8e8043
a3047cff-s


って、そんな話は、どうでも良い。


ref_l
20150815senbotusya04
20150815senbotusya03_2





20150815senbotusya02
20150815senbotusya01




安倍総理の戦後70年談話を全文通読したが、間接的表現がやや目立った印象は有ったが、現在考えられ得る中で最大限に前向きな、日本国の国家元首として誠実な文章であったと僕は思った。



950ca668








安倍総理も、不戦の誓いをここでも明確にした。

pub_wiki_us_kaku4232












僕も散々した大学浪人時代、予備校の世界史の講師は、熱を帯びて講義中こう言っていた事を、毎年この終戦記念日に思い出す。
 

802f6f8c
9998145f



「戦争と言うのはね、誰かが起こすものなんですよ!必ず!だから常に見張ってなきゃいけないものなんです!」


org-thumb-690x965-94














いざ御前会議で開戦が決定した事を受けて、大日本帝国軍は全力で戦い、欧米列強の植民地支配や抑圧からアジアの解放に貢献した面は、確かに存在する。



4c8eeeeb-s
1122174f-s




だが戦後に遺るものは、膨大で気の遠くなる負の遺産だ。



71e36e7b-s







テレビでこうして今、戦争関連のテレビ番組に接して、小学5年生の甥っ子は、「戦争なんてやれと指示する奴こそが、お前が先ず先にやってみてお手本を見せてみろ!自分で特攻して死んでからものを言えってんだよ、この最低の人間のクズめ!テメェこそ、地獄に堕ちやがれぃ!!」、と憤りを隠さない。


unnamed (4)







ウンザリする戦後の日本に対する執拗なクレームは、戦後70年間も経った今でも止む事無く、こうして海外でも意図的に残り火を撒き散らされている。


unnamed (8)














だが、日本国はもう70年間も戦争をせずに、平和国家を確立し、戦後は世界で圧倒的に最も安全で豊かな国を築き上げて来た。
それも、原子爆弾を2個も投下されて、全国津々浦々を焼野原にされた後にだ。



unnamed (9)








これ以上、浅学の僕からは何も述べる事は無く、KINTA様の素晴らしいコメントが、全てを大きく先回りして下さって、深い共感を呼ぶ締め括りをして下さった。



unnamed (10)








そして、安倍晋三内閣総理大臣の素晴らしい的確な談話が、これからの日本国民全員の指針・方針として指し示されたと言えるだろう。



4430cdc5-s
10850215_306121462929034_3691567514783542728_n





戦没者の皆様方、御英霊の方達の御冥福を、心より主イエス様にお祈り申し上げる。



こうして今年、AD2015(平成27年)のお盆は、甥っ子のR君と常に一緒に過ごして、お互いにとても楽しく有意義な夏休みを過ごした。



2738022d-s















こうして、家族や親類が仲良く楽しく、そして延いては幸せに、幸福に過ごす事が出来るのも、全ては平和と安定と繁栄が基礎になっている。


76b00a71








その戦後の重要な基礎を築き上げるのに、文字通り膨大な量の血と汗と涙を流し、国に命と魂を捧げた尊い存在や大先輩達が確かに存在した事を、毎年この蒸し暑い日に冷静に振り返って想起したいものだ。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

main1










冬休みが3日間終わり、もう今年2013年も後残す所僅か数時間となった。

妻とこうしてテレビでNHKの紅白歌合戦を観ながら、司会の綾瀬はるかさんの独特の司会進行テンポに癒される気がしながら、今年も穏やかに終わろうとしている。

51uxhaslpml__ss500_








アベノミクスの危険性が一部で叫ばれたが、初の内閣総理大臣登場となった年末の東京証券取引所の大納会では、異例の大幅な株価値上がりで今年が締めくくられた。
7a9f5e39-s





来年の4月の消費増税以降を慎重に見極めなければなるまいが、漸く日本経済に徐々に明るい兆しや復活と回復の足音がここに来て聴こえて来た。
6mix_ph





僕も個人の私生活は一部激動ではあったが、それらは全て自身の人間形成の上で血となり肉と成っていると如実に感じる。
20131017_472636
20131017_472634
余り大っぴらには言えないが、冷静に第3次世界大戦を目論み企て、画策する暗黒の巨大勢力は依然健在だ。
tc3_search_naver_jpCA80S2O0








東日本大震災にて被災されて被害に遭われた方々の復興は、進んでいるのだろうか?
僕が震災ボランティアに出向いた福島県相馬市の皆様方は、きちんと生活は問題無く送れていらっしゃるのだろうか?
jthumbCA5XVTOX






靖国神社の英霊達は、今もこうして神国・日本国を天より護り給う。
jdanmi




永遠の都であるイタリア共和国は首都ローマよりは平和への祈りと、大魔王ルシファーを最高神と崇め戦争を常に望み仕掛けるドス汚い欲望に取り憑かれた悪魔の下僕達。
tc4_search_naver_jp






だが、悪魔の計画は神の前で打ち砕かれ、やがて脆くも崩れ去り潰えて、海の藻屑と消えるだろう。
1222781770_tabi






2014年は更に良い年となりそうだ。
世界にとって、日本国にとって、僕にとって、そして今これをお読みの貴方にとって。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

jdanmi






本日、平成25年8月15日(木)は、57回目の終戦記念日である。

d04b6efb




世界人類史上最大の歴史的過ちである第2次世界大戦は、既に前世紀の出来事となった。

jthumb






今や21世紀に生きる我々日本人は、様々な日常生活上の艱難辛苦は依然存在するとは言え、お金さえ出せば何でも好きな物が好きなだけ食べられて、テレビ地上波デジタル放送やインターネットやスマートフォンも普及し便利で快適な生活を享受し続けている。
jthumbCA5XVTOX






我々の御先祖様の方々の中の戦没者や戦争犠牲者の方達の尊い尽力や命の犠牲の上に、今日の繁栄と発展が存在している事実に、毎年この日、僕は想いを馳せて心を込めて祈る。

jdanmi










菅義偉(すげ よしひで)内閣官房長官も、本日に戦没者を追悼し平和を祈念する事に心を合わせる事を、日本国民全員に呼び掛けた。
jthumbCA4ZN6H8
jthumbCA39HVZI




jthumbCACXRJK1
jthumbCAH9KT2R
jthumbCAIOVXHC











僕は元々3歳まで東京都足立区綾瀬町で生まれ育ち、人生の途中で大学浪人時代にも東京都内に在住していたにも関わらず、靖国神社を参拝した経験が恥ずかしながら未だ無い。
photo_33
photo_31

大分県臼杵市に在住する我が親友のO君も、靖国神社にはいつかは参拝したいと電話口でしきりに言っていた。
僕も全く同感だ。それも出来れば8月15日の終戦記念日に参拝する事が最も望ましいだろう。
jthumbCA5XVTOX






jthumbCA9O8LWM
jthumbCA7JANOZ






旧日本軍は確かに軍部主導のファシズム:全体主義の下、他国への侵略的側面が存在した事は否めないと僕は思うが、その前に大前提として大日本帝国国家防衛の為に尊い命を捧げた事は全日本国民が永遠に記憶に留めるべき至上主題であろう。

3年前に他界した僕の父方の祖母も、弟のキヨシを福井県の連隊に徴兵され、そのままキヨシは戦死した。


そして、お互いに人生の腰掛けの職場でふと知り合った元デイトレイダーのTさん(慶應義塾大学経済学部卒)の大伯父様は、何と何となぁんと・・・!!あの有名な大日本帝国海軍が誇る航空母艦の瑞鶴(ずいかく)に、当時の海軍省のキャリア官僚として搭乗していたのだと・・・!!!つまりTさんの大伯父様は、空母:瑞鶴に瑞鶴の艦長様よりも偉い上のお立場として搭乗為さっておられたのだと・・・!!!

当時のエリートキャリア軍部中央官僚のTさんの大伯父様は、空母:瑞鶴に搭乗して太平洋を東南アジア方面に向けて航行中、常に2名の衛兵に護衛されて、軍刀を持って甲板に座りながら大海原を見渡していたそうだ。

このlivedoorの検索エンジンであるNAVER(ネイバー:大韓民国のIT企業)で検索すると、「空母」と入力するだけで検索候補がずらりと並び、他に有名な当時の旧日本軍が誇った空母の名前、赤城・信濃・加賀などの名前達の上に位置して、トップ候補で瑞鶴の勇ましい名前がエントリーされる事にも僕自身、つい先程驚いた。


以下に、航空母艦(略して空母):「瑞鶴(ずいかく)」の写真を幾枚か掲載する。

jdanmi
jthumbCA9I7EPG
jthumbCA37RXO5

jthumbCA65ADO4






jthumbCADJI0QE
jthumbCAQMRLN3

そして以下は、空母:瑞鶴のプラモデルや書籍の写真である。
jthumbCA5P8LQL
jthumbCA74TKYG
jthumbCA214I9MjthumbCA606OZH





jthumbCALS8YYK
jthumbCATS85M2
jthumbCAV5BPX9




祖国である大日本帝國の存亡を賭けて、天皇陛下を最高責任者に頂き、身命を賭して国家防衛戦争を戦い抜いた勇猛果敢な大日本帝国軍将兵の方達。


これを書き終えて間も無く正午の時刻を、冷房の十分に効いた快適な自宅にて迎える訳だが、テレビのチャンネルはNHKに合わせて天皇陛下の御言葉に静かに耳を傾けて合掌し、戦没者を追悼申し上げたい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ