宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

タグ:静岡県掛川市

5
10955536_827925773939261_523993528342987197_n (1)










僕の親父が、そちらで旨い鰻を食べてみたいと言うので、こちらで以前から巷間とても好評だった鰻の店に、2人で行く事にした。

(僕の妻は、肉類や魚類はほぼ一切口にしないのだ)


17112_10200284819040275_2753900655601318276_n














うなぎの甚八(じんぱち)

〒436-0078
静岡県 掛川市 肴町 7-12

TEL:0537-24-2137 or 0537-22-5638

定休日:日曜日


1510743_827925730605932_2479524847017951542_n













ホームページ等は特には設けていない様だ。

肝心の食べ物のお写真が先行してしまうが、御了承頂きたい。


事前にお電話で問い合わせたら、GW中の5月4日(月)も営業しているとの事。


1598360_181437365399974_1325207399_n









昼の部の営業は、11:00~13:00。

但し店員さんに拠れば、売り切れ次第終了とかで、13:00前に止む無く一旦お店が閉まってしまう事もまま有るのだと。


10370351_552306698239361_877505960766907914_n








開店前から行列が出来るとの前評判を受けて、僕は親父に開店前にお店に到着する必要が有る事を事前に申し伝えた。

そして時間にかなり余裕を持って、我々が開店20分前の10:40頃にお店に着いた時には、既に3組のお客さんがお店の入口の前に並んでいた。

僕等は、4番目の客だった。


開店10分程前になると、お店の女将さんらしき方がメニュー表を持ち示しながら、開店前から並んで順番待ちしているお客さんに声を掛けて注文を聞き取り回っていらした。


僕等が開店を待っている20分間にも、客の行列は順調に拡大し続けていた。


10370351_552306698239361_877505960766907914_n








僕等が注文した品は、この写真、「うな重 松」。

税込2400円。親父も言っていたが、浜松市の他の鰻のお店と比較すれば、値段は随分とお安い。

(但し、この5月11日(月)より、各メニューが100円値上げされる旨が、店内で告知されていた)


10427253_961825190524200_3198403757707474856_n








開店時刻の11:00になりお店の暖簾(のれん)が出されて、皆一斉に入店。


注文を受けてから鰻を捌(さば)き、焼き上げるので、お店のカウンターに着席してからお料理が運ばれて来るまで、随分と時間が掛かるがこれは致し方無い事だろう。

僕等は4番目の客だったが、お料理が運ばれて来たのは、入店から正味40分間経った11:40だった。


開店と同時に、直ぐに店内は満員。

待合席も直ぐに満杯。

そして外には、まだまだ次々とお客の行列が拡大し続けていた。


10453332_394767267347228_2497434809143606936_n (1)








肝心のお味?

ここまで店内の状況を詳報すれば、もう説明は不要だろう。


10647093_1021828821178744_3999106781148446073_n








見れば、我々の1つ前に並んでいらしたお客さんは、20代前半と思しきお若いカップル。

先頭のお客さんは、老夫婦。

見れば待合の椅子に座り続けてスマホをいじってるお若い美人の母娘さんのお客さんもいらっしゃり、若い世代の男性グループも存在する。

中年のサラリーマングループも沢山だ。


10955536_827925773939261_523993528342987197_n (1)











つまりこのお店は、本当に老若男女、幅広い世代に支持を得ている大流行りの鰻屋さんだと断言出来よう。


後でネットで調べたが、ここ静岡界隈の鰻好きには、かなりの有名店らしい。


店員さんは総勢6~7人程。

皆さんとても感じの良い接客態度でいらして、印象的だったのは1グループに1急須でお茶を供して下さり、しかも頻繁に急須を新しい物と交換に来て下さる点だ。

しかも申し上げるまでもないが、一口飲んで素人の僕にも直ぐに分かる上質で深い香りと色の掛川深蒸し茶。

お茶が美味しいと、料理の味も数段引き立つってもんだ。


これで連休明けから、またお仕事を頑張れそうだ!




「うなちんドロロォ~ん!(⇒木梨憲武:おチンチンが鰻の様にドロロォ~んとしている事です)」



843b161e-s








失礼しました。


ee3334eb















石川佳純選手、世界卓球選手権、お疲れ様でした!
そして、御健闘誠におめでとう御座います!!



d2acffe9-s








やっぱ高級品の鰻ってもんはよぉ、オッサンの僕自身が食べちゃうよりも、こうしたお若くて可愛らしくて一途に物事を頑張る、性格純粋な女の子に食べさせて上げたいものですな。


性格悪いオンナ共には、「お前に喰わせるメシなんか、ねぇよ!!(と或る渋谷の20代前半の男性の発言)」。


0b219314-s






佳純ちゃん、鰻を食べて更にパワーアップして強くなってね(^^)
















    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

c5765ec6-s0a092b0b-st02200165_0320024011132574522d58279ec-s







職場の友人と、今日のお昼は何処で食べようかとなった時に、たまたま見掛けた静岡県掛川市内のカフェレストランが、ここ「スパイチ・ガーデン」。

最初、僕は「スパイシー」を子供っぽく読んで「スパイチぃ」って事なのかと思ったが、実際の語源は良く分からない。

だが昼食時と言う事もあろうか、駐車場は満杯で、僕達も車内でちょっと空席待ちしていた。

店内に入ってもやはり混雑していたが、やがて僕は食べ終わって混んでいた理由が分かった気がした。

例えば僕と友人が注文したのはパスタランチセットだったが、これは種々のサラダやピッツァや果物が種類少々、またスープ食べ放題でデザートとドリンクも付いて、ちょっきし1000円。

安くて、それなりにちゃんと美味しい。

パスタは、自慢の生パスタと言うものらしくて、僕は生まれて初めて生パスタって食べたのだが、麺がラーメンみたいに太くてモッチリもちもちした食感であった。

でも、生パスタって最初は食感に違和感が有ったが、食べてみると美味しかった。
普通の乾麺のパスタよりも消化が良さそうだ。そんな気がする。

俺が食べた日替わりパスタはカルボナーラだったかな。
美味しかったよ。

今度は妻も行きたいと言っている。

外はかなり雨が降り続いていたが、僕等は店内で楽しくのんびりおしゃべりしながら、俺はサラダ類を糞味噌一緒な乱雑極まりない盛り付けで、馬の様に何杯もお代わり。

今度はハンバーグランチ(写真)のランチセットを食べてみたいな。
こちらも1000円らしい。

ただ、このお得なランチセットは日・祝はやっていなく、またランチタイムに限られる様だ。


他のブロガーの記事を読んでも、この店はかなり好評だ。

食いしん坊で大食い穀潰しの僕も、リピーター確実になりそうです。



★スパイチ・ガーデン★

静岡県 掛川市 中央高町 97

℡ 0537-61-7667

営業時間    11:00~24:00(年中無休)

ランチタイム   11:00~15:00

t02200165_0320024011132574521
t02200165_0320024011132574520
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

tc4_search_naver_jp
topyumikotc3_search_naver_jptc2_search_naver_jp
tc1_search_naver_jp


ここ地元の静岡県掛川市に在る、世界に誇る養護施設「ねむの木学園」を舞台に大変残念で悲しい事件が起こった。

だがこの事件を通じて、俺個人としては驚くべき事実が2つも浮かび上がった。


先ず、以前に俺の職場に、この素晴らしい施設の創設者で在らせられる宮城まり子さんが、お客様(と言う呼び方が適切かどうかは分からないが)としていらっしゃり、うちのボスが応対していたと言う事であった。

そして今回の巨額詐欺横領事件の主犯の容疑者の芸名「朝比奈 圭(あさひな けい)」。
コレを見て俺は非常に驚いた。
何故ならば、俺が大学生の時の出席番号が直ぐ隣の同級生の男性に名前も字も全く同じだったからである・・・!!
ただし、彼の名誉の為にもここで俺からハッキリ言って置きたい事なのだが、彼は俺とは大違いで大学浪人も留年も国家試験浪人も全く経験せずにオールストレート。
人柄・性格も穏やかな方だった。
周囲からは「ヒナちゃん」とか「ケイくん」とか呼ばれていたが、野球に打ち込みながら学業成績もすこぶる優秀。
大学の教授やクラシック音楽好きの俺なんかは彼の事を、「貴方はあの著名な音楽家の朝比奈隆さんのお孫さんですかぁ!?」
「違う違う!全然カンケーないし!!」
俺が途中でキリスト教神学を勉強したいからと大学を休学した時は、彼は周囲の女の子に「I君(俺)は本当に自分のやりたい事を持って直ぐに行動に移せるなんて、見上げたものだ。」とか言っていてくれたらしい。
彼とはプライベートでの交流は無かったが、背丈も高く、クラブ活動の野球に打ち込みながら学業も優秀で文武両道の彼が、合コンの席上やクラスの女子にもてない筈が無かった。
従って、僕の知る朝比奈圭さんが、何をどう考えてもこんなあくどい事件と関わろう筈も無いのだ。


ねむの木学園は、静岡県からも補助金を受けている施設。
補助金の財源は言うまでも無く我々県民の税金である。


では、この残念で悲しい事件の全容を伝える記事を以下にコピーする。


↓↓↓↓



宮城まり子さんも嘆息…56歳の「女心」につけ込んだ音楽プロデューサーの“手腕”

【衝撃事件の核心】

 子供たちの「未来」のために蓄えられた5億円は、男の身勝手な音楽活動に浪費されていた。肢体不自由児の養護施設「ねむの木学園」(静岡県掛川市、宮城まり子園長)を舞台とした巨額詐欺事件。主犯格とされる音楽家の広沢憲行容疑者(57)=詐欺容疑で逮捕=は、配置換えにより園内で孤立感を深めていた元職員を抱き込み、宮城さんが40年かけて蓄財した金をたった2年で奪い尽くした。「なんということでしょう…」。宮城さんは事件発覚を受け、困惑する心情をつづった手記を本紙に寄せた。(伊藤弘一郎、大泉晋之助)


 ■仲間は「犬」だけ…孤独感深めた元職員

 学園関係法人元職員、近藤由美子容疑者(56)=同=が昭和43年設立の「ねむの木」で働きはじめたのは約35年前だった。近藤容疑者は宮城さんが記した著書に感銘を受け、職員採用に応募。保母として採用された。

 宮城さんの元で働ける喜び。近藤容疑者は美術やダンスなど、感性をはぐくむ授業に重点を置く学園で献身的に活動した。

 順風満帆に見えた近藤容疑者の学園生活は約20年前、交通事故に遭ったことで一変する。後遺症で保母として満足に動けなくなったことなどから、宮城さんの自宅(東京)にある学園の東京事務所に配置換えになったのだ。事務所に住み込みで、学園や宮城さんの個人口座の管理を担当する仕事が任された。

 「子供たちに囲まれたにぎやかな職場から一転、東京事務所は宮城さんの愛犬『ブースカ』1匹が傍らにいるだけ。徐々に寂しさを募らせていったようだ」(捜査関係者)

 
■尊敬する宮城さんに言い出せず…

 一方、主犯格とされる広沢容疑者が学園と接点を持ったのは平成9年11月ごろ。「朝比奈圭」の名で音楽活動をしていた広沢容疑者は、学園で行われたイベントへの参加を機に宮城さんと知り合った。

 「ボランティア」と称し、子供たちの歌を収録したCD制作に携わったほか、クリスマスケーキや中古車なども寄贈。当初から、金をだまし取るために学園に近づいたわけではなかったようだ。

 その広沢容疑者が、学園と近藤容疑者を「金づる」として利用し始めたのは20年頃だ。

 「CDの制作費を支払ってもらえませんか」

 広沢容疑者は当初、宮城さん本人に金を要求。宮城さんは断ったが、請求書が東京事務所にも届いたことで、近藤容疑者と広沢容疑者が直接、やり取りするようになった。会話を重ねるうち、近藤容疑者が学園の資金管理を一手に担っていることを知る。

 「学園内で子供たちが歌う歌にも著作権が必要。知り合いの弁護士を使って和解する」

 「借金取りに追われている。自分に入る著作料で返す」

 言われるがままに金を引き出し、広沢容疑者の口座に現金を振り込む近藤容疑者。約1年後、請求内容がウソだと気付いたが、広沢容疑者に「これまでのことを宮城さんに言いに行こう」と言われ、宮城さんに畏敬(いけい)の念を持つ近藤容疑者は、犯罪に加担した事実を言い出せなかったという。

 逮捕容疑となった詐取額1500万円を含め、昨年6月までに引き出された5億円は、広沢容疑者がプロデュースする歌手のコンサート費用などに充てられた。


 ■広沢容疑者に抱いていた「ある感情」

 近藤容疑者が宮城さんに犯罪を告白できなかった背景にはもう一つ、別の理由もあった。

 「男女の関係ではなかったが」と前置きした上で捜査関係者が解説する。

 「近藤容疑者は『寂しい職場での話し相手になってくれた』という趣旨の供述をしており、広沢容疑者に好意を抱いていたようだ。広沢容疑者が積極的に外に連れ出したりした形跡はないが、近藤容疑者の感情をくみ取った上で、徐々に共犯者へと仕立て上げていったのではないか」

 一連の犯行で得た5億円は全額、広沢容疑者に渡ったとみられ、近藤容疑者の金銭的なメリットはなかった。それでも近藤容疑者が途中で引き返すことができなかったのは、広沢容疑者との関係が崩れることを避けたかったという複雑な思いもあったようだ。

 「音楽プロデューサーとしての手腕は知らないが、女性を操る手腕にはたけていたのかもしれない。共犯者とはいえ、近藤容疑者が気の毒な面もある」(捜査関係者)

 
■「早く、もとの明るい学園に」

 とはいえ、事件の一番の被害者は、5億円もの金を勝手に引き出された宮城さんであることは間違いない。

 宮城さんは事件後、本紙に「母のお願い」と題する手記を寄せた。手記は骨折して入院中の病床で書いたという。

 「なんということでしょう。三十五年、働いていた女性が、内緒で、預金通帳を持ち出し、大切にしまってあった四十年間必死でためて来たお金を男の人にあげてしまいました」

 詐取された現金については「私の死んだ後、身体が悪く、不自由で、父母のいない子にあげたいと思っていました」と説明。「こども達は、今、動揺しています。一日も早く警察の捜査がすみ、もとの明るいねむの木学園にして下さい。私はあの子たちの『母さん』なのです」と結んでいる。

 「母の願い」は、広沢容疑者はもちろん、長年、側近として仕えてきた近藤容疑者の心に届いているのだろうか。

 逮捕当初、「だまし取ったつもりはない」と容疑を否認していた広沢容疑者は最近になり一転、容疑を認める供述を始めた。近藤容疑者は容疑を認めているという。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ