宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

タグ:3.11

1
maxresdefault (8) 







未曽有の大災害、東日本大震災。

本当に早いもので、あれからもう既に8年間もの歳月が過ぎた。



shinsai_23









僕が震災ボランティアで福島県相馬市の被災地にて少し交流を持った当時小学生の子供達は、今はもう高校生になって居るのだろうか?

どうか皆様、お元気でいらして頂きたいと切に心より祈る。




o0400030513887038809









人生や世の中は誰にとっても、救いの無い哀しみや大いなる矛盾と理不尽で満ち満ちて居る。



0bara1 (1)








このブログ記事を書いて居る今、僕の自宅のステレオからはJ.SBachのマタイ受難曲(レオンハルト盤)が流れる。



41LmgOA4CFL









レオンハルト盤はリヒター盤の様な劇性は無いが、総指揮者のグスタフ・レオンハルト先生は、静謐の中で1歩1歩祈り踏み締めながら歩みつつ、キリストの悲劇を描いた最高の音楽文化遺産の楽曲を、美しく神々しく、かつ淡々と進行させて行く。



51e-430fO3L._SX343_BO1,204,203,200_













こうした音楽文化遺産の本当の価値と言うものは、矛盾と理不尽に満ちた人生の艱難辛苦に幾つも直面し、かつそれ等を乗り越えなければ、真には理解不可能な代物なのかも知れない。


boatcrop










ここ地元の静岡新聞では、もう数日前から特集記事が組まれて居る。


minamihama







人々の記憶から風化され始めて居る東日本大震災は、被災者の方達にとっては一生涯決して拭い去る事の出来ぬ、決して埋められない巨大な魂の欠落を抱えつつ、あらゆる不便や困難と直面しながらも、今も必死に生きて居る。



images












そしてこうした巨大な災厄や巨大な不幸や災難と言ったものは、この世の誰にとっても、得てして全く他人事ではない。


             
04







ここ静岡県は、東南海トラフ連動型大地震は30年以内に襲来する事が、かなり高確率だ。



shinsai_04








政権は当時の民主党・野田政権から、現在の自由民主党・安倍政権に移り、更に一層強力果敢に、復興事業は着実に、確実に推進されて居る。




holograma-del-proyecto-blue-beam (1)








だが僕に出来る事と言えば、出来る範囲内の僅かばかりの寄付と、神様への祈りだけだ。





                             

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

1
yjimage 








もうあの日から、6年間もの歳月が流れたのか。


本当に早いものだ。


yjimage








6年後の今、日本全国で、原発避難者イジメと言う不気味で哀しい事象が話題になっている。

誠に忌々しき、残念な事だ。



yjimage








福島県は今も、多大な困難に直面し続ける。


yjimage







そしてここ静岡県も、東南海トラフ大地震の被害想定地域で、最大被害が想定されている。

浜岡原子力発電所は、現在運転停止中。



yjimage







明日は、我が身だ。



yjimage








それにしてもここ日本国は、地震災害の何と多い国だろうか。


yjimage






僕等日本国民は、あの日を決して忘れない。 



yjimage









本日、台湾やアメリカ西海岸でも、東日本大震災の犠牲者の方々の為に、追悼式を挙行して下さったそうだ。


yjimage







我々はこうして、今日も生きている。


yjimage








今の日本は、取り敢えずは相変わらずとても平和で信じられない位に豊かだが、その代わりにこうした大規模な災害が多いと言う事なのか。


_SY352_BO1,204,203,200_








日本国海上自衛隊が誇る最大の艦船である、いずも型護衛艦は、災害救助活動にも絶大な力を発揮するだろう。



d86568e2








今月にはいよいよ2番艦の、「かが」が就役する。



yjimage








しかし大規模な地震被害は、もうこれで終わりにして欲しい。


yjimage







本当に悲惨な悲劇を、我々はもうこれ以上目の当たりには、決してしたくはないのだ。


yjimage







東日本大震災の犠牲者の方々の御冥福を、慎んで主イエス様にお祈り申し上げます。



yjimage








我々人間に、もうこれ以上困難な重荷を、どうぞ背負わせないで下さい。


yjimage








理不尽な災害に苦悩する人間を、もうこれ以上増やさないで下さい。








 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
3.11 東日本大震災について話そう に参加中!
tc1_search_naver_jp





東日本大震災から、丸2年間が経った。
dst11090419210034-s3




僕の中では、特に思い入れと言うか、思い出が有る。

職場でボスから直接に震災ボランティアへの出動を打診され、それを受諾し福島県相馬市に単身乗り込んだのだ。
250px-Washington_DC_view1










百聞は一見に如かず。

被災現場の悲惨さは目を覆うばかりであった。
226b9_29_m0575698-s




だが、逆に僕は現地の人々にもてなされ、逆に元気を頂いてしまったのは実に皮肉な事であった。
tc4_search_naver_jp













福島県の方達は本当に良い方ばかりであった。

また福島県相馬市の方達にお会いしたいな。

皆さん、まだ元気でいらっしゃるだろうか・・・??

ボランティアの立場でありながらも、避難所(はまなす館)に寝泊りすると言う御法度を犯しながらも、避難所の方々には逆に本当に良くして頂いた。

あの時、避難所にて雑魚寝で寝泊りしておられ、僕一人の為に浴場の時間の都合を付けて頂いた親切な親父さんや、漁師の方達。あの方々は、今は元気にされておられるだろうか??

81f59_29_m1027094-s




多くの人々が、あの日、命を突然に落とした。

行方不明者はまだ膨大な数に上る。


未曾有の大災害の現場で感じた、人との絆。
同時に、人生や世の中の理不尽さ。

感じた事は数多く有り、震災ボランティア経験は、僕の人生の財産そのものとなった。


40d62_648_PN2011031101000893_-_-_CI0003-s





ここ静岡県は東南海大地震の最大被害想定地域だ。
富士山大噴火も、最近になって実しやかに噂されている。

次は、僕等の番だ。
東日本大震災は決して対岸の火事ではない。


いざ、自分の身にあの様な事態が降り懸かれば、僕は正気を保って残りの人生を全うする自信が全く無いのである。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ