宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

タグ:F-35B

5
AS20181205003671_commL (1)










安倍政権がまとめた防衛大綱に拠り、ヘリコプター搭載護衛艦(DDH)であった「いずも型護衛艦」が、何と多用途運用護衛艦として新しく生まれ変わる事が、既に正式に決定した!

(上記写真は1番艦:いずも)



3 (2)








もう既に予てから、いずも型護衛艦は運用法次第で、事実上の空母として運用出来るのではないかとは、いずもが就役して直後から巷間盛んに噂はされて居た。


raw 






そうした巷の噂話が比較的短期間の内に、まさかこうして本当に現実の話になるとは、僕もちょっと驚いた。


maxresdefault_R-5






上記写真は1番艦:いずも(奥)と2番艦:かが(手前)が、仲良く停泊して居る。


     
que-11200089921 (1)








この最新鋭の第5世代ステルスジェット戦闘機であるF-35BライトニングⅡを、更に42機新たにアメリカ・ロッキード社から購入する。



00304550HDK







そのF-35Bを、空母化して改装した2隻のいずも型護衛艦に搭載し、新たに多用途運用護衛艦として運用すると言う訳だ。








本家本元のアメリカ軍においては、短距離離陸・垂直着陸が可能な(STOVL)F-35のBタイプは、主には海兵隊が配備し運用して居る(我が国の山口県・岩国基地には、既に配備済み)。

上記動画の様に、アメリカ軍はF-35Bは強襲揚陸艦にて運用し、日本国海上自衛隊のいずも型護衛艦は、誕生時よりその外観や機能がアメリカ級強襲揚陸艦に酷似して居り、従って我が国の多用途運用護衛艦も上記動画の様に運用する事に成る。



photo
img_23_m






そこでとてもタイムリーにも、漫画「空母いぶき」が早速タミヤ模型さんに拠り商品化されて、しかも再来月の05月24日(金)には、西島秀俊さん主演の映画「空母いぶき」が公開されるのだ。



81nALmZjQ0L._SL1500_




しかもまたまた驚いた。

安倍政権が「多用途運用護衛艦」の呼称を用いる前に、「多用途運用母艦」として居た時点で、そのネーミングで既にこうしてプラモデル化・商品化されて、「多用途運用母艦:いずも」は、今月末にハセガワさんから発売される。


61pXNj1qAAL._SL1020_







2年も前に僕はハセガワ製の「1/700 かが」を購入したが、そのパッケージには既にF-35Bがオマケに附属して居たのだから、模型メーカーさんの気の早過ぎる事ったら、最早笑えて来る滑稽の域だ。



E382ADE383A3E38397E38381E383A3-22abe (1)








こうして模式的に見ても分かる通り、旧日本海軍、つまり大日本帝国海軍が誇った当時最大の航空母艦:加賀とサイズ・大きさを比較しても、護衛艦かがは全く遜色無い。




415Z-9cndXL






実際、安倍政権がいずも型の改修・空母化を正式発表した直後、お隣の中国軍は即座に鋭敏な反応を示して来た。

彼等は日本国自衛隊の実力・軍事力を、今非常に警戒して居る。

中国共産党のエリート達も、中国全土から集まった最優秀の人材で固められて居るので、やはり彼我の戦力差を、極めて冷静に客観的に分析して把握する事が出来るのだ。



maxresdefault (11)






所が僕から見てちょっと可笑しな事には、今回のいずも型改装を「事実上の空母化であり、多用途運用護衛艦とは、安倍総理お得意の嘘吐き誤魔化しだ!」とする論評が、池上彰先生を初めとしてネット上にかなり散見されるのだ。


yjimage - 2019-03-14T210136.658















池上彰先生は僕も大好きなジャーナリストだが、「多用途運用護衛艦」とは誤魔化しの呼称であるとする事は、明らかに的外れの間違いだ。



77513_2






そもそも改修前の現行のヘリコプター搭載護衛艦としてのいずも型護衛艦の実力や機能を、先ず皆さんは御存知だろうか?



① 多数の哨戒ヘリコプター・救難ヘリコプターやオスプレイを搭載し、最大で5機が同時発着可能な、優れた航空能力を持つ。
つまりこれは基本の、ヘリコプター搭載護衛艦としての主たる最大の機能だ。

② 大量の病床を備え、しかも手術室や集中治療室、延いては歯科治療室までをも具備して居る。
つまり優れた病院船としての機能を持つ。

③ また大量の車両を運搬する貴重で優れた機能も有る。
つまり輸送艦としての機能も併せ持つ。

④ そして自艦のみならず他の艦船に対して物資補給や給油を或る程度行う事が出来る。
つまり補給艦としても機能も或る程度持つ。


勿論それぞれの機能は、各々の専門の艦種には量的には及ばない。



だが今回、以上の4つの大きな機能を既に兼ね備えて居る事に加えて、改装してF-35Bを搭載・運用出来る様に生まれ変わらせ、更には航空攻撃能力をも具備させようとの構想だ。




large_160813_kaga_03 (1)








それは事実、本当に多用途で運用される護衛艦、そう、正に、正に多用途運用護衛艦と呼称する事が最も的を射て相応しい、日本国海上自衛隊が世界に誇る、極めて優秀な海上自衛隊艦船なのである。

やはり名は体を表すのだ。



large_181210_kaga_01








航空攻撃能力を更に付与すると言うと、一般人の我々は真っ先に侵略的戦争のイメージを持つかも知れないが、それは誤解だ。

先ずは向こう30年間以内に襲来が色濃く予想される東南海トラフ連動型大地震、または首都圏直下型大地震において、多用途運用護衛艦として生まれ変わったいずも型護衛艦は、大いにその素晴らしい機能や能力を十全に発揮し、災害救助・救援活動にて大いに活躍してくれる事だろう。








僕も最初は予算や自衛隊員増加の都合上、いずも型護衛艦の空母化には反対で、それよりも日本国航空自衛隊が既に42機購入して、三沢基地等に配備され始めて居るF-35A(通常タイプ)を更に買い増して、航空自衛隊基地への配備を増強させる事を先ずは図るべきだとは思った。


そうすればトランプ大統領閣下も必ず喜んでくれる(笑)


だが先述の様に、お隣の中国軍が、我々が思って居るよりもずっと強く鋭敏に反応してくれて居ると言う事自体が、既に更なる強大な抑止力の獲得に成功し、狙い通りの国家安全保障上の効果が早くも発揮され始めて居るとも受け取られる。


81nALmZjQ0L._SL1500_





プラモデル製品も映画にしても、実に現在の日本国の軍事・安全保障方針とタイムリーに、時期や歩調を合わせる場面が続いて居る。


comic_top_ibuki1000-400





それでは僕も、映画「空母いぶき」を観に行くぞ。










    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

5
 yjimage   








これは日本国海上自衛隊の最大の艦艇である、もう御馴染み、いずも型護衛艦の1番艦のネームシップ、「いずも」(DDH-183)だ。



image









艦名の由来は出雲国と言って、今の島根県の旧国名に因む。



yjimage








ヘリコプター搭載護衛艦として最大14機ものヘリコプターを搭載出来、艦内には病床や手術室や集中治療室、延いては歯科治療室までをも備える。



yjimage







当然ながら、大量の軍用車両や物資を収容・運搬する事も可能だ。



yjimage







また艦隊行動の際には、司令船・旗艦としての中枢機能も具備する。



yjimage








自衛武器は全くではないが余り装備されて居らず、海上戦闘は艦隊行動を共にする他の艦船や僚艦に任せる構想なのだろう。


90bee3e3-s (1)








この写真の奥は、アメリカ海軍の原子力空母の、ジョージ・ワシントン。



yjimage








サイドエレヴェイターも立派に完備している。

今インターネット上で話題なのが、我が国の岩国基地にもつい先日に配備された、最新鋭戦闘機のF-35Bが、このいずもにも搭載・運用可能なのではないかと言う論点だ。



yjimage













これがF-35のBタイプ。

Bタイプはこの様に、甲板から短距離離陸、そして垂直着陸が可能なのだ。

なのでアメリカ合衆国海兵隊が、F-35Bを主に導入し運用している現在だ。




yjimage  
yjimage





この護衛艦いずものサイドエレヴェイターの大きさが、F-35Bが丁度すっぽり入る大きさ、らしい。



もし仮にいずも型護衛艦が、艦載機としてF-35Bを搭載する事が有れば、その時いずも型護衛艦は、事実上の攻撃型航空母艦、或いは強襲揚陸艦に該当すると言う事になる。




yjimage














99487c2a











そしていずも型護衛艦は、遂にいよいよ来月、2017年3月に、2番艦の「かが(加賀→現在の石川県の旧国名)」(DDH-184)が就役する。


いずも型護衛艦は、いよいよ来月から2隻体制で運用される事になる。


現在これを最も警戒しているのは、お隣の中国軍だ。



yjimage







話を一転して、ここでアメリカ合衆国海軍が誇る最新鋭の強襲揚陸艦、アメリカ級強襲揚陸艦(LHA-6)を見てみよう。



yjimage







皆様はもう、既にお気付きだろう。

我が国のいずも型護衛艦に、外観や姿が酷似していやしないか。




yjimage  
yjimage




左側がいずも(DDH183)。そして右側がアメリカ級強襲揚陸艦(LHA-6)。

どうだろう。



yjimage







そしてアメリカ級強襲揚陸艦はこの様に、輸送機オスプレイや統合打撃戦闘機:F-35Bも搭載・運用可能だ。


大きさ・サイズは、我が国のいずも型護衛艦を上回る。

だがあらゆる車両やヘリコプターを搭載・運搬出来る、優れた輸送能力も、いずもと全く同じだ。


ただここで僕から強調しておきたいのは、両者共、それこそ国難級の大規模災害が発生してしまった際には、極めて優れた災害救助能力、人道支援能力を遺憾無く発揮するであろう事は、絶対に疑いの余地が無い点だ。

それ等も含めて、日本国財務省主計局の日本一頭脳優秀で立派な超エリート主計官は、決断して予算を付けて下さったのだろう。


ここで、アメリカ級強襲揚陸艦の動画を観てみる。



    




最新鋭の統合打撃戦闘機:F-35Bが発着艦する様だけでも、とても勇ましくカッコ良く、力強い。



小野寺五典さんが防衛大臣在任中に、「我が国も強襲揚陸艦の導入を検討するべきだ。」との趣旨の御発言を為さったが、既にいずも型護衛艦は事実上、限り無く強襲揚陸艦に近いのではないか。




この疑問を、現在は中国に赴任している、とっても矢鱈と軍事にド詳しい従兄弟のS太さんに訊いてみたら、中国からメールで返信してくれた。

S太君の解説は、いつも毎度ながら、実に詳細かつ分かり易い。


なのでそれを以下に、彼に無断で転載して、本記事の結びとしたい。




こんにちは。S太です。
 
中国は今旧正月期間中で、とても静かです。爆竹と花火の騒音を除けば。
まだこちらに慣れていないのか、免疫力が落ちているようで病気を引き起こしやすくなっています。
というか今ひいてます。今年2度目です。(苦笑
ちょっと出かけていて、はしゃぎすぎたのが原因と思います。


で、いずも型護衛艦ですか。
酷似しているのは色々考えがあると思います。
私が思いついたのは以下2点。

①欲しい機能が強襲揚陸艦に似ていた。
②強襲揚陸艦と同じデザインとすることで「空母」っぽさを薄められる。

①については、強襲揚陸艦は上陸部隊支援+ ある程度の航空支援を出来る軍艦ですので、
要求された機能が近い強襲揚陸艦を参考にしたのでしょう。
つまり、欲しい機能→強襲揚陸艦に似た感じ→外観が似る、かと思います。
デザイン(外観)を酷似させるのは他のものでもよくあることです。
特にヘリコプターを多数運用する軍艦のデザインは、アメリカが現在随一です。

ちなみにですが、日本でも第二次大戦中同じコンセプトの船はありました。
当時はヘリコプターではなくオートジャイロですが、帝国“陸軍”が投入した「あきつ丸」という船です。



yjimage







 
見ればわかると思いますが、見た目完全に空母です。
陸軍と海軍の仲が 悪くて、船のやりくりに業を煮やした陸軍が作った代物。
上陸部隊支援+ある程度の航空支援を出来る船となるとこのデザインになるという証左でしょう。

②については、政治的な問題も含みますが、まあ前例があれば説明しやすいと言うことです。
以前も言いましたが、その辺は言ったもの勝ちも含みますけど。
ちなみに、元々強襲揚陸艦って空母の派生(空母+揚陸艦、余っていた空母を使用した)でもあるので、
空母の血を引いているという意味は間違っていないと思います。

S太





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ