宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

Tag:NSA

jdanmi






ほら御覧なさい。ほぉら、やっぱりだ。


アメリカ合衆国が誇る世界最大最強の情報機関であるCIA:Central Intelligence Agency(アメリカ合衆国中央情報局)とNSA:National Security Agency(アメリカ合衆国国家安全保障局)が、何と本来は友邦国である筈のドイツ連邦共和国の、国政の最高責任者で在らせられるメルケル首相の携帯電話による通話を盗聴していたと言うのである。
National_Security_Agency_svg







無遠慮にも程が有る。



メルケル首相は、この疑惑に関してオバマ大統領に直接抗議して釈明を求める異例の事態に発展している。

jthumbCAWXOQX3











メルケル首相:「友人の通話を盗聴するなど、本来は絶対に有り得ない行為ですよね。」
オバマ大統領:「メルケル首相閣下の通話を盗聴するなどしませんし、これからも致しません。」


オバマ大統領は現在と未来の盗聴行為をはっきりと否定して見せたものの、過去の盗聴行為に付いては全く言及しなかった。


jthumbCAX90BBC






「CHANGE」、「Yes,we can!!!」

そう威勢良く掛け声を張り上げて史上初の黒人アメリカ大統領に見事に当選したバラク・オバマ氏も、余りに肥大化した「大統領直属の」巨大情報機関を制御下に管理する事は全く不可能であった様だ。


jthumbCA7YP0NH








メルケル首相側は、御自身の携帯電話の盗聴に対して、相当な物的証拠を握っているであろうと推察される。


jthumb







その物的証拠の出処は、やはりあの、一人の勇敢なる英雄たる告発者であるエドワード・スノーデン氏がノートパソコン4台に満載して秘密裏に持ち出したNSAとCIAが把持するアメリカ合衆国の国家機密情報であると言う事だ。
Flag_of_the_United_States_National_Security_Agency_svg




tc2_search_naver_jp











エドワード・スノーデン氏が持ち出したアメリカ国家機密情報は全世界を揺るがす可能性を孕んでいる事は本ブログの以前の記事でも僕が指摘した通り。


それが、徐々に時間を掛けつつではあるが、こうして漏れ出して来て世界の主要国の国家間関係に影響を及ぼし始めて来ている。


やはり本来は友邦国のフランス共和国のオランド大統領閣下も、国内におけるCIAやNSAのスパイ諜報活動に対して明瞭な拒否姿勢を示している。


jthumbCAF8O9X1












世界唯一の超大国であるアメリカ合衆国が、世界で徐々に不信感を持たれて嫌われ始めて来ているのだ。

jthumbCAH3RD7C











そんな中その一方、永遠のライバルであり宿敵ロシア共和国の元首閣下は、シリア問題を経て徐々に存在感を増して来ている。

jthumbCAFMJWAG





そう、我々日本国も、この男の具体的な協力無しには2020 TOKYO OLYMPIC開催は不可能であったのだ。
この男が独自の人脈やコネや伝を駆使してIOC委員に直接に働き掛けて日本開催を後押ししてくれなければ、我々は喜びに沸く事は恐らくなかったのだ。


putin09






そうこの男、ヴラディーミル・プーチン大統領閣下。
御自身は元KGB(旧ソビエト社会主義共和国連邦国家保安委員会)のエリートスパイであり、かつては西ドイツに対する諜報スパイ活動に従事していた。

彼自身、大変な柔道愛好家でありモスクワ大会優勝者でもある屈強で頭脳優秀な文武両道のカッコ良い粋なロシア野郎。
当たり前だが、柔道は純然たる日本発祥の競技。

ちなみに、プーチン大統領閣下は国内で女性人気も高い。
理由は、ウォッカなどの強い酒を呑まないからであると。

巨乳色白ロシア美女に超モテモテ大統領なのだ。



ちなみにちなみに、プーチン大統領閣下のお嬢様は大変な超美人でしかも、ロシア共和国が世界に誇る依然世界最強の核ミサイルSS20級の超めちゃ爆乳。

この超爆乳ロシア美女でいらっしゃるお嬢様は、大学で日本歴史学を専攻されていらっしゃるのだ。

日本に留学にいらっしゃれば良いのにね。

世界各国の男性諸君は欲望に負けて彼女を襲っておっぱい揉んだら、その日の夜には確実に変死体に成れるだろう。



そんなプーチン大統領閣下は、つい最近奥様と離婚されたのだが(苦笑)


tc2_search_naver_jp











ここでもう一度、エドワード・スノーデン氏の写真を載せる。

それは今これをお読みの読者諸氏の皆様に、今一度冷静になって頂き、思い出して見て頂きたい事が有るからだ。


今更申し上げるまでもなく、エドワード・スノーデン氏は未だにロシア共和国は首都モスクワに滞在中なのだ。
勿論、ロシア政府の手厚い庇護下に置かれてはいるのだが、肝心の彼が母国から持って来た世にも恐ろしいぶっ飛び核爆弾、いや場合に寄っては本物の核爆弾よりも世界に衝撃を与え得る超激ヤバ国家機密情報は、現在完全にロシア政府の管轄下に在ると言うこの事実。


アメリカ政府にとって、この事実は関係閣僚・政府高官全員脳血管怒張破裂のブチブチぶち切れ脳溢血憤死寸前のボトクソ蟯虫混入下痢大便を炊きたてカリフォルニア米にぶっ掛けて一気に喰えと言った所の筈だ。

OB-VH786_1109pe_G_20121109150957_image_Col3wide







そして、この人は前CIA長官のデイヴィッド・ハウエル・ペトレイアスさん。

Google社が運営する世界最大のメールシステム:Gmailを駆使して腰を振り振り中高年醜悪腐敗蛆虫大量発生のダブル不倫に現(うつつ)を抜かしてヘラヘラ良い気になっていたら、宿命のライバル関係に在るFBI(アメリカ合衆国連邦捜査局)の手により、何と世にもおぞましいド腐れ不潔汚いビチグソW不倫メールが全部盗み見られて閲覧されていたと言う、このアメリカ国内どころか世界に大拡散の狂乱騒動の実に、否、チツにけしからん醜悪政治騒動をとくと御覧あれ。


そして元々超優秀な軍人であったペトレイアス長官閣下は、御自身の下痢粘血赤痢大便に群がる糞蝿の幼虫の蛆虫エイリアンの如き最悪のW不倫を、何とアメリカ合衆国国権の最高機関である連邦議会の公式の席で認めざるを得なくなり、CIA長官を辞任した。
帰宅して、奥様にその罪業深きフニャチン不能陰茎をナタで切断されたのだろうか・・・??
その後の彼の不倫情報は掴めない。




聡明な本ブログの読者諸氏におかれては、もうとっくにお気付きだろう。

つまり、そう言う事なのである。


jthumbCAH3RD7C











アメリカ人は、こう言う全く節操の無い事を平気でやる民族だ。
しかもその対象は自国民も友邦国民も、延いては勿論敵国民に対してもと、実に全く節操無く無遠慮極まりない。


jthumbCAX90BBC






そして、これからもアメリカ合衆国と言う国は対テロや正義の錦の御旗の下に、あらゆる種族、民族、人種を一切差別する事無く盗聴して、盗み見て、監視下に置く事を平気でし続けるだろう。


そして、気に入らない属性の人間や集団・組織・国家に対しては全く容赦の無い攻撃行動を平然と取るだろう。





God bless USA.
星条旗よ、永遠なれ。アーメン。

聖書に手を置いて唯一誠の神の御前にて、崇高なる大統領就任宣誓をせよ。

かつては悪魔呼ばわりされた、あのKGB議長のユーリ・ウラジミロビッチ・アンドロポフ閣下の肖像画に飼い犬の狂犬病汚染された大便を投げ付けて共産国家の閉鎖性と陰険さを嘲笑え。

そう、かつて元俳優の大統領閣下が在任中に彼等を名指しで公然と「悪の帝国」呼ばわりした事を思い出して、再び繰り返せ。
そうすればきっと、元俳優で国防総省の言いなりだった大統領閣下が突如トチ狂ってぶち上げたスターウォーズ計画を全アメリカ政府機関総力で再興可能となり、晴れて実現と成ろう。
そして、再び悪夢の双子の赤字(貿易赤字+財政赤字)を膨大に発生させ、今度こそデフォルト債務不履行をぶち引き起こし、世界を大混乱の渦に巻き込み腐り、そのまま全世界を阿鼻叫喚の破滅と滅亡に導引せよ。
聖書最終巻に収録された神の最終啓示書である「ヨハネの黙示録」に預言された世界と人類の終末を、アメリカ合衆国民総力で実現せよ。


そうすれば、この元俳優の大統領の様に、晩年に痴呆症を患いマクドナルドのビッグマックを御自身の大小便がこびり着いた不潔ド汚い手で鷲掴みしつつ喰いながら何遍も軟大便を汚くビチャビチャ垂れ流してしまい、愛する家族・親類を悲嘆と絶望のドン底に突き落としてしまう事も無い。




神はアメリカ合衆国を祝福し給う。
アーメン。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

tc2_search_naver_jp











CIA元職員のスノーデンさんが、世界最強の情報機関であるNSA:National Security Agency(アメリカ合衆国国家安全保障局)の国家機密情報を無断で持ち出し、超有名雑誌のガーディアンにぶちまけた(爆笑)

いっやぁ~勇気有り過ぎるよ、この30歳の英雄は。

彼こそ粋なアメリカ男児だ。

CIA:Central Intelligence Agency(アメリカ合衆国中央情報局)が主にヒューミント(人的諜報活動)を行うのに対して、NSAはシギント(電子的諜報活動)を担当する。

メリーランド州はフォートジョージ・ミード陸軍基地内に真っ黒のツヤツヤ壁に囲まれた方形の本部ビルを持つNSA。

スノーデン氏が、NSAが個人情報を極秘収集していた事を暴露したのだが、俺に言わせればそんな事はもう10年以上も前からとっくに分り切っていた事だ。

大学時代、インテリで知られた生理学講座の准教授の金森先生とも話したのだが、NSAは人工衛星を100機以上飛ばして、全地球規模で総てのe-mail,FAX,電話を盗聴出来る,
いわゆるエシュロンシステムと巷間呼ばれている悪魔の世界システムを既に稼働している。
スノーデン氏が暴露したのは、これとは別の、コードネーム「プリズムシステム」と呼ばれる物であった。
プリズムの如き、あらゆる総ての電子情報を分析・解析出来る事に由来するらしい。

もう僕のブログの読者諸氏ならとっくに常識だろうが、我々が普段使っているどのe-mailも通話もFAXも、NSAの監視下に置かれている。

ハリウッド映画の中でも描かれていた通り、我々は彼等に睨まれたら、全ての情報は丸裸にされてしまう。


面白い事に、NSAの本部ビルの写真をこの記事に転載しようとしたのだが、それが何故か何度試みても不可能(笑)
流石は世界最強かつ最凶の情報機関NSAである。
自分達は世界の全ての情報を監視下に置きたがるが、自分達の素生や正体がバレる事には異常なまでに拒否反応を示す。
まぁ、当たり前と言えば当たり前だ。


本題はここから。


スノーデン氏は、大方の予想と張り込みを見事に裏切って、ノートパソコン4台にアメリカの重大な国家機密情報を満載したまま恋人とハリウッド映画さながらの逃避行を続けており、未だロシア共和国の首都であるモスクワに滞在している。

御自身が元KGB(旧ソ連国家保安委員会)のエリートスパイであったヴラディーミル・プーチン大統領閣下は、エドワード・スノーデン氏のアメリカ合衆国への身柄引き渡しには応じられないとしながらも、彼に早期のモスクワ退去を勧告したらしい。

ここからは僕の推論に過ぎないが、スノーデン氏は既にロシア共和国政府と極秘取引に応じた可能性は有ると見る。
何故ならば、もしロシア共和国がスノーデン氏が把持するアメリカ国家機密情報を入手し、それを国際社会の場で上手く喧伝し、持って行き方に因っては直ちにアメリカ合衆国に「悪の帝国」のイメージを植え付ける事も十分に可能であろうからだ。

「自由と平等と民主主義の旗手」であるアメリカ合衆国が如何に節操の無い独善的で強権的な手口を裏で用いているかを、国際社会の公の場で白日の下に晒す事は、ロシアにとって相対的に相当度のプラスである。

プーチン大統領閣下(レニングラード大学法学部卒)を始め、ロシア政府高官も決して馬鹿ではない。
スノーデン氏の利用価値を十全に検討し尽くした上での、モスクワ滞在許可なのだろう。

putin09





言うまでもないが、現在スノーデン氏はCIAにもNSAにも命を狙われている立場である。
アサシン:暗殺者を送り込んで瞬殺するなんぞ、朝飯前だ。


アメリカ合衆国としては、何としてでもスノーデン氏を捕まえて拘束し、出来れば彼が全く無断で持ち去った国家機密情報もろとも抹消・抹殺を強く望んでいるはずだ。
既に、スノーデン氏に対する極秘暗殺命令が、秘密大統領命令にてバラク・オバマ氏からCIAとNSAに下っている可能性も低くはない。

水面下で、ロシア政府とアメリカ政府の暗闘が繰り広げられているのだろう。



tc3_search_naver_jp




僕自身はキリスト教プロテスタントの信仰者であり、しかも宗派のSDA(セブンスデイ・アドヴェンチスト)はアメリカ合衆国生まれの世界的有名宗派だ。
だけど、僕はスノーデン氏を密かに応援する。
何故ならば、実は僕の宗派のSDAはアメリカ生まれで居ながらも、聖書最終巻「ヨハネの黙示録」の中の「世界と人類を破滅と滅亡に導く2匹の獣」の内の1匹は、アメリカ合衆国であると断罪しているからだ。
アメリカ合衆国の行き過ぎた覇権主義と、独善に走り道を踏み外して世界人類を不当に支配下に治めようとする現在の姿を、僕の宗派の創始者のエレン・G・ホワイト女史は既に見抜いていたのかも知れない。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ