宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

Tag:SDA

5
 image 












女優:清水富美加さんが、突如芸能界引退を宣言し、御実家の御宗旨の「宗教法人:幸福の科学」の活動に専念する事を公言して、現在とても話題になっている。


image




 









これに対して、「自分勝手だ」、だとか、「突然に芸能活動に穴を開けてしまい、周囲に迷惑を掛けている」として、清水富美加さんに対する批判や非難の声が多く見受けられる。



芸能界の御意見番たる和田アキ子さんも、彼女の姿勢に疑問を投げ掛けている。



image















だが、僕は清水富美加さんを心から応援申し上げたい。


image















彼女は若干22歳にして、普通の年若い女性なら憧れて嫉妬する程に、喉から手が出る程に欲しがる煌びやかで華麗な芸能界と言う世界での大輪の満開の花と言う地位をかなぐり捨てて、自らが信じる道を今正に歩もうとして居られるのだ。



image















未だ22歳と言う滅茶苦茶な若さなのに、見上げた信念と根性ではないか、清水富美加さん。



現在はもう41歳にもなるこの僕も、実は彼女と全く同じ歳に、全く同じ様な人生の軌道を、自らの意志で選択し、歩んだ過去が有るのだ。



僕の場合は、大学在学中に、親にも黙って大学に勝手に休学届を提出、受理されてしまい、キリスト教(SDA:セブンスデー・アドヴェンチスト)の勉強と修練に専念したと言う過去が有る。




僕の実家の宗旨は仏教:浄土真宗高田派なのだが、実はそれ以前に僕の親族が、当時未だ2,3歳の幼児だった僕に、赴任先の欧州からお土産にクリスマスの絵本や宗教絵画の絵本をお土産に買って来てくれたのだ。



9a2a7823-s











それらの美しさは、当時未だ幼児だった僕の心を、強く捉えて離さなかった。

そしてそれ等の親族からのお土産が、その後の僕の人生の価値観を決定付けた。



AS20160805004845_comm











その後僕は、音楽の父:J.S.Bachの宗教声楽曲やミケランジェロ、ラファエロ等のルネッサンス絵画の巨匠達の素晴らしい芸術作品に魅せられて虜になってしまい、遂には完全に洗脳されてしまい、キリスト教の洗礼を受けて家族でただ一人、クリスチャンと成ってしまった。

そして聖書の世界に、深く分け入る様になった。



01be8e73-s














今回話題の女優:清水富美加さんは、元々御実家の御宗旨が「幸福の科学」でいらっしゃり、幼少期から慣れ親しんだ宗教なのだそうな。



2ca45f04-s








僕は基本的に、どの宗教や宗旨も尊ぶべきであると思って居る。

何故ならば宗教と言うものは、人間の最も根源的な場所の形成要素そのものであり、人間が営むあらゆる場面に必ず影響して来る甚大で巨大なものだからだ。



f33499bc














清水富美加さんが「幸福の科学に出家した」と、インターネットやテレビ番組で話題になっている。

未だ超ド若く、また芸能界ブレイク真っ最中なのに、大した人生の決断を為さったものだと、僕は清水富美加さんを見上げている。



yjimage













今、清水富美加さんが一部で批判されてしまっている様に、御自分の信念を貫き通す事に拠って、不本意ながらも周囲に少なからぬ迷惑を掛けてしまう事は、確かに存在すると僕は思う。

それは僕は理解出来るつもりだ。

何故ならば当時、今の清水富美加さんと同年齢の22歳のこの僕もそうだったからだ。



yjimage

















だが、勝手に大学を休学して自分が本当に学びたい道を歩み始めた僕を、大学の教授陣やサークルの先輩方は、とても温かい眼で見て下さり、また電話まで掛けて来てくれて本当に温かい御声援を送って下さった事は、今でもこの僕の素晴らしい不朽の人生の財産だ。



yjimage















そしてその後僕は、途轍もない、途方もない人生の財産を、自分の両手で抱え切れない位に大量に沢山、神様から賜って頂いた。


0c041_60_cbdbf87f9dd98fa32723b93ff561c121














神様や、応援して下さった両親や周囲に対して、今でも誠に心より感謝申し上げるばかりだ。



yjimage








yjimage














それ等の永遠に永久に朽ち果てる事の決して無い、素晴らしい至高で最上の人生の財産とは、お金とか物とか、この世の目に見えるものしか信じらぬ薄っぺらい軽佻浮薄なる低レヴェルの心の人間では、決して感得し得ぬものだ。



yjimage












そして神様から賜った人生最高の贈り物は、依然として途切れず枯れず、この僕に天からの祝福となって舞い降り続けている現在だ。



yjimage














だから僕は清水富美加さんを、心より応援申し上げたい。


yjimage















彼女が御自分の信じた道を、これから力強く迷い無く、楽しみと嬉しさに満ち溢れて、どうか笑顔で歩み進めて行って頂きたい。

そしてその過程で彼女が神様から賜った素晴らしい贈り物や賜物を、幸せや幸福として周囲にまた、素晴らしい女優さんとして還元して頂きたいと強く僕は思うのだ。











このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

tc2_search_naver_jp











CIA元職員のスノーデンさんが、世界最強の情報機関であるNSA:National Security Agency(アメリカ合衆国国家安全保障局)の国家機密情報を無断で持ち出し、超有名雑誌のガーディアンにぶちまけた(爆笑)

いっやぁ~勇気有り過ぎるよ、この30歳の英雄は。

彼こそ粋なアメリカ男児だ。

CIA:Central Intelligence Agency(アメリカ合衆国中央情報局)が主にヒューミント(人的諜報活動)を行うのに対して、NSAはシギント(電子的諜報活動)を担当する。

メリーランド州はフォートジョージ・ミード陸軍基地内に真っ黒のツヤツヤ壁に囲まれた方形の本部ビルを持つNSA。

スノーデン氏が、NSAが個人情報を極秘収集していた事を暴露したのだが、俺に言わせればそんな事はもう10年以上も前からとっくに分り切っていた事だ。

大学時代、インテリで知られた生理学講座の准教授の金森先生とも話したのだが、NSAは人工衛星を100機以上飛ばして、全地球規模で総てのe-mail,FAX,電話を盗聴出来る,
いわゆるエシュロンシステムと巷間呼ばれている悪魔の世界システムを既に稼働している。
スノーデン氏が暴露したのは、これとは別の、コードネーム「プリズムシステム」と呼ばれる物であった。
プリズムの如き、あらゆる総ての電子情報を分析・解析出来る事に由来するらしい。

もう僕のブログの読者諸氏ならとっくに常識だろうが、我々が普段使っているどのe-mailも通話もFAXも、NSAの監視下に置かれている。

ハリウッド映画の中でも描かれていた通り、我々は彼等に睨まれたら、全ての情報は丸裸にされてしまう。


面白い事に、NSAの本部ビルの写真をこの記事に転載しようとしたのだが、それが何故か何度試みても不可能(笑)
流石は世界最強かつ最凶の情報機関NSAである。
自分達は世界の全ての情報を監視下に置きたがるが、自分達の素生や正体がバレる事には異常なまでに拒否反応を示す。
まぁ、当たり前と言えば当たり前だ。


本題はここから。


スノーデン氏は、大方の予想と張り込みを見事に裏切って、ノートパソコン4台にアメリカの重大な国家機密情報を満載したまま恋人とハリウッド映画さながらの逃避行を続けており、未だロシア共和国の首都であるモスクワに滞在している。

御自身が元KGB(旧ソ連国家保安委員会)のエリートスパイであったヴラディーミル・プーチン大統領閣下は、エドワード・スノーデン氏のアメリカ合衆国への身柄引き渡しには応じられないとしながらも、彼に早期のモスクワ退去を勧告したらしい。

ここからは僕の推論に過ぎないが、スノーデン氏は既にロシア共和国政府と極秘取引に応じた可能性は有ると見る。
何故ならば、もしロシア共和国がスノーデン氏が把持するアメリカ国家機密情報を入手し、それを国際社会の場で上手く喧伝し、持って行き方に因っては直ちにアメリカ合衆国に「悪の帝国」のイメージを植え付ける事も十分に可能であろうからだ。

「自由と平等と民主主義の旗手」であるアメリカ合衆国が如何に節操の無い独善的で強権的な手口を裏で用いているかを、国際社会の公の場で白日の下に晒す事は、ロシアにとって相対的に相当度のプラスである。

プーチン大統領閣下(レニングラード大学法学部卒)を始め、ロシア政府高官も決して馬鹿ではない。
スノーデン氏の利用価値を十全に検討し尽くした上での、モスクワ滞在許可なのだろう。

putin09





言うまでもないが、現在スノーデン氏はCIAにもNSAにも命を狙われている立場である。
アサシン:暗殺者を送り込んで瞬殺するなんぞ、朝飯前だ。


アメリカ合衆国としては、何としてでもスノーデン氏を捕まえて拘束し、出来れば彼が全く無断で持ち去った国家機密情報もろとも抹消・抹殺を強く望んでいるはずだ。
既に、スノーデン氏に対する極秘暗殺命令が、秘密大統領命令にてバラク・オバマ氏からCIAとNSAに下っている可能性も低くはない。

水面下で、ロシア政府とアメリカ政府の暗闘が繰り広げられているのだろう。



tc3_search_naver_jp




僕自身はキリスト教プロテスタントの信仰者であり、しかも宗派のSDA(セブンスデイ・アドヴェンチスト)はアメリカ合衆国生まれの世界的有名宗派だ。
だけど、僕はスノーデン氏を密かに応援する。
何故ならば、実は僕の宗派のSDAはアメリカ生まれで居ながらも、聖書最終巻「ヨハネの黙示録」の中の「世界と人類を破滅と滅亡に導く2匹の獣」の内の1匹は、アメリカ合衆国であると断罪しているからだ。
アメリカ合衆国の行き過ぎた覇権主義と、独善に走り道を踏み外して世界人類を不当に支配下に治めようとする現在の姿を、僕の宗派の創始者のエレン・G・ホワイト女史は既に見抜いていたのかも知れない。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ