宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

Tag:SEGA

2




映画:「ワルキューレ」を鑑賞した。

NHK-BS premiumで放映されていたのを、買ったばかりのハードディスクに予約録画して、もう5度程も繰り返し観た。


ワルキューレ。
元々の意味は、北欧神話の戦いの女神だ。


これを題材に、かのドイツ人大作曲家であるリヒャルト・ワーグナーさんが楽劇として作編曲した「ワルキューレ」の中の、「ワルキューレの騎行」が特に有名だ。


冒頭に動画を掲げたので、再生しながらでも、暇潰しに以下を読み進めて頂きたい。


この曲は、絶対に誰でも聴いた事が有る筈だ。



image (32)















僕が観た、この俳優:トム・クルーズさん主演の2008年アメリカ映画の「ワルキューレ」は、ナチスドイツの「ワルキューレ作戦」の事だ。

僕がここで簡単に説明してしまうと、ナチス・ドイツ帝国の最高統治者に君臨していたアドルフ・ヒトラー総統閣下の極秘暗殺作戦を、国家非常事態に陥ったと想定される緊急事態にドイツ国内予備軍を動員する「ワルキューレ作戦」の発動に乗じさせてクーデターを謀ると言う、実際に史実に有った実在の話を映画化したものだ。


登場する人物は、全て実在の人物。


yjimage










数あるアドルフ・ヒトラー暗殺作戦の最後となったこの暗殺計画。

僕が驚いた事は、主演のトム・クルーズさん演じるシュタウフェンベルク大佐を始め、アドルフ・ヒトラー総統閣下や、ヨーゼフ・ゲッベルス宣伝大臣、かの悪名高きハインリヒ・ヒムラー親衛隊長官や、暗殺首謀者のベック上級大将、オルブレヒト大将まで、実際の本人と容貌がそっくりだった事だ。



Bild_146-1984-079-02













この写真の向かって左端が、ヒトラー暗殺計画の首謀者であるシュタウフェンベルク大佐。
そして他でもない、シュタウフェンベルク大佐が葬り去ろうと密かに計画した対象のアドルフ・ヒトラー総統閣下が、真ん中でこちらを向いて相手と握手している。



この映画の製作に当たり、俳優の人選やメイクに相当に拘ったのだろう。



1122174f-s














この写真の右端には、アドルフ・ヒトラー総統閣下が見える。
その直ぐ後ろ、向かって右から2番目の人物が、ハインリヒ・ヒムラー親衛隊長官か。
左端の太ったおっちゃんは、ヘルマン・ゲーリング国家元帥(ナチスドイツの軍人の最高ポスト)だろう。



4c8eeeeb-s














真ん中で手を組んでいるのが、美大受験失敗してヒッピー生活から伸し上がった、アドルフ・ヒトラー総統閣下。


彼のナチス第三帝国は、結局失敗した。



image (31)








愛する妻や家族を差し置いてでも、己の信念に従って行動したシュタウフェンベルク大佐を始め、現在では彼等は勇気と熱い魂を持った反ナチズムの英雄として、ドイツ本国では称えられている。




image (30)















しかし、ヒトラー総統もそうだが、悪の独裁者と言うのは古今東西どうしてこうも悪運が強いのだろうか!??


image (29)








このシュタウフェンベルク大佐が主動した最後のヒトラー暗殺計画も、途中良い線まで行きながら、最期は・・・。



image (28)








世界史を学んだ諸氏なら、彼等の最期はもう御存知だろう。



image (27)








この写真は、劇中でも登場したSS:ナチス親衛隊本部。
秘密警察(ゲシュタポ)も、SSの管轄下に在る。


容疑者や関わった人間達は片っ端から捕らえられ、処刑された・・・。



image (26)















超ハンサム俳優が演じる勇敢な主人公が、最期、計画に失敗して捕らえられ、処刑されてしまうシーンは、やはり胸が痛んだ。



ダウンロード (11)















この、今から24年程も前の大ヒットテレビゲームを、御存知の方も居ると思う。
タイトル表紙の絵の中央に、アドルフ・ヒトラー総統閣下が見える。



images (60)








因みに、当時のナチス・ドイツは、映画:「永遠の0」でも出た大日本帝国の同盟国だ。


images (59)







ゲームタイトル名は、「アドヴァンスド大戦略 ドイツ電撃作戦」。



images (58)








このゲーム、余りに面白くて、実は現在でもやっている人は少なくないのだ。


僕も高校生の頃に買って、大いにハマった。
その代わりに、学校の学業成績は見事なまでに急降下爆撃機の軌道の如く急降下。



images (57)









このゲーム、実際のナチス・ドイツ軍の戦史に忠実にゲームが進行するのだ。

従って、最初は圧倒的に強大無比のナチス・ドイツ軍だが、途中から後半、徐々にじり貧に陥って兵器の性能は連合軍に逆転されるわ、勢いは落ちまくるは軍事予算は貧乏貧困のダメダメぽんちの空っきしだわで、絶対クリア不可能と言う伝説は、もう定着してる。


勿論、僕も途中で投げ出した。

このゲームと、SEGAのメガドライブ本体。
実は今でもインターネットで買えるのだが、お子さんをお持ちの親御さんは、お子さんにはこのゲームは絶対にやらせない方が良い。

何故ならば、余りに面白過ぎて、他の勉強や部活動等には興味を失ってしまうだろうからだ。



image (24)















話を戻せば、アドルフ・ヒトラーみたいな完全に狂った恐怖の独裁者が、あの禍々しい第二次世界大戦を引き起こし、世界人類に拭えない、そして決して消えない癒えない深い深い傷を、こうして残酷に遺した。



image (25)















僕は自分の信念に基づいて行動する、この映画の首謀者達の様なカッコ良い男で在りたいと常日頃から思っているが、実際現実に自分や自分の家族の命や生活が危険に晒されれば、長いものには巻かれる単なる忠犬に成り下がるのだろう。



それでは、ビデオゲーム「アドバンスド大戦略 ドイツ電撃作戦」の、ゲーム開始冒頭に必ず毎回表示される、あの言葉を以て今回の記事を締め括ろう。





「この悲劇が繰り返されない事を祈って」







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

up_10061701












遂に稼動!
って今回のバージョンアップは、はっきり言って目玉が良く分からない。
ネット通信の範囲が世界に拡大したという事なの??

まぁいつもの様に新しいカードが加わった様なのだが・・・。

何か今一つ盛り上がりに欠ける気がするね。

結局、新カードっつったって大半がこれまでの既出の武将の焼き直しだし、SRカード連発されてもねぇ。

その昔、僕が子供の頃、ビックリマンチョコのシールが大流行していてね。
あのお菓子のメーカーは何処だったけな?明治製菓?グリコ?
ほんで金キラキラのシールがさ、最初は貴重だったんだけど、流行が下火になって来て段々売り上げも下降してくると、その金キラキラシールの発生頻度を上げるって戦略に出たんだよね。
ほんで最後は結局、全部のシールが金キラキラだったけど、それは逆に興醒めを誘ったのよな。

三国志大戦3もこーならなければ良いんだけど・・・。

今夜辺り、ゲーセンに行って見ます。

あ、そー言えばペンネーム:ポロさん、ゲーセンのカードトレード掲示板にて「LE楽進」を差し上げる旨、お約束しましたが未だお会い出来てませんね。
ポロさんは「LE郭嘉」とのトレードをお望みの様でいらっしゃいますが、私は既にLE郭嘉も所有しておりますので、LE楽進は無償で差し上げます。
もし、このブログを御覧になっていたら、こちらに連絡頂けると助かります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ