宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

2023年03月

里親の齋藤智之と齋藤京子の2人により自殺に追い込まれた、里子の椎名隼都くん(17歳)1

siina
sina



壱岐島に里子に出されて、里親の齋藤智之と齋藤京子から酷く最悪な虐待を受けて、とうとう自殺に追い込まれてしまった、壱岐高校2年生の椎名隼都さん(17歳)。




Screenshot-2023-03-18-06.29.14-300x210
a80f3995c7e402ca8e7f4d0c23ae3da7-1024x565
516cea758159e2604558d765cf1259ee-1024x57540E81040-2F4E-4661-B061-C10727ED6E34









齋藤智之と齋藤京子のこの2人が、椎名隼都くんの他にも里子を引き取り、酷く凄まじい虐待を日常普段から加えていた。




516cea758159e2604558d765cf1259ee-1024x575
9bc588b6ed4c3d1be3c438c91132d55e





確かにこの里親・里子家族の写真の中に、椎名隼都くんの姿は認められる。

そしてこの写真に写っている里子の一人が、意を決して突然に、緊急非常事態行動をしたのだ。



それは管理人:霊媒師様がその齋藤智之と齋藤京子による里子達への虐待を詳しくブログ記事にして、しかもその記事のコメント欄に里子の一人が救難信号SOSとも思える緊迫したコメントを書き込み、しかもその直ぐ後に齋藤智之と齋藤京子の2人と思われる人間からの非常識なコメントも多数書き込まれた。


そしてその書き込まれたコメントによればだが、虐待されて監視されていた里子の一人がブログ「怨霊の憑依」に対して救助要請し、その後は児童相談所に里子全員が保護されて、「お腹一杯に食べました。」との事である。


取り敢えず一先ず、安心だ。


早晩その児童相談所からは、壱岐警察署に対して虐待被害の通報と刑事告発がなされるだろう。




それが、こちら。




https://onryojinja.blog.jp/archives/21572035.html




そしてその齋藤智之と齋藤京子による恐怖と絶望の虐待が日常普段から実施されていた舞台が、こちらである。




a2dcfbcb0827acd0a68596cb669bffea







〒 811-5136
長崎県 壱岐市 郷ノ浦町 片原触 1019番地1


Screenshot-2023-03-18-06.29.14-300x210
a80f3995c7e402ca8e7f4d0c23ae3da7-1024x565
6503d3557ad22bff2e6bf68e79ae223040E81040-2F4E-4661-B061-C10727ED6E34










この里親の齋藤智之と齋藤京子は何と、椎名隼都くんが行方不明になってからの16日間、ずっとインターネット上からの隠蔽工作を必死にしていた事が判明している。



里親制度の酷い実態が、週刊文春さんの正義の報道で明らかになった。







東京高等検察庁が特別抗告を断念!袴田巌さんの再審開始が、決定しました!!5

360_F_464925399_vRxRg6Wvx2vtfkrAEuA3LSCM3KB9bt8a
001140374





何と、一時期は特別抗告を行う構えを見せていた東京高等検察庁が、一転、特別抗告を断念した!

僕は大変な驚きだ。



Naomi_Unemoto










最高裁判所への特別抗告を断念した張本人はこの方、東京高等検察庁の検事長である、畝本直美さん。

遂に東京高等検察庁の威信は、これにて地に堕ちた。


泣く子も黙る鬼の東京高等検察庁とて、世論を無視など到底全く出来なかったのだろう。
検察とて、人件費から固定費まで何から何まで全てを税金で賄われる国家機関だからだ。
言うまでもなく税金は、我々日本国民である納税者が支払ったものだ。





maxresdefault (35)
IP220310TAN000067000_O
ab4b74e1af6c6314aaa3c0a46670c3e6_1a70f40a3fa6ff4276498e26b64f1476e_186451ab34cf0f306639bf1d8747db84a_120230320-00602259-fnn-000-3-view














それにしても東京高等裁判所は再審開始を決定するに当たり、驚くべき驚愕の事柄を申し添えた。

「捜査機関による証拠(犯行時の着衣5点)捏造の疑いが極めて高い」



これはとんでもない事だ。

東京高等裁判所が公式にオフィシャルにそう言ったと言う事は、本当に証拠は捏造された物なのだろう。




001152559



00000000000000293910_0000001153_1




そしてその捏造行為の主体者は、当時の捜査機関、つまり静岡県警察本部と静岡地方検察庁と言う事になる。


これは本当に、我々は驚嘆し驚愕するべき、恐るべき事実と事態だ。


静岡地方検察庁と東京高等検察庁は、殺人事件の証拠を捏造してまでして、無実の袴田巌さんを死刑にして殺害し、殺そうと本気で行動していた。



これは法治国家にあるまじき、国家暴力団とでも言うべき検察による恐るべき公的な殺人行為だ。




86451ab34cf0f306639bf1d8747db84a_1








袴田巌さんは、検察庁により殺害され、殺されかけたのだ。



では検察庁とは、一体誰の為に存在するのだろうか?


職員の人件費も固定費も何もかも、全てが我々の税金で賄われているにも関わらず、無実の日本国民を証拠をでっち上げて本気で殺害し殺そうとしていた、国家暴力団たる日本国法務省検察庁。





large_IP200625JAA000414000_0004_CDSP
YEWSLNZ37NKS5B3KUVDJKPUAAU









その国家暴力団の親玉は、この人、検事総長の甲斐行夫さんだ。


この人が部下の東京高等検察庁・検事長の畝本直美さんと共謀し、無実の袴田巌さんを何としてでも死刑においやって殺害し、殺そうとしていた張本人なのである。

その目的は検察庁の威信とメンツの保守だ。
ただそれだけなのである。



正に実に、恐ろしい悪魔だ。



39b68ebe6e9dd473639044c9556692a1









新約聖書の中で主イエス・キリスト様はこう仰る。

「悪魔は最初からの人殺し」




large_IP200625JAA000414000_0004_CDSP
Naomi_Unemoto







つまり検事総長の甲斐行夫さんと東京高検・検事長の畝本直美さんは、悪魔そのものだった。



こんな質の悪い、正義者や善人の皮を被った悪魔なんかには、絶対に関わってはならない。


関わったら最後、無実の罪を着せられて、死刑にされて合法的手段で公的に殺害されるだけなのだ。



それにしても日本国法務省検察庁は、本当に恐ろしい悪魔機関だ。








霊媒師様のブログ「怨霊の憑依」が、いよいよ小倉美咲ちゃん行方不明・死亡事件の真相と核心に迫って来た。5

a25d8dfa







Styrax_japonica2









ha20180705-1










エリア467




霊媒師様が山梨県警察本部に、日曜日にも関わらずわざわざお伝えして下さった、(写真提供者の小倉とも子さんによれば)キャンプ当日に撮影されたとされる、美咲ちゃんが写った(と母親が主張する)キャンプ場現地の写真の中の、エゴノキ。




先ず、


エゴノキ

開花期:5月~6月
結実期:8月~11月
花言葉:壮大



この写真提供者である小倉とも子さんのお話を信じればですが、あの写真がキャンプ当日に撮影されて美咲ちゃんが写った写真であれば、当然に撮影日はAD2019(令和元年)09月21日・土曜日であるはずです。

つまりエゴノキは結実期の真っ最中である訳です。


実際に2022年08月19日に道志村をドライブ旅行して、「道の駅どうし(道志)」にてエゴノキがたわわに実を実らせていた様子を写真撮影した方がいらっしゃいますが、この方が撮影してブログにアップしたエゴノキの写真も、霊媒師様がアップしたエゴノキの写真と同様に、たわわに実を実らせております。

これです。

https://fshop-posyposy.cocolog-nifty.com/posyposy/2022/09/post-896e9f.html


はい、小倉とも子さんが警察に提供した「キャンプ当日の写真」の真正性が、この一点のみで脆くも崩壊しました。

小倉とも子さん提供の「キャンプ当日の写真」、ついでに言えば葉はどうやら新緑の様子であり、かつ開花もしていない様子を見ると、霊媒師様の御指摘通り、小倉とも子さんが警察に提供した「キャンプ当日の写真」の撮影日は9月では全くなく、恐らく春先~春頃つまり3月~4月である事が推定されます。


しかしここで僕は独自に、エゴノキとこの小倉とも子さん提供の写真との間に、見事な合致点を発見しました。


それは、エゴノキの花言葉:壮大。

そう・・・、今回の犯行グループの犯行全容の犯罪規模は本当に恐ろしく戦慄であり、我々の想像を遥かに超えて絶する、実に壮大なものだったのです。






今日で東日本大震災から12年間が経ちました1

shinsai_mv_og












僕は12年前、福島県相馬市に震災ボランティアに単身赴いた。

その時は自分が被災者の方達を助けるどころか、逆に被災者の方達から元気と勇気を頂いてしまった事は、かえって情けなく恥ずかしくも感じたものだ。


現地の被災者の方達との温かい交流は、今でも僕の人生最大の心の財産の一つだ。




mv (1)








あれから実にもう12年間、干支一回りも経ったのだな。

12年前当時は凄惨を極めた被災地も、今は大分復興が進んでいるとの事で、僕は幾分安心出来ている。




https3A2F2Fimgix-proxy.n8s.jp2FDSXZQO3092632010032023000000-1









だが亡くなった方達の命は、もう二度と現世に還る事はないのだ。



20230310-00010000-yjnewsv-000-1-view







もう二度とあんな悲惨な大震災は、世界のどこでも全く発生して欲しくはないが、つい先日、トルコとシリアにて巨大地震が発生し、5万人以上もの人々が落命した。




9d133824-df7b-47df-a630-c135bad261b7








そしてロシア連邦は相変わらず一向に戦争を止めようとしない。


本当に誠に悲しい事だが、こうした巨大な災厄や震災は、これからも地上世界から絶える事はないのだろう。








日本人はやっぱりお米の御飯だね5

noritukudani3957
noritukudani_2
4549414032062_PC_L














ご飯のお供。

先ずは、海苔の佃煮(のりのつくだに)!





efaddee9427c5f78756da26c86af30b3
81BWdW6R-GL._AC_SX679_





そして、キムチだ!




1b47f4dd7226c51c3ef4654416ee88c45520728f.84.9.3.3
0412172320_625536f887a1a





ほんで、搾菜(ザーサイ)よ。




これで間違いなく何方でも、御飯が進む進のススム君です。

以上です。


僕のブログ記事を検索して下さい
読者の皆様からのコメントです
月別の過去記事ファイルです
これは匿名の目安箱です

僕に対する批判・非難、延いては脅迫・恫喝・罵詈雑言等、万何でも受け付けております。

名前
メール
本文
極簡単な自己紹介です

エリア467

お酒も煙草も浮気もギャンブルも全くやらない、日本の地方に住む中年男性です。

キーワードの嵐です
スマホでどうぞ
QRコード