宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

たつき諒

AD2025年07月05日(土)には、太平洋にワームウッド(苦よもぎ)大彗星が墜落衝突するか?5

91BEBUhE8L._AC_UF10001000_QL80_















先ずこちらの書籍は、既にベストセラーになった有名な本だ。

僕も購入し、手元にある。


この女性漫画家のたつき諒先生によればだが、2025年07年05日(土)に、太平洋の真ん中辺りから日本国沿岸を含む環太平洋に、未曽有の巨大津波が発生し押し寄せると言う。


ここで疑問だったのは、たつき諒先生は著作の中で、巨大津波発生の直接原因となる事象には、全く触れていなかった事だ。

本を読むと、先ず想像しがちだと思うのは、海底火山の爆発か何かが発生する事により、巨大津波が引き起こされるのかと言う事だ。



だがたつき諒先生は、海底火山の爆発とは、一切全く言っていないし触れてもいない。





Bayside8-1
Bayside1-1








そこに僕が知る幾つかの点を、個人的に勝手に線で結び付けた。

以下が、素人の僕の単なる個人的仮説だ。



たつき諒先生が予知夢にて、巨大津波が発生するらしき期日は、どうやらAD2025/07/05 sat、であるとの事。


その丁度50年前に、アメリカ合衆国はニューヨークのベイサイドにて、ヴェロニカ・ルーケンさんと言う名の主婦のカトリック信者さんが、聖母マリア様の御出現と数々の預言を受けたと主張し始めた事に端を発し、当時一大ムーブメントを巻き起こした。




Bayside12-1
Bayside5-1





しかしここで注意しなければならないのは、ローマ教皇庁はヴェロニカ・ルーケンさんの一連の超常現象を一切公認はしておらず、むしろ否定的見解を公式に表明している。




05402002 (1)
853863











鬼塚五十一さんが著した、こちらの書籍によれば、ヴェロニカ・ルーケンさんは聖母マリア様から「ワームウッド(苦よもぎ)大彗星が、『(世界人類の)贖罪の玉』・『(世界人類の)救いの玉』として地球に激突・衝突する。」、と啓示されたらしい。





wormwood_image
wormwood
20171009_878e5cwormwood-01











ワームウッドとは、そもそも「苦よもぎ(にがよもぎ)」の事。

そしてこの「苦よもぎ(にがよもぎ)」のロシア語が、あの「チェルノブイリ」なのだ。
そう、今から30年以上前に悲劇の事故を起こした、ロシア(旧ソ連)のチェルノブイリ原子力発電所の名前そのものなのだ。




main_image_2975935f81de1496c4a930adb19d3548d2d52
c1995o1_25
20191029074510X8o0a










そしてその地球に落下する過程で、割れたワームウッド大彗星の破片の一つは、何とアメリカ合衆国はニューヨークに落下・衝突し、ニューヨークは文字通り、壊滅してしまうと言う。





51262b27









そして恐ろしいのは、このワームウッド大彗星の本体は、何と太平洋に落下して激突・衝突すると言うのだ。




Bayside4-1












そしてワームウッド大彗星が地球に衝突する2週間前には、地上からも肉眼で明瞭に視認する事が出来て、まるで太陽が2つある様に見えるとの事だ。





o0720090815347257287












もし本当にそんな事になれば、たったの14日間では地球人類は最早全く何も対処して為す術を全く持たないだろう。

アメリカ合衆国・戦略空軍が保有運用する、最新型の核弾頭搭載のICBM:ミニットマン3をワームウッド大彗星目掛けて複数発射しても全く無力であり、それは単なる徒労に終わるどころか、かえって無駄に放射能汚染を拡散させるだけだろう。





DLQ4AXxUQAE9Ivs










そして聖母マリア様はこの写真に、そのワームウッド大彗星が地球に衝突する「大天罰の日」が隠されているから、それを読み解けと謎かけをしたらしい。



当然ながら、僕には全く読み解けない。




319473450_large (1)














しかし本家本元のキリスト教の教典である聖書の最終巻である「ヨハネの黙示録」には、世界と人類の終末時に、神様が天使達にラッパを吹かせる事を合図として、様々な災厄を地上世界にもたらす様相が記述されている。


その一節にはずばり、こう書いてある。



「第3の天使がラッパを吹いた。すると、松明(たいまつ)のように燃えている大きな星が、天から落ちて来て、川という川の3分の1と、その水源の上に落ちた。この星の名は「苦よもぎ」といい、水の3分の1が苦よもぎのように苦くなって、そのために多くの人が死んだ。」




021533981















そこで僕が偶然耳にした報は、こちらスピリチュアル系の大変優秀な理論物理学者でいらっしゃる保江邦夫先生が、NASA:アメリカ合衆国・航空宇宙局からの極秘情報として、何とNASAは既に、AD2025/07/05 satに、巨大隕石が地球に衝突する事を既に把握していると言うのだ。


果たしてこれは、本当の情報だろうか?



奇妙にもこの日付は、先述の女性漫画家・たつき諒先生が指摘する環太平洋巨大津波発生の期日と、全く同一である。



これは単なる偶然か、それとも保江邦夫先生がたつき諒先生の予知夢に合わせて情報を公開したのか?





何れにせよ、結果はその日になれば、誰の眼にも明白になる。


AD2025/07/05・Sat・AMに、日本国の太平洋岸には破壊滅の超巨大大津波が襲来し、未曽有の大災難に見舞われます。1

51T1HSiC41L._SX350_BO1204203200_
















この本を、もう既に御存知の方も多い事と思う。





o0767050314949528225 (1)









何せこの様に、発売前から既にAmazonでベストセラー1位を獲得して、その席次を維持している書籍なのだ。





i-img1080x1080-1634027243mixynh110724












途中、月間ムーの作者:たつき諒さんに対するインタビューと取材で、何と有ろう事か、本物のたつき諒さんに成り済ました偽者が対応すると言う、前代未聞の不祥事も有ったが、こうして無事に御本人の編集と加筆の上で、正式に公式に復刻出版されたのだ。






o0800073014717589472
20210519101345 (1)






この漫画が話題になった原因は、御覧の様に刊行当時に既に東日本大震災を正確に予知したかの様な描画が見受けられた事から、この漫画が予言漫画であるとして、Amazonにて一時は14万円もの価格が付いてマニアの間で売り買いされていた事実が有る。


ただ作者のたつき諒(竜樹諒)さんは、この2011年03月の日付は夢ではっきりは見たものの、具体的に何の大災害であるかは分からなかったと本書で述懐している。




1107203722_2_sub2_l












もう僕がモロにネタバレで、今回の完全版の本書にての眼目は、既に本記事のタイトル・題名にて書き明かしてしまった。




mqdefault (1)








ただ作者のたつき諒さんは、今からわずかたった4年後に襲来する「かつてない未曽有の大災難」の日付をドンピシャで指定すると同時に、詳細に状況を本書内で著述している。




maxresdefault (20)







何でも、南海トラフ大地震なんざ比べ物にならぬ、それよりも遥かに巨大な大災難らしい。



100000009003441351_10228











本書を読み進めると分かるのだが、作者は元々予知夢を頻繁に見る体質らしい。

だが御本人には霊感は無いともキッパリ言い切る。

だが本書を最後まで読めば分かるが、たつき諒さんは元々霊的な素質や素養に恵まれた方の様だ。






m29914403880_1
i-img1200x1200-16341213003oykty20265
i-img1080x1080-1634027243mixynh110724












1200円(税込み)。

これを高過ぎるから金返せと喚き散らす豚野郎もいれば、十分に満足で買って本当に良かった本だったと称賛する声の方が、実際は遥かに多い。




P1011555-768x576










皆さんも一家に一冊、これを買って置き、備えましょう。

たつき諒さんの予知夢で知らされた、日本国の太平洋岸に襲来する未曽有の大災難の日は、(西暦)AD2025年07月05日(土)午前、である。
何でも東日本大震災の3倍もの高さの超巨大津波が襲来する、南海トラフ大地震なんざ比較にならぬ程の規模だそうだ。




m14136150441_1
















皆でこれを買って読もう。
そして当日、西暦2025年07月05日(土)午前が無事に過ぎ去るのを見届けて、その日の午後には本書を打っ棄りポイ捨てよう。

何故ならば、こうした日付指定の大災害・大災難の予知や予告は、今の今までに誰一人としてただの一度も的中させた事など全く無く、皆無であるからだ。






「私が見た未来 完全版:たつき諒 作」が、遂に再発売されるぞ!!5

51qBDpeSvZS._SX338_BO1,204,203,200_















この今から丁度30年前に書かれた漫画が、インターネットの一部で予てから話題になっていた。

何とあの東日本大震災311を予言していたとして、しかも完全に的中したとして、話題になっていた。

Amazonでは一時はこの中古本に20万円を超える値段が付き、注目の高さが伺えた。
因みに現在は、12万円の値段が付いている。




100000009003438203_10203












僕はこの07月号の月刊ムーの中の記事にて、「不思議探偵社」と言う、作者のたつき諒さんの公式サイトを知り、そこから再発売を知り得て、早速Amazonで予約した。

お値段は1200円(送料込み)。
しかもその発売日の07月17日は、あの神の直接救済に拠り世界終末の大洪水を切り抜けたノア一家製作の巨大箱舟が、遂に水が引いたアララト山に漂着した日とされる。


Amazonでは現在、この再発売される「私が見た未来 完全版」が、ベストセラー1位となっている。



32010000152








そんな中、静岡県民の僕として気になる事はやはり、たつき諒さんは富士山の大噴火を「最短でAD2021年08月20日」と予言為さっている事だ。



dcc12ed2c0f0458bb0a4d2cfae61f02a








そして予言の年から15年間毎に危険年となるらしい。

おい、再来月かよ。
はい、ここ静岡県は再来月に壊滅します。




Y3O4BCSKLFL77DWTDUT545WAXI









ほんでそんなこの俺は、静岡県の「ふじのくに 士民協働 県民施策レビュー」のメンバーに、県内市区町村に登録された有権者名簿の約306万人の中から、60名の一人として正式に選定されて選任されてしまった。
川勝平太静岡県知事名で、いきなり突然に静岡県庁から通知が自宅に郵送されて来たのだ。
なので僕は来月の07月11日(日)に、朝から静岡県庁に出向かなければならない。




pixta_13632916_M









(そして今夜、静岡県知事選挙の結果が判明する)




natural-disaster_14_05







そしてたつき諒氏は、AD2026年に神奈川県に恐怖の大津波が襲来する事をも予言する。


現在の横浜みなとみらいが、大津波で壊滅すると言うのだ。


神奈川県は現在の日本国内閣総理大臣:菅義偉さんの御地元でもあり、正に恐怖のどん底だ。







4813601081
919Elut10iL
o0381032611912988794











そして注目されるのは、漫画家:たつき諒氏の予言内容とその発生年は、アメリカ合衆国の著名で有名な霊能者のシルビア・ブラウンさん(2013年没)のそれと、ほぼ合致する事だ。





tokyo2020
ogp






そうこうする内にTOKYO2020は間も無く、そして漸く強行開催されて、日本でも新型コロナワクチンの接種が行き渡り、世界を騒乱と絶望に陥れた中国製生物兵器の狂騒劇も、もう既に下火になりつつ在り、幕を閉じようとしているのだ。





maxresdefault (15)
top_image
僕のブログ記事を検索して下さい
読者の皆様からのコメントです
月別の過去記事ファイルです
これは匿名の目安箱です

僕に対する批判・非難、延いては脅迫・恫喝・罵詈雑言等、万何でも受け付けております。

名前
メール
本文
極簡単な自己紹介です

エリア467

お酒も煙草も浮気もギャンブルも全くやらない、日本の地方に住む中年男性です。

キーワードの嵐です
スマホでどうぞ
QRコード