宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

プロイセン王

【CD48】《フリードリヒ大王の宮廷音楽》、を聴いた!5

230001692












 【CD48】《フリードリヒ大王の宮廷音楽》

1) ベンダ:ソナタ ホ短調,
2) グラウン:ソナタ ハ長調,
3) キルンベルガー:ソナタ ト長調,
4) フリードリヒ大王:ソナタ ホ短調,
5) グラウン:ソナタ ト長調,
6) クヴァンツ:ソナタ 変ロ長調,
7) ミューテル:ソナタ ニ長調

バルトルド・クイケン(フラウト・トラヴェルソ), ヴィーラント・クイケン(チェロ), ボブ・ファン・アスペレン(チェンバロ)[録音]1995年



僕は間抜けにも、途中の48枚目のレビューを書く事を、一つ飛ばしてしまった。



180px-Friedrich_Zweite_Alt














僕も高校の世界史で習った、かの大変な音楽愛好家のプロイセン王:フリードリヒ2世(大王)その人が、恐らくはサンスーシ宮殿内にて御自ら演奏した楽曲の数々が、見事に収録されている。

その中には何と、フリードリヒ大王その人が作曲した曲も含まれているのだ!
何とサーヴィス精神旺盛な、ボウナストラック収録な音楽アルバムであろうか。


しかも演奏者は、あのクイケン3兄弟の内の2人だ。

これで名演奏にならない訳が無い。
僕が言及するまでも無く、全曲終始、実に繊細で円やかな音で、明瞭な演奏だ。



img_d5dd693e58ee219f1ccf2b55b5456d22463527









この有名な絵画の中央でフラウト・トラヴェルソ(現代のフルート)を演奏している御仁が、正にフリードリヒ大王その人だ。



ではいざ聴いてみれば、ぉお!何と典雅で高雅なフルート曲であろうか!




3197









家で静かにコーヒーでも飲みながらこれを聴けば、気分はもうサンスーシ宮殿に居住する王侯貴族だ。


夜寝る前に聴く音楽としても、最適だろう。

就寝に際してのクラシック音楽は、バッハのゴルドベルグ変奏曲も最適の鉄板だが、本音楽アルバムも、不眠に悩む皆様には試す価値は大いに有ろう。


しかも今回の本アルバムも、新譜で買えば2300円(税込み)が、わずかたったの70円以下(税込み)だ。



全くお買い得所の話ではない。

これには偉大なるフリードリヒ大王陛下も、驚き魂消て衝撃驚嘆のビビびっくらブッコキだろう。









【CD13】《18世紀ドイツのフルート協奏曲》、を聴いた。5


51T1TJuOV2BL._AC_SX425_












 【CD13】《18世紀ドイツのフルート協奏曲》

1) カール・シュターミッツ:フルート協奏曲ト長調Op.29,
2) フランツ・クサヴァー・リヒター:フルート協奏曲ホ短調,
3) ヨハン・シュターミッツ:フルート協奏曲ト長調,
4) ホフマン(ハイドン):フルート協奏曲ニ長調,
5) グルック:精霊の踊り

バルトルド・クイケン(フラウト・トラヴェルソ:1-4),クレール・ジモン(フラウト・トラヴェルソ:5), ターフェルムジーク・バロック・オーケストラ[録音]1991年




22040006294
















アルバムタイトルからすると、僕が直ぐに連想するのはやはり、当時のドイツのプロイセン王:フリードリヒ2世(大王)陛下だ。




5128AvUGFUL._AC_SX355_ (1)












事実彼はこうして音楽やフルートを非常にとても愛好し、音楽の父:J.S.Bachは彼に対して、「音楽の捧げもの」を作編曲し献呈している。


いっやぁ~、先ずはフラウト・トラヴェルソの名手であり、かのクイケン3兄弟の一人、バルトルド・クイケンの演奏は、やはりここでも圧巻だ。



前回のアルバムは古典のイタリア音楽であり、今回は古典のドイツ音楽か。

うん、良いねぇ!



僕から見たら、最後の小作品の「グルック:精霊の踊り」が、これまた僕の好みのゆっくりスローテンポで優雅な旋律を、古楽器が鄙びた響きで奏でて、これまた滅茶サーヴィスなボーナストラックな感じでとても宜しい。

これはグルック作曲の歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」の中の1曲なのだが、これが独立されて演奏される機会は多いので、メロディは誰でも一度は耳にした事は有るだろう。




41VP9T4MKJL._AC_












こちらのアルバムにも「グルック:精霊の踊り」は収録されていて、こちらは言わずもがなの帝王カラヤンがいつもながらに超滅茶耽美的にピカピカに磨き上げた、滴る様に美しい演奏だ。

帝王カラヤンは、こうした小作品も絶対に全く手を抜く事無く、全身全霊で指揮して、手兵のベルリンフィルの奏者達は全員、大真面目に彼の厳しい指揮に全力で応えている。



現代オーケストラの最高峰であるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の現代楽器は、本当に最高に美麗で止め処無くうっとりさせられて深く幻惑させられてしまうのだが、今回紹介の古楽器演奏と対比的にも聴けて、僕はまたしても、とても面白い音楽体験を得られる事となった。




51T1TJuOV2BL._AC_SX425_











妻は今回紹介の古楽器演奏の「精霊の踊り」に接して、「眠るのには丁度良い曲だよね(^^)」と。

但し本アルバムにおいて、同曲「グルック:精霊の踊り」のみは、フラウト・トラヴェルソの奏者はバルトルド・クイケンではない事は、僕から少し注意しておく。










僕のブログ記事を検索して下さい
読者の皆様からのコメントです
月別の過去記事ファイルです
これは匿名の目安箱です

僕に対する批判・非難、延いては脅迫・恫喝・罵詈雑言等、万何でも受け付けております。

名前
メール
本文
極簡単な自己紹介です

エリア467

お酒も煙草も浮気もギャンブルも全くやらない、日本の地方に住む中年男性です。

キーワードの嵐です
スマホでどうぞ
QRコード