宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

ヨハネの黙示録

AD2025年07月05日(土)には、太平洋にワームウッド(苦よもぎ)大彗星が墜落衝突するか?5

91BEBUhE8L._AC_UF10001000_QL80_















先ずこちらの書籍は、既にベストセラーになった有名な本だ。

僕も購入し、手元にある。


この女性漫画家のたつき諒先生によればだが、2025年07年05日(土)に、太平洋の真ん中辺りから日本国沿岸を含む環太平洋に、未曽有の巨大津波が発生し押し寄せると言う。


ここで疑問だったのは、たつき諒先生は著作の中で、巨大津波発生の直接原因となる事象には、全く触れていなかった事だ。

本を読むと、先ず想像しがちだと思うのは、海底火山の爆発か何かが発生する事により、巨大津波が引き起こされるのかと言う事だ。



だがたつき諒先生は、海底火山の爆発とは、一切全く言っていないし触れてもいない。





Bayside8-1
Bayside1-1








そこに僕が知る幾つかの点を、個人的に勝手に線で結び付けた。

以下が、素人の僕の単なる個人的仮説だ。



たつき諒先生が予知夢にて、巨大津波が発生するらしき期日は、どうやらAD2025/07/05 sat、であるとの事。


その丁度50年前に、アメリカ合衆国はニューヨークのベイサイドにて、ヴェロニカ・ルーケンさんと言う名の主婦のカトリック信者さんが、聖母マリア様の御出現と数々の預言を受けたと主張し始めた事に端を発し、当時一大ムーブメントを巻き起こした。




Bayside12-1
Bayside5-1





しかしここで注意しなければならないのは、ローマ教皇庁はヴェロニカ・ルーケンさんの一連の超常現象を一切公認はしておらず、むしろ否定的見解を公式に表明している。




05402002 (1)
853863











鬼塚五十一さんが著した、こちらの書籍によれば、ヴェロニカ・ルーケンさんは聖母マリア様から「ワームウッド(苦よもぎ)大彗星が、『(世界人類の)贖罪の玉』・『(世界人類の)救いの玉』として地球に激突・衝突する。」、と啓示されたらしい。





wormwood_image
wormwood
20171009_878e5cwormwood-01











ワームウッドとは、そもそも「苦よもぎ(にがよもぎ)」の事。

そしてこの「苦よもぎ(にがよもぎ)」のロシア語が、あの「チェルノブイリ」なのだ。
そう、今から30年以上前に悲劇の事故を起こした、ロシア(旧ソ連)のチェルノブイリ原子力発電所の名前そのものなのだ。




main_image_2975935f81de1496c4a930adb19d3548d2d52
c1995o1_25
20191029074510X8o0a










そしてその地球に落下する過程で、割れたワームウッド大彗星の破片の一つは、何とアメリカ合衆国はニューヨークに落下・衝突し、ニューヨークは文字通り、壊滅してしまうと言う。





51262b27









そして恐ろしいのは、このワームウッド大彗星の本体は、何と太平洋に落下して激突・衝突すると言うのだ。




Bayside4-1












そしてワームウッド大彗星が地球に衝突する2週間前には、地上からも肉眼で明瞭に視認する事が出来て、まるで太陽が2つある様に見えるとの事だ。





o0720090815347257287












もし本当にそんな事になれば、たったの14日間では地球人類は最早全く何も対処して為す術を全く持たないだろう。

アメリカ合衆国・戦略空軍が保有運用する、最新型の核弾頭搭載のICBM:ミニットマン3をワームウッド大彗星目掛けて複数発射しても全く無力であり、それは単なる徒労に終わるどころか、かえって無駄に放射能汚染を拡散させるだけだろう。





DLQ4AXxUQAE9Ivs










そして聖母マリア様はこの写真に、そのワームウッド大彗星が地球に衝突する「大天罰の日」が隠されているから、それを読み解けと謎かけをしたらしい。



当然ながら、僕には全く読み解けない。




319473450_large (1)














しかし本家本元のキリスト教の教典である聖書の最終巻である「ヨハネの黙示録」には、世界と人類の終末時に、神様が天使達にラッパを吹かせる事を合図として、様々な災厄を地上世界にもたらす様相が記述されている。


その一節にはずばり、こう書いてある。



「第3の天使がラッパを吹いた。すると、松明(たいまつ)のように燃えている大きな星が、天から落ちて来て、川という川の3分の1と、その水源の上に落ちた。この星の名は「苦よもぎ」といい、水の3分の1が苦よもぎのように苦くなって、そのために多くの人が死んだ。」




021533981















そこで僕が偶然耳にした報は、こちらスピリチュアル系の大変優秀な理論物理学者でいらっしゃる保江邦夫先生が、NASA:アメリカ合衆国・航空宇宙局からの極秘情報として、何とNASAは既に、AD2025/07/05 satに、巨大隕石が地球に衝突する事を既に把握していると言うのだ。


果たしてこれは、本当の情報だろうか?



奇妙にもこの日付は、先述の女性漫画家・たつき諒先生が指摘する環太平洋巨大津波発生の期日と、全く同一である。



これは単なる偶然か、それとも保江邦夫先生がたつき諒先生の予知夢に合わせて情報を公開したのか?





何れにせよ、結果はその日になれば、誰の眼にも明白になる。


新約聖書・ヨハネの黙示録:生ける神の刻印 vs 獣の刻印5

o0900060014882345505









もう既に皆様も御存知の通り、日本国厚生労働省が公式発表したデータから読み解かれる通り、ここ日本国民の超過死亡者数が今年に入ってから激増している。



rectangle_large_type_2_8b47573a5bda0c5e25ebc2c5ce60b780







つまり平たく言えば、我々日本人が今、バタバタと次々に死んで死亡者数が激増している真っ最中なのだ。



つい先日、日本国厚生労働省から月毎の死亡者数が公表されたが、先々月の08月分の数値が速報された。




12565777223753941931







何とまたしても、超過死亡者数(つまり死亡者数の絶対値とも言い換えられる)の謎の激増が観測されたのだ(上の図)。



FgwhjJlaYAEn4-H












相関係数:0.99。

これはフェイクニュースでも虚偽でも誇張でもない、紛れも無いデータに表れている冷厳な事実なのだ。



o0504028815056955682








この原因や理由が、現在全く不明なのだ。




mnm_SmpD_400x400












何故こんなにも沢山の日本人が、今年に入ってから突然急にバタバタと死に始めたのか?(下の図)




https3A2F2Fimgix-proxy.n8s.jp2FDSXZQO2014279004062022000000-1








m89886228950_3














ここ我が日本国は現在、11年前の東日本大震災の様な国難級の大災害が発生した訳でも無く、また他のどの国家・勢力とも実戦的な意味合いにおいての戦争状態には全く無いのだ。




FgDira7VsAAoyFr

















それが何故突然急に、戦後最大の超過死亡者数が突如発生している現況なのか?



FggvbXjagAAZcl8














これに対して日本国厚生労働省や国立衛生研究所は、曖昧な説明に終始しており、先ずこの事実を正面から認めようとはしていない。




2278958_f260











今静かに水面下で進行中の、戦後最大の超過死亡者数、及び死亡者数の激増。

この原因は、実は新型コロナウイルス感染症ではなくて、むしろ新型コロナワクチンの接種に起因しているのではないかと疑う人達が、現在世界の一部に根強く存在する。




51eYCTJSkuL._AC_UL232_SR232232_
FgtY3BAaUAENyz_






我々人間と世界人類を、恐怖の悪魔ウイルスである新型コロナウイルス:COVID-19から救済する、唯一の救世主のはずであった、新型コロナウイルスワクチン(mRNAワクチン)。




m89886228950_2















そしてビル・ゲイツさんが創業したマイクロソフトの関連子会社が既に取得した特許である「特許番号:WO2020/060606」は、今回の新型コロナワクチンの中に極小マイクロチップを混入させる技術として既に実施された先端科学技術の特許だったのか!?

このWOとは、World Order:世界秩序の略なのか?
060606とは、つまりは新約聖書・ヨハネの黙示録にて2000年前に預言されて記述された、獣(悪魔・サタン)の数字である666を示すものなのか!?




ad2edcf133bd4e03a18f12588436d04c
E8y03WkVoAA2bZO







元・ファイザー社:イギリス子会社の副社長さんだったマイケル・イードン博士は、静かに公に断言した。
「この新型コロナウイルスワクチン(mRNAワクチン)を接種した人間は、3年間以内に必ず絶命します。」



4CE4D276-D040-4EC1-8511-4E60DAF78F33









HIV:エイズウイルス発見の多大な功績により、ノーベル医学・生理学賞の受賞に輝いたリャック・モンタニエ博士(故人)も、イードン博士とほぼ同時期に、ほぼ同じ内容を公言した。
「この新型コロナウイルスワクチン(mRNAワクチン)を接種した人間の寿命は、長く見積もっても5年間です。平均で2~3年間以内に死亡するでしょう。我々に出来る事は、最早何も有りません。せいぜい火葬場施設を増強する事位です。私は(当時80歳過ぎ)もう十分に生きました。」




043fj21329_TP_V4








であるならば、まさかひょっとしてだが、悪魔・サタンが全世界中の全人類を惑わし誑かし騙して、全世界中の人間達が新型コロナウイルスの恐怖に打ち震えて戦慄し、極度の不安と恐怖に陥り、そこから見事に人間達を我先にと自発的で自主的な接種へと急ぎ駆り立てたこの新型コロナウイルスワクチン(mRNAワクチン)こそが、実は本当の真の姿と正体は、新約聖書はヨハネの黙示録にて2000年前に預言されていた「獣(悪魔)の刻印」そのものなのだろうか!?
聖書によれば、その獣(悪魔・サタンの盟友)とは人間を指しており、その獣(悪魔)の数字は666なのだそうだ。




24d4ad67d94d86dcbaeac573e4e6b37d







これが創業者のビル・ゲイツさんが特許取得した番号であるWO2020/060606と、符合するとでも読めるのだろうか?


我々人類は悪魔・サタンに、またしてもまんまとしてやられて、ころりと騙されてしまったのか!?




4867420875
81nU01q7fxL





新型コロナウイルスワクチンに対する見解の論争は、現在もインターネット上で止む事は永遠に無さそうだ。






_127389953_gettyimages-1434984650
9 (30)
166108405-35223956ogp (2)









そしてローマ教皇:フランシスコⅠ世様は今から数年前に既に、「第3次世界大戦はもう始まっている」と、意味深な事をスピーチの中で確かに明言為さった。


新型コロナウイルスワクチンに対する見解や意見や見方は諸説有るが、僕が思うには、AD2025には結果は全世界中で明白に出揃っている事だろう。




3-min-3









そして今日も僕と家族は、新型コロナにも風邪即ち流行性感冒(原因ウイルスは旧型コロナウイルス)にもインフルエンザウイルスにも感染せずに、元気で健康な毎日を送っている。





ad2edcf133bd4e03a18f12588436d04c
E8y03WkVoAA2bZO






だがマイケル・イードン博士は現在、こう公言している。

「(新型コロナウイルスワクチン⦅mRNAワクチン⦆の接種に関して)今冬(AD2022~AD2023)、取り返しの付かない事態に陥る可能性が高いと私は推測する。」















【CD57-58】《ブクステフーデ:オラトリオ「最後の審判」》、を聴いたぜ。5

i-img600x604-1592618669frrlab253 (1)












 【CD57-58】《ブクステフーデ:オラトリオ「最後の審判」》

ローランド・ウィルソン(指揮)ラ・カペラ・ドゥカーレ, ムジカ・フィアタ・ケルン[録音]2005年




51xx68B7AlL._AC_SY355_














ブクステフーデのオラトリオ:最後の審判は、かなりマイナーな楽曲らしくて、画像検索しても本アルバムと他にもう一つ(上記写真)しかヒットしない。




800px-Michelangelo_Giudizio_Universale_02
220px-Otsuka_Museum_of_Art_-_2_2C_Tokushima
saigonosinnpan













「最後の審判」と言えば、先ずはこちらのミケランジェロ作の有名絵画だろう。

バチカン市国のシスティーナ礼拝堂に鎮座する、世界史上最も有名な絵画の一つだ。




1280px-John_Martin_-_The_Last_Judgement_-_Google_Art_Project








丁度僕は最近、聖書の最終巻である新約聖書:ヨハネの黙示録がとても気になり、またしても最初から読み出していた最中だった。




800px-Last_Judgement_Michelangelo-1-728x409








そこにタイムリーにも、キリスト教の最大奥義である「最後の審判」のオラトリオ(聖譚曲:聖書に題材を取った声楽曲)が来たので、僕は今回特にとても楽しみに鑑賞した。




Angels-trumpets












それと同時に今日の午後、久し振りにヴェルディのレクイエム:サー・コリン・デイヴィス盤を鑑賞したのだが、そのジャケット写真がまた偶然にも「最後の審判」の絵画らしい。

実にタイムリーな事象が重なるものだ。


そしてこのアルバムは、僕が大学生時代にM先輩から借り受けて、初めて鑑賞した音楽アルバムなのだ。




7098dde0c93a04b5d6994729d1614add









我々日本人がこの期に及んで未だ良く分かっていないのだが、キリスト教とその母胎宗教であるユダヤ教は、実は強烈な終末思想の宗教なのだ。




bosch311_last-judgement










僕は今回の音楽アルバムを鑑賞するに当たり、それこそ「ヨハネの黙示録」にて気宇壮大に激烈な表現で記録展開される地球人類の未来と将来映像から想像して、激しく百花繚乱な音楽表現を正直期待はしていたのだが、それは結果的には裏切られて、このブクステフーデなる作曲家のオラトリオ「最後の審判」は、清明で清澄で美しい天上世界、つまり僕に言わせれば、それこそヨハネの黙示録中に預言された、世界と人類の破滅と終末の後に天から訪れる「新しいエルサレム」のイメージの楽曲だ。




20190815_2856217








意外にも美しく清らかなオラトリオに僕は気を良くし、結局このCD2枚組の音楽アルバムを、計3回程も繰り返し通して鑑賞してしまった。

このオラトリオ、勿論当然ながらと言うべきか、同じオラトリオの音楽の母ヘンデル:メサイアや、増して音楽の父バッハ:クリスマス・オラトリオには、楽曲の完成度は遠く全く遥か足元にも及ばない。

だがこのブクステフーデ:最後の審判は、これはこれでとても良いオラトリオであり、良い声楽曲作品だと僕は思った。



b0221219_1037212









出来れば僕もやはり、天国行きのチケット・旅券・パスポートを神様から賜る事が出来る位に、現世の人生を日々精進して行きたいものだ。




1











所で話はヨハネの黙示録から移るが、僕から見て現代の世界の情勢や様相こそが正に、聖書に預言された終末の時期なのではないかと本気で思える。


突如世界で沸いた新型コロナウイルスのパンデミック。

そしてそれに続く全世界中で怒涛のワクチン接種の推奨。

実際、同居する僕の義母に対して市から、ワクチン接種券が郵送されて届いた。
そこにはワクチンのロットNo.まで記す欄が有り、個別接種の有無の確認を、自治体や政府が容易に把握出来る様になっていると僕には見受けられる。


以下に要約をコピーペーストして貼り付けるが、今これをお読みの貴方様に限っては、神様の御手に拠る直接の最終救済に見事与る事が出来る事を、僕は心から祈って止まない。



↓↓↓




「小さな者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも、自由な身分の者にも奴隷にも、すべての者にその右手か額に刻印を押させた。 そこで、この刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることもできないようになった。この刻印とはあの獣の名、あるいはその名の数字(666)である。」(‭‭ヨハネの黙示録‬ ‭13:16-17‬‬)

 

 

 

 

また、この獣の刻印を受けた人たちは、

 

 

 

 

「第一の天使が出て行って、その鉢の中身を地上に注ぐと、獣の刻印を押されている人間たち、また、獣の像を礼拝する者たちに悪性のはれ物ができた。」(ヨハネの黙示録‬ ‭16:2‬‬)

 

 

 

 

とあるように、神の裁きがこの地上に下るとき、裁きの対象になります。

 

 

 

 

そして最終的には、反キリストや悪魔と共に、地獄に行くことになります。

 

 

 

 

「だれでも、獣とその像を拝み、額や手にこの獣の刻印を受ける者があれば、 その者自身も、神の怒りの杯に混ぜものなしに注がれた、神の怒りのぶどう酒を飲むことになり、また、聖なる天使たちと小羊の前で、火と硫黄で苦しめられることになる。 その苦しみの煙は、世々限りなく立ち上り、獣とその像を拝む者たち、また、だれでも獣の名の刻印を受ける者は、昼も夜も安らぐことはない。」(‭‭ヨハネの黙示録‬ ‭14:9-11‬‬)










【CD52】《マットイス・ピペラーレ:声楽作品集》、を聴いた。5

m274373868.1











 【CD52】マットイス・ピペラーレ:

1) バラード「愛の女神さま」,
2) シャンソン「陽気にしていて、女神のようで」,
3) ミサ曲「今はもう、ただ死を心待ちに」,
4) アンティフォン「サルヴェ・レジナ」,
5) モテット「忘れないでください、キリストの母なるかたよ」,
6) ミサ曲「武装した人」

パウル・ファン・ネーヴェル(指揮) ウエルガス・アンサンブル[録音]1995年





「マットイス」??マットと椅子の事か?

何しろマットイス・ピペラーレさんなんて、初めて耳にする作曲家のお名前だ。


インターネットで検索してみても、この人の作品のCDは他には余り発売されていないっぽい。




FB1309202











でも画像検索したら、マットイス・ピペラーレさんの作品を収録したと思われる音楽アルバムのジャケット写真が、お若い金髪白人のお姉さんだったので、ついでにこうして挙げてみた。


鑑賞してみて肝心の内容は、僕の好みのタイプの複雑ではなく比較的単純な楽曲構成の宗教声楽曲だ。


本アルバムのジャケット写真は、御覧の通り中世欧州の騎士の絵画だが、僕には何だかこの絵画は、清澄な宗教声楽曲の内容とは余り似合っていない様に思えてしまう。



こうして改めて、本CDboxセットにて数多くの古楽の様々な作曲家の宗教声楽曲作品に触れて来て、神への祈りや賛美と言うものは、古来から現代に至るまで我々人間や人類にとって、ずっと永遠普遍の一貫したテーマ・主題だったのだなと、改めて認識を新たにさせられる。




75664c8f972250afc6d1ae273d26d83b
















っと言う事はこれからも人間・人類にとって、神様への祈りや感謝、そして賛美と言った心や魂の精神活動は、やはり全く変わらず永遠普遍でユニヴァーサルなもので在り続けるのだろう。




d00cf68027a71e210ad4da423be4c18a








そして休日の日曜日の今日も、僕はこんな宗教声楽曲を自宅のステレオでBGMに流しつつ、新約聖書のヨハネの黙示録を読み耽った。




Apocalypse_vasnetsov
EbldTzhUwAEv780
middle_14429766705a8c0ad5
o0320024014247295220
red_dragon250px-Saint_John_on_Patmos
f35ffe95
Book_of_Revelation0199f2a054f11633f37d3987c1a52e7d397















人類がかつて経験した事の無い大苦難と大困難の向こうに在るものは、この上無く最高に眩く光輝いた、神様の御手に直接拠る最終で永遠の救済なのだ。









本日、世界人類破滅亡の予定だった。5

yjimage - 2020-03-20T222830.091 








巷間、予てから囁かれて居た事だが、AD2020 03月20日(金)春分の日の本日、古代マヤ歴や古代インド歴の終焉に伴い、世界人類が滅亡する予定だった。


ただキリスト教の最終啓示書である「ヨハネの黙示録」には、世界と人類の破滅と終末が生々しく鋭利に描写されつつも、その向こう側に眩い光彩に満ち溢れた最高に素晴らしい永遠の御国の到来が、神様の御眼に適う人間達だけに対して、確かに約束されて居る。




yjimage - 2020-03-20T222815.433 








だがこうして今日も、僕は実家の親父と食事を共にし、仲良し御近所のSさんと歓談し、平和に1日を終えて神様に感謝する、いつも普段の日常だ。




yjimage - 2020-03-20T222821.262









COVID-19(新型コロナウイルス)は、現在は発生源である中国を抜いて、イタリア共和国でその恐ろしい猛威を振るい、世界に恐怖を植え付けて居る。




yjimage - 2020-03-20T222838.199








確かにここ日本国の場合は、日本国民は清潔意識が非常に高い民族であり、元々社会の衛生環境が極端なまでに清潔である事にも支えられ、日本政府の効果的な対策が奏功し、感染拡大は非常に緩徐なものに依然抑え込まれて居る。




yjimage - 2020-03-20T222846.251







だがイタリア共和国はそれ程不潔な衛生環境ではないはずなのに、どうしてこうも極端に感染者数・死者数共に、いきなりズドンとオーヴァーシュートしてしまい、極端なまでに多いのか?

僕にはとても疑問だ。



yjimage - 2020-03-20T222851.847 









しかし期日指定の破滅予言の常で、こうして今回も見事に予言は外れて、引き続き世界はコロナパニックに喘ぎつつも、決定的な破滅の憂き目には遭わないで居られて居る。




yjimage - 2020-03-20T222856.877








それよりも漫画AKIRAの作中にて、東京五輪が中止される事が示唆され予言されて居るとの事が、よく噂に登る。




yjimage - 2020-03-20T223850.884








そして本日は、4コマ漫画の「100日後に死ぬワニ」が、遂に死ぬ日である、つまり最終回を迎える日である事が巷間話題だ。




yjimage - 2020-03-20T222916.738











地球はこれからも太陽の周りを廻り続け、世界はこれからも存在し続ける。



yjimage - 2020-03-20T222941.727









今回のCOVID-19(新型コロナウイルス)も、この春季中には終息するのではないか?



yjimage - 2020-03-20T222821.262








だが世界には、世界と人類の破滅と滅亡を心底希求し、実現させようと画策して居る凶悪な悪魔の手下共も、現実に常に多数存在する。



yjimage - 2020-03-20T222815.433 








そこで我々は神様に試されて居るのだろう。

神様や仏様を信じて永遠の生命を得るのか、それとも悪魔やサタンを信じて永遠の煉獄地獄に堕とされるのか。




yjimage - 2020-03-20T222810.126 









その答えを選ぶのは、僕達自身なのだ。








僕のブログ記事を検索して下さい
読者の皆様からのコメントです
月別の過去記事ファイルです
これは匿名の目安箱です

僕に対する批判・非難、延いては脅迫・恫喝・罵詈雑言等、万何でも受け付けております。

名前
メール
本文
極簡単な自己紹介です

エリア467

お酒も煙草も浮気もギャンブルも全くやらない、日本の地方に住む中年男性です。

キーワードの嵐です
スマホでどうぞ
QRコード