宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

三方原の合戦

デート中に不思議な心霊現象に遭遇した!!5

wp-1470222235116








ライブドアブログにて、「印象に残っているデート」と訊かれたので、僕なりに印象に残っている当時の恋人(彼女、現在の妻)との、と或るデート時の模様を、以下に書き遺す。

(写真はイメージです)



title






ここ静岡県浜松市西区での「伊佐地(いさじ)緑地」にてデート時に、その不可思議な心霊現象は発生し、我々は遭遇した。



thumbnail-60261563f96211eab16a0a73a5222c23








実に今から丁度20年も前の出来事なので、今となっては詳細は忘却してしまったが、彼女と2人でもう帰宅しようといつもの様に車に乗り込もうとした時だ。

彼女が僕の背後の頭上の空間辺りを見ながら、かなりとても珍しがって嬉しそうな表情で、「ぁあ!これって、蛍・・・!?」
彼女(妻)は東京都内で生まれ育っている故に、蛍が非常に珍しいのだ。


もう周知の事実だが、ここ静岡県浜松市ではその時点で既にとっくに、蛍など市内ではほぼ絶滅しており、もう見られなくなっていた。

僕は妻の発言に触れて、頭の中で「蛍なんている訳無いじゃん・・・。」って思いつつ自身の背後を振り返った。




Genji-botaru_1200x1200
202006060185_top_img_A
38009533326_9ae42254ce_b










すると蛍の光らしき強い黄緑色の光を放散しながら、一点の発光体が、音も無くスゥーっと直線の軌道を描き、真っ直ぐに我々の頭上を飛んで、そのまま漆黒の闇に消え去ったのだ。

彼女は静かに微笑み、まるで神様か仏様に感謝するかの様な素振りで、その場で静かに微笑みながら両手を胸に優しく当てていた。


その後その蛍らしきを僕は必死に追い掛けて、探し回ったが、最早もう何処にも何も見付からなかった。





81rz1as4nNL
009 (1)












それにしても妙だった。

蛍の光にしては淡い光ではなくて、かなり強い発光だったのだ。


我々は一体、何を目撃したと言うのだろうか・・・!??
それは20年間も経った今でも、思い出せば不可思議だ。







221667138_675
20210315_hotaru_008
2330751b-shutterstock_664142758-1200x675















そして僕は自宅に帰宅後、僕等が遭遇した不可思議な出来事を親父に報告し、何気無くちょっと相談してみた。

すると静岡県浜松市で生まれ育った親父としては、「浜松で蛍なんて、もうとっくに見られる訳が無いじゃないか。」、「あの辺り(伊佐地緑地)は昔、三方原の合戦(侵攻して来た武田軍を徳川軍が迎え撃ったが、徳川軍が逆に返り討ちに遭い、ボロクソのコテンパンにぶちのめされてしまった)が有ったから、その時の落ち武者だとかの魂をお前達は見たのかも知れないね。」




41300-169-f2061f6873e4c4027b671bdff1dd877a-650x433









僕は以上の目撃体験談を、直ぐ様文章に書きまとめて、オカルト・スピリチュアル・心霊雑誌の月刊ムーの読者体験談コーナー宛てに、e-mailで送信して報告した。




51bxuGR0qrS
















すると何とまた驚いた事に、月刊ムーの出版社の学研さんから、いきなり突然に僕の当時の徳島県徳島市の自宅アパートに、現金4000円が入った現金書留が郵送されて来たのだ!
僕は生まれて初めて、原稿料なるものを入手した。


そしてまたその直ぐ後に、更に更に驚くべき事が発生した。

徳島市でいつも立ち寄っていた本屋さんで、妻が僕に驚きつつ笑いながら「まぁちゃん(僕)、大変~!」
何と僕等の上記の心霊体験談が、一部の文章が修正された上で、住所地・氏名が正確にそのまま掲載されて、上手なイラストが書き添えられて掲載されたのだ!!

しかも当時のその読者心霊体験コーナーの相談役だった霊能者の太地ミズホ先生の、僕の心霊体験に対するコメントまでが掲載されていた。




0015901016L















「Iさん(僕)達が目撃した蛍は、お父様が仰る様に三方原の合戦の時の落ち武者の魂かも知れませんね。」



img_60d7b5fa5284bc5eefac09cb1313a3a33023593















そう言えばもう間も無く直ぐに、NHKの大河ドラマ「どうする家康」が放送開始される。

主演は松本潤さんだ。僕は彼に大いに期待している。




20221030_001200_p_o_81451886
















三方原の合戦にて徳川軍が返り討ちに遭ってぼろ負けしてしまい、その無様な様に悔しく地団駄踏む自身を敢えて絵師に描かせて、以後生涯の教訓としたとされる、苦労人の徳川家康公。

その有名な出来事も、きっと恐らく今年の大河ドラマの中で描かれる事だろう。
それを松本潤さんは、どう演じるのか?見ものである。



07d955741d32f8f785b9acbda01839b1







この結びとしては違う方向だろうが、NHK大河ドラマ「どうする家康」、楽しみですね。












蛍 2011

tc2_search_naver_jp
tc4_search_naver_jptc1_search_naver_jpgrp0524120312_thumb








今年も、早くも蛍の季節だ。

ここいらでも、蛍が鑑賞出来るスポットが有る様だ。

皆さんはこう言った事を聴いた事は無いだろうか・・・?
「蛍には人の魂が乗り移る。」


毎年僕はこの話を披瀝するのだが、僕と妻は、絶対に見る筈の無い場所で、たった一匹の蛍が煌々と明るい黄緑色の光を発しながら僕等カップルの頭上を通り過ぎて行った事が有る。

後で親父に言ったら、それは三方原の合戦で討ち死にした兵士の魂ではないかとの事。
三方原の合戦とは、徳川家康と武田信玄の戦である。
結果としては、徳川家康は惨敗した。


僕等がたった1匹だけ僕等カップルを追う様にして飛んでいた謎の蛍を発見した場所に、後日、妹カップルが訪れたのだが、妹の彼氏さんは多少霊感が有るらしく、その場所を訪れたら身体に鳥肌が立ち寒気を覚えて、その場所全体に違和感を感じたのだと言う。


この話を有名ミステリーマガジンの学研の「ムー」に投稿したら、見事に採用されて原稿料3000円を獲得。
雑誌にはモロに実名で、しかも手書きの挿絵入りで掲載された。


人の魂が乗り移る。
もしそれが本当の話であるとしたら、既にこの世には存在しない知人(しりびと)を想い偲んで逢いに行く感覚で蛍を鑑賞すると言う人も、中には居るのだろうか・・・??
僕のブログ記事を検索して下さい
読者の皆様からのコメントです
月別の過去記事ファイルです
これは匿名の目安箱です

僕に対する批判・非難、延いては脅迫・恫喝・罵詈雑言等、万何でも受け付けております。

名前
メール
本文
極簡単な自己紹介です

エリア467

お酒も煙草も浮気もギャンブルも全くやらない、日本の地方に住む中年男性です。

キーワードの嵐です
スマホでどうぞ
QRコード