宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

宮廷音楽

【CD51】《ニコシアの宮廷音楽》、を今聴いてる。5


m376785619.1














【CD51】《ニコシアの宮廷音楽》

1) 永遠に聖なるかな 聖なるかな、生来の(4声イソリズム・モテトゥス),
2) 私の心がとても甘美にため息をつくのを私は感じる(3声バラード),
3) 私はすっかり愛に満たされている(3声ヴィルレ),
4) 私は愛の糧を受ける(3声ヴィルレ、器楽),
5) グローリア(4声イソリズム・ミサ楽章),
6) 確かにそれは 私たちは力を込めて愛し(4声イソリズム・モテトゥス),
7) 私はある貴婦人に喜びを見出す(3声バラード),
8) クレド(4声イソリズム・ミサ楽章),
9) 心地よき音楽が響かんことを(3声イソリズム・モテトゥス、器楽),
10) 愛はこんなにも甘美に私を苦しませるのだから 本当の恋人なら(4声2重バラード)

パウル・ファン・ネーヴェル(指揮) ウエルガス・アンサンブル[録音]1993年





うん、今この音楽アルバムを自宅ステレオで再生しながら、本ブログ記事を書いているが、何とNHK-FMの朝06:00~放送される「古楽の楽しみ」の雰囲気そのまんま!

朝の清澄で寂静な雰囲気の中に差し込む透き通って眩い輝きに満ち溢れた日の光の中で、僕は大学生時代、自宅ステレオが自動で毎朝06:00にスイッチが入り、NHK-FM放送が流れると、こんな音楽がしょっちゅう流れたものだ。

それがまた一種独特の経験で、6畳一間のボロアパートの自室に、清らかな雰囲気を創出してくれたものだ。



ほんで今回の音楽アルバムのCDも、新譜で買えば2800円(消費税込み)もしやがるぜぃ。
それをたったの70円以下(消費税込み)で入手したんだよん。




こうして本音楽アルバムのCDを聴いていると、つくづく西洋音楽と言うものは、キリスト教文化・芸術として発展・発達して来たのだと、今更ながらに再確認する。




じゃあそもそも「ニコシア」って何?何処?

調べれば、キプロス共和国の首都、らしいよ。
僕は勿論、キプロス島なんてそもそも行った事が無いから、知らないし分からない。





250px-Nicosia_01-2017_img20_View_from_Shacolas_Tower
img_4243716203699159f981fb7d10b9a8b674586
3B37C6E069564B62B28AFF09CD9A3C74_Lv1I7YJ3VuqGnS6dKIA26w2gKShncmoDU0wEo0a3q

















ニコシアって、こんな場所らしいです。

そしてここの昔の宮廷音楽と来たもんだ。




90250a8581d708c9fe19b05687a59f7f








こんなトンチキな狂人中年男性の自宅で、宮廷音楽を再生して聴くだなんて、我ながらその構図自体が既にトチ狂っている。




20160605d01









僕が常に魂の拠り所としているモーツァルトその方は、確かに皇室宮廷作曲家だった。



court_main-compressed-90-1686x1124









かつての欧州の宮廷で演奏された楽曲のCDが、くどいが1枚たったの70円以下(消費税込み)。




1eb53a83969d7efa813296553f290d67-300x214










そしてこの僕は、皇室関係者でも何でもない。

これがせめて東京大学法学部とかを卒業した、日本国文部科学省・宮内庁のエリートキャリア官僚とかってんなら、まだ話のバランスは取れるってもんだろう。



実にトンチキリオな発狂中年男性の僕が、CDとステレオ音響装置でとは言え、こんな宮廷音楽を聴きながら心が洗われる思いに耽溺していると言う、実にアンバランスでトチ狂って、間抜けアホなる勘違い履き違えの豚馬鹿古典音楽愛好家である現実に対して、自分でも笑えて来てしまうのだ。






【CD48】《フリードリヒ大王の宮廷音楽》、を聴いた!5

230001692












 【CD48】《フリードリヒ大王の宮廷音楽》

1) ベンダ:ソナタ ホ短調,
2) グラウン:ソナタ ハ長調,
3) キルンベルガー:ソナタ ト長調,
4) フリードリヒ大王:ソナタ ホ短調,
5) グラウン:ソナタ ト長調,
6) クヴァンツ:ソナタ 変ロ長調,
7) ミューテル:ソナタ ニ長調

バルトルド・クイケン(フラウト・トラヴェルソ), ヴィーラント・クイケン(チェロ), ボブ・ファン・アスペレン(チェンバロ)[録音]1995年



僕は間抜けにも、途中の48枚目のレビューを書く事を、一つ飛ばしてしまった。



180px-Friedrich_Zweite_Alt














僕も高校の世界史で習った、かの大変な音楽愛好家のプロイセン王:フリードリヒ2世(大王)その人が、恐らくはサンスーシ宮殿内にて御自ら演奏した楽曲の数々が、見事に収録されている。

その中には何と、フリードリヒ大王その人が作曲した曲も含まれているのだ!
何とサーヴィス精神旺盛な、ボウナストラック収録な音楽アルバムであろうか。


しかも演奏者は、あのクイケン3兄弟の内の2人だ。

これで名演奏にならない訳が無い。
僕が言及するまでも無く、全曲終始、実に繊細で円やかな音で、明瞭な演奏だ。



img_d5dd693e58ee219f1ccf2b55b5456d22463527









この有名な絵画の中央でフラウト・トラヴェルソ(現代のフルート)を演奏している御仁が、正にフリードリヒ大王その人だ。



ではいざ聴いてみれば、ぉお!何と典雅で高雅なフルート曲であろうか!




3197









家で静かにコーヒーでも飲みながらこれを聴けば、気分はもうサンスーシ宮殿に居住する王侯貴族だ。


夜寝る前に聴く音楽としても、最適だろう。

就寝に際してのクラシック音楽は、バッハのゴルドベルグ変奏曲も最適の鉄板だが、本音楽アルバムも、不眠に悩む皆様には試す価値は大いに有ろう。


しかも今回の本アルバムも、新譜で買えば2300円(税込み)が、わずかたったの70円以下(税込み)だ。



全くお買い得所の話ではない。

これには偉大なるフリードリヒ大王陛下も、驚き魂消て衝撃驚嘆のビビびっくらブッコキだろう。









僕のブログ記事を検索して下さい
読者の皆様からのコメントです
月別の過去記事ファイルです
これは匿名の目安箱です

僕に対する批判・非難、延いては脅迫・恫喝・罵詈雑言等、万何でも受け付けております。

名前
メール
本文
極簡単な自己紹介です

エリア467

お酒も煙草も浮気もギャンブルも全くやらない、日本の地方に住む中年男性です。

キーワードの嵐です
スマホでどうぞ
QRコード