宇宙人ぶすおの真実の記録

穏和な日常生活の風景。 幸福。 幸せ。 心の安定。 精神の充足。 心の平安。 愛情。 愛と調和。

NASA

AD2025年07月05日(土)には、太平洋にワームウッド(苦よもぎ)大彗星が墜落衝突するか?5

91BEBUhE8L._AC_UF10001000_QL80_















先ずこちらの書籍は、既にベストセラーになった有名な本だ。

僕も購入し、手元にある。


この女性漫画家のたつき諒先生によればだが、2025年07年05日(土)に、太平洋の真ん中辺りから日本国沿岸を含む環太平洋に、未曽有の巨大津波が発生し押し寄せると言う。


ここで疑問だったのは、たつき諒先生は著作の中で、巨大津波発生の直接原因となる事象には、全く触れていなかった事だ。

本を読むと、先ず想像しがちだと思うのは、海底火山の爆発か何かが発生する事により、巨大津波が引き起こされるのかと言う事だ。



だがたつき諒先生は、海底火山の爆発とは、一切全く言っていないし触れてもいない。





Bayside8-1
Bayside1-1








そこに僕が知る幾つかの点を、個人的に勝手に線で結び付けた。

以下が、素人の僕の単なる個人的仮説だ。



たつき諒先生が予知夢にて、巨大津波が発生するらしき期日は、どうやらAD2025/07/05 sat、であるとの事。


その丁度50年前に、アメリカ合衆国はニューヨークのベイサイドにて、ヴェロニカ・ルーケンさんと言う名の主婦のカトリック信者さんが、聖母マリア様の御出現と数々の預言を受けたと主張し始めた事に端を発し、当時一大ムーブメントを巻き起こした。




Bayside12-1
Bayside5-1





しかしここで注意しなければならないのは、ローマ教皇庁はヴェロニカ・ルーケンさんの一連の超常現象を一切公認はしておらず、むしろ否定的見解を公式に表明している。




05402002 (1)
853863











鬼塚五十一さんが著した、こちらの書籍によれば、ヴェロニカ・ルーケンさんは聖母マリア様から「ワームウッド(苦よもぎ)大彗星が、『(世界人類の)贖罪の玉』・『(世界人類の)救いの玉』として地球に激突・衝突する。」、と啓示されたらしい。





wormwood_image
wormwood
20171009_878e5cwormwood-01











ワームウッドとは、そもそも「苦よもぎ(にがよもぎ)」の事。

そしてこの「苦よもぎ(にがよもぎ)」のロシア語が、あの「チェルノブイリ」なのだ。
そう、今から30年以上前に悲劇の事故を起こした、ロシア(旧ソ連)のチェルノブイリ原子力発電所の名前そのものなのだ。




main_image_2975935f81de1496c4a930adb19d3548d2d52
c1995o1_25
20191029074510X8o0a










そしてその地球に落下する過程で、割れたワームウッド大彗星の破片の一つは、何とアメリカ合衆国はニューヨークに落下・衝突し、ニューヨークは文字通り、壊滅してしまうと言う。





51262b27









そして恐ろしいのは、このワームウッド大彗星の本体は、何と太平洋に落下して激突・衝突すると言うのだ。




Bayside4-1












そしてワームウッド大彗星が地球に衝突する2週間前には、地上からも肉眼で明瞭に視認する事が出来て、まるで太陽が2つある様に見えるとの事だ。





o0720090815347257287












もし本当にそんな事になれば、たったの14日間では地球人類は最早全く何も対処して為す術を全く持たないだろう。

アメリカ合衆国・戦略空軍が保有運用する、最新型の核弾頭搭載のICBM:ミニットマン3をワームウッド大彗星目掛けて複数発射しても全く無力であり、それは単なる徒労に終わるどころか、かえって無駄に放射能汚染を拡散させるだけだろう。





DLQ4AXxUQAE9Ivs










そして聖母マリア様はこの写真に、そのワームウッド大彗星が地球に衝突する「大天罰の日」が隠されているから、それを読み解けと謎かけをしたらしい。



当然ながら、僕には全く読み解けない。




319473450_large (1)














しかし本家本元のキリスト教の教典である聖書の最終巻である「ヨハネの黙示録」には、世界と人類の終末時に、神様が天使達にラッパを吹かせる事を合図として、様々な災厄を地上世界にもたらす様相が記述されている。


その一節にはずばり、こう書いてある。



「第3の天使がラッパを吹いた。すると、松明(たいまつ)のように燃えている大きな星が、天から落ちて来て、川という川の3分の1と、その水源の上に落ちた。この星の名は「苦よもぎ」といい、水の3分の1が苦よもぎのように苦くなって、そのために多くの人が死んだ。」




021533981















そこで僕が偶然耳にした報は、こちらスピリチュアル系の大変優秀な理論物理学者でいらっしゃる保江邦夫先生が、NASA:アメリカ合衆国・航空宇宙局からの極秘情報として、何とNASAは既に、AD2025/07/05 satに、巨大隕石が地球に衝突する事を既に把握していると言うのだ。


果たしてこれは、本当の情報だろうか?



奇妙にもこの日付は、先述の女性漫画家・たつき諒先生が指摘する環太平洋巨大津波発生の期日と、全く同一である。



これは単なる偶然か、それとも保江邦夫先生がたつき諒先生の予知夢に合わせて情報を公開したのか?





何れにせよ、結果はその日になれば、誰の眼にも明白になる。


映画:オブリビオンを鑑賞したよん4

image  
















映画:「オブリビオン」を観ちゃったに。

そもそも英単語のOBLIVIONとは、「忘れる事、忘れられる事。忘却。」、と有った。


2013年公開の映画なのに、主演のトム・クルーズさんは50歳過ぎても相変わらず格好良くてお若くて、何故ああも溌溂としてらして、アクションも全くキレを失ってらっしゃらないのだろう。




image















NHK-BS premiumにて放映されていたので、しかもそれをハードディスクに録画して鑑賞したもんで、ちょっと得した気分(^^)

でもまぁ、ウチはNHK受信料をちゃんと払っているもんで、タダって訳ではないんだけどね。


この映画の凄さは、先ずその高度な映像美に有るだろう。



image








2077年の未来世界が舞台だが、途中遡って過去の世界に戻る場面が有るが、その過去は60年前の2017年と言う設定だった。正に我々の現実世界の今年だ。


映像美は本当に素晴らしく、また主演のトム・クルーズさんやモーガン・フリーマンさんの演技も渋く、またパートナー役の女優さん達も綺麗でスタイル抜群で、しかも冷徹さや不気味さも醸し出すと言う微妙な演技も巧くこなしてらして、面白い映画ではあったが・・・。



                                                 
image








こう・・・、物語の筋書きとしては、映画「アイランド」や「スターウォーズ」、「スター・トレック」等と重なってダブって見えてしまい、大変申し訳無い言い方だが、何かこう、新鮮味には欠けるかなと。



image














大変に迫力有る映像も、昨今のCGの眼を見張る進化と進歩は、我々の眼を慣れさせてしまったのか、度肝を抜かれると言うまでには至らなかった。



image







本当に感動的な良い映画を造るなんて業は、我々一般視聴者が思って居るよりも、ずっと遥かに困難な事に違い無い。



                 
yjimage  







でもこうした独特の映像美で語られる未来世界と言うものも、我々を魅了して止まない。



yjimage







ネタバレで申し訳無いが、41歳の映画初心者の僕がここで要約してしまうと、悪質トンチキAIの豚糞婆の魔手に拠り、地球人類が滅亡寸前の窮地に追い遣られそうになった土壇場で、トンチキAIコンピューターのキチガイ婆の手に拠り創生されたクローン人間が、己の人間としての本来の使命に目覚めて、しかもそのクローン人間は平然と自己犠牲を払い、地球人類は最後に大逆転勝利し、最初はドゲスAI婆のひたすら言いなりだったクローン人間も、最後は人間としての幸せと幸福を享受するに至ると言うハッピーエンドのSF超大作。




yjimage









劇中に登場する未来兵器も、中々に面白い。




yjimage







俺もこんな地上1000mの高さにそびえる広く快適な未来住宅に、妻と住んでみたいものだ。

劇中ではこの住居が修羅場となり、トム・クルーズさんを交えた美女2人に拠る、実に羨ましかとな3角関係勃発にてパートナーの美女が、ついヒステリックに爆発的言動に出て・・・、それがその場で即座に見るも無残な惨劇に繋がり・・・。


そしてそれは、物語の謎の解明の進行を後押しする事になる。




yjimage










やっぱ映画が盛り上がる為には、男女の揉め事ドロドロびちびちの、グチョグチョど汚い人間関係が、絶対に欠かせませんな。


頭の悪い僕ちゃんは、この映画を2度観て、その上でネット上の御親切な解説を読んで、初めて理解出来ました。


強い月光、スーパームーン

e5b78c60-s
875957fa-s

昨日の5月5日(土)と、今日の5月6日(土)は、SUPER MOON:スーパームーン現象です。

月が地球に最接近している時期なので、普段よりも18%増しで大きく見え、30%増しで明るく見えるそうです。

事実、昨夜は久しぶりに夜の外を妻と散歩して見たのですが、お月様が大きく明るく御座いました。

289c7472






例えばお空にかかる虹を見た時とか、こう言う普段よりも大きな自然現象に接すると何か良い事が起こりそうな予感や期待を持ってしまいませんか?
僕のブログ記事を検索して下さい
読者の皆様からのコメントです
月別の過去記事ファイルです
これは匿名の目安箱です

僕に対する批判・非難、延いては脅迫・恫喝・罵詈雑言等、万何でも受け付けております。

名前
メール
本文
極簡単な自己紹介です

エリア467

お酒も煙草も浮気もギャンブルも全くやらない、日本の地方に住む中年男性です。

キーワードの嵐です
スマホでどうぞ
QRコード